国産・海外含め様々なメーカーのパソコンが発売されている中、 世間のイメージとはそういうものなのでしょうか?. パソコン工房がお届けする iiyama PC についてご紹介します。 iiyama PCは、最新技術を採用したPCを提供します。しかも豊富にカスタマイズ(BTO)できて、日本生産ならではの高品質かつ短納期。 iiyama PCのことならパソコン工房。 こちらは保証期間内外を問わずにお気軽にご相談いただけます。

ポインタが写真のようになり、この位置からマウスポインタを動かすことができません。マウスの買い直し、PCの再起動を試しましたが変化なしです。どうすればよいでしょうか?. マウスコンピューターのパソコンの評判・評価・レビューを掲載。マイクロソフトのome認定を受けている数少ないメーカーで、ショップブランドより品質は高いです。24時間365日のサポートも実施して … テレワークの生産性UP! テレワーク時に感じているそのお悩み、iiyamaディスプレイが解決します!詳細はコチラから JavaScriptが無効です。ブラウザの設定でJavaScriptを有効にしてください。JavaScriptを有効にするには, pcモニタでIODATEかマウスコンピュータのiiyamaシリーズを買おうと思ってますが、総合的に見て評判はどちらの方が良いですか?. そこで、iiyamaは国内生産のこだわりは踏襲しながら、 さまざまなジャンルに特化した4つのブランド「∞(インフィニティ)シリーズ」をご用意しました。 2006年10月に株式会社MCJから会社分割されて設立した。 その名前と理念を受け継ぎ、パソコン工房が自信をもってお薦めする「iiyama PC」。 子供に行為を見られました。シングルです。

日本三大BTOメーカーといえば、ドスパラ、パソコン工房、マウスコンピューター(mouse)です。でも実はパソコン工房とマウスコンピューターが同じグループ会社だって知ってましたか?, どちらも同じユニットコムグループなのに別のBTOメーカーなんて、なんだか変な感じですよね。ではどのような共通点があって、どのような違いがあるのでしょうか。, パソコン工房とマウスコンピューターだけでなく、ユニットコムグループのBTOパソコンは長野県飯山市にある工場で組み立てられています。マウスコンピューターはたまに工場でのイベントを実施しています。パソコン工房は出雲工場もあるみたいです。, BTOパソコンと一緒に液晶モニターをセットで購入する人はたくさんいます。液晶モニターで有名なiiyamaもユニットコムグループのため、パソコン工房とマウスコンピューターにはiiyamaの液晶モニターがたくさん揃っています。, 他のBTOメーカーに比べても液晶モニターの充実度が素晴らしく、国内生産の高品質な液晶モニターをセットでお得に購入できるのはメリットでしょう。, パソコンメーカーはサポート時間があまり長くない特徴があります。しかしパソコン工房とマウスコンピューターはどちらも購入後のお問合わせは24時間365日対応しています。安心のサポート体制を整備するというユニットコムグループのこだわりが現れています。, 同じユニットコムグループでも、結局は違う会社です。本社の場所が違いますし、働いている人も完全に分かれています。この記事を書いている時点ではパソコン工房の本社は神田にあって、マウスコンピューターは東京駅近くにあります。, パソコン工房は全体的にデスクトップが充実しています。デスクトップのPCケースがここまで豊富に揃っているBTOメーカーは珍しいです。, 逆にマウスコンピューターはデスクトップはそこそこありますが、それ以上にノートパソコンが充実しています。特にG-TuneブランドのゲーミングノートPCが格安からハイエンドまで揃っていて、ノート派のPCゲーマーからするとありがたい存在です。, 人気グラフィックボード「GTX1060」には3GB版と6GB版があります。