---------- 確認のためCIFから諸経費を差し引くと ただ、運送費や保険料があまりにも高いと『本当にその値段か?高い!』と思われるきっかけにもなりますので、まずは日本との貿易を行った経験があるかどうか、その業者に頼めるか等、海外企業の今までの取引状況を確認する事をお勧めします。, 【よく使う状況】 航空貨物を例にたとえます。 さらに、 FAX : 03-5218-2321(広報室).

素人の質問で大変申し訳ありませんが、宜しくお願いいたします。, 有償であれば通関金額(通関時申告金額)と決済金額が一致するという原則があります。(例外はあるが) 参考URL:http://www.blwisdom.com/word/key/100316.html, 現在メーカー働いてます。私の会社は海外代理店に対してすべて建値をFOBに統一しています。ですからC&FやCIFの金額の出し方がわかりません。今回の質問はC&F,CIFが何か?ではなくて、実務的なことを聞きたいです。たとえば、新規代理店と取引を開始するときに、建値をC&Fに取り決めたとしましょう。そのとき代理店に対してメーカーから見積もりをだしますよね?その見積書にはたとえ取り決めがC&Fだとしても、基本となるFOB価格も必要になるのでしょうか?? 間違った金額申告で私が気にする店をもっと具体的に指摘しましょう。 私なら、保険料、ユーザンス金利込みで一括して計算します。 CIFは、Cost, Insurance & Freight(全て荷送り人側の負担~受け荷主は届いたものを受け取るだけ) 内製ソフトのCD-ROMを'No Commercial Value'として中国に輸出(発送)しました。 2.輸送費   (FREIGHT)つまり海上運賃・航空運賃など 頻繁に出てくる商品(貨物)のアイテム・数量についての、質問者さんの特徴が分からないので難しいですね。 CHC(コンテナ取扱料):11,000円 宜しくお願いします。, こんにちは。 価格交渉(コストダウン)は、バイヤーの永遠のテーマである。 5000ロットのCIF単価から5000ロットのFOB単価を出すにはどうすればいいのでしょうか? 税関の輸出統計は軽い問題でしょう。 CARRIERであるJLなどに貨物が渡ることになります。 頻繁に出てくる商品(貨物)のアイテム・数量についての、質問者さんの特徴が分からないので難しいですね。 アイテム数で...続きを読む, 輸出のマーク・アップを教えてください。 CIFのコスト計算をする際に、まずCFRを計算してその後に保険料を算出してCIFを組み立てると思います。 海上保険料の計算は、CFR×1.1×0.002÷1-(1.1×0.002)で計算しています。これは、CIFの110%に対して保険料率を0.2%で計算しています。 支払い条件がat sightの場合はこれで良いのですが、ユーザンスがついている場合(たとえば、2%)はCIF価格を単に2%アップしただけでは、海上保険料が違ってきてしまいます。 ユーザンスがついている場合の計算式を教えてください。, 企業企業によってやり方、考えがあるでしょうから単なる一つの方法と考えて下さい。 貿易時の価格設定において、常にFOB、CIF、C&Fの文字が前頭についています。 もう一つ補足ありがとうございました。 4)相対的にメリットのある条件を選択し発注する。, それでは、バンコク(タイ国)のメーカーから製品Aを20個、20FTコンテナで輸入する場合のFOBとCFRの価格を比較してみよう。, ※FOB (Free On Board)とは、「本船甲板渡し条件」のこと。(輸入者が運賃を負担), メーカーから出てきた見積価格が「製品A=US$1,000/個(条件:FOB BANGKOK」の場合の原価計算方法は以下の通り。, 商品代金:

