ARマーカの読み取り、できるとイイですね!, hiroshiと申します。

かなりちっちゃいですね!

obnizのブロックプログラムではカメラを使って「人が写っている!」などの画像解析と言われるブロックも使えます。今回はそれを使ってみましょう。, AIという種類のブロックがあります。この中で人が写っているかどうかなどのブロックが利用できます。, もちろんカメラを利用しますが、このブロックプログラムを動かしているスマホまたはパソコンについているカメラを利用します。もしカメラが付いていなければ利用することはできません。, AIブロックの中にある「カメラを準備」を置きます。カメラを使う場合はこれを一度実行することで準備する必要があります。, そして、カメラに顔が映っていたら「だれ?」とコンソールに表示するようにしてみましょう。そのために、ループを使います。ループで繰り返し「もしも」ブロックでチェックするようにします。チェックするのはAIにある「カメラに顔が映っている」です。これをもしもの条件に入れます。, そして、UIにあるコンソールをもしもの中に入れて「だれ?」と表示するようにします。, このようなブロックになります。obnizブロックを使っていないので、obnizがなくてもすぐに使えます。, では、これを実行してみます。しばらく待つとこのような「サイトがカメラを使おうとしていますけどいいですか?」という許可画面が出てきます。画面のデザインはPCかスマホかなど、使っている機械ごとに違います。許可を押すことでカメラが動いて、画面にあなたの顔が映ると思います。, 顔が映っている限り「だれ?」というのがコンソールにで続けると思います。どうでしょうか。カメラを手で隠して、顔が映らないようにすれば出なくなると思います。, うまく認識させるにははっきり顔を写す必要があります。例えば以下のようなときはこのようにしてみましょう。, ・明るさが足りない -> 部屋を明るくする・逆光(太陽や蛍光灯などが写っている) -> カメラの向きや角度を変える. Serial Adapter Cable Module PL2303HX USB TTL UART Arduino Pro Bridge FR | eBay.

ESP32にWROVERというSPI RAM付きモデルが出て、大容量のRAMを使えるようになりました。, そこで、200万画素のCMOSセンサーが作る画像をバッファすることも容易になり、M5Stackシリーズを作っているメーカーから出ているM5Cameraをはじめとして、Omnivision OV2640が載ったESP32ボードが続々登場しています。, 購入してすぐ、本体がSoftAPモードで立ち上がり、本体のWebサーバーにブラウザでつなぐとカメラの映像がストリーミングできるなどアツい展開になっています。, ただまあ、映像オタク的にはそれをやるなら別にネットワークカメラやWi-Fi付きデジカメのほうが画質もいいしいいじゃんということで、, マイコンにやらせるなら、実際にはなにかのトリガーで写真を撮ってどこかにアップロードさせたいみたいな用途のほうが強みが発揮できそうです。, そこで、M5CameraでGoogle Driveに写真をアップロードしてみました。, Google Driveは、Drive APIというものが用意されており、これを使うとRESTでファイル操作が可能になります。が、, 一番冒頭にリンクさせていただいた、cURLでGoogle Driveにアップロードする方法をご覧いただくとわかるように、認証がやや面倒です。, ・ブラウザでクライアントID付きの登録URLを開いて認証コードを取得(OAuth認証), ・認証コードとクライアントIDとシークレットキーをPOSTしてリフレッシュトークンを取得※, ・リフレッシュトークンとクライアントIDとシークレットキーをPOSTしてアクセストークンを取得, ※アクセストークンには有効期限があり、アクセストークンを取得するためのトークンがリフレッシュトークンです。, そのため、毎回リフレッシュトークンから有効なアクセストークンを取得する必要があります。, これらの操作をすべて行い、実際にM5Cameraで画像をアップロードするサンプルをArduinoで作ってみました。この例をちょっといじれば、カメラ画像以外にも、, ローカルのSPIフラッシュやSDカードに貯めたセンサーデータをまとめてCSVでアップロードするなど、ArduinoでGoogle Driveにファイルをアップロードできます。, さて、このサンプルを使う前にはGoogle DriveのAPIキーを取得する必要があります。, この操作がしょっちゅう画面構成が変わって、探してもやり方が見つからない場合があるので自分用にもメモしておきます。, あとはファームを入れ替えたM5Cameraを起動し、シリアルモニターを開くと、これらを聞いてきて、OAuth認証用コード取得URLが表示されるので、, 要求されるコードを入力していくと、SPIフラッシュにそれらが保存されて次からは電源を入れるだけでGoogle Driveに写真を撮ってアップロードしてくれます。, http://kinsentansa.blogspot.com/2012/07/google-drivecurl.html, https://github.com/jitenshap/m5camera-arduino-googleDrive. M5cameraFを使って、ARマーカの読み取りをしてなんてことを妄想しております。

