最近ではオクトーバーフェストの流行で日本でも目にすることが多くなったドイツビールですが、飲みたいのに種類や銘柄などよくわからず困った経験をお持ちの方も少なくないのではないでしょうか? 日本で発売されているビールのアルコール度数というのは、大抵が4%~5.5%程度のものが多くなっています。アルコール度数が低めの方が好きな方もいれば、高めの方が好きな方もいらっしゃるかもしれません。また世界に目を向ければ、日本のビールでは考えられないような高アルコール度数のビールも販売されています。ここでは様々なビールのアルコール度数の比較について紹介していきます。, 日本で発売されているビールのアルコール度数というのは、大抵が4%~5.5%程度のものが多くなっています。ビールや発泡酒を選ぶ際にアルコール度数を気にする方もいらっしゃるのではないでしょうか。, アルコール度数が低めの方が好きな方もいれば、高めの方が好きな方もいらっしゃるかもしれません。, また世界に目を向ければ、日本のビールでは考えられないような高アルコール度数のビールも販売されています。ここでは様々なビールのアルコール度数の比較について紹介していきます。, まずは、当サイトで選んだ定番の銘柄について、アルコール度数を比較した表を紹介します。酒税法上のビールだけでなく、発泡酒、第三のビールおよび新ジャンルについてもまとめてみました。, 比較してみてもほとんどの銘柄は5%前後になっています。ストロングなどのアルコール度数を強くしたものを売りとする商品以外はほぼどのメーカーのビールに関してもアルコール度数の大きな変化はないようです。, 上記のように、日本で販売されているビールのアルコール度数はほとんどは5%前後となっています。しかし日本以外に目を向けると、日本のビールでは考えられないような高アルコール度数のビールが世界には存在します。, ここでは、世界の高アルコール度数ビールについて、銘柄と驚きのアルコール度数について紹介していきます。, こちらはスコットランドで生まれた世界最高のアルコール度数を誇るビールです。その度数なんと67.5%!!!これほどまでに高濃度のアルコール度数を誇るビール、一度は飲んでみたいですね。, 現在世界一位のアルコール度数を誇るビール、「スネークヴェノム」登場まで世界一位のアルコール度数だったビールです。スネークヴェノムと同じ醸造所で作られています。アルマゲドンとは名前からして凄そうです。, こちらはオランダ生まれの超高アルコール度数ビール、「スタート・ザ・フューチャー」です。ビンの見た目がデスソースのようないでたちをしていていかにも強烈そうです。60%ともなると一本飲んだだけで完全にグロッキーなのでは。, ビール大国ドイツが生んだ高濃度アルコール度数ビールです。その度数は57.5%。ビールを水のように飲むドイツ人がいると言われますが、その方でもこれを水のように飲むのでしょうか。, これはアルコール度数がどうとかではなく、入れ物が凄いです。この画像、適当に貼ってるわけではなく、こういう入れ物なんです。インパクトありすぎです。実物があったらアルコール度数とかの問題ではない部分で盛り上がりそうな気がします。, このページは、ピントルのビール専門ページです。ビールの種類や特徴などを詳しく解説すると共に、おすすめランキングや選び方などについても紹介していますので、ビールについて詳しく知りたい方は必見です。. ビールを専門店などでオーダーするときに、メニューでよく見かける「パイント」という単位。1パイントやハーフパイントと書かれていますが、どのくらいの容量なのか知っていますか? USパイントグラスで1パイントのビールをオーダーした場合、缶ビール(350ミリリットル)より多く、中瓶(500ミリリットル)より少ないくらい、と覚えておきましょう。クラフトビールを扱うお店では、パイント、ハーフパイントが選べる場合が多いので、ザックリとでも1パイントの容量を知ってて損はないですね。, ちなみに、ビール瓶の容量はどのくらいか知っていますか? 