マウスコンピューターはどういうわけかGTX1060 3GB搭載モデルしか販売していません。一方でパソコン工房は3GB版も6GB版も用意しています。, カスタマイズ画面を見てもマウスコンピューターよりパソコン工房のほうが若干ながら、多くのパーツを選べます。どちらも初心者向けのBTOメーカーと言われていますが、マウスコンピューターのほうがより初心者向けでしょう。, BTOパソコンの価格も違います。やはり完全に別のBTOメーカーだと認識したほうが良さそうです。どちらも安いと評判のBTOメーカーですが、マウスコンピューターのほうが通常価格が安い傾向があります。, ただしパソコン工房はセール品や型落ちパソコンが激安になっていることがあります。パソコンのパーツが決まったら、パソコン工房とマウスコンピューターのラインナップと価格を比較してから購入することをおすすめします。. 『インテル(R) Xeon(R) W-2200プロセッサーシリーズ』搭載サーバー・ワークステーション発売, LEVEL∞より、 第3世代 AMD Ryzen(TM) プロセッサー 搭載 『LOST ARK推奨パソコン』発売, エレコム製品・ロジテック製品 の取り扱い点数 大幅強化!『エレコム製品強化宣言』を開始!, LEVEL∞より、第10世代 インテル(R) Core(TM)プロセッサー搭載『LOST ARK推奨パソコン』発売. ‚ª‚æ‚­•ª‚©‚éƒXƒyƒVƒƒƒ‹ƒTƒCƒg‚̓Rƒ`ƒ‰‚©‚ç▶.

2015/6/28 22:22. ベストアンサー. 共感した. 周辺機器・993閲覧. ※確認方法は上記の専用ページにて説明させて頂いております。, ご家庭での普段使いやビジネス用途・気になるゲームタイトルのプレイなど、お客様の目的にぴったりあったパソコンをご提案します。 各種webメディアに掲載された、iiyamaディスプレイに関する記事一覧ページはコチラから .

iiyama液晶ディスプレイのオフィシャルサイトです。液晶ディスプレイやゲーミングモニタ―、タッチパネルディスプレイなどの製品情報、ニュース、サービス&サポート、会社情報などを掲載しておりま … iiyama製品メディア掲載記事一覧. 同じユニットコムグループでも、結局は違う会社です。本社の場所が違いますし、働いている人も完全に分かれています。 マウスコンピューターのパソコンの評判・評価・レビューを掲載。マイクロソフトのome認定を受けている数少ないメーカーで、ショップブランドより品質は高いです。24時間365日のサポートも実施して … 以下の写真はPCの電源です。最近ボタンを押しても電源が入りにくくなりました。軽く押すと電源が入るボタンです。なんというスイッチでしょうか ?直し方などあるのでしょうか?分解して、配線を取り出すとかして、ホームセンターに売っている適当なスイッチに付け替えてもいいとか考えましたが、電源長押しの強制電源オ... 工事現場(屋外)にwebカメラを設置して、24時間監視したいんですが、外なのでWiFiも電源もありません。バッテリーと通信システムが内蔵されているwebカメラってありますか?, フロッピーディスク 左の方はまだ覚えてる方がたくさんいらっしゃると思いますが、右のフロッピーディスクをご存じですか?私は仕事で使ってました。(笑), HDDをSSDに交換する場合はSSD(2.5インチ)はSATAタイプでOKですが 旦那が東大卒なのを隠してました。 すべての店舗・販売店から「お客様の声」を集めています。 中学2年生男子の質問です。最近パソコンを買おうか迷っているのですが、給付金(5万円)を自由に使わせてもらえるとのことなので、給付金を使って買おうと思います。ですが、パソコンは初めてなので、どんな物を買えば良いのか分かりません。近くの電気屋さんで適当に安いのを買えば良いのか、それとも、ネットで買ったほ... フルHD120Hzに対応したHDMIセレクターについてPS5の購入に伴いモニター二台を切り替えるためにセレクターを探しているのですが(図参照)、フルHDで120hzに対応しているHDMIセレクターは現在販売されているのでしょうか? カスタマイズした内容が下側に表示されて分かりやすいですね。 