スイッチサイエンスさんのウェブショップで販売しています。, https://www.switch-science.com/catalog/5207/, 上記のように、カメラの所に保護シールが貼ってあるのでそれを剥がして使用します。

その後、このHPを見てさっそく試しました。

また、自分なりに最初の#defineをそれぞれ入れ替えて試しましたが、結果は同じでした。それと気になる事が2つあります。 Arduino IDE プログラミングで実現できます。 I was followinf step by step your explaination, and… tadaaaa !

Iphoneにメニュー画面は出ます。「get still」「start stream」をクリックすると、シリアルモニタに次のメッセージが出て、Iphoneに画像や映像が映りません。あと一歩だと思うのですが、何をしてもダメです。 ドネーションなんて、そのお気持ちだけで充分でーす。

良いですよ! ですから、たとえ支援金を頂いて購入できたとしても、SPRESENSE を一から勉強し直す余裕がありませんでした。

Why not register and get more from Qiita?

LovyanGFXとJpgLoopAnimeでM5StackとM5Cameraの全画面WiFi動画ストリーミング実験, Espressif Systems 社の ESP32 WROVER を搭載し、技適取得済みなので、日本で 2.4GHz帯 Wi-Fi および Bluetooth 通信が安心して使えます。 そもそも、M5Stack社自体が中国メーカーです。 これによると、SIODピンとVSYNCピンがテレコになっているみたいです。

It works . By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole, By "stocking" the articles you like, you can search right away. (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({ このページにはとてもお世話になっております。 これは、多分、ESP32 の Soft AP モード で動作しているのだと思います。 google_ad_client: "ca-pub-3730942495050166",

PC+Webカメラ+Arduino+Node.jsで作る遠隔計測・制御システム Node.js Arduino Socket.io IoT Johnny-Five More than 3 years have passed since last update. もう殆ど ESP32 WROVER の大きさに収めている感じで、M5Stack 社の開発チームの努力が素晴らしいですね。, LEGO ブロック系のアームは下図のように自在に回転して、とっても便利です。

#define SIOD_GPIO_NUM 22 ですから、当分見送ることにしました。 これからもよろしくお願いします。, 記事をご覧いただき、ありがとうございます。

(function(w,d,s,l,i){w[l]=w[l]||[];w[l].push({'gtm.start':

これがあまりにも簡単にスマホと連携して動作するので、殆ど市販のWi-Fi Webカメラのように使えて驚きでした。, そして、Arduino IDEでも、サンプルプログラムをほんのちょっと変更するだけで、Wi-Fi STAモードでも動作できました。

camera capture failed, まず、私の手持ちのM5CameraはiPadで正常に動作しました。 j=d.createElement(s),dl=l!='dataLayer'? prettyPrint(); Array.prototype.forEach.call(elements, function(element) { 話題のESP-WROOM-02にシリアルカメラモジュールをつないで,写真をWi-Fiでサーバに定期的にアップロードするネットワークカメラにしてみました.Wi-Fiと5Vの電源さえあれば単体で写真をサーバに送信できます., シルバーウイーク中にハッカソン的なことをしてたので,初日にハッカソンの様子を記録する定点観測カメラとして制作しました.そのときのメモです.もう少しちゃんとまとめたいですが,あまり寝かせるとお蔵入りしてしまいそうなので一旦公開., 技適マークついてて,Wi-Fi喋れて,マイコンとメモリも載ってるモジュールです.

Raspberry Pi のSDカードが壊れ、起動しなくなってしまった場合の修復方法, windowsでpythonにPyaudioをインストールする際に生じるエラーの原因と解決方法.