大瓶633ミリリットル、中瓶500ミリリットル、小瓶334ミリリットルです。中瓶以外は、なんだか中途半端な容量ですよね。これは、酒税法が制定されたことに関係があります。 キリンビール大学【醸造学部】よこたとくお教授の漫画による、アルコール度数についての講義です。「度」と「%」の違いや、アルコール度数が高まる製法など、詳しく説明しています。 ラシュコビールは1825年から作られていて、190年の伝統があり、スロベニアの一番古いビールである。ラシュコで、毎年夏に三日間「ビールと花祭り」という祭りがある。, 二つ目のビール工場はウニオンと呼ばれ、リュブリャナで作られているビール。ウニオンビールは1864年から作られている。かつてこの二つの大きなビール工場は独立した二つの会社であったが、ハイネケンがウニオンとラシュコを買い取った。, アメリカ合衆国西海岸を中心にクラフトビール、マイクロブリューワリーという小醸造所によるビールが多種あり、生産されるビアスタイル数は世界でも有数である。ビールの種類も多い。ミラーは買収・合併されて、現在は南アフリカ籍の会社となっている。, カナダでもアメリカ同様、ビール消費は多く、モルソン、ラバットという二大全国ブランドが存在する。また、イギリスからの伝統も影響し、比較的小規模な地ビール醸造も多い。, メキシコはビールの特産地としても知られており、コロナやXX(ドス・エキス)など、著名ブランドが世界中に輸出されている。, 中国での製造開始は欧米諸国に遅れるが、21世紀になって、生産量では世界一となっている。2004年の総生産量は2910万トンであり、対前年15.1%もの伸びを示している。, 元々中国でのビール生産は20世紀初頭に、まず現在の黒龍江省ハルビンにロシア人がハルビン・ビールの工場を設立した。また山東省青島をドイツが租借地とし、租借地経営の一環として、産業振興策のビール生産の技術移転を行ったところから始まる。新中国になってからも早くから輸出に努めていたこともあり、現在でも世界的に最も有名な中国メーカーは青島ビール (Tsingtao Beer) であるが、現在最大のメーカーは香港資本も入った華潤雪花ビール(雪花ビール)になっている。その他の大手グループとして北京の燕京ビール、広州の珠江ビール、バドワイザー、サントリー、アサヒビールなどの中国国外のビールメーカーも多く進出している。流通と冷蔵が完備していないので、各地方都市に小規模なビール工場が多数あり、その地域用のビールを生産している。小規模工場の中には品質の悪いものを作っているところもあり、2004年の全国規模の抜き取り検査では13.8%もの銘柄が不合格となった。, 冷たく冷やしたラガーが好まれる。ビールに氷を入れることがあるが、これはアルコール度数が高いため割っているというよりも、冷蔵設備が行き渡っていなかった時代の名残である。ただし、タイのビールは味がやや濃いこともあり薄める目的で氷を入れる人はいる(氷を入れることを前提に濃いめに作られている)。, アフリカでは部族ごとにビールを醸造しており、その種類は百種類以上に及ぶとされる[65]。これらのビールは古代エジプトのビールと同様、ストローを使って飲む。また、使用する原料も麦に限らず雑穀やキャッサバ、トウモロコシ、バナナなどが用いられている。南アフリカではカフィア・ビールやコーリャン・ビールと呼ばれるビールが伝統的に飲まれてきた。, 世界的な規模のビール製造会社は他国へ直接の資本進出を行ったり、各国の地場ビール会社を資本支配下に収めたり、あるいは資本提携したりする事で進出を行っている。また、世界的なブランドは直接ブランド所有会社との資本関係にはなくとも各国の企業によるライセンス製造が行われるケースもある。, 単純に計算すると上位5グループで世界の生産量の50%近くを占めることになる。InBev社の主張によれば2005年には同社グループの生産量は世界のマーケットシェアの14パーセントの生産量を占めていると主張している。ただし、例えばカナダではInBev社系列のラバット社がバドワイザーを製造しているようにブランドと企業の入り繰りも存在している。