(2) 面接員は、実習担当教員と中小企業診断士等の外部専門家とし、登録養成機関の長が指名する。   (ア) 面接に先立って事例筆記(中小企業の診断及び助言に関する実務事例1題)を実施し、その事例について受講者の考えた診断・助言に関する質問(約15分) 経営に関する幅広い専門知識を身に付けることはもちろん、ケースメソッドや経営診断実習を通して、身に付けた知識を実際のビジネスシーンに応用する実践力を養成します。, 本プログラムの大きな特色はマネジメントの基礎を体系的に学びながら、2年間で5回製造業・流通業等をはじめとする様々な業種の中小企業において経営診断実習を行うことです。, 講義で学んだ知識とコンサルティングのプロフェッショナルである教員の指導を基に経営診断実習を行うことで、より具体的に理解を深め、実践力を高めることができます。また、中小企業の経営者に対して、助言や診断を行う能力を養うことができます。, 中小企業への経営診断実習を重ねたことで経営診断士として自信を得られたことから、独立・起業することが出来た、実際のコンサルティング現場でも役立っていると高い評価を得ています。, Building Leadership and Corporate Accountability, Building and Sustaining Competitive Advantage, 最短1年間でEMBA取得も可能。集中的に学んだ成果を翌週の業務に活かせます。講義では、提起された課題について予習で考えてきた自分の答えをベースに、グループセッションやクラス討議を通じて教員や他者の意見を取り込み課題の答えを探ります。この討議を繰り返し行うことで、幅広い視点、深い分析力に根ざした経営判断力を身につけることができます。, 分析力、論理的思考、プレゼンテーション能力、リーダーシップ。経営には多岐にわたる能力が必要です。名商大ビジネススクールのケースメソッドでは予習・グループ討議・クラス討議の3ステップを繰り返すことで、これらの力を培います。.

受講生の行動を(1)インタビュー力、(2)問題形成力、(3)経営戦略立案・計画策定力、(4)報告書作成力、(5)プレゼンテーション能力、(6)グループへの貢献度から評価する。 (イ) 実習先企業評価(1項目) 年功序列、終身雇用を導入している日本的な企業を想定して書いています。 これから紹介する4つのキャリアの選択肢は国内mbaでも中小企業診断士でも … ① 受講生の評価点は、実習企業の評価項目(9項目)の平均値とする。 中小企業診断士養成課程とは、既に中小企業診断士1次試験に合格された方を対象とした2次試験免除制度です。mbaのカリキュラムに加えて企業診断実習を履修することにより、中小企業診断士の国家 … 2013年3月 中小企業診断士コース修了 3. 実習担当教員は、「実習評価表」の各項目について評価する。なお、実習担当教員は、経営診断実習Ⅱの実習にあっては、経営診断実習Ⅰと異なる者とする。 Copyright © 2020 NUCB Business School. mbaと中小企業診断士を取得した後のキャリア. (ア) 実習担当教員の審査(6項目) (イ) 登録養成課程への出席時間数の90%以上を出席(省令で定める時間は、満たしていること。)した者で、かつ、 All rights reserved. 1年間で中小企業診断士の登録養成課程を受講できます。 本プログラムは、中小企業診断士第1次試験合格等の有資格者(下記の中小企業診断士 … まずは両者の違いをざっくり表にまとめてみました。 診断士は「国家資格」、mbaは「学位」 まず大前提ですが、中小企業診断士は「国家資格」であり、一方mbaは経営 … mbaと中小企業診断士の違いや活かせる業務のページ。実践的なmba(経営学修士)のグロービス経営大学院。リーダー育成のビジネススクールとして、東京・大阪・名古屋・仙台・福岡・横浜・水戸・オンラインでmba … 程又は国に登録した他の登録養成機関が実施する登録養成課程を受講した者を除き、1回に限り受講すること 受講者には講義開始の2週間前にはケースブックが電子配布されます。ケースを読み企業の成功要因や苦戦している理由を考察。教員が示す教科書や推薦図書なども参考にしながら、事前課題としてのアサイメントに対しての自身の考え(仮説)を講義までに完成させます。, まずはグループセッションからスタート。予め大学から指定された少人数の参加者でグループルームに集合し、課題について意見を交換しながら各自の考えを共有します。グループリーダーの下で多様な意見を発言することで、自分の考えを整理するとともにケースに対する理解を深めます。, 「この企業のプロジェクト失敗はしそうだが、このまま進めて良いのか?皆さんは賛成/反対?」など、教員によるファシリテーションの下での投票や挙手発言を通じて議論が行なわれます。様々な観点の意見がぶつかることで、さらに深い考察へと広がります。ケースメソッドの究極的な目的は、クラスで何か1つの結論を出すのではなく、もし将来、自分がケースで描かれたような場面に遭遇したらどう行動するのか?