あと、「標準に戻す」というカスタマイズが初期化されるショートカットがあるのもいいです。 だめなところは、 合計と送料が別表示。 私的には 合計=支払い合計 って思ってますが、ここでの表示は別々。 送料は2,160円 パーツは5000円以 … 昨日、彼氏が家に泊まりに来て、子供を寝かしつけたあとに行為をしました。途中(いつから見てたのかハッキリはわかりませんが。)子供がいつの間にか起きていてバッチリ行為を目撃されてしまいました。

モニター・ディスプレイで40年の歴史 「iiyama」がお届けする国内生産PC「iiyama PC」のブランドサイト。ゲーム、クリエイター、ビジネスなど、ライフスタイルに合わせたPCラインナップで皆様の生活を豊かにします。 ƒ}ƒEƒXƒRƒ“ƒsƒ…[ƒ^[‚̉t»ƒfƒBƒXƒvƒŒƒCƒuƒ‰ƒ“ƒhuiiyamav, BTOƒpƒ\ƒRƒ“EPC’ʔ̃Vƒ‡ƒbƒv‚́uƒ}ƒEƒXƒRƒ“ƒsƒ…[ƒ^[v, ‚•iŽ¿‚ŏ[ŽÀƒTƒ|[ƒg‚̃rƒWƒlƒXPCuMouseProv, {ŠO•t‚¯ƒfƒBƒXƒvƒŒƒC‚Å ƒeƒŒƒ[ƒN‚̐¶ŽY«UPI, ‰t»ƒfƒWƒ^ƒ‹ƒTƒCƒl[ƒW ProLite LHƒVƒŠ[ƒY, §103-6026 “Œ‹ž“s’†‰›‹æ“ú–{‹´ 2’š–Ú 7”Ô 1† “Œ‹ž“ú–{‹´ƒ^ƒ[26ŠK, TEL 03-6739-3811i‘ã•\j^FAX 03-6739-3821. 用途に応じてスペックをご選択いただける、BTO(Build to Order)に対応。 パソコン工房 秋葉原イイヤマストア、ユニットコムのAKIBAショールーム、その他店舗でご相談頂けます。, ユニットコム運営の24時間365日サポートのコールセンター設置による安心の1年間保証。別途、有償で3年間保証も選択可能。国内メーカーの安心を 製造からご購入後までご提供いたします。, 販売・サポートはパソコン専門店のユニットコムが対応いたします。150名以上のマイクロソフト認定技術資格を取得したプロスタッフがお待ちしております。, モニター・ディスプレイで40年の歴史を持つ「iiyama」は、国内生産にこだわり、日本の豊かな自然環境の中、高い品質を保った「安心」のPCを生産し続けています。, マイクロソフト、インテル等、大手PC業界メーカーをはじめ、各PCパーツメーカーとの パートナープログラム、協業関係により、最先端の技術をいち早くお届けすることで、 お客様に豊かさと便利さを提供いたします。, 「OEM Device Partner of the Year」部門のFinalistに選ばれました。, マイクロソフト株式会社の、世界中のパートナー企業を対象にマイクロソフト製品を基盤とした 優れたソリューションやサービスを提供したパートナーを表彰するアワード、「Microsoft Worldwide Partner Award 2014」にて、約3,200社の中から、 私はそれを聞いて最初は嬉しかったけど、だんだん不安になってきました。 )は、東京都 中央区に本社を置く、パソコンの製造・販売を行っている企業(パソコンメーカー)である。 通信販売によるBTOを主たる販売方法とする、いわゆる直販メーカーである。. よりユーザーの視点に立ったオリジナリティとカスタマイズ性(BTO)に溢れる次世代PCを提供し続けます。, 万が一のトラブルや店舗がお近くにない時も24時間・365日受付のパソコンサポートコールセンターがいつでもサポート。保証期間内外を問わずお気軽にご相談いただけます。, 全国150名以上のMCP(マイクロソフト認定技術資格)取得スタッフを中心に万全のパソコンサポート体制を構築。迅速で的確なアフターフォローを行っています。