また、オーストラリアや日本のように民族資本が強力な場合には進出の程度が輸出あるいはライセンス製造に留まっているケースもある。, InBev(インベブ)は2004年にベルギーのInterBrew社とブラジルのAmBev社の合併により誕生。現在はアンハイザー・ブッシュ・インベブの子会社。アジア・ヨーロッパ・南北アメリカに多くの系列企業を持つ。, アンハイザー・ブッシュは世界第三位の生産量を誇る。現在はアンハイザー・ブッシュ・インベブの子会社。アメリカ国外の醸造所は他のグループと比較すると少ないが、バドワイザーブランドのビールは各国でライセンス生産が行われている。, 南アフリカビール社が2002年にミラー社を買収して誕生。アメリカ・アフリカに系列企業を持つ。, 日本においてビールは、1613年(慶長18年)に平戸(現在の長崎県平戸市)に渡来し、1724年(享保9年)にオランダの商船使節団が江戸に入府した際には、8代将軍・徳川吉宗に献上された。今村市兵衛の記した『和蘭問答』(1724年)には自身が飲んだ「麦の酒」「ヒイル」という語が記されている。その感想は「殊外悪しき物」「何の味わいもない」と否定的である。文献上確認ができる日本最古のビールの記述である。, 日本での外国人による醸造は、1812年に長崎の出島において、オランダ商館長のヘンドリック・ドゥーフの手によるものが最初である。開国後の1869年(明治2年)には、横浜の外国人居留地、山手46番にウィーガントらによって「ジャパン・ブルワリー」が設立され、翌年にはアメリカ人・コープランドが「スプリング・ヴァレー・ブルワリー」を設立。ビールの醸造製造を始め、主に居留地の外国人や上流階級の日本人向けに販売し、輸出もした(後にジャパン・ブルワリーは閉鎖、ウィーガントは別の工場ババリア・ブルワリーを興すが、最終的にはコープランドのスプリング・ヴァレー・ブルワリーと合併する)。, 日本人による醸造は、1853年に蘭学者の川本幸民が、江戸で醸造実験を行ったのが最初とされる[66]。川本が実際に醸造したかどうかの確証は無いが、著書のビール醸造法の記述などにより、実際に醸造した可能性が極めて高いと推測されている。産業としての醸造は、1869年(明治2年)に、当時の品川県知事であった古賀一平が土佐藩屋敷跡(現在の東京都品川区大井三丁目付近)にビール工場を建造し製造を開始したのが最初とされる[67]。ただし、商業規模の製造は、1872年に、大阪市で渋谷庄三郎が「渋谷ビール」を販売したのが最初とする説もある[66]。その後、1874年(同7年)には甲府で野口正章により「三ツ鱗ビール」が設立され[68]、1876年(同9年)には北海道の札幌で官営ビール事業として、「開拓使麦酒醸造所」が村橋久成と中川清兵衛を中心に設立された(翌年「札幌ビール」を製造)。, 1885(明治18年)、グラバーや三菱の岩崎弥之助らにより、「スプリング・ヴァレー・ブルワリー」は「ジャパン・ブルワリー・リミテッド」に引き継がれ、1888年(同21年)には「キリンビール」が発売された。1886年(同19年)には、北海道開拓使の官有物払下により、開拓使麦酒醸造所は北海道庁から大倉組に払い下げられ、1888年に「札幌麦酒会社」が設立された。1877年(同10年)には「日本麦酒株式会社」が設立され、1890年(同23年)に「ヱビスビール」を発売した。また、1889年(同22年)には「大阪麦酒株式会社」が設立され、1892年(同25年)に「アサヒビール」を発売した。, このように大資本から地方の中小醸造所まで、明治期には地ビールブームが起き、全国で100社近くの醸造所が設立された。しかし、1900年(明治33年)に北清事変(義和団の乱)が起き、軍備増強のため、翌年からビールに酒税が課せられることになると状況は一変する(それまで、酒税は清酒にのみ課されていた)。中小の醸造所は、酒税法に定められた最低製造数量基準を満たすことができず、相次いで倒産、または大資本へと吸収され、ビール業界は再編された。