確認のためCIFから諸経...続きを読む, 輸出の際にの申告価格(FOB価格)は、EXWOKSの価格=申告価格としても良いのですか?それとも国内通関手数料その他を載せたFOB価格を申告価格としなければならないのですか? FCAの輸出通関は売主或いはSHIPPERサイドです。 DOC(書類作成費用):2,000円 なお、税関への修正申告は、いろいろな資料を用意する必要があるし、通関業者は嫌がると思います。(自分のミスで無いのに手間だけがかかりますから)上記のような重要性を認識して、嫌がられてもちゃんとやるべきですよ。逆にその対応で通関業者の選定の適性を判断することもできます。 保険料:  0.5% 2)資金負担を少しでも軽減したい。. もちろん、その他に通関業者の取扱料、輸入消費税、等々の費用もありますが... FCAは主に、航空貨物で比較的多用されるので、 ---輸出の売上は、その根拠として輸出...続きを読む, FCAについて色々説明が書かれていますが、 2、海上保険料 具体的に FCAのCAはご存知の通り、キャリアーです。 直接JLやCXに引き渡すことはまずありません。 そろそろ何かおもしろいことを始めようと模索中。, これまでの経験から得た人生を楽しむヒント、英語、キャリアアップ、海外ビジネス、貿易関連を中心にお役立ち情報を発信中。. ■容量:63.390(M3) そこで、'Commercial Value'と'No Commercial Value'の違いについてと、実際どうするべきなのかを教えてください。 帰国後はブラック企業を数社経験して、ホワイト企業への転職に成功。 私たちの場合ではEMS(国際スピード郵便)でサンプルを送付する際などに使用する条件です。 5、取扱料

EMS運送時のサービスに保険をかけることも可能ではありますが、あまりコストをかけず行う場合にはこの形がお勧めです。, 海外企業との商談中に取引条件が決まった後、取引条件の認識に相違があったりすると、一からやり直しになります。また、日本国内同士の商談とは違ってコミュニケーションする機会も出張時やSNSのみなど限定的な場合が多いです。なので時間のロスや機会損出をしないように、確実に商談相手がわかるような記載方法で記載をしていく必要があります。場合によっては、商談をスムーズに進めるコツでもあるので、常にすぐ提示できる準備をしておきましょう。, FOBでの価格表を準備しておいて、商談中に運送業者に保険料金、相手国の港までの運送料金を聞ける事がポイントです。この作業に時間が掛かりすぎると、商談中の企業の購買意欲も下がってしまう事もあります。まだ輸出した事がない方は運送業者などに、すぐに聞ける環境を作ることをお勧めします。, - 1、海上運賃 ---= 139.- <アイテムに運賃を10等分して単価に上乗せするのですか? ・日本との取引を行ったことがない海外企業への取引条件。 私なら、保険料、ユーザンス金利込みで一括して計算します。 3.保険料   (INSUANCE) になります。

ために申告価格を安くしてくれと海外から要望があり、

1)海外のメーカーに問い合わせて、fob価格とcfr価格の両方で見積りをとる。 2)通関業者、フォーワーダー、乙仲業者等へ問い合わせ、海上運賃の見積りをとる。 3)fob価格とcfr価格とのコストを比較する。 C:  950.- 製品A(US$1,000) x 20個 = US$20,000 x 95円 = 1,900,000円, 運賃・諸費用:

ありがとうございました。, なるほど。そういうこともあるのですね。 売主(SHIPPER)は、貨物をAIR出荷しようとするとき、 尚、EXGは、インコタームズの規定にはありません。 FCA(FOBでなく) なので、カタログや価格表に記載する際の価格などに使用されます。, 【よく使う状況】 数量・貨物量条件を何らかの形でつけないとダメですよね。 基本は、税関に正しい申告をしているどうかが常に問われる仕事をしているということを認識してください。申告の中でもINVOICE金額というのは重要な部分です。 そのとき、間違った申告をしてそれを訂正しないで放置しておくと、すべてがそのような会社と思われかなり厳しき指摘される可能性がありますよ。 FCAの時、輸出通関は売主が行なうのか、それとも買主側? こんなことでご参考になれば幸いです。, 企業企業によってやり方、考えがあるでしょうから単なる一つの方法と考えて下さい。 FCAで移転するのはあくまでリスク移転です。 CFR 東京港=2,013,000円(製品Aの仕入原価=100,650円/個), 1)少しでも安いほうが良い、とにかくコストを重視。 CHC(コンテナ取扱料):11,000円 C&Fは、Cost & Freight(ものの値段と輸送費が荷送り人の負担~保険は受け荷主側の負担) 一般的には「... 1)価格の比較