, 日本全国の店舗ネットワークにより身近なお店へ持ち込める便利さ、サポート納期の短縮など、対面だからこそ可能な安心の高品質サービスをご提供します。, 初心者にもわかりやすい選び方のポイントや、用途に合わせたおすすめパソコンをご紹介。. ?「あ、だめだめ」紗倉まなさん出演LEVEL∞のCMヤバし!, G-Tune、公式マスコットキャラクター「G-Tuneちゃん」のシステムボイスやデスクトップマスコットを収録したオリジナルデザインテーマのカスタマイズを開始!, G-Tune、公式キャラクター「Tuneちゃん」のMMDモデリングデータの無償配布を開始!, G-Tune の公式キャラクター「G-Tuneちゃん」が LINE クリエイターズスタンプに登場!, PCメーカーのキャラクターがまさかの妖艶キャラソン展開!『G-Tuneちゃん』スゴすぎ, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=マウスコンピューター&oldid=78674851, この項目では、日本のコンピューターメーカーについて説明しています。コンピューターの周辺機器の一種としての, 1993年4月 - 創業者の髙島勇二が埼玉県春日部市の自宅店舗「高島屋衣類店」でパソコン事業を開始, 2002年5月 - アルガステクノロジーズと提携して、法人向けPC「YAMATO」の販売を開始, 2005年6月 - 家電量販店のオリジナルブランドにて、店頭BTO方式パソコンの販売を開始, 2006年1月 - 「ウェルコム」(現:WELLCOM株式会社)にコールセンターを委託, 2008年10月 - iiyamaを吸収合併し、iiyama営業部や飯山工場、飯山リペアセンターを利用し、自社組立開始。, 2017年9月 - G-Tune 重量約1.6kgのコンパクト型ゲーミングパソコン「NEXTGEAR-C」を発売。MousePro 手のひらサイズの超小型パソコン「MousePro Cシリーズ」を発売。, 2017年12月 - 大阪/ゲームパソコン専門のダイレクトショップ「G-Tune:Garage 大阪店」をオープン。, 2018年2月 - iiyamaブランドで5K対応液晶モニタ「ProLite XB2779QQS」を発売。. 株式会社マウスコンピューター(英語: Mouse Computer Co.,Ltd.)は、東京都中央区に本社を置く、パソコンの製造・販売を行っている企業(パソコンメーカー)である。通信販売によるBTOを主たる販売方法とする、いわゆる直販メーカーである。, 2006年10月に株式会社MCJから会社分割されて設立した。2008年10月にパソコン機器メーカーの株式会社イーヤマを吸収合併しており、iiyamaブランドのモニターの発売元でもある。, 現在のマウスコンピューター社はMCJより会社分割されて成立した企業であるが、MCJがそれ以前より使用しているブランドでもあるため、本項では会社分割前についての説明も一部含む。, マウスコンピューターはインターネットコミュニティなどでは、中小のパソコンショップと分類されることも珍しくない。, しかしマウスコンピューターの属するMCJグループは連結売上高が1000億円(2007年度)で、インテルやマイクロソフトの正規代理店(一次代理店)のテックウィンド(旧シネックス)やASUSの正規代理店であるユニティ(エムヴィケーと合併しアユートへ)、モニターメーカーとして知られるiiyamaを傘下に収めており、パソコン部品の輸入から製造販売までを垂直統合する、大企業である。, あまり知られていないことであるが、日本のホワイトボックスパソコン市場・OEM市場は再編が進んでおり、ユニットコム(MCJが買収)やドスパラも売上は数百億円で、KOUZIROや九十九電機はヤマダ電機の系列になっている。世界的なBTO企業で売上が数兆円規模のデルや数千億円規模のeMachinesには劣るものの、かつての牧歌的な「DOS/Vショップ」とは違う戦いが展開されている。