1906年(同39年)には、日本麦酒、札幌麦酒、大阪麦酒が合併して「大日本麦酒」が設立され、また、1907年(同40年)には、三菱財閥がジャパン・ブルワリー・リミテッドを引き継いで「麒麟麦酒」(キリンビール)が設立される。その後、1928年(昭和3年)に「壽屋」(サントリー)が「日英醸造」を買収し、ビール業界に一時参入したものの、1934年(昭和9年)には買収した鶴見工場を「麦酒共同販売」に売却して、ビール業界から撤退した。, 第二次世界大戦後、GHQは産業界の独占・寡占の一掃を図って集中排除法を制定させる。ビール業界も集中排除の対象となり、大日本麦酒は「日本麦酒」(サッポロビール)と「朝日麦酒」(アサヒビール)に分割された。1945年9月2日に本土から分割され、米国民政府の統治下に置かれた奄美群島では、日本からの流通がなくなり物資が不足する中、1952年に巴麦酒株式会社(トモエビール)が奄美大島で設立され、直営ビアホールも作られたが、1953年の奄美群島本土復帰で商品の競争力がなくなり廃業となった[69]。1957年(昭和32年)には、同じく米国民政府の統治下の沖縄県で「オリオンビール」が設立され、同年には宝酒造もビール業界に参入して「タカラビール」を発売した(宝酒造は1967年に撤退)[70]。1963年(同38年)にはサントリー(壽屋から社名変更)がビール業界に再び参入した。こうして、いくつかの新規参入はあったものの、1967年の宝酒造撤退後は長らくビール業界はキリン・アサヒ・サッポロ・サントリー・オリオンによる5社(オリオンに対する各種優遇措置などの特殊事情のある沖縄以外では、事実上オリオンを除く4社)の寡占状態にある。, 1967年(昭和42年)、新技術(精密濾過機を使用し熱処理を行わず酵母菌を除去)を用いた生ビール、サントリー「純生」[注釈 1][71]が発売されたが、生ビールの解釈(酵母菌の有無)を巡ってサントリーと競合他社が意見を対立させ、「生ビール論争」が発生した[72]。この論争は1979年、公正取引委員会が生ビール、ドラフトビールの定義を(酵母菌の有無には関係無く)「熱処理をしないビール」と公示したことにより、結果的にサントリーの主張が認められた形で決着を迎えた[72]。, 1987年(昭和62年)に販売したアサヒスーパードライが多く売れ、日本国外では、中国、タイ、イギリス、チェコ、カナダで生産、販売されている。, この頃から暖房機能付きエアコンや石油ファンヒーター等、一般家庭における冬場の暖房設備の充実により、それまでの「夏はビール、冬は日本酒や焼酎」といったスタイルから、冬場でもビールが売れていくように変化していった。この現象はアイスクリームでも見られた。, 1994年(平成6年)、酒税法が改正されて最低製造数量基準が緩和された。これにより、一気に全国各地で地ビールが醸造され始め、地ビールブームが再現された。ただ、寡占5社が占めるシェアは依然大きく、2008年現在地ビール全体のビール業界におけるシェアは1%に満たない[73]。, 2005年、ザ・プレミアム・モルツがモンドセレクションを受賞し、これまでヱビスビールが圧倒的優位にあったプレミアムビール市場がにわかに活気づいた。, 日本には、ドイツのビール純粋令のような製造法に関した法律は無く、「酒税法」[74]と「公正競争規約」[75]にて定義されている。, 日本では、ビール自体が高級品扱いの時代が長期間続いていたが[76]、昭和30〜40年代に高度経済成長が進展するに連れて大衆化が進み、庶民が飲む一般的な酒へと変移した[77]。, 日本では、しっかり冷やしてコップやジョッキに注いでそのまま飲むのが一般的であり、夏場になると消費量が増大する。日本の多くの料理店・居酒屋では、5社(事実上はキリン、アサヒ、サッポロ、サントリー4社)のうち1社(沖縄県では通常はオリオン)のビールが供された。そのため、「三菱系企業の社員はキリンの出る店でしか飲まない」「サッポロ(あるいはサントリー)の出る店は少ないので、三井系企業の接待の店選びは困る」など、企業グループとビール銘柄に関する噂もまことしやかに語られた。