Condition 1とCondition2における、Gene AならびにGeneB破壊の効果。1はGeneA、2はGeneB、3はコントロールである。青色はCondition1を緑色はCondition2を表している。, 図1. The following is an example of a well-written figure legend, drawn from this paper (West et al., 2013; CC-BY license) published in PLOS ONE. The depth of this component may vary not only between papers but also between journals. Finally, if any part of the figure was reproduced, the originator should be consulted for permission and then referenced.

とすると、下段のグラフ(fig2)にデータが追加されます。, よろしくお願いいたします。 では、ここからは figure を 1 つにして、内部に複数のグラフを描く方法を詳しく見ていきます。, 行数 × 列数 のグリッドに figure が分割され、プロット番号の位置に座標軸が作成されます。 Our sister company, Research Square, is a trusted preprint platform that lets you get credit for your unpublished research early, increase your citations, and get feedback from the community. http://d.hatena.ne.jp/sobasobasoba/mobile?date=20121231, 下記のように関数から複数のaxesを作成している場合に、関数外でaxesを指定してデータを追加することは可能なのでしょうか?, ***********************************************, fig1 = fig0.add_axes([0.1,0.3,0.8,0.8])

The following are components that should be included in your figure legend. Fig0 = plt.figure() Please email us at [email protected] with any questions. f.plot(x,y3)#・・・※1 Link Text fig2 = fig0.add_axes([0.1,0.1,0.8,0.2]), #データの配列作成

1.か(図番号の後にピリオドを打つスタイルもある), 図番号だけ太字にするのかしないのかといったスタイルも 投稿予定の雑誌で確認しておきましょう。, キャプションだけでなく,本文中で図番号を引用して説明するときも Fig.と省略するのかスペルアウトするのか, 省略する場合でも文頭だけFigureにするのか, 文頭でもFig.のままなのか, 実際の雑誌で確認しておきましょう。, 英語論文に限りませんが, ■本文中に図表番号を使った図表の説明文を入れること ■本文中とキャプションの図表番号が正しいか確認すること は論文を書き上げたらチェックするようにしましょう。 これは式番号も同じです。, 長い論文だったり,書き直して 図表の掲載順を入れ替えたり,加えたり,削除したりすると 図表番号の抜けや記載ミスが起こりやすくなります。 この番号の対応がおかしいと読者は混乱してしまいます。, 系列のそばに凡例を置いたグラフの例,キャプションの例は 次の自作テキスト(PDFファイル)に載せています。 ご興味があれば参照してみてください。, ■『Stylebook』(グラフの例は8節,p. Due to this need to be independent from the rest of the text, the structure of a legend may somewhat resemble that of a pared-down paper, including a title and short descriptions of both the methods and the results. To describe the two accompanying graphs, the authors included a declarative title, a very brief description of the method used (including the types of analysis, cells, treatment, and retreatment and the numbers of replicates and repeats), a definition of the error bars (“± SEM”), and statistical information.

効果的な図表タイトル(Figure Title)と凡例(Legend)にするためのコツ . 601 West Main Street Suite 102

プロット番号は、左上が 1 で、右方向、下方向へいくにしたがい値が大きくなります。たとえば、2 × 2 のグリッドの場合は, plt.subplot(2,2,1) は カンマを省いて plt.subplot(221) と書くこともできます。ただし、プロット番号が 10 以上の場合は、カンマが必須です。, gs を 2 × 3 の 2次元配列と考え、グラフを配置したい場所を指定します。たとえば, パイソン超初心者です。 Figures are instrumental for conveying your results but may be inscrutable without an effective legend.

This description could include the cell type or animal model, the conditions/treatments tested, the control(s) used, the laboratory and statistical tests applied, and the numbers of replicates and repeats. たとえば、こんなページは参考になりませんか。 Read More », Watch our free video to learn how to use colors effectively in your research figures. 図表を論文に載せる方法のおさらい:実験結果から感じ取ったこと,考えたことを表現しよう. 論文投稿時に Figure や Table (図表・写真ファイル)をアップロードする際、図表の番号や説明を記入いただく項目があります。以下をご参照ください。 A. Caption /Legend (文字数制限:2000文字) 図表・写真の番号とその説明をご記入ください。 B. The Aske Stables, Aske, Richmond, North Yorkshire, U.K. 分かりやすくするためには完全文を使用したほうが良いが、場合によって箇条書きも可能。, 論文内にて使用している略語、用語、単位表記は凡例においても統一する。(特にMethodとResultで使用している用語と統一する), タイトルがその図表の重要要素を適切に代弁しているか確認する。様々な要素が混在しすぎて一つのタイトルで表しにくい場合は、図表自体を見直した方が良いサイン。, 使用した分析方法とそのタイプをよく表す言葉(descriptive language)を選ぶ。(例: “Structural comparison of peptide-activated XY receptors”), 論文の結論やメインとなる研究結果を強調したい場合は宣言形言語(declarative language)を使用する。(例: “Compound ABC accelerates insulin production”), 図表を理解するのに必要な最低限の情報だけを簡潔に表記する。実験で使用した処理・条件・モデルなど十分な情報を記載し、読者が研究方法(Methods)セクションを見直す必要がないようにする。, ターゲットジャーナルが、研究で使用された材料や方法に関する詳細を凡例に表記するよう規定しているかどうかを先に確認する。, 宣言型のタイトルにした場合、タイトルから分かる実験結果を凡例で再度言及する必要があるかよく考慮する。, 図表内で使用されている記号、略語、色分け、線、尺度、エラーバーなどすべてについて定義する。また、図表だけでは分かりにくい部分がある場合はその部分の補足説明もする。, 自分の属する組織でのみ通用するネーミングルールなどは使わず、誰でも直感的に理解できる一般的な言葉を使用する。.

f = Graph_(Fig0,データ) 図の説明文 (figure legends) は、本文とは別のページに記載する。図の番号と一致するアラビア数字を用い、図中の記号、矢印、番号、文字等を説明する。 This information should be limited to what is absolutely necessary to understand the figure without referring to the paper’s methods section. P-values and the sample size, if applicable, should also be included. A legend is usually more than text. A caption is text, and it can be a title, but it's really words to give context to some element. Learn different ways to present data and things to consider Read More », Learn how to use reproduced and adapted research figures and tables in your manuscript.