, マウスコンピューターは外神田の電気街に長らく直営店舗を構えていることから「アキバのメーカー」というイメージを持たれがちであるが、埼玉県春日部市で1993年に創業したパソコンショップがルーツである。[注釈 1], 秋葉原には電気街に1990年代後半からショップを構えていたが、本社機能を春日部から移転させた時期は創業から10年後の2003年で、秋葉原駅の近くに本社を構えていた[注釈 2][要出典]。その後2006年頃にアロシステム本社ビル(岩本町駅近く)への移転を経て、2008年頃に浅草橋のCSタワー内にMCJグループ各社の本社機能を集約している[要出典]。, また2007年にMCJが「TWO TOP」や「フェイス」「パソコン工房」などの親会社であるユニットコム(旧アロシステム)を買収し、2012年にユニットコムがグッドウィルを買収したため[2]、秋葉原での勢力は拡大している。, マウスコンピューターのパソコンはホワイトボックスパソコンと呼ばれるもので、標準的な既製品のパーツを組み合わせてパソコンとして完成させたものである。ノートパソコンの場合には、半完成品であるベアボーンを元に作っている場合もある。, 大手家電メーカーのナショナルブランド・パソコンはデザインや軽量化や大量生産などのために、独自設計の特注パーツを使用することがある。マウスコンピューターもBIOSやケース・外装は自社ロゴやOEM供給先のロゴが入った専用仕様であるが、自社独自設計といえるものはほぼ見られない。ホワイトボックスパソコンの常ではあるものの、個々のパーツを単体で見ればパーツメーカーが既製品の外装などを簡略化し、“業務用組込用途向け”などとして販売しているものである[要出典]。ノートパソコンも同様に、MSIなど海外メーカーの既製品ベアボーンで、これのメーカーロゴとBIOSを自社仕様に変更して大量発注したものである[要出典]。なお、段ボール箱など包装やマニュアル類は自社ロゴの入った独自のものか、あるいはOEM供給先のものを使用している。, かつては電源装置が不安定であったことから、チェック体制の強化やベンダーへの改善点を提案するなどの努力を続けた結果、2010年ごろから品質が向上したという[3]。, マウスコンピューターは日本のホワイトボックスパソコン市場では、トップクラスの規模を持つメーカーである[4]。売上高は197億円(2011年度)で[5]、パソコン1台を10万円と仮定しても20万台程度生産販売している計算になる。ここまで大規模に生産する場合、受注生産でも部品在庫が必要になる。しかしパソコンの部品は陳腐化が早い「生もの」で月に平均6%~10%、最悪30%も価格が下がり損が出る[6]。そこでマウスコンピューターは商社を買収して部品管理を任せ、受注情報を10分単位で商社と共有するITシステムを構築して[7]、在庫で損が出ないような仕組みを構築している。また「Microsoft PLATINUM OEM」「Microsoft Partner Program 認定ゴールドパートナー」「インテル テクノロジー・プロバイダー」などの認定を受け[8]、並行輸入ではなく正規の卸売業者を通じてメーカーから部品供給を受ける体制をとっている。インテルはこの流通ルートを「チャネル」と呼んでおり、大手家電メーカー向けのダイレクトOEM(数カ月)と比べて、数日~数週間で最新技術にいち早く対応できる点が特徴である[9][10]。マイクロソフトも大規模な「システムビルダー」として厚遇しており、パートナープログラムの2段階の認定レベルのうち上位の「ゴールド」レベルとして処遇している[11]。またOEMコンピテンシーについては更に「プラチナ」の称号も与えているようである。, マウスコンピューターはホワイトボックスパソコンのため、ケースや電源ユニットなどほぼ全てのパーツを中華民国(台湾)や中華人民共和国、アメリカ合衆国やマレーシア等からの輸入品に依存している。