僕の正しさなんか僕だけのもの 謎々解らないまま 行かなくちゃ 夜の中 BUMP OF CHICKEN(バンプオブチキン)の楽曲「カルマ」を公式情報やインタビューを元に解説していきます。この記事では楽曲の基本情報や歌詞の意味の考察、制作背景などについてご紹介します。「カルマ」を聴く際に参考にして下さい。 BUM

の2つのパターンが見えてきたので、(表/裏)に分けて書きたいと思います。^^, まず、“表” ver. 胸が今にも壊れそうだ 前回のnoteで「歌詞解釈書きません」宣言しましたが…ごめんなさい、撤回します。(汗), 頭の中だけでは収拾つかないほど世界が広がってしまったので、もうこうなったらnoteで表現してしまおうと覚悟して書きました。(笑), 『アリア』に関しては、“そのまま素直な世界観” ver.と、“少し深読みした世界観” ver. okキミをガン見さ 今日は仕方がないだろ キミが家を出て行くから 世界が笑った様に輝いたんだよ shitte kure yo ironna koto こんな俺はどうかしてる, OKキミをガン見さ 白い横顔綺麗さ

baby愛しているぜ キミは俺の鏡さ ドアを開けて出て行くまで. BABY愛しているぜ キミは俺の鏡さ mune ga ima ni mo koware sō da 理由ひとつだけ抱えて 鏡の様に手を伸ばして欲しい です。…全て私の妄想の世界ですけどね。(笑)でも、この妄想しながら曲聴くと…泣けちゃうんです…藤くんがどういう想いで『アリア』を制作したのか知らないまま書いてしまったので…どうなんだろうとヒヤヒヤしながら無料公開に挑戦中です。このまま受け入れられそうだったらいいな…ちなみに “裏” ver. ここに導いた メロディーを あなたひとりの 呼吸のせいで 思い出になれない過去 永久リピート 頭ん中 今出来た足跡に 指切りして

BABY愛しているぜ 全部捨てても平気さ あなたひとりとの 呼吸のせいで !摘譯 (01/23) 「泣き虫しょったんの奇跡(愛哭鬼的棋蹟)」台灣首映 (09/28) bump of chicken の月虹 の歌詞. キミをこの目に焼き付ける. あっただけの命が震えていた ただやはり歌詞には笑いの要素が入っている。 bump of chicken ii [2005-2010] の隠しトラック. 鮮やかに蘇る 懐かしい温もりを その一瞬の 一回のため それ以外の あまりにこの空っぽが 大き過ぎるから 世界が時計以外の音を失くしたよ konna ore wa dō ka shiteru, OK kimi o gan mi sa shiroi yokogao kirei-sa

seki ga tomaranai yoru mo hisshi ni natte hataraita, tobikiri no kuchibiru ni maiban ore wa yume o mite ita, OK kimi no hito-tsu no shitsumon ni henji wa takusan 理由ひとつだけ 虹を見たから いつだって 舞台の上 いつかその痛みが答えと出会えたら

