「あなたは何lotで取引していますか?」FXトレーダー291名にアンケートを実施しました!FX初心者さんは、何lotで取引すればいいか判断ができないもの。1万通貨でいいのか?それよりも増やした方がいいのか?先輩トレーダーのアンケート結果を元に、自分のトレードに活かしていきましょう! ステムを活用してるので、どうしてもロット数が少なくなってしまう. ・トレード動画の解説

このような疑問が解決できる記事となっています。ロットの意味やFX会社別の単位や数量、ロット数のコントロール、資金管理について、初心者にも分かりやすく解説していきます。, Twitter(Yani)で保有ポジションやトレード履歴をこんな感じで載せています。実績はTwitterアカウントから確認して下さい。, ・トレード手法 私もこの方法を使って、fxで利益が出せるようになったので、ぜひ参考にしてくださいね!

私もこの方法を使って、FXで利益が出せるようになったので、ぜひ参考にしてくださいね!, ロットの管理は損益に大きな影響を与えるので、意味と管理法をマスターして稼げるトレーダーになってくださいね。, 今すぐ「自分にあったロット数を知りたい!」方は、「ロット数別!おすすめFX会社」を見てください。, FXでは、通常「1ロットは1万通貨」の売買なので、米ドル/円の場合は1万ドルが最低取引量です。, 通貨ペアごとに1ロットに対する取引通貨数(最低取引量)が変わるので注意してください。, メキシコペソ(MXN)や南アフリカランド(ZAR)は通貨の価格が安いので通常の10倍の10万通貨が1ロットです。, 最低ロット数が大きいメキシコペソや南アフリカランドの取引はFX初心者には危険です。, 通貨ペアが変われば、為替レートも変わるので1ロットがいくらかは計算してみないとわかりません。, 1ロット購入 = 10,000ドル(1万) × 100円 → 100万円で米ドルを購入, 米ドルを1ロット買うと、100万円(レバレッジを使えば4万円)で買った事になります。, 例えば、1ドル100円の時に1ロット米ドルを買い、101円(100pipsの上昇)の時に売れば、1万円の利益です。, 同じ1円の変動でも、ロット数を10、100と増やしていけば、10万円、100万円の利益になります。, 例えば、SBI FXトレードでは1ロットは1通貨ですが、GMOクリック証券は1ロットは1万通貨です。, SBI FXトレードでは1通貨(ドル/円なら100円)から取引ができ、GMOクリック証券は1万通貨単位(100万円)でしか取引ができません。 *レバレッジを使った場合はそれぞれ、4円と4万円で取引可能, FX初心者は少額からトレードした方が良いので、SBI FXトレード(1通貨)か、1000通貨で取引ができるYJFX!やみんなのFXを使うのがおすすめです。, 「1ロット = 1通貨」のFX会社もあれば、「1ロット = 1万通貨」のFX会社もある, SBI FXトレードは1,000万通貨を1回で注文できますが、みんなのFXの場合は10回に分けて注文する必要があります。, ドル/円のレートが100円の時、100万通貨の注文をする場合は400万円が必要です。, 何百万円、何千万円ないと、100万通貨単位の注文はしないと思うので、あまり気にしなくても大丈夫です。, GMOでガツガツスキャルしてたら、取引上限が1日10億通貨まで上がった。 さすがにそんなには取引しないよぅ~。 10億通貨じゃ足りないって言えるように頑張ろうっと(笑) pic.twitter.com/XaPEWygNGJ, FXのキャッシュバックの多くは「口座開設 + 取引通貨数」、もしくは「取引通貨数のみ」が条件のものが多いです。, 例えば、100ロットがキャッシュバックの条件だった場合、100万通貨分の取引が必要です。, 中には、「口座開設 + 1取引」で5千円もらえるようなキャンペーンも多々あるので、積極的に活用しましょう。, ドル/円のスプレッドは0.2銭が相場なので、1万通貨の取引で買ってすぐに売ってもコストは20円、それで5千円もらえるのなら絶対にやるべきです。, 「ロット数を増やす = レバレッジが高くなる = ロスカットのリスクが高くなる」 ので注意が必要です。, 取引ロット数を増やすということは、取引量が増え必要な資金も増えるので、必然的にレバレッジも増えます(高くなる)。, レバレッジは1~3倍が安全なので、ロット数をそれに合わせてコントロールしましょう。