この対策によって、マルウェア感染による個人情報流出などのリスクを軽減することができます。 右下の  をクリックし、ご質問内容をご記入ください。 IIJmioは株式会社インターネットイニシアティブが提供する個人向けインターネットサービスです.

詳しくは以下のページをご覧ください。 All rights reserved.CIO Insight is a trademark of QuinStreet Inc. 図1:IIJ DNSプラットフォームサービスでは、他社のDNSインフラを活用してDNSサーバーを冗長化できるようにした(出典:インターネットイニシアティブ), 「製品/サービス資料ダウンロードサイト「Impress Business Library」へ」, 活用事例で理解する「データカタログ」導入の真価─設計がバラバラなDB群を可視化して“有効資産”に─, 終了いたしました【2020/2/1 22:00】一部会員機能メンテナンスのお知らせ, IT LeadersとImpress Business Libraryが会員共通化でさらに便利に!. 改訂履歴: 2019/06/17: 「注意事項」の箇所に詳細な仕組みに関するFAQを追加しました。, なりすましメール(*1) やランサムウェア(*2)等のマルウェア(*3) など、個人を狙ったサイバー攻撃は年々増加の一途をたどっています。 インターネットイニシアティブ(IIJ)は2019年5月上旬、パブリックDNSサービス「IIJ Public DNSサービス(ベータ版)」を公開した。パブリックDNSサービスは複数あるが、国内では初めてとなる。そのサービスの特徴とIIJの狙いを解説する。, DNSとは、インターネット上に存在するドメイン名とIPアドレスを関連付ける階層型データベースである。, 例えば「tech.nikkeibp.co.jpというドメイン名のIPアドレスは何?」とDNSサーバーに問い合わせると、「52.249.55.127です」と教えてくれる。人間が覚えやすいドメイン名と、インターネット上の住所であるIPアドレスを関連付けるサービスだ。, Webブラウザーなどにドメイン名を入力すると、バックグラウンドでDNSサーバーに問い合わせ、返答されたIPアドレスを使ってWebサーバーにアクセスしている。つまり、ドメイン名を入力してWebサーバーにアクセスできるのはDNSのおかげである。, DNSサーバーには、キャッシュDNSサーバーと権威DNSサーバーの2種類がある。パソコンなどのDNSクライアントからの要求を受け付けるのがキャッシュDNSサーバーで、特定のドメイン名に関するIPアドレス情報を管理するのが権威DNSサーバーだ。, パブリックDNSサービスは、このうちのキャッシュDNSサーバーをインターネット上に設置し、誰でも利用できるように公開するサービスである。, IIJ Public DNSサービス(ベータ版)へのDNSの問い合わせは、従来のUDPを使った形式は使えず、DNSの通信を暗号化する「DNS over TLS(DoT)」と「DNS over HTTPS(DoH)」のみに対応する。, 国内で最初にパブリックDNSサービスを提供した狙いについて、IIJサービス統括本部アプリケーションサポート部アプリケーションサービス課の山口崇徳氏は「DNSの新しい仕様であるDoT/DoHの実装や特徴を、日本のプロバイダーとしていち早く検証しノウハウを蓄積するため」と語る。, チームや会社のメンバーで日経クロステックを体験してもらうために、30日間無料キャンペーンを実施しています。申込期限:12月11日まで, 2020年11月24日(火) 14:00~17:25 2020年11月25日(水)14:00-17:25, 2020年10月1日に起こったシステム障害と、過去の東証関連記事をまとめました。最新情報を随時追加します。. 2019/09/24: 「注意事項」の箇所に実施状況報告に関するFAQを追加しました。 : フレッツ・シリーズntt側障害情報(ntt東日本/ntt西日本) ※iijmioひかりの光回線に関する障害情報はこちらをご確認ください(フレッツ光ネクストに関する情報をご確認ください)。 インターネットイニシアティブ(IIJ)は2019年11月27日、DNS(名前解決)サーバーのアウトソースサービスを刷新し、新たに「IIJ DNSプラットフォームサービス」として発表した。2019年12月9日から提供する。