医師の回答を見ることができます。, 慢性膵炎(早期)、IPMN(13ミリ分枝型)で、7年前から半年ごとに画像(エコーまたはMRIまたはCT)検査を受けています。 主膵管型ipmnは癌になる可能性が高いため手術が必要です。一方で、分枝型ipmnは癌になる可能性は2〜3%程度とされているため、多くの場合は定期的に経過をみていくことになります。 図1. 感染して命に関わる可能性と、経過観察の期間が空いて見逃して命に関わる可能性のどちらが高いのか、毎日悩んでいます。一般的なガイドラインでは、検査の内容や持病の状況による、ということですが、私のような場合はいかがでしょうか。何卒よろしくお願いいたします。, 会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます person70代以上/女性 - 2020/06/12 慢性膵炎(早期)、IPMN(13ミリ分枝型)で、7年前から半年ごとに画像(エコーまたはMRIまたはCT)検査を受けています。 ところが、今回コロナの影響で検査を延期しており、もうすぐ1年間隔があきます(今年に入り、 … アスクドクターズでは、病院に行かずに医師に相談したり、 ところが、今回コロナの影響で検査を延期しており、もうすぐ1年間隔があきます(今年に入り、血液検査の範囲内では異常ありませんでしたが)。 コロナ感染防止と膵臓(IPMN)経過観察. 会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます, 会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます. 分枝型ipmnと主膵管型ipmn .