車の買い替えでCX-30を検討している方も多いと思いますが気になるのがライバル車の存在です。 2020年10月22日、「レクサス」ブランド初となるEV市販モデル「UX300e」が発表されました。2020年度分は135台の限定で、商談申込み(抽選)の受付がスタートしています。申し込みはレクサスの公式Webサイト上から、10月22日(木)13:30から11月4日(水)23:59までの期間になり、当選者には... 2016年、ホンダは高性能2シータースポーツ「NSX」第2世代を発表しましたが、第3世代となる次期型を早くも予想してみました。満を持して登場した2代目は、そのハンドリングなどで高評価を得たものの、世界を振り向かせ、カルトファンを惹きつけた初代に比べインパクトに... 「スッと曲がる印象」トーヨータイヤの新スタッドレス 、オブザーブ・ギズツーが厳しい日本の冬を安心で楽しくする!【TOYO TIRES OBSERVE GIZ2試乗】. ホイールベース:2,640mm 公開日 2020/01/01 11:03最終更新日 2020/01/01 11:03, 近年の国内SUV市場は、ヴェゼルが2015年に71,021台、2016年に73,889台を販売し、国産SUV登録車販売台数1位を達成、このジャンルでは1人勝ち状態でした。しかし、2016年末にC-HRが登場すると、2017年はC-HRが117,299台、翌年の2018年も76,756台を販売するなど、2年連続で1位となりました。2019年は2台の白熱した戦いとなっています。, ちなみに、2019年11月はヴェゼルが2,909台、C-HRが5,097台という状況。10月末に登場したCX-30は2,690台という状況であり、ヴェゼルといい勝負となっています。もちろん、CX-30は、デビューしたての話題のクルマであったため、「新車効果」で多く売れている影響もありますが、それでもCX-5(1,321台)の倍を売り上げているなど勢いがあります。, 熟成されてきたヴェゼルと新進気鋭のCX-30。今回、この2台の操縦安定性や乗り心地、ロードノイズといった走りの違いを比較しました。, ■高速直進安定性 C-HRよりも後部座席や荷室の広さで定評があるので気になる存在です。, CX-30を購入する際は、C-HRとヴェゼルを試乗や見積もりで比較するのは必須だと思います。, 【CX-30サイズ】 Copyright © 2013-2020 最新自動車情報2020 All Rights Reserved. パイオニア カロッツェリアの「タブレットAVシステム」が超便利だった!. 全長:4,395mm ■エンジンフィール 8点/パワフルではないが扱いやすく、回転の上昇するフィールもスムーズ。 - 自動車 via kwout   以前より噂されていたマツダCX-3がいよいよ発売が近づき上記サイト ... マツダは、現在、魂動デザインで人気が絶好調です。 流れるような美しいデザインとグリルの統一デザインでブランド力が向上しました。 特にSUVタイプのCX-3とCX-5は他のメーカーにはない ... 流れるような綺麗なデザインで注目されている「マツダ3」 元はアクセラの後継車種となりますがガラリとモデルチェンジをして名称も変更されました。 実際に街で走っているファストバックを見ていますが際立つくら ... 今やSUVのラインナップが充実しているマツダで一番人気のCX-5の弟分に位置するのがCX-3です。 小回りが利くコンパクトサイズで女性ユーザーも多い車です。 他のメーカーにはないクリーンディーゼルエン ... Copyright© 男の車はSUV , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER. ■コストパフォーマンス 8点/この性能とデザインを300万円ジャストで提供したのは驚異的。, □総合点 79点 ■インテリアの質感 8点/ブラウンレザーの内装は上質感を感じる。ナビディスプレイがやや小さく低い位置にあるため、運転中は見にくい。 マツダは新型「cx-30」を日本では2019年9月20日発表し予約受注開始。10月24日に発売する。現在発売される同等クラス競合車種との比較を行ってみた。コンパクトクロスオーバーsuvと日本車のホンダ「ヴェゼル」トヨタ「c-hr」と比較して 乗車定員:5名 最低地上高:140mm 【新発売】ブリヂストン・ブリザックDM-V3とDM-V2の違いは?スタッドレスタイヤ. マツダは新型「CX-30」を日本では2019年9月20日発表し予約受注開始。10月24日に発売する。現在発売される同等クラス競合車種との比較を行ってみた。コンパクトクロスオーバーSUVと日本車のホンダ「ヴェゼル」トヨタ「C-HR」と比較してみた。, 新世代商品として初の二桁シリーズとなる「CX-30」はCX-3とCX-5の中間サイズである 。ベースは新型「MAZDA3」となる。デザインテーマ「魂動(こどう)-Soul of Motion」を全面的に採用。 車両構造技術「SKYACTIV-Vehicle Architecture(スカイアクティブ・ビークル・アーキテクチャー)」を採用している。