最新のデータをご覧になりたい場合は、お申込みのほどよろしくお願い申し上げます。月840円(年間10,080円)で、広告はなくなり、最新データ「2020年9月分まで」の閲覧が可能となります。企画、財務部門での戦略立案・競合分析のため、多くの方にご利用いただいています。(競合相手が、どのくらいの量を、どのくらいの価格で輸出入しているかなどの分析に利用可能です), 石油及び歴青油(原油を除く。)、これらの調製品(石油又は歴青油の含有量が全重量の70%以上のもので、かつ、石油又は歴青油が基礎的な成分を成すものに限るものとし、他の項に該当するものを除く。)並びに廃油, 石油及び歴青油(原油を除く。)並びにこれらの調製品(石油又は歴青油の含有量が全重量の70%以上のもので、かつ、石油又は歴青油が基礎的な成分を成すものに限るものとし、バイオディーゼルを含有するもの及び他の号に該当するものを除く。), 1 石油及び歴青油(石油及び歴青油以外の物品を加えたもので、その物品の重量が全重量の5%未満のものを含む。), A 温度15度における比重が0.8494を超えるもの(流動パラフィン、切削油、絶縁油及び航空機用潤滑油並びに焼入油、作動油、防錆油その他主として潤滑用に供しない油に限る。)及び温度15度における比重が0.8494以下のもの, 石油及び歴青油(原油を除く。)、これらの調製品(石油又は歴青油の含有量が全重量の70%以上のもので、かつ、石油又は歴青油が基礎的な成分を成すものに限るものとし、他の項に該当するものを除く。)並びに廃油石油及び歴青油(原油を除く。)並びにこれらの調製品(石油又は歴青油の含有量が全重量の70%以上のもので、かつ、石油又は歴青油が基礎的な成分を成すものに限るものとし、バイオディーゼルを含有するもの及び他の号に該当するものを除く。)その他のもの1 石油及び歴青油(石油及び歴青油以外の物品を加えたもので、その物品の重量が全重量の5%未満のものを含む。)(4)潤滑油(流動パラフィンを含む。)A 温度15度における比重が0.8494を超えるもの(流動パラフィン、切削油、絶縁油及び航空機用潤滑油並びに焼入油、作動油、防錆油その他主として潤滑用に供しない油に限る。)及び温度15度における比重が0.8494以下のもの- 温度15度における比重が0.8494以下のもの, 石油及び歴青油(原油を除く。)、これらの調製品(石油又は歴青油の含有量が全重量の70%以上のもので、かつ、石油又は歴青油が基礎的な成分を成すものに限るものとし、他の項に該当するものを除く。)並びに廃油石油及び歴青油(原油を除く。)並びにこれらの調製品(石油又は歴青油の含有量が全重量の70%以上のもので、かつ、石油又は歴青油が基礎的な成分を成すものに限るものとし、バイオディーゼルを含有するもの及び他の号に該当するものを除く。)その他のもの1 石油及び歴青油(石油及び歴青油以外の物品を加えたもので、その物品の重量が全重量の5%未満のものを含む。)(4)潤滑油(流動パラフィンを含む。)A 温度15度における比重が0.8494を超えるもの(流動パラフィン、切削油、絶縁油及び航空機用潤滑油並びに焼入油、作動油、防錆油その他主として潤滑用に供しない油に限る。)及び温度15度における比重が0.8494以下のもの- その他のもの-- 切削油、絶縁油及び航空機用潤滑油, 以下に示しているのは、当該品目の輸入推移になります。最新データは、2013年12月分になります。