新サービスは、Anycastによるマルチプロバイダ対応やDNSSECなどによって、可用性や耐障害性を高めた。, IIJ DNSプラットフォームサービスは、DNS(名前解決)サーバーのアウトソースサービスである。DNSは、ドメイン名とIPアドレスの対応表を管理し、これらの問い合わせに回答するサービスのこと。会社などの組織は、自社サイトのドメイン情報を管理するDNSサーバーを運営している。IIJ DNSプラットフォームサービスを使うと、DNSの運営をIIJにアウトソースできる。, IIJは今回、既存のDNSサービス「DNSアウトソースサービス」を新サービスのIIJ DNSプラットフォームサービスへと刷新した。従来サービスと比べて、より可用性や耐障害性を高めた。具体的には、他社のDNSインフラを活用してDNSサーバーを冗長化できるようにしたほか、電子署名によってDNSの問い合わせ結果が改ざんされていないかどうかを確認できるDNSSECを標準で搭載した(図1)。, DNSサーバーの冗長化には、単一のサービス提供用IPアドレスを複数のホストで共有するIP Anycast技術を用いる。DNSの管理情報をこれらのDNSサーバーに同期させて使う。IIJが運営するDNSサーバーだけでなく、他社が運営するDNSサーバーを含め、全世界で100拠点を超えるDNSサーバーを利用できる。, 「ベーシック」と「プレミアム」の2つのプランを用意した。他社のDNSサーバーは、プレミアムプランで利用できる。プレミアムプランでは、SLA(サービスレベル契約)として、DNS権威サーバーの稼働率100%を保証する。1秒あたりの問い合わせ数の上限は、ベーシックが100クエリー。プレミアムは200クエリーで、オプションで拡張可能。対DDoS帯域は、ベーシックが1Tビット/秒以上、プレミアムが30Tビット/秒以上。, 価格(税別)は、初期費用が5000円。月額費用は、ベーシックプランが2000円、プレミアムプランが12万円。なお、ベーシックプランにおいてゾーンを追加する場合、2つ目以降のゾーン追加は、1ゾーンにつき月額500円が発生する。, DNSサービスの可用性や耐障害性を高めた背景には、DNSサーバーを狙ったサイバー攻撃が増加しているという状況がある。大規模なDDoS攻撃や脆弱性を狙った攻撃によって、DNSサーバーが停止する事態がしばしば発生している。, こうした攻撃への対策として、複数社のDNSサービスを併用するやり方が一般的になっている。しかし、複数社のDNSサービスを併用することは運用負荷が高い。こうした背景から、IIJのサービスを介して複数社のDNSインフラを利用できるようにした。, ランシステム、IPv6/IPoE接続でIPv4固定IPアドレスが使えるサービス「IPマルチコネクト」を提供, Oracle Cloud、低遅延ネットワークによるHPC環境のスケーラビリティをアピール, 富士通SSL、トラフィック分析で脅威を検出するNDRアプライアンス「Vectra AI」を販売, ローコード開発の先駆者 Wagbyが示す2つの進化系、2021年初頭に登場するWagby R9とWagby 10の姿が明らかに, コロナ禍で露呈したグローバル・サプライチェーンの弱み、「一気通貫のリアルタイム可視化」こそが課題を根底から一掃する, 基幹系と情報系をひとまとめにするDX/AI時代の新機軸、あらゆるデータを一枚岩で高速処理するIRISの真価, ローコード開発プラットフォームへ着々と進化intra-mart Accel Platformが実現する攻めのIT, DXの“稜線”まで二人三脚で汗を流す──「Ridgelinez」に込められた心と、新たな未来予測まで包含したアプローチとは, 永遠の課題である“業務生産性の向上”を、業務可視化×プロセスマイニングで実現する!, 変革サイクルを回す!――マーケットリーダーCelonisが明かす、プロセスマイニングの可能性, 「2025年の崖」を乗り越えるために――VMwareがアプリケーションとインフラ向けの製品群を発表, 社内データの意味を見える化し全方位から把握! ビッグデータ活用は“メタデータマネジメント”が鍵に, プラットフォームビジネス事業者が推進する「デジタル革命」~日本企業が考えていなかった、グローバルでは当り前のデータ活用とは?, IT Leaders 会員になると会員限定公開の記事を読むことができますIT Leadersのメルマガを購読できますImpress Business Libraryもご利用いただけます。