そういった意味では「国産パソコン」というより、「国内組立パソコン」である[注釈 3]。, しかし月産数千~数万台(推定)は、牧歌的な家内工業で対応できる量ではない。マウスコンピューターは以前は日立製作所豊川工場[12]、後に神奈川県(綾瀬・湘南)や島根県(出雲)[10]など複数の工場に生産委託をして対応していたが、最近は買収したイーヤマのモニタ工場で自社組み立てを行っている[13]。長野県飯山市の工場はセル生産方式を採用し、ベルトコンベアを使った流れ作業ではないが、イーヤマ時代の試験設備やノウハウで品質を高め「飯山産」をブランドにしようとしている[14]。特に組立・構成ミスの防止と出荷時の動作保証にはこだわりを持って取り組んでおり、法人向けの「MousePro」では専用ラインを設けて手厚く対応している[15]。, 大手家電メーカーの製品と比較して、相対的な低価格を実現させるために様々な企業努力を行っている。たとえばアロシステムやシネックスと「PCジャパン」を設立して、部品の大量購入・共同生産・物流の一本化などのサプライチェーン・マネジメントを行ったり[16]、コールセンターが集積する沖縄の「情報特区」[17]で電話サポートを行って人件費抑制を図っている。この価格競争力が商品の最大の強みである。, マウスコンピューターは日経パソコンの「パソコン満足度ランキング」のデスクトップ部門で、2008年から連続してトップ10に入っている。最高は2008年の2位で[18]、その後徐々に下落し2011年は8位である[19]。特にコストパフォーマンスが評価されており、2008年には1位を記録した。一方でサポートは2011年に11位に下落している[20]。, マウスコンピューターは、24時間365日の電話サポートを提供している。夜間・深夜・早朝の問い合わせは4割もあり土日も熱心にかけてくる[21]ので、ユーザーのライフスタイルに合ったサービスを提供しているといえる。, 問題はつながってもすぐ切られてしまう「提案切り」である[21]。マウスコンピューターは2006年に沖縄のコールセンターを買収して、電話対応をプロに任せた。しかし評価基準は「受電率」であり、オペレーターはユーザーを待たせずに電話に出さえすれば良く、FAQの一覧表示を見ながら対応して、解決はユーザーに丸投げし、他の電話に出ることが優先された[21]。そこで2010年からは沖縄のコールセンターを自社運営して、ユーザーの問題が解決するまで対応することにした。, また、ウェブサイトの情報不足も「パソコン満足度ランキング」で不評と評価される一因となった[22]。そこでマウスコンピューターは、オペレーター向けのFAQ情報を3000件から1万件に増やし、一部を顧客がシリアルナンバーで検索できるようにした[21]。, マウスコンピューターの修理拠点は歴史的に春日部市とその周辺にあり(当初は春日部市、後に北葛飾郡杉戸町)、現在も「埼玉サービスセンター」(春日部市)として所在する[23]。サービスセンターには修理情報を収集する「修理技術グループ」や修理を行う「修理作業グループ」(約50人)、連絡業務を行う「修理連絡グループ」などが存在し、「修理作業グループ」は勤続10年以上のベテラン技術者が多いようである。修理は受付・診断・修理・品質検査・出荷の5段階で行われる。まず顧客からパソコンが送られてくると、添付品の確認や写真撮影を行い、「RPFA」(Repair Force Automation)と呼ばれるデータベースに入力する。このデータベースは沖縄のコールセンターとも連動しており、サービスセンターでも顧客の問い合わせ状況を把握できるようになっている。次に診断技術者がパソコンをLANに接続して診断用のプログラムでコンピュータウイルスをチェックしたり、部品単位で動作確認を行ったりする。合計27項目の診断を行い、必要に応じて「修理連絡グループ」が顧客に対して問い合わせも行う。故障箇所を特定したら、修理技術者が修理を行う。