, 日本が輸入した相手先国別のデータを示しています(総額順)。円グラフの外側は2013年の実績を、内側は2013年12月の実績を示しています。地図は、2013年12月の実績を示しています。, 円グラフ(千円) 円グラフ(KL) 円グラフ(KG) 地図(千円) 地図(KL) 地図(KG) 地図(輸送形態), 日本が輸入した際の税関別データを示しています(総額順)。円グラフの外側は2013年の実績を、内側は2013年12月の実績を示しています。, 円グラフ(千円) 円グラフ(KL) 円グラフ(KG) 地図(千円) 地図(KL) 地図(KG), より詳細に分析するための、税関別国別データの販売も行っております。毎月1回お送りしております。, 石油及び歴青油(原油を除く。)、これらの調製品(石油又は歴青油の含有量が全重量の70%以上のもので、かつ、石油又は歴青油が基礎的な成分を成すものに限るものとし、他の項に該当するものを除く。)並びに廃油石油及び歴青油(原油を除く。)並びにこれらの調製品(石油又は歴青油の含有量が全重量の70%以上のもので、かつ、石油又は歴青油が基礎的な成分を成すものに限るものとし、バイオディーゼルを含有するもの及び他の号に該当するものを除く。)その他のもの1 石油及び歴青油(石油及び歴青油以外の物品を加えたもので、その物品の重量が全重量の5%未満のものを含む。)(4)潤滑油(流動パラフィンを含む。)A 温度15度における比重が0.8494を超えるもの(流動パラフィン、切削油、絶縁油及び航空機用潤滑油並びに焼入油、作動油、防錆油その他主として潤滑用に供しない油に限る。)及び温度15度における比重が0.8494以下のもの- その他のもの-- 流動パラフィン, 石油及び歴青油(原油を除く。)、これらの調製品(石油又は歴青油の含有量が全重量の70%以上のもので、かつ、石油又は歴青油が基礎的な成分を成すものに限るものとし、他の項に該当するものを除く。)並びに廃油石油及び歴青油(原油を除く。)並びにこれらの調製品(石油又は歴青油の含有量が全重量の70%以上のもので、かつ、石油又は歴青油が基礎的な成分を成すものに限るものとし、バイオディーゼルを含有するもの及び他の号に該当するものを除く。)軽質油及びその調製品1 石油及び歴青油(石油及び歴青油以外の物品を加えたもので、その物品の重量が全重量の5%未満のものを含む。)2 その他のもの, 石油及び歴青油(原油を除く。)、これらの調製品(石油又は歴青油の含有量が全重量の70%以上のもので、かつ、石油又は歴青油が基礎的な成分を成すものに限るものとし、他の項に該当するものを除く。)並びに廃油石油及び歴青油(原油を除く。)並びにこれらの調製品(石油又は歴青油の含有量が全重量の70%以上のもので、かつ、石油又は歴青油が基礎的な成分を成すものに限るものとし、バイオディーゼルを含有するもの及び他の号に該当するものを除く。)その他のもの1 石油及び歴青油(石油及び歴青油以外の物品を加えたもので、その物品の重量が全重量の5%未満のものを含む。)(4)潤滑油(流動パラフィンを含む。)A 温度15度における比重が0.8494を超えるもの(流動パラフィン、切削油、絶縁油及び航空機用潤滑油並びに焼入油、作動油、防錆油その他主として潤滑用に供しない油に限る。)及び温度15度における比重が0.8494以下のもの- その他のもの-- 焼入油、作動油、防錆油その他主として潤滑用に供しない油, 石油及び歴青油(原油を除く。)、これらの調製品(石油又は歴青油の含有量が全重量の70%以上のもので、かつ、石油又は歴青油が基礎的な成分を成すものに限るものとし、他の項に該当するものを除く。)並びに廃油石油及び歴青油(原油を除く。)並びにこれらの調製品(石油又は歴青油の含有量が全重量の70%以上のもので、かつ、石油又は歴青油が基礎的な成分を成すものに限るものとし、バイオディーゼルを含有するもの及び他の号に該当するものを除く。)その他のもの1 石油及び歴青油(石油及び歴青油以外の物品を加えたもので、その物品の重量が全重量の5%未満のものを含む。)