, ロット数 = 証拠金(投資資金) ÷ 為替レート × レバレッジ ÷ 最低取引通貨数, 例:手持ち資金10万円(証拠金)、ドル/円のレートが100円、レバレッジ3倍で取引する場合のロット数, (資金:10万円) ÷ (ドル/円レート:100円) × (レバレッジ3倍) × (10000通貨)= ロット数は0.3(3000通貨), 10万円の資金だと、レバレッジ1倍は0.1ロット(1000通貨)~レバレッジ3倍は0.3ロット(3000通貨)での取引が安全です。, 予想が的中すれば大きな利益になりますが、予想が外れると大損するリスクもあり注意が必要!, 大きなロットは高レバレッジになるので、少しの為替変動でロスカットされやすくなります。, また、高レバレッジだとポジションの追加(ナンピン)ができなかったり、大きな為替変動に耐えれなくなるので、保有ポジションに対する手段(救済策)が少なくなってしまいます。, 1~3倍の低レバレッジで取引をすれば、ナンピンや予想が当たった時に追加のポジションを入れたり、戦術の幅が広がりトレードの勝率が上がりますよ。, FX初心者は絶対にレバレッジ1~3倍を守る!プロのトレーダーでさえ、基本は低1~3倍のレバレッジでトレードをしている, リスク管理(資金管理)は取引ロット数を調整し、レバレッジをコントロールすることで行います。, なぜなら、ロット数を上げると取引量が増え、証拠金維持率が下がる(レバレッジが上がる)からです。, ロット数でレバレッジが変わってくるので、1ロットの取引をするとレバレッジが何倍になるか知っておくことが重要!, レバレッジ1~3倍が安全といわれてるので、それ以下になるようにロット数を抑えてトレードをしましょう。, ドル/円をレバレッジ3倍で取引するなら、0.1ロット(1000通貨)なら約3万3千円、1ロット(1万通貨)なら約33万円が必要な証拠金だ。, 例えば、ドル/円の取引で0.1ロット(1000通貨)のトレードをするなら、33,333円の資金を用意するとレバレッジ3倍以内なので安全に取引ができます。, 基本的にレバレッジ1~3倍が安全に取引できますが、スキャルピングは最大10倍まではレバレッジを高めても大丈夫です。, 「適正なロット数 = 適正なレバレッジ1~3倍」なので、投資資金別のロット数を把握することは重要です。, 状況別に推奨ロット数を表にしたので、トレードをする前に確認し、レバレッジ1~3倍になるロットで取引をしてください。, 10万円の資金だと、0.1~0.3ロットで取引するのが安全だとわかります(レバレッジ3倍以内)。, FX初心者が大損する原因は、適正ロットの知識がない状態で高レバレッジで取引をしてしまうためです。, レバレッジ3倍で取引していた場合、ナンピンをしてもレバレッジ6倍以内に収まるので、相当なことが無いとロスカット(強制決済)にはなりません。, レバレッジが高い状態だとナンピンする余裕資金もないし、既に損失が大きい状態なので損切りもできなくなります。, 「高レバレッジ → ナンピンできない → 含み損が大きいので損切りしたくない → ロスカット」これが大損パターンです。, レバレッジ3倍以内なら、ナンピンや早目の損切りなど、色んな対処法を使えるのですが、「高レバレッジ = 含み損に耐えるだけ」になってしまうと基本的にいつかは大損します。, ドル/円の取引で10万円の資金だと、0.1~0.3ロット(1~3倍のレバレッジ)が安全に取引できるロット数です。, スキャルピングとデイトレードは一時的に最大10倍までレバレッジを高めて取引することがありますが、基本は0.1~0.3ロットでのトレードです。, 一時的にレバレッジを10倍まで増やしていい時は、「一時的なナンピン、トレンドの勢いが良い時の追撃(追加注文)」の時だけです。, ナンピンは直近の高値、安値など、「ここを超えたら損切りをしないといけない」という所の手前でし、節目のレートを超えてしまったら損切りを素早くするのが条件。それが守れないならナンピンはNG, ドル/円が100円の場合レバレッジ2倍、ポンド/円やポンド/ドルでも2.7倍程度です。, ナンピンは1回までと決めているので、最大でもレバレッジ6倍以内で取引をしています。, どんなトレードスタイルでも、レバレッジ1~3倍に収まるロットで取引するのが基本です。, この基本を知らずに高レバレッジで取引するから、経験を積む前に大損をしてFXを止めてしまうのです。, 「適正ロット数を守り、推奨する損切り幅で損切り」をすれば、資金が一気に無くならず長い期間FXができ、経験を積むことができます。