ホテルなどでの企業関係者の会合といった、大人数の集まるイベントなどでは、企業グループによって提供するビールのメーカーを変える(三菱系=キリン、芙蓉系=サッポロ、住友系=アサヒ、三和系=サントリー。ちなみに三井系はサッポロかサントリーのどちらか)ことも多い。また一部の宿泊施設では、部屋付きの冷蔵庫のビールにも同様なことを行っているところもある(ただ、2000年頃から、旧財閥といった従来的な企業グループを超えた企業再編も行われているため、当てはめにくくなっている可能性はある)。, 日本のプロ野球では、公式戦や日本選手権シリーズで優勝したチームの監督・選手・コーチたちが、祝勝会でビールをかけ合う風習がある(→ビールかけ)。, 日本の酒税法では、麦芽又は麦を原料の一部とした発泡性の酒類(酒税法第3条第7号から第17号までに掲げる酒類及び麦芽又は麦を原料の一部としたアルコール含有物を蒸留したものを原料の一部としたものを除く)を「発泡酒」として定義している。このため、日本国外産の輸入ビールの中にはこの基準に合致しないために、本国ではビールに分類されていても日本では発泡酒扱いとされる商品も存在する。麦を使用しない発泡性の酒類には「その他の醸造酒(発泡性)(1)」(旧法では「その他の雑酒(2)」)があり「第三のビール」と称するものがある。ビール、又は発泡酒に蒸留酒を組み合わせたものは「リキュール(発泡性)(1)」に属する[74]。, 「ノンアルコールビール」と呼ばれた「ビールテイスト飲料」は、運転をする者や大人たちがビールを飲んで祝い事をする時の子どもたちの飲み物としても販売されている。これらの中にはホップを含まない甘いものもある。以前は「ノンアルコールビール」と呼ばれたが、キリンフリーなど発酵していない商品を除いては、アルコール含有量はゼロではない。酒類に分類されるアルコール1%という基準を下回ってはいるが、たいていの商品はアルコール分を含んでいる。そのため、未成年者やアルコールに敏感な人の飲用や飲用後の運転は控えるよう呼びかけている。また飲食店や販売店においてはドライバーや未成年者への販売を拒否するケースも見られる。「ノンアルコール」という表現は誤解を招くという指摘もあり、日本の業界では名称を「ビアテイスト飲料」又は「ビールテイスト飲料」に改める動きが進んでいる。ホッピーはそれ自体はアルコール1%未満であるが、焼酎などの割り材とするのが一般的である。ルートビアは、ジンジャービアとも呼ばれるジンジャーエール似の飲料で、こどもびいるという飲料も販売されている。, 1位のドイツが103億リットル、2位の英国が49億5,000万リットル、そしてポーランドが36億9,000万リットルを生産している, ポーランド国内市場の拡大が続き、ポーランド醸造産業雇用者連盟 (Zwiazek Pracodawcow Przemyslu Piwowarskiego) は醸造業界年次大会において、2008年のポーランドでのビール消費量が、一人当たり94リッターにまで増大したと発表した。国内市場での販売総量としては35億 6,240万リッターにのぼる。このポーランド醸造産業雇用者連盟に加盟している各社の市場シェアを合計すると、ポーランドのビール市場全体のおよそ90%を占める。 統計的にはポーランドの消費者は一人当たり平均で年間に92リットルのビールを飲んでおり、これはチェコ共和国ならびにドイツについで、第3位である。2009年、ビールの販売によるポーランド政府への消費税収入は、30億9,700万, 「世界最古ビール 初の化学分析/古代エジプトで醸造 証拠確認/早大・馬場客員主任研究員ら 防腐の工夫も明らかに」『. 定番ビール、アルコール度数比較表. 日本語では「麦酒」とも称されるビール。日本での普及は明治以降ながら、今や本家日本酒をしのぐ晩酌・宴会の人気者ですね。とりわけドイツ語学習者の皆さんは、様々な伝統ある当地のビールに興味津々ではないでしょうか。そこで今回はビールにまつわる語彙や表現を学んでみましょう。 まずは、当サイトで選んだ定番の銘柄について、アルコール度数を比較した表を紹介します。酒税法上のビールだけでなく、発泡酒、第三のビールおよび新ジャンルについてもまとめてみました。 小さなグラスに瓶ビールをついで飲んでいると、知らず知らずに量が多くなってしまうことがありますが、それぞれの瓶の容量を考えて自分の適量でたのしみましょう。.