(4)潤滑油(流動パラフィンを含む。)A 温度15度における比重が0.8494を超えるもの(流動パラフィン、切削油、絶縁油及び航空機用潤滑油並びに焼入油、作動油、防錆油その他主として潤滑用に供しない油に限る。)及び温度15度における比重が0.8494以下のもの- その他のものB その他のもの, 石油及び歴青油(原油を除く。)、これらの調製品(石油又は歴青油の含有量が全重量の70%以上のもので、かつ、石油又は歴青油が基礎的な成分を成すものに限るものとし、他の項に該当するものを除く。)並びに廃油石油及び歴青油(原油を除く。)並びにこれらの調製品(石油又は歴青油の含有量が全重量の70%以上のもので、かつ、石油又は歴青油が基礎的な成分を成すものに限るものとし、バイオディーゼルを含有するもの及び他の号に該当するものを除く。)その他のもの1 石油及び歴青油(石油及び歴青油以外の物品を加えたもので、その物品の重量が全重量の5%未満のものを含む。)(1)灯油(2)軽油(3)重油及び粗油(4)潤滑油(流動パラフィンを含む。)(5)その他のもの, 石油及び歴青油(原油を除く。)、これらの調製品(石油又は歴青油の含有量が全重量の70%以上のもので、かつ、石油又は歴青油が基礎的な成分を成すものに限るものとし、他の項に該当するものを除く。)並びに廃油石油及び歴青油(原油を除く。)並びにこれらの調製品(石油又は歴青油の含有量が全重量の70%以上のもので、かつ、石油又は歴青油が基礎的な成分を成すものに限るものとし、バイオディーゼルを含有するもの及び他の号に該当するものを除く。)その他のもの1 石油及び歴青油(石油及び歴青油以外の物品を加えたもので、その物品の重量が全重量の5%未満のものを含む。)2 その他のもの- グリース, 石油及び歴青油(原油を除く。)、これらの調製品(石油又は歴青油の含有量が全重量の70%以上のもので、かつ、石油又は歴青油が基礎的な成分を成すものに限るものとし、他の項に該当するものを除く。)並びに廃油石油及び歴青油(原油を除く。)並びにこれらの調製品(石油又は歴青油の含有量が全重量の70%以上のもので、かつ、石油又は歴青油が基礎的な成分を成すものに限るものとし、バイオディーゼルを含有するもの及び他の号に該当するものを除く。)その他のもの1 石油及び歴青油(石油及び歴青油以外の物品を加えたもので、その物品の重量が全重量の5%未満のものを含む。)2 その他のもの- その他のもの-- 温度15度における比重が0.8494以下のもの, 石油及び歴青油(原油を除く。)、これらの調製品(石油又は歴青油の含有量が全重量の70%以上のもので、かつ、石油又は歴青油が基礎的な成分を成すものに限るものとし、他の項に該当するものを除く。)並びに廃油石油及び歴青油(原油を除く。)並びにこれらの調製品(石油又は歴青油の含有量が全重量の70%以上のもので、かつ、石油又は歴青油が基礎的な成分を成すものに限るものとし、バイオディーゼルを含有するもの及び他の号に該当するものを除く。)その他のもの1 石油及び歴青油(石油及び歴青油以外の物品を加えたもので、その物品の重量が全重量の5%未満のものを含む。)2 その他のもの- その他のもの-- その他のもの--- 液状の潤滑剤, 石油及び歴青油(原油を除く。)、これらの調製品(石油又は歴青油の含有量が全重量の70%以上のもので、かつ、石油又は歴青油が基礎的な成分を成すものに限るものとし、他の項に該当するものを除く。)並びに廃油石油及び歴青油(原油を除く。)並びにこれらの調製品(石油又は歴青油の含有量が全重量の70%以上のもので、かつ、石油又は歴青油が基礎的な成分を成すものに限るものとし、バイオディーゼルを含有するもの及び他の号に該当するものを除く。)その他のもの1 石油及び歴青油(石油及び歴青油以外の物品を加えたもので、その物品の重量が全重量の5%未満のものを含む。)2 その他のもの- その他のもの-- その他のもの--- その他のもの, 石油及び歴青油(原油を除く。)