Arduino core for the ESP32 stable 1.0.2 WROOM から温度湿度センサー値を スマホ ストリーミング 表示 させてみました。 ESP-WROOM-02 単体をArduino化して 温度 湿度 センサー の DHT11 と シリアル通信させ、センサーの値を スマホ ブラウザ へ Wi-Fi で Server-Sent Events使って表示させました。 ここに技適マークがありますね。, そして、下側は、下図の様に USB Type C があり、GROVE コネクタもあります。, camera init failed with error 0x20001 となって、IPアドレスが出ません。何か対処法をお教え願いませんでしょうか?, まず、お聞きしたいのは、どのような環境でコンパイルされましたでしょうか?

私は、最新バージョン

とし、そして55行目を

E camera.c:1249 camera probe(): detected camera not supported. - ESP-WROOM-02 の Arduino 環境で I2C 制御 今回は「RaspberryPiとMJPG-Streamerでライブストリーミングをする方法」をご紹介したいと思います。今回Webカメラを購入してそれでライブストリーミングできればなと思いましてやってみました。同じような考えをする人はいるもの

}); '&l='+l:'';j.async=true;j.src= OV528との通信プロトコルやコマンドなどはググれば資料がすぐ出てきますし,Arduino用のサンプルなどもあるので簡単に使えると思います., 基本的に,ESP-WROOM-02を動かすための回路+カメラのTX,RXをつなぐだけです.USBコネクタからは電源だけ取って三端子レギュレータで3.3Vを作っています., また,カメラへの接続端子はファームウェアの転送用も兼ねています.ESP-WROOM-02のUARTはカメラとの接続に使ってしまうので,少し面倒ですが,プログラムを書き込むたびに接続しなおす必要があります., ESP-WROOM-02自体を動かすための回路や,HTTPServerを立ててブラウザでアクセスできるようにするあたりは説明を省きますが,記事を公開してくれてる方がいるのであまり苦労せずに試せました思います., 今回,下記の記事を参考にしました: その情報が無いと、私も原因は全く分かりませんので。, さて、そのエラーメッセージから、M5camera のマイコン ESP32-WROVER とカメラモジュールOV2640との通信ができていないようです。, 実は、今、気付いたのですが、Arduino core for the ESP32 が stable 1.0.1 と 1.0.2 では、「スケッチ例」にあるサンプルスケッチの構成が変わっていました。 enable_page_level_ads: true   

1つは、私の5Mは、アマゾンにある中華番であること。2つ目は、ケーブルをジョイントで変換して使っていることです。

document.addEventListener("DOMContentLoaded", function() {

しかし,Arduino IDEの環境をセットアップすると,Windowsであれば AppData\Roaming\Arduino15\packages\esp8266\tools\xtensa-lx106-elf-gcc にgccが一式入るようなので,Arduinoとかよくわからないという場合には普通にCかC++で開発できそうです(試してないですが)., jpegエンコーダが内蔵されていて,シリアルでjpegデータを取得できます.30万画素.3,880円でちょっと高価です., 特定のArduinoシールド用として売られているっぽくて説明少ないですが,カメラのコントローラにはOV528が使われています.