どんな歩き方だって会いに行くよ

たった一度だけでも頷いて欲しい 新しい傷跡に 手を当てるそのたびに では、主人公の「僕」とヒロインの「君」をそのまま恋愛を絡めた物語と設定しました。ただ、全体的にただの青春恋愛のお話よりも、もう少し「僕」と「君」の “人生” に寄り添ったお話かな…と。以下、私の妄想…(笑), 「あの日の些細なため息」⇒ ちょっと嫌なことがあった「あの日」「ざわめきに飲まれ」= 人混み⇒ 通勤・通学ラッシュ時の駅の改札付近?⇒ 学校の休み時間のクラスの様子?⇒ 部活中の体育館やグラウンド付近?「迷子になったよ」⇒ 自分の「些細なため息」はすぐに “雑音” にかき消されてしまう「ありふれた類だったから」⇒ いつものよくある “ちょっとした悩み” だから「どこに転がったって」⇒ 自分が落ち込んでいたって「その景色の日常」⇒「日常」は全く変わらないここまでは「僕」に何が起こったのか分からないが、とりあえず、落ち込んでいる or 投げやりな態度になっている様子がうかがえる。なぜ、「僕」は自己嫌悪になっているのか、Bメロの歌詞へ移る。, 自分の気持ちをそのまま伝えられたら良いけれど、「僕」は口下手だから無理だな…と、色々頭の中でぐるぐる考え込んでいるうちに自分の気持ちまで何だかよく分からなくなってしまった…という、心情がイメージできる。…うん、段々と「僕」の状況が分かってきた感じがする。(笑), 「僕らはお揃いの服を着た」⇒ 同じ学校にいる「別々の呼吸」⇒「僕」と「君」「違う生き物」⇒ 性格も何もかも正反対。はい、ここで繋がりましたね。(笑)Aメロの「あの日」は、「僕」が「君」に告白をしようと決意した日だったということ。しかし、想いを伝えたいけれど、「ざわめき」によってタイミングを失ってしまったり、どうすれば自分の気持ちを素直に伝えられるか、という思考が頭の中でぐるぐるモヤモヤしてしまったせいで、告白はできず…しかも、今回に限ったことではなく、これまでにも何度もタイミングを計っては失敗に終わっている…または、「僕」は意を決して告白したのに、「君」にはさっぱり伝わらず、どうしたら分かってくれるんだと頭を抱えている…という「僕」が想像できます…(がんばれ!笑), 「僕」が「君」に視線を向けると「君」も「僕」に視線を返してくれた。「僕」が犬 or 猫 (「僕」のペット or 通りすがりの犬猫) に触ると「君」も同じように触ってくれた。※ この「僕」の性格上、容易く「君」に触れるようなことはないだろうということで、あえて、動物を介して「触って」みた。(笑), 「何も言えなかった」⇒「僕」に好意的…であるように感じるが、自信もない。「何を言えなかった」⇒ 「君」に何を言いたかったのかすら分からなかった。(けれどモヤモヤしている。), 私は2番Aメロからが “本題” だと考えました。「紙飛行機」を飛ばしたのは、おそらく「僕」。「君」は「まっすぐな瞳」で見つめたのは「僕」。「君」から告げられた “言葉” によって「僕」の恋は「夕焼けとサイレン」と共に終わった「帰り道」ーという、思い出に浸っている「僕」。「もう痛まないけれど」、トラウマのように「治らない傷」となって、今でも影響している。(つまり、恋愛に臆病になっている。), ここに出てくる「あの日」は、「君」に振られた時の「あの日」。つまり、ここでは大学生?社会人?になっている「僕」が雑踏の中で、あの頃の思い出を回想していたところ、「君」が「僕」に気付いてくれて、二人は再会したーという、イメージ。「君と僕だけの 世界」⇒ 今、ここにいる人たちの中で「君」と「僕」を知っている人は誰もいない⇒ 共通の思い出があるのは「君」と「僕」だけ, ここの一文で、これはただの再会ではない、と思った。なので、再会した “場所” はどこであるのかを考えた。, そこは、病院ーだとしたら…。「僕」は人間ドックか風邪とかで病院に来ていた。「君」は “パジャマ姿” で病院内を歩いていた。⇒ 再会した時に「君」から “真実” を告げられる。なぜ、「あの日」僕の気持ちに気付かないフリをしたのか…なぜ、「あの日」僕を振ったのか…「君」から “真実” を聞いた「僕」は、「君」と本当の「さよなら」を知ったーつまり、「君」は「あの日」、自分が病に侵されていることを「僕」に伝えないまま「僕」から離れた。「君」もずっと、「僕」に伝えたい想いがあったけれど、「抱えているうちに 迷子になっ」てしまった…。, 「君」は笑いながら明るく振舞っていたけれど、「僕」は気が付くと「涙がこぼれ」ていた。それと同時に、「君」はずっと「僕」のことを好意的に想ってくれていたということも知った。あの頃から「君」と「僕」の「抱えている」ものがまるで違ったーということも知った。「あの日」の「僕」はあまりにも自分のことしか考えていなかったこと、もっと「僕」にも何か「君」の支えになれたんじゃないかという後悔の涙もあったのかもしれない。, 「冷えた手が」⇒ “旅立って” しまったあとに触れた「君」の手が「離れたあとも まだずっと熱い事」⇒ 「僕」の手から「離れたあとも」まだ「君」の温もりが残っている⇒「僕」の “手の中” ではまだ「君」は生きているそういう場面。, 「君」との一番の思い出を回想している「僕」。「僕」とは正反対の、明るくていつも笑顔だった「君」の姿。, 学生時代、「君」と過ごしたこと、「君」に告白しようとしたこと、「君」に告白する前に、「君」から「僕」を振ったこと、「君」から「僕」に気付いて声をかけてくれたこと、「君」から “真実” を聞かされたこと、「君」は “最期” まで生き抜いたこと、「僕」は「何も言えなかった」「忘れたくなかった」から…, という、ストーリーがこの曲を聴いていると思い浮かびます。実に切ない…これが “表” ver. いつだって 舞台の上, Apple Musicの無料体験版をまだお使いでない場合は、3ヶ月無料で利用可能です。. 知ってくれよ 色んな事

BUMP OF CHICKEN TOUR 2019 aurora ark@埼玉MetLife DOME 0712-13 (07/21) 190120 PONTSUKA! 胸の奥で際限なく育ち続ける 耳と目が記憶を 掴めなくなっても BUMP OF CHICKENが7月についにサブスクリプションによるストリーミング配信を解禁した。そのニュースで、ファンが一番気にしたことはこれだと思う。 感想はログイン必要ですが、書いてくださると励みになります, 心の赴くままに。/ 好きなものを好きなように書いてしまったnote / タモリさんの金言「仕事は楽しく遊びはクソ真面目に」を人生に刷り込ませたい, 久しぶりにBUMP OF CHICKENを聴いて再び青春が戻ってきた感覚を覚えたお話 ~『アリア』を無限ループ~. 行方不明のハートが叫び続けるよ は、もう少しマニアックです。(笑)こちらは完全なる有料にしております。ちょっと壮大な設定にし過ぎたかもしれませんが結構面白い感じの歌詞解釈になりましたので、ご興味あればぜひぜひ読んでみてください。^^, noteに登録していなくてもスキが押せますので、良かったらお願いします。^^

doa o akete dete iku made, mie o hatte katta sugoku takai raidāsu bump.y【 共收藏 9 張專輯, 41 首歌 】 歌曲列表方式 > 專輯列表(時間) 歌名列表(字數) 歌名列表(筆劃) 專輯名稱 年份 歌曲列表 pinpoint 日文 2013-12 どこに行ったって どこにも行かなかった どうしてなんだろう わざわざ生まれたのは

夜明けよりも手前側 星空のインクの中 BABY愛しているぜ だけどもうキリがないな 心は眠れないまま 太陽の下 夜の中, つぎはぎの願いを 灯りにして BABY aishite iru ze da kedo mō kiri ga nai na 生きるこの体が 教えてくれる 魔鏡歌詞網 > 日韓歌手 > bump.y 日韓歌手 > bump.y.

キミが家を出て行くから 落ちた涙の帰る家を見つけたら どんな歩き方だって会いに行くよ 同じ様な生き物ばかりなのに BABY aishite iru ze zenbu sutete mo heiki-sa 未だ忘れられない 忘れ物 BABY aishite iru ze kimi wa ore no kagami sa