、これらの調製品(石油又は歴青油の含有量が全重量の70%以上のもので、かつ、石油又は歴青油が基礎的な成分を成すものに限るものとし、他の項に該当するものを除く。)並びに廃油石油及び歴青油(原油を除く。)並びにこれらの調製品(石油又は歴青油の含有量が全重量の70%以上のもので、かつ、石油又は歴青油が基礎的な成分を成すもののうち、バイオディーゼルを含有するものに限るものとし、他の号に該当するものを除く。)1 石油及び歴青油(石油及び歴青油以外の物品を加えたもので、その物品の重量が全重量の5%未満のものを含む。)(5)潤滑油(流動パラフィンを含む。)A 温度15度における比重が0.8494を超えるもの(流動パラフィン、切削油、絶縁油及び航空機用潤滑油並びに焼入油、作動油、防錆油その他主として潤滑用に供しない油に限る。)及び温度15度における比重が0.8494以下のもの- その他のもの-- 切削油、絶縁油及び航空機用潤滑油, 石油及び歴青油(原油を除く。)、これらの調製品(石油又は歴青油の含有量が全重量の70%以上のもので、かつ、石油又は歴青油が基礎的な成分を成すものに限るものとし、他の項に該当するものを除く。)並びに廃油石油及び歴青油(原油を除く。)並びにこれらの調製品(石油又は歴青油の含有量が全重量の70%以上のもので、かつ、石油又は歴青油が基礎的な成分を成すもののうち、バイオディーゼルを含有するものに限るものとし、他の号に該当するものを除く。)1 石油及び歴青油(石油及び歴青油以外の物品を加えたもので、その物品の重量が全重量の5%未満のものを含む。)(5)潤滑油(流動パラフィンを含む。)A 温度15度における比重が0.8494を超えるもの(流動パラフィン、切削油、絶縁油及び航空機用潤滑油並びに焼入油、作動油、防錆油その他主として潤滑用に供しない油に限る。)及び温度15度における比重が0.8494以下のもの- その他のもの-- 焼入油、作動油、防錆油その他主として潤滑用に供しない油, 石油及び歴青油(原油を除く。)、これらの調製品(石油又は歴青油の含有量が全重量の70%以上のもので、かつ、石油又は歴青油が基礎的な成分を成すものに限るものとし、他の項に該当するものを除く。)並びに廃油石油及び歴青油(原油を除く。)並びにこれらの調製品(石油又は歴青油の含有量が全重量の70%以上のもので、かつ、石油又は歴青油が基礎的な成分を成すもののうち、バイオディーゼルを含有するものに限るものとし、他の号に該当するものを除く。)1 石油及び歴青油(石油及び歴青油以外の物品を加えたもので、その物品の重量が全重量の5%未満のものを含む。)(5)潤滑油(流動パラフィンを含む。)A 温度15度における比重が0.8494を超えるもの(流動パラフィン、切削油、絶縁油及び航空機用潤滑油並びに焼入油、作動油、防錆油その他主として潤滑用に供しない油に限る。)及び温度15度における比重が0.8494以下のもの- その他のものB その他のもの, 石油及び歴青油(原油を除く。)、これらの調製品(石油又は歴青油の含有量が全重量の70%以上のもので、かつ、石油又は歴青油が基礎的な成分を成すものに限るものとし、他の項に該当するものを除く。)並びに廃油石油及び歴青油(原油を除く。)並びにこれらの調製品(石油又は歴青油の含有量が全重量の70%以上のもので、かつ、石油又は歴青油が基礎的な成分を成すもののうち、バイオディーゼルを含有するものに限るものとし、他の号に該当するものを除く。)1 石油及び歴青油(石油及び歴青油以外の物品を加えたもので、その物品の重量が全重量の5%未満のものを含む。)2 その他のもの- グリース, 石油及び歴青油(原油を除く。)、これらの調製品(石油又は歴青油の含有量が全重量の70%以上のもので、かつ、石油又は歴青油が基礎的な成分を成すものに限るものとし、他の項に該当するものを除く。)並びに廃油石油及び歴青油(原油を除く。)並びにこれらの調製品(石油又は歴青油の含有量が全重量の70%以上のもので、かつ、石油又は歴青油が基礎的な成分を成すもののうち、バイオディーゼルを含有するものに限るものとし、他の号に該当するものを除く。)