最後にQC技術者が18項目を確認して品質を確かめてから、顧客に返却する。2012年現在、到着後24時間以内の修理比率は約2割で、これを5割以上にするために体制の見直しを行っているという。なお故障内容の7割は電源まわりだと言う[23]。, 日経パソコンの「パソコン満足度ランキング」によると、初心者8%・上級者25%・職業利用者11%で[22]、プライベートユーザーが多い。NECや富士通(17%)のように初心者率が高い訳でもなく、レノボ(36%)やパナソニック(31%)ほどは上級者を名乗るパソコン歴が長いユーザーもいないようであるが、職業利用者率は12位中10位(最下位)でパナソニック(43%)やエプソンダイレクト(22%)、デル(20%)と比べれば半分である。, マウスコンピューターは当時19歳だった髙島勇二が、祖父の代から続く「高島屋衣類店」の経営危機を乗り切るために[12]、パソコン通信を使ったパソコンの製造販売を始めたことに始まる。ちょうどその頃、日本ではDOS/Vが普及し、デルや秋葉原の「DOS/Vショップ」がBTOパソコンを販売し始めていた。1995年にMicrosoft Windows 95が発売されると、パソコンはヒット商品となり、日経トレンディの番付にも登場した。髙島は3時間しか眠らずに無休でパソコンの組立や顧客対応に追われた[7]。, 1998年、「有限会社タカシマ」は株式会社化し「マウスコンピュータージャパン」となった。社名の由来はマウスのように、「人とパソコンの橋渡しを行い、つねにお客様の視点から、より快適なパソコン環境作りに役立っていける存在でありたい」という願いからである[10]。しかし、その後の組織変更によって、社名が消滅してブランドとしてのみ継続使用されている時期があった。, その間に存続会社である「MCJ」は上場して資金を調達し、PCパーツの大手総合商社「シネックス」の日本法人を買収し[24]、メモリモジュールを製造販売するアドテックと資本提携[25]するなどして、部品調達や販路を拡大し、企業グループを形成していった。2004年頃は大手家電メーカーのパソコン販売が低迷する一方で、BTOメーカーやホワイトボックスメーカーが業績を伸ばしていた。MCJは約108億円を売り上げ、出荷台数の成長率は144.4%に達した[26]。2006年には、「マウスコンピューター」が独立した会社として再設立された。2007年にMCJが「TWO TOP」や「フェイス」「パソコン工房」などの親会社であるユニットコムを買収し、グループの売上高は1000億円を超えた[4]。グループの「完成品PC製造」の売上高は推定約330億円(約32%)となり、ホワイトボックス市場におけるシェアは50%を超えた(自称)[4]。, しかし国内のパソコン出荷台数は2005年をピークに減少・横ばいに転じ、iiyamaの倒産や日立製作所のデスクトップパソコンからの撤退などが続いた。外注先を失ったマウスコンピューターは民事再生法申請に追い込まれたiiyamaを合併し生産・物流拠点を統廃合し、PC製造の大半をファブライトから内製化した[27]。2008年度から2010年度にかけてMCJグループは減収となり、パソコン事業の不振が続いた。原因はインテル社製チップセットの不具合による機会損失[28]など様々である。またより大きな外部要因としては、2000年代に入ってもノートパソコンとなんとか五分の戦いを続けていたデスクトップパソコンの割合が3割を切り[29]、ネットブックのような新しい種類のパソコンが台頭してきたこと、

M、K. パソコンの選び方はこちら, iiyamaは考えます。これからの時代、PCはスペックだけでなく、それぞれの用途において突出し、細分化されるべきだと。

株式会社マウスコンピューター(英語: Mouse Computer Co.,Ltd. 次世代PCを生み出し続けます。※一部モデルは、海外生産も行っています。, 東京・秋葉原のフラッグシップストア「パソコン工房 秋葉原イイヤマストア」を中心に、