1.0.2 ということですね。 }); 最近、研究室の3Dプリンターの稼働状況を監視するためにカメラを設置しようと思いたち、激安のカメラを探していました。, 最初は以前こちらの記事で紹介したようにWebカメラとラズパイを用いてストリーミングサーバーを立ち上げるといったような方法で行おうと思いましたが、この方法だと約4000円ほどかかってしまうためなかなか手がでませんでした。, しかし、最近1200円のカメラ付きのマイコンがあることを知ったので、今回はこちらを使用してストリーミングサーバーを立ち上げたいと思います。, ESP32-CAM は Arduino と同じように Arduino IDE で開発を行うことができます。さらに、カメラ、wi-fi、Bluetoothが搭載されているのに価格が約1200円と Arduino よりも圧倒的に高性能で安く手が出しやすい価格となっています。, また、 Arduino IDE だけでなく、Python(MicroPython)も使用できるため、ラズパイでPythonを使って開発している方は、簡単に開発に取りかかれます!, 自分も今回esp32は初めて扱いましたが、特につまずくこともなく開発できました。今度、 Python で開発する方法についての記事も書こうと思います。, ※購入したシリアルコンバータによってはUSBをパソコンに挿入時に自動でドライバーのインストールが行われるものもあるため、必要な方のみ行ってください。ちなみに今回自分が購入したものはドライバーインストールが必要でした。, 使用しているパソコンのOSがWindows 10の場合は↓の図の”Download”をクリックしてください。(MACやLinuxの場合は下にスクロールしたところにダウンロードボタンがあります。), ドライバーインストールツールのZipファイルがダウンロードされるので、展開してから実行ファイルを実行します。(注意:展開せずに行うとインストールの途中でエラーとなります。), 64bitパソコンの場合は”CP210xVCPInstaller_x64.exe”をクリックして実行してください。, Arduino IDEのダウンロードページにアクセスし、↓の画像のダウンロードリンクをクリックしてください。, クリックすると以下のようなページに飛ぶので、”JUST DOWNLOAD”をクリックしダウンロードしてください。, ダウンロードが完了したら実行ファイルをクリックするとインストーラーが起動するので、後は画面に従ってインストールを完了させてください。(特に迷うところはないのでインストールについては省略します。), 続いて、Arduino IDE で ESP32 を扱えるようにするための設定をしていきます。, まず、ボードの追加を行います。「ファイル」 > 「環境設定」 へと進み、 「追加のボードマネージャのURL」の欄に https://dl.espressif.com/dl/package_esp32_index.json と入力し、OKをクリックします。, 次に、 「ツール」 >「ボード」 > 「ボードマネージャ」 へと進み、検索欄に”ESP32”と入力し、出てきた項目のインストールボタンをクリックします。, ESP32-cam と USBシリアルコンバータ を下の表のようにつないでください。, ※自分が購入した USBシリアルコンバータ は この接続方法ではうまくいきませんでした。Amazonレビューを見てみたところ、どうやら USBシリアルコンバータのTXD と RXD の表記が逆になっているらしく、 TXD を UOT に、 RXD を UOR に接続したところ無事に書き込み出来ました。正常に動作しない場合は、このように逆に接続するとうまくいくかもしれません。(間違って逆に接続しても壊れることはないようです。), ここで一つ注意点ですが、esp32に書き込みを行う際は上の図のように、IO0 を GND に落とし( IO0 と GND を接続)、書き込みモードにしてから行う必要があります。逆に、書き込みモードの状態では起動させることができないため、コードを書き込んだ後は、 IO0 と GND との接続を解除してあげる必要があります。, 今回はコードの書き込みを行うので、 IO0 を GND に落とした状態で、USBをパソコンにつなぎます。, まず、接続する前に Arduino IDE を開き 「ツール」>「シリアルポート」を確認し、何も選択されていないことを確認します。, 次に、 esp32結線したUSBシリアルコンバータをパソコンに差し込み、もう一度 「ツール」>「シリアルポート」 を開きます。, ※この時に何も選択されていない場合は、1.1のUSBシリアルコンバータのドライバー( CP2102 )のインストールができていないか、 ESP32-cam と USBシリアルコンバータ の接続が間違っている可能性が高いのでそちらを確認してみてください。, まずは、動作確認のために “Hello World” を出力するプログラムを書き込み、正常に動作するか確認します。, Arduino IDE のスケッチに以下のコードを書き込み、「➡」ボタンを押してください。, 書き込みが終了すると、「画面下にボードへの書き込みが完了しました。」と表示されます, というようなエラーが出る場合は、esp32が書き込みモードになっているか ( IO0 と GND が接続されているか) 確認してみてください。, それでもダメな場合は、esp32のリセットボタン(小さい黒い丸いボタン)を押してみてください。, 書き込みが終わったら、IO0 と GND との接続を解除し、 USBをパソコンに接続したまま、esp32のリセットボタン(小さい黒い丸いボタン)を押してください。, 下図のように 「ツール」>「シリアルモニタ」 をクリックし、シリアルモニタを表示させたら、シリアルモニタの画面右下の”******bps”と書かれているところをクリックし“9600”を選択します。, 以上が、esp32-camのセットアップからプログラム実行までの流れです。つまずいたとこもあまりなく、すんなりと出来ました!もし、わからないところなどございましたら気軽に連絡ください!, 次の記事では、この esp32-cam を使用してストリーミングサーバを立てる方法を紹介します。.