, 初心者はとにかく、長い期間FXで生き残ることを目標にする!大損さえしなければ、長い期間FXができ、経験を積むことにより勝てるようになる, 投資経験のない初心者は、ちょっとの金額でも「お金を失う恐怖とストレス」から損切りは中々できません。, お金を失うことに慣れる為にも、損をしても被害が少ない、1000通貨(0.1ロット)からの取引がオススメです。, 為替変動が少ないドル/円でも1日20~50pipsは動くので、0.1ロット(1000通貨)の取引でも、1日500円くらい損をする時があるぞ。, 「損切り → 次のチャンスのための必要経費」と割り切って早目に損切りができれば、徐々に勝てるようになります。, 早目の損切りは傷を浅くし、致命傷(大損)を避け、次のチャンスに再挑戦できるからです。, 私も最初は50円、500円の損失でも大きな失望感と喪失感を受け中々損切りできずに大損を繰り返しました。, 徐々に損失に慣れ、今では万単位の損切りでも「しょうがない、これは必要経費」と思って実行できます。, FX初心者の最終目標は1年間生き残ることですが、まずは3ヵ月間生き残ることを目指してください。, 逆に言えば、1年以上続けることができれば、儲けれるトレーダーになれる可能性がグッと上がります。, 上記のデータは金融先物取引業界がFXのトレーダー1000人に対して行ったアンケート結果です。, 現在FXの取引をしているトレーダーが調査対象なので、負けてFXをやめているトレーダーは除外されてますが、データからもFX歴が長ければ長いほど、利益を出していることが予想できます。, FXで利益を出しているトレーダーの割合は5~10%と言われるので、60.3%がFXで利益を出しているこのデータから、生き残ってさえいれば勝てるトレーダーになりやすいと言えます。, しかし、その経験から学び失敗が少なくなることで、大損をしない勝ち続けるトレーダーになることができるぞ。, 上記は金融先物取引業協会が発表した、4半期ごとの口座数と実際に取引をしている口座数の推移です。, 口座数が増えても実際に取引をしている口座数の割合は10%前後で大きな変化はありません。, つまり、1日の最大損失額は5千円までで、5千円損をしたらその日は取引終了をします。, ドル/円は1日で50銭(pips)動くこともあるので、最低でも50銭動いても大丈夫なロット数にしましょう。, 0.1ロット(1000通貨)で50銭動くと500円の損なので、1ロット(1万通貨)までなら取引をしてもOKです。, 1000通貨未満の取引ならドル円のスプレッドが0円!少額トレーダーにはもってこいの口座です。, また、チャート描画はMT4に近い仕様となっているため今後MT4を使っていきたい初心者におすすめ!, 全ての通貨ペアでスプレッドが業界最狭水準として有名で、デイトレをするトレーダーに大人気!, 情報・分析ツールが有名で、「お天気シグナル」を使えば面倒なテクニカル分析を自動でしてくれます。, ロットで上手くリスク管理をし、1年後までFXで生き残れば、利益を継続して出せるトレーダーになれます。, 最初はどうしても損をしてしまうので、0.1ロット(1000通貨)の取引で、徐々に慣れことが重要!, まずは3ヵ月間生き残ることを目標に、低ロットで取引をすれば、1年後まで生き残れる確率が上がり、勝ち組トレーダーになりやすくなります。, ロットとは、ある一定の数量を表す言葉で「単位・まとまり」のことです。FXではトレードする時の1回の最低取引数量(取引単位)を言います。FXでは、通常「1ロットは1万通貨」の売買なので、米ドル/円の場合は1万ドルが最低取引量です。「ロットとは?」で詳しく説明しています。, ドル/円のレートが100円の取引で言うと、1ロットは1000通貨なので、1万ドル(100万円)です。「1ロット = 通貨のレート × 10,000通貨」で計算できます。【米ドル/円のレートが100円の時に1万ドル買った場合】1ロット購入 = 10,000ドル(1万) × 100円 → 100万円で米ドルを購入, レバレッジ1~3倍が適正な取引量なので、10万円の資金なら0.1~0.3ロット、30万円なら0.1~0.3ロット、50万なら0.5~1.5ロット、100万円なら1~3ロットが適正なロット数です。詳しくは「適正ロット数は?」を見てください。, 株式会社フォーカスワン 代表取締役 昭和49年5月3日生まれ。46歳。東京出身。 