1 石油及び歴青油(石油及び歴青油以外の物品を加えたもので、その物品の重量が全重量の5%未満のものを含む。)2 その他のもの- その他のもの-- 温度15度における比重が0.8494以下のもの, 石油及び歴青油(原油を除く。)、これらの調製品(石油又は歴青油の含有量が全重量の70%以上のもので、かつ、石油又は歴青油が基礎的な成分を成すものに限るものとし、他の項に該当するものを除く。)並びに廃油石油及び歴青油(原油を除く。)並びにこれらの調製品(石油又は歴青油の含有量が全重量の70%以上のもので、かつ、石油又は歴青油が基礎的な成分を成すもののうち、バイオディーゼルを含有するものに限るものとし、他の号に該当するものを除く。)1 石油及び歴青油(石油及び歴青油以外の物品を加えたもので、その物品の重量が全重量の5%未満のものを含む。)2 その他のもの- その他のもの-- その他のもの--- 液状の潤滑剤, 調製潤滑剤(調製した切削油、ボルト又はナットの離脱剤、防錆防食剤及び離型剤で、潤滑剤をもととしたものを含む。)及び紡織用繊維、革、毛皮その他の材料のオイリング又は加脂処理に使用する種類の調製品(石油又は歴青油の含有量が全重量の70%以上で、かつ、石油又は歴青油が基礎的な成分を成す当該調製潤滑剤及び当該調製品を除く。)石油又は歴青油を含有するもの紡織用繊維、革、毛皮その他の材料の処理用の調製品, 調製潤滑剤(調製した切削油、ボルト又はナットの離脱剤、防錆防食剤及び離型剤で、潤滑剤をもととしたものを含む。)及び紡織用繊維、革、毛皮その他の材料のオイリング又は加脂処理に使用する種類の調製品(石油又は歴青油の含有量が全重量の70%以上で、かつ、石油又は歴青油が基礎的な成分を成す当該調製潤滑剤及び当該調製品を除く。)石油又は歴青油を含有するものその他のもの- 石油又は歴青油の含有量が水分を除いた全重量の50%を超えるもの, 調製潤滑剤(調製した切削油、ボルト又はナットの離脱剤、防錆防食剤及び離型剤で、潤滑剤をもととしたものを含む。)及び紡織用繊維、革、毛皮その他の材料のオイリング又は加脂処理に使用する種類の調製品(石油又は歴青油の含有量が全重量の70%以上で、かつ、石油又は歴青油が基礎的な成分を成す当該調製潤滑剤及び当該調製品を除く。)石油又は歴青油を含有するものその他のもの- その他のもの, 石油及び歴青油(原油を除く。)、これらの調製品(石油又は歴青油の含有量が全重量の70%以上のもので、かつ、石油又は歴青油が基礎的な成分を成すものに限るものとし、他の項に該当するものを除く。)並びに廃油石油及び歴青油(原油を除く。)並びにこれらの調製品(石油又は歴青油の含有量が全重量の70%以上のもので、かつ、石油又は歴青油が基礎的な成分を成すものに限るものとし、バイオディーゼルを含有するもの及び他の号に該当するものを除く。)軽質油及びその調製品1 石油及び歴青油(石油及び歴青油以外の物品を加えたもので、その物品の重量が全重量の5%未満のものを含む。)(1)揮発油A 低重合度の混合アルキレンC その他のもの-政令で定める石油化学製品の製造に使用するもの, 石油及び歴青油(原油を除く。)並びにこれらの調製品(石油又は歴青油の含有量が全重量の70%以上のもので、かつ、石油又は歴青油が基礎的な成分を成すもののうち、バイオディーゼルを含有するものに限るものとし、他の号に該当するものを除く。), 調製潤滑剤(調製した切削油、ボルト又はナットの離脱剤、防錆防食剤及び離型剤で、潤滑剤をもととしたものを含む。)及び紡織用繊維、革、毛皮その他の材料のオイリング又は加脂処理に使用する種類の調製品(石油又は歴青油の含有量が全重量の70%以上で、かつ、石油又は歴青油が基礎的な成分を成す当該調製潤滑剤及び当該調製品を除く。). 直接JLやCXに引き渡すことはまずありません。 円建て円貨入金、又は外貨建て外貨入金以外ならやっかいな為替差を見積時に考えなければなりません。