, 終了いたしました【2020/2/1 22:00】一部会員機能メンテナンスのお知らせ(2020/2/1), IT LeadersとImpress Business Libraryが会員共通化でさらに便利に!(2017/12/19), 生命保険8社、マイナンバーカードで保険料控除証明書を電子交付、2020年10月から, Sansanの個人向け名刺管理サービス「Eight」、“複業”パラレルワーカー対応の新機能, COVID-19治療薬開発の合弁会社「ペプチエイド」設立、富士通のデジタルアニーラを活用, IMD世界競争力ランキング34位─日本が抱える最大の課題は「ビジネスの効率性」:第2回, 暴露型ランサムウェアが増加、7割はリモートデスクトップ経由で侵入─マクニカネットワークス, IT Leadersは、企業の情報システム部門にご所属、または経営に携わるお客様を対象としたIT専門誌です。事業部門、研究開発部門、間接部門等にご所属のお客様でも、ご所属企業(または団体)におけるIT化を推進されるお立場の方にもお読みいただけます。, IIJ、DNSのアウトソーシングサービスを刷新、Anycast冗長化とDNSSECで信頼性を向上インターネットイニシアティブ(IIJ)は2019年11月27日、DNS(名前解決)サーバーのアウトソースサービスを刷新し、新たに「IIJ DNSプラットフォームサービス」として発表した。2019年12月9日から提供する。新サービスは、Anycastによるマルチプロバイダ対応やDNSSECなどによって、可用性や耐障害性を高めた。.

インターネットイニシアティブ(iij)は2019年5月上旬、パブリックdnsサービス「iij public dnsサービス(ベータ版)」を公開した。パブリックdnsサービスは複数あるが、国内では初めてとなる。そのサービスの特徴とiijの狙いを解説する。 IIJ Public DNSサービス.

インターネットイニシアティブ(IIJ)は2019年11月27日、DNS(名前解決)サーバーのアウトソースサービスを刷新し、新たに「IIJ DNSプラットフォームサービス」として発表した。2019年12月9日から提供する。新サービスは、Anycastによるマルチプロバイダ対応やDNSSECなどによって、可用性や耐障害 … 受付時間:年中無休/9:00〜19:00. ©2005-document.write(new Date().getFullYear()); Internet Initiative Japan Inc. 〒102-0071 東京都千代田区富士見2-10-2 飯田橋グラン・ブルーム 無効化・有効化の変更を行うことによる料金は発生しません。 IIJ Public DNSサービス は日本最初のISP「IIJ」が運営をするDNSサーバで、DNS Over HTTPSにのみ対応です。試験目的で提供されているため、2022年3月31日までしか使用できません。 DNSサーバのアドレスは. FAQ. Copyright ©2020 Impress Corporation. https://public.dns.iij.jp/dns-query ※IIJサポートセンターは、日本語のみの対応となります。IIJ Support Center is available in Japanese only. ホーム サービス内容 設定方法 サポート、障害 報告について ご利用にあたっての同意 取得するデータの詳細 集計後保存するデータの詳細. ※ 弊社が認定したC&Cサーバへの通信以外は、通常通りご利用いただけます。, 新たにお手続きの必要はございません。 上記対象サービスをご利用中のお客様全員は、自動的に本機能が有効になります。, 本機能をご利用いただくことを推奨いたしますが、ご希望されない場合、いつでも回線単位で解除を行うことができます。 IIJmioを提供する株式会社インターネットイニシアティブ(IIJ)では、このようなサイバー攻撃の対策を講じ、お客様に安心安全にインターネットをご利用いただくために、日々様々な取り組みを検討しています。 右下の をクリックし、ご質問内容をご記入ください。 ※IIJサポートセンターは、日本語のみの対応となります。IIJ Support Center is available in Japanese only. 昨今のインターネット環境では、コンピュータやスマートフォン、IoT機器等、インターネットを使用する機器全てが、サイバー攻撃のターゲットとなったり、中継点となったりする可能性があります。