約10年前に外為オンラインで取引を始めたが、初心者にありがちな小さく稼いで、大きく負けるで一発退場。 その後、復活して取引を再開。2018年のトルコリラ暴落を経験しながら、早目の損切りで逃れ現在に至る。 FXのリスクと楽しさを感じながらも日々格闘中。, ・レバレッジとは? ・スプレッドとは? ・スワップとは? ・自動売買とは? ・デモトレードとは? ・バイナリーオプションとは? ・IFD注文, ランキング順位はFXトレーダーに対する大規模アンケートの結果を元にしています。アンケート結果はコチラ, 「売買比率情報/ポジション比率情報」で他のトレーダーの注文状況を見れるので、相場の予想や売買判断がしやすくなりますよ!, 高レバレッジだとポジションの追加(ナンピン)ができなかったり、大きな為替変動に耐えれなくなるので、保有ポジションに対する手段(救済策)が少なくなってしまいます。, 0.1ロット(1000通貨)なら約3万3千円、1ロット(1万通貨)なら約33万円が必要な証拠金, ドル/円の取引で0.1ロット(1000通貨)のトレードをするなら、33,333円の資金を用意するとレバレッジ3倍以内なので安全に取引ができます。, 「高レバレッジ → ナンピンできない → 含み損が大きいので損切りしたくない → ロスカット」, 10万円の資金だと、0.1~0.3ロット(1~3倍のレバレッジ)が安全に取引できるロット数, 3ヵ月間生き残ることを目標に、低ロットで取引をすれば、1年後まで生き残れる確率が上がり、勝ち組トレーダーになりやすくなります。, ランキング順位はFXトレーダーに対する大規模アンケートの結果を元にしています。アンケート結果は, 【資金別 適正ロット数】 計算式:資金 ÷ ドル円レート × 10000(1ロット)× レバレッジ. やる気のある方、何をやっても最後には負けてしまう方、 ・マンツーマンのコーチング, 兼業トレーダー(サラリーマンではない)。歴は約3年。10回以上口座を溶かし、現在は1万円から8桁(もう9桁)まで増やし、FXコミュニティ【YTC】を運営。コーチングもしている。, FXのトレードスタイルの種類は?トレードスタイルの特徴やメリット、デメリットは?自分に合うトレードスタイルの選び方は?このような疑問が解決できる記事となっています。FXのトレードスタイルの種類や特徴、選び方、おすすめの通貨ペア、割合などについてFX初心者向けに分かりやすく解説します。, 海外FX会社が多過ぎて結局どれを選べば良いかわからない、たくさんFX業者を紹介してるけど、どれがおすすめなのか、自分にはどんな特徴の口座が良いのか悩んでいませんか。この記事では本当におすすめの海外FX口座を厳選しています。どんな人に合っているか、特徴、メリットやデメリットも紹介します。, FXのスワップポイント(金利)の意味、スワップポイントの口座や国、通貨ペアの違い、スワップポイントでトレードする際の注意点などの疑問を持った人向けに書いた記事です。FXのスワップポイント(金利)についてを初心者の方にもわかりやすく説明します。, FXのpipsって何?10pipsの利益はいくら?pipsで利確、損切ラインを決めて良い?このような疑問が解決できる記事となっています。FXのpipsの意味や利益、損失の計算方法、損切や利確の位置とpipsの関係について、初心者にも分かりやすく解説していきます。, FXとは?FXの基本や基礎を初心者にもわかりやすく教えて欲しい、FXの取引の流れは?このような疑問が解決できる記事となっています。FXとはどのような意味なのか、基礎や基本を初心者にも分かりやすく解説していきます。, FXのメリットやデメリットを知らなければ、借金をする可能性もありますし、リスクが大きくなることもあります。FXのメリットやデメリットについて初心者にも分かりやすく説明します。金利変動や為替変動、追証、レバレッジのことやスワップポイントなど色々あります。, FXの取引コストって何?手数料とスプレッドの違い、FX会社の取引コストの比較、取引コストが安ければFXで勝てる?このような疑問が解決できる記事です。FXの取引コストの種類とトレードスタイル別で気を付けなければならないコストについて、初心者にも分かりやすく解説していきます。, 通貨ペアの種類や特徴の比較が知りたい、通貨ペアの相関関係や強弱って?通貨ペアのおすすめの選び方は?このような疑問が解決できる記事となっています。FXでおすすめの通貨ペアや通貨ペアの選び方、通貨の特徴や種類について、FX初心者の方にもわかりやすく解説していきます。.