上記の幕間にて共演。 完全犯罪を計画し、そのプランを他者に授け、そしてモリアーティ自身は何ひとつ関与しない。 ドクター・トラウム:声が同じ。また、同じ機械の少女と求愛を持つ親バカキャラが共通している。 新宿のアヴェンジャー 歌劇である「魔弾の射手」に登場する狩人は、悪魔に魂を売り渡すことで狙う獲物を必ず仕留める魔弾を手に入れる。しかし七発目だけは悪魔の望む者―――つまり契約者を絶望させる誰かに必ず放たれるのだという。, シャーロック・ホームズ ホームズが絡むと、途端に態度が変わり、露骨に嫌そうな態度を取ることも多い。 FGO(フェイトグランドオーダー)のストーリー1.5部 悪性隔絶魔境 新宿(新宿幻霊事件)第18節「名探偵の名推理」攻略はこちら。出現するエネミーやドロップする素材を掲載しているので、FGO(FateGO)ストーリー攻略の参考にどうぞ。 『シャーロック・ホームズシリーズ』作中では、いわゆる犯罪コンサルタントとして暗躍。 宝具として巨大な棺桶「ライヘンバッハ」を背負っており、これが某SFガンアクションの超兵器のような武装(どっちかというと某アンデッドのもつ棺桶に見える)。 ホームズ曰く「テムズ川のヘドロ並に薄汚いコネクション」。, 幻影魔人同盟  魔弾という言葉が比喩表現として使用され、歌劇になるほどの知名度がある彼なのだが、Fateの世界においては英霊に至ることが無かったとされており、幻霊という事になっている。 「弓兵」のサーヴァント。亜種特異点Ⅰで真名が明かされる前は新宿のアーチャーと呼称されている。 略歴 1. 遠慮深謀を突きつめた完全犯罪を画策し、華麗な手口で遂行“させる”最凶の策士。 彼もまた、Mr.ダンディとは言い切れない側面を持つサーヴァント。 親しみやすいが大変に胡散臭く、当人も自身を「悪人」と推定している。 しかも、彼の場合はカルデア側に察知されていない悪巧みが相当数あるものと予想される。 フランケンシュタイン、チャールズ・バベッジ メカエリチャン

モリアーティに仕えた銃の名手で二番目に危険とされる人物。そのためプレイヤーから新宿のアーチャーの真名の候補に挙がっていた。 4週連続・全8種クラス別TV-CM 第5弾 アーチャー編. ただ、サーヴァントとして呼ばれた彼がホームズを嫌う理由は、「自分がアラフィフの姿で呼ばれたのに対してホームズがイケメン青年の姿で呼ばれた」ことに対する嫉妬も多分に含まれるという何とも締まらないもので、多くのマスターが「そこ! 「ヤバい、めっちゃ怖い」 元々はとある悪巧みの為に二人に声を掛けたものの、上記の『悪巧み四天王対策マニュアル』に記載されていた対策方法として、フランに「ぱぱ」と呼ばれた事で【生まれて始めて涙した】と後々語るほど感動し、猛烈な親バカキャラと化して本気でレースに取り組む事となった。この際に『プロフェッサーM』という仮名を用いており、後のイベントでもたまに使われている。

モリアーティ教授:別軸のアニメのモリアーティ。紳士然した一面を持つがこちらは作風の都合上、犬のようにディフォルメされており。更に殺人行為は行わず(基本的彼の狙いは金品財宝の強奪行為)更にドジな面がが多いなどゲームにおける味方側(アラフィフ紳士)の彼のイメージの象徴と思われる。 ヘンリー・ジキル 新宿のアサシン、新宿のライダー(後にアヴェンジャーに変異)、新宿のバーサーカーをまとめ上げ、各々の欲望を満たすべく行動する。 原作において描写が少ない理由として、ホームズは「彼が後世に与える影響を懸念しワトソン君には敢えて描写を極力伏せるよう頼んだ」と述べている。 自分がアラフィフとして召喚されたのに、ホームズは明らかに若々しいことに納得がいかない。 Fate/Grand Order×リアル脱出ゲーム紹介映像. 異なり、型月世界での人物像が明らかにされていない。, Fate/GrandOrder 計画完遂のために一切の犠牲をいとわず、ときに自らさえその計画の駒の一部に組み込んでしまう。恐ろしいのは不確定要素さえ、ある程度の手筈さえ整えられるなら完全に制御してしまう周到さを発揮することで、ありとあらゆる手段を講じて完全犯罪の可能性を模索する。 2017水着イベントにて共演。 エミヤ・オルタはあくまで傭兵と語っていた事からおそらくメンバーには入っていないと思われる。 (ウィリアム・ジェームズ・モリアーティ:近年放送作品におけるモリアーティでおそらく彼の願望である『イケメン青年のモリアーティ』をを表現している(ただし、FGOのモリアーティが一個人だったに対してこちらは3人兄弟の次男という設定で彼が知識、兄は情報、弟は執行役という解釈が取られている)。 4週連続・全8種クラス別TV-CM 第6弾 キャスター編. しかしその結果、割ととんでもない計算不能のキメラが出来上がってしまったため、実は密かに距離をおいている。 リーズにおいて、, 天才、哲学者、思想家、極めて優れた頭脳。, 幻霊「魔弾の射手」の能力を吸収した、融合型サーヴァント。.

『Fate/GrandOrder』メインシナリオ第1.5部1章「悪性隔絶魔境新宿」に登場する新宿のアーチャーの真名。 『虚月館殺人事件』の折に浅からぬ関係であったと語っている。 一方、思い立ったことを証明せずにはいられない学者としての性も強く、これまで数多くの犯罪計画に携わってきた裏には、「その不可能を可能にしてみたい」という研究者としての本能的な欲求を隠している。 それゆえにホームズは犯人達の背後に潜む彼になかなか辿り着けずにいた。, 飄々とした五十がらみの壮年男性。 常に余裕と気品を以て他者と相対し、その人物の性質を卓越した頭脳で明確に分析してみせる知略の怪物。

新宿の犯罪計画における共犯者。モリアーティがアーチャークラスとして現界する理由に深く関わっており、ホームズを出し抜くトリックの重要な役割を担った。

Fate/Apocrypha×FGOスペシャルイベント予告映像. 召喚後は、最初は主人公に対して「悪の教授」として接してくるが、絆レベルがあがるとやがて主人公の「善性」を認めるようになり、かつて分離させた「善のモリアーティ」同様に茶目っ気たっぷりのアラフィフとして接してくれる。 理由については、是非本編をプレイして確認して欲しい。 我々の世界では彼の物語を終わらせる「デウス・エクス・マキナ」としてモリアーティは生み出されたが、読者たちや出版社の要望に半ば振り回される形で自身の役割を潰されてしまった。 厳粛な親玉としてよりも、もしかするとアラフィフ紳士のほうが素に近いのかもしれない。