ビールを専門店などでオーダーするときに、メニューでよく見かける「パイント」という単位。1パイントやハーフパイントと書かれていますが、どのくらいの容量なのか知っていますか?, パイントとは、アメリカやイギリスを中心に使用されているヤード・ポンド法における体積の単位です。ほかのヤード・ポンド法と同様、1パイントはアメリカとイギリスでは異なる値になっています。アメリカのUSパイントは473ミリリットル、イギリスのUKパイントは568ミリリットルです。1パイントの容量で作られたグラスはパイントグラスと呼ばれています。 All Rights Reserved. 同じ理由で、小瓶も334ミリリットルに定められています。中瓶は後から追加されたため、切りのよい数字になったそうです。

チャーンはタイ語で「象」という意味。トレードマークの向かいあった2匹の象がかわいく、パッケージからも南国タイの雰囲気を感じられます。アルコール度数は6.4%で少し高め。麦の香りがしっかり感じられ、独特のコクがあるビールです。 Goldhammer, Ted (2008), The Brewer's Handbook, 2nd ed., Apex, Tom Standsge 著、新井 崇嗣 訳『世界を変えた6つの飲み物』p.294-295 インターシフト 2007年3月20日発行, 野口正章は甲府商家の生まれで、『大日本洋酒缶詰沿革史』に拠れば野口は明治5年頃からイギリス人コブランドの指導を受け、, KIRIN_キリンビール大学_古代ビールや中世ビール、日本初のビールまで。歴史的ビール復元プロジェクト グルートビール復元への道のり, アサヒビール | 世界のビールの歴史 Beer Century | ドイツ 19世紀, http://www.agiweb.org/geotimes/aug04/resources.html, La Brasserie Lancelot est située au coeur de la Bretagne, dans des bâtiments rénovés de l'ancienne mine d'Or du Roc St-André, construits au 19 ème siècle sur des vestiges néolithiques, Metabolic Engineering of Saccharomyces cerevisiae, Michael Jackson's Beer Hunter — A pint of cloudy, please, キリンホールディングス_ニュースリリース_2008.8.8_キリン食生活文化研究所 レポートVol.10 2007年世界主要国のビール生産量, アフリカ、部族ごとの伝承ビール〜そして現代 | 世界のビールの歴史 | アサヒビール, Michael Jackson's Beer Hunter - Beer Styles, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=ビール&oldid=79870180, 最初はグラスの底にビールを叩きつけるようにして注ぎ、泡を形成する。これによりビールが空気に触れるのを防ぐことができる。, グラスとビールの注ぎ口を近づけるなどして初めに形成した泡を壊さないように静かに注ぐ。これにより、均質な大きさの泡が液体中で均等に形成されるため壊れにくく、苦味成分も吸着させることができる。, ロ - 麦芽、ホップ、水及び麦その他の政令で定める物品を原料として発酵させたもの(その原料中当該政令で定める物品の重量の合計が麦芽の重量の100分の50を超えないものに限る)。.