全方位で洗練されたダイナミック性能を実現。, マツダの新世代技術「SKYACTIV TECHNOLOGY(スカイアクティブテクノロジー)」と世界初となる「SPCCI(火花点火制御圧縮着火)」採用した次世代ガソリンエンジン「SKYACTIV-X」を採用。, インテリアはメーターパネルを液晶化し、マツダコネクトは最新の「NEW MAZDA CONNECT(ニューマツダコネクト)」TFT 8.8インチのインフォテインメントシステムが搭載。「Android Auto」と「Apple CarPlay」に対応となる。「NEW MAZDA CONNECT(ニューマツダコネクト)」は運転中の操作は危険だとし、タッチパネルは非搭載で全てはコマンダーコントロールで操作で行う。車載通信機を標準設定。コネクティッドサービスとスマートフォンアプリ「MyMazda(マイ・マツダ)」の連動が可能。, よりスポーティとなった新型CX-30には、新世代4WDシステム、「i-ACTIV AWD」を搭載する。電子制御で駆動力を積極的にコントロールし、走破性能と燃費性能を高次元で両立。 多くのセンサーがドライバーの意図と走行状況を正確に検知し必要な後輪トルクを瞬時に演算・指令、不要な後輪トルクの伝達を抑え、ほぼ2WD状態で走行を可能にする。, 「i-ACTIVSENSE」技術を標準装備する。眠りを検知し警告する「ドライバー・モニタリング」追従走行機能とステアリングアシスト機能「クルージング&トラフィック・サポート(CTS)」搭載。, アドバンスト・スマート・シティ・ブレーキ・サポート(アドバンストSCBS)に夜間歩行者検知機能を追加。TJA(交通渋滞アシスト)FCTA(フロント・クロス・トラフィック・アラート)DM(ドライバーモニタリング)TSR(交通標識認識システム)など最新の機能を採用。, ホンダは新型ヴェゼルのマイナーチェンジを行い2018年2月15日発表、16日に発売。エクステリアの変更が行われフロントのバンパーやグリルのデザインを変更。インラインタイプのLEDヘッドライトの形状を変更フロントグリルと一体化したデザインに変更する。 一部グレードにはLEDアクティブコーナリングライトを採用。LEDウィンカーを採用。(LEDシーケンシャルターンランプ(流れるウインカー) ではない。)カムチェーンの摩擦低減などによってガソリンモデルをJC08モード燃費20.6km/Lから21.2km/LにUPした。, 先進運転支援システム Honda SENSING(ホンダ センシング)全モデル標準装備。残念ながらマイナーチェンジした新型オデッセイに搭載されたACC(アクティブ・クルーズ・コントロール)に渋滞追従機能(0km/h~約100km/hで作動)を追加されない。, ホンダは新型ヴェゼルにターボモデルを追加し2019年1月31日に発売した。1.5L i-VTECターボ搭載モデル「VEZEL TOURING・Honda SENSING」2.4Lエンジン並みのトルクによる力強くスムーズな加速と、優れた燃費性能、高い静粛性を実現、スペックは172psとパワーもトルクも素晴らしい。JC08モード燃費17.6km/Lとなる。通常モデルのヴェゼルに比べボディの剛性を向上、専用仕様のパフォーマンスダンパー、ヴェゼル初となるアジャイルハンドリングアシストを採用。, ホンダ 新型 ヴェゼル マイナーチェンジ フロントフェイス変更など 2018年2月15日発表 16日発売, フロントバンパー、リアバンパーの形状の変更。ヘッドライドの形状を変更し「3眼LEDヘッドライト」を採用。Gグレード以上からリアウィンカーの形状を変更し「シーケンシャルウインカー(流れるウィンカー)」を採用。1.2L 直列4気筒 DOHC 直噴ターボに6MTを組み合わせる。ハイブリッドモデルでは新型プリウス同様に全てのグレードでリチウムイオンバッテリーを採用。今までグレードにより搭載されていた、「インテリジェントクリアランスソナー(パーキングサポートブレーキ)」を標準装備。「リヤクロストラフィックアラート(RCTA)」後退時の死角を検知し、注意を喚起。を全車標標準装備。 全車で「セーフティ・サポートカーS(ワイド)」(サポカーS〈ワイド〉対象車対象車となる。, いかがですか?新型CX-30のライバル車たちは各社の特色を活かした魅力的なモデルであることは間違いない。各社のターボモデルでの比較をしたがヴェゼルが他社と比較して最高出力127kW(172ps)と他を圧倒するスペックである。ただしターボモデルとしてはCX-30がディーゼルエンジンのためトルクと一番燃費がいい。MTを選択したい場合はC-HRとなる。CX-30には眠りを検知し警告する「ドライバー・モニタリング」追従走行機能とステアリングアシスト機能「クルージング&トラフィック・サポート(CTS)」の先進のシステムを採用しており、渋滞時でのアシストによりストレスや疲労軽減できるのはCX-30である。参考にして頂けたら幸いです。, 最新自動車情報はサイトを変更致しました。アドレスが変更となりましたのでブックマークなどの変更をお願い致します。.

■コーナリング ■走りの質感    8点/軽快なアクセルレスポンスとサウンド、そして軽快なハンドリング、硬すぎない足の設定、そしてエンジンが主役というクルマ。

■コストパフォーマンス 8点/ツーリング専用の外装、内装のデザイン、そして18インチタイヤ、パフォーマンスダンパーなど豪華。300万円強で買えるとなるとコスパが高い。, □総合点 82点 最低地上高:170m,185m 全高:1,540mm ヴェゼルのサイズスペックとレビュー動画. CX-8が発表された時、CX-5を大きくした印象で需要があるのかな?と思ったのですがかなりの人気があるそうです。 理由は、3列シート仕様なので家族が多くても快適、荷物がたくさん乗るのでキャンプなどアウ ... CX-3登場。狙いは次世代の都会派スタンダード・カー - フォト - carview! ■加速フィール   9点/低速から早開きのアクセル特性だが、過敏すぎないので扱いやすい。 (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); 各方面からカッコよくまとまっていると評価が高いマツダCX-30。 メーカー希望小売価格:2,075,000円(税込み)〜. 最近、若い層を中心に、街中のカフェや電車内などでスマホより大きなタブレットを愛用している方をよく見かけます。それに、最近の新型車などを中心に、自動車メーカーの純正装備として、「それ、タブレットじゃないの?」といえるようなディスプレイを採用する車種も出てきましたが、実際に使ってみると、大きめの画面が... 目から鱗のクルマでスマホ活用法! パイオニア カロッツェリア大画面ディスプレイオーディオでいつものアプリ&音楽を!!

クルマで!出先で!お家でも使える8インチタブレット!! 最小回転半径:5.2m 全高:1,550mm(1,565mm) そこで今回は、サイズなどを中心にライバル車の比較をしてみました。, もし、私が今CX-30の購入を検討していたら同じマツダのCX-5を必ず試乗して比較すると思いますがやはりボディーのサイズが違うので候補には上がらないと思います。 エンジン:水冷直列4気筒横置 DOHC チェーン駆動 吸気2 排気2 ベロフ「プレシャス・レイZ」なら1万円でLEDヘッドライトに交換!梅本まどかがやってみた!! 最小回転半径:5.3m〜5.5m ■乗り心地     8点/ボディの上下動は小さくフラット。段差でのショックは若干ある。突起音は静か。片輪段差乗り越しではリアからの左右振れをやや感じる。ホワイトのレザーシートが滑る。 デザインに優れたSUV。背高のマツダ3そのもの。マツダ3よりも応答ゲインがやや上がり運転のクセは少なくなり、一般的なSUVに近づいた。荷室は後席倒しにしても数値程の広さはない。, カテゴリー : ニュース・新車, エンタメ, 映像・動画, クリッカービデオ, 新型車・フルモデルチェンジ, 新車, 試乗, 冬に備えたタイヤ選びはスタッドレス?オールシーズン? ヨコハマ アイスガード 6 & ブルーアース4S AW21を雪上試乗. ホイールベース:2,655mm, 全長:4,360mm 秋の夜長というくらいで、それと比例して日没時間もどんどん早くなっています。気がつけば、ドライブの帰り道でもう真っ暗ということもありますよね。そんな夜のドライブで重要なのが、言うまでもなくヘッドライト。実はクルマのヘッドライトはどんどん進化しています。以前はヘッドライトを... レクサス初の市販EV「UX300e」、2020年度分はわずか135台。価格は580万円〜635万円. ■エンジンフィール 9点/エンジンの回転上昇フィールがスムーズで心地よさを感じる。エンジンサウンドも中速以降で非常に軽快。 街ですれ違う度に見てしまいます。, そして、ホンダのヴェゼルは、発売から多少の年月が経過していますがちょくちょくマイナーチェンジをしていてこちらもカッコいいです。現在のフロントマスクが発売当初よりも先進的になっています。