その姿勢を見つめ直すことにあります。, ハーバードビジネススクール同様、名古屋商科大学ビジネススクールの学びの特徴でもある膨大なケーススタディから得られる実践的かつグローバルな意思決定は、長年、外資系で勤務している私にとってもさらなるスキル向上に大変役立っており、さらに、国際認証を取得している名古屋商科大学ビジネススクールで学ぶということは、同様な海外のビジネススクールで得られる知識、経験に匹敵するものと考えます。, 議論をする相手は様々な業界のさまざまな職位の方。垣根を超え、対等に議論し納得してもらうためには、ロジカルかつわかりやすく端的に説明する必要があります。理論だけでなく、それをどう生かすのか、どう伝えるのかを大切にするようになりました。, 個人の仕事のやり方よりも「どのようにしたら組織の生産性が高くなるか」、「それを達成するためには何が必要か」など会社全体の事を考えるようになりました。 受講態度が良好だった者であること。. 「スタートアップ戦略論」、「生産マネジメントⅠ、Ⅱ」を合わせて他の経営情報科目を12単位以上修得すれば、経営情報修士(専門職)の学位を修得できます。, 本プログラムは、中小企業経営における戦略的な問題を発見し、MBAとして全社的視点に立った解決策を見出し、的確な助言 ができる経営コンサルタントの養成を目指します。配置される講義および実習により中小企業診断士として「現場感覚」、「戦略的思考力」、「コミュニケー ション能力」を強化できるよう、ケーススタディ、フィールドワーク、シミュレーションモデルなどの方法を用いて、実務的な教育を行います。受講生は、教員 の講義やグループ討議において、中小企業経営の視点に立って問題を考察し、質疑応答を重ね、理解を深めていくことが求められます。, イノベーション・マネジメント専攻の科目配列は、「プロジェクト」を中心に構成されています。学生は、自分の問題意識に 沿ったテーマを選び、複数の教員の指導の下で、1年間の成果をプロジェクト報告書にまとめることが求められます。本プログラムでは、経営診断実習の実習先 企業の経営者と密度の濃い情報交換を行う機会があります。この機会から得られる成果を「プロジェクト」のテーマと結びつけることができます。 学生が将来コンサルタントとして中小企業経営者に対し指導・支援・助言する能力を高めることが、カリキュラム全体を通した目的です。同時に「プロジェク ト」の中間発表や最終発表では、プレゼンテーション能力の向上にも比重が置かれており、様々なスキルの修得や経験の蓄積が可能です。「プロジェクト」の テーマを決めるまでに、グループ討議や経営者の講演により、問題意識を触発し鮮明にする機会が「ビジネスイノベータ育成セミナー」をはじめ、様々な講義の 中で得ることができます。 春学期までに中小企業診断士として全ての企業に対し必要な基礎知識を修得できます。「経営戦略論」、「マーケティング」、「人的資源管理論」、「財務会計論」および「ビジネスイノベータ育成セミナー」では、ケーススタディやフィールドワーク、シミュレーションなどによって実践的に知識を吸収することができ ます。 経営診断実習Ⅰでは、製造業や流通業の現場における知識を習得するため、生産マネジメントや店舗マネジメントを学習する機会が含まれます。その上で、グ ループ毎に実習先企業の経営課題を抽出し、解決策を策定します。, 秋学期には、中小企業診断士として基礎知識を応用できるための専門科目が配置されています。中小企業の中で先進的事例を取り 上げ、今後の中小企業経営一般に関する含意を得ることができる「中小企業総合経営論」、ITビジネスが成功するまでの実践的知識を修得する「スタートアップ戦略論」、事業機会の発見や構想に必要なスキルとツールを学ぶ「中小企業政策論」が配置されています。 秋学期最大の課題は、実習先企業に対し、総合的なソリューションを提供できる中小企業診断士としての能力を身に付けることです。このために、製造業・流通 業・サービス業などの3社に対しグループ単位で実習を行います。経営者との質疑や現場の訪問を通じ、企業の抱えている問題意識を共有します。企業分析の 様々な手法を用いて、経営課題を見出し、その解決策を講じます。その際、「プロジェクト」における指導教員との検討や学生間での討議を活かすことができま す。問題解決策は、経営診断報告書にまとめられ、経営者に対しプレゼンテーションします。, 「プロジェクト」は、学生と複数名の指導教員が一体となって進められます。各々の大学院生が選んだ中小企業に関するケーススタディや実習において提案するために作成した新規事業のビジネスプランなどをテーマとすることが出来ます。, 実習科目(経営診断実習Ⅰ・Ⅱ)以外は、担当教員によって以下のとおりに評価されます。, 経営診断実習Ⅰは、製造業と流通業2社に対し行う企業実習を評価対象とします。 (2) 総合審査委員会では、次の総合審査基準に従って審査し、基準を満たした者に対して修了証明書を発行する。 A. Erskine, and M.R. (1) 総合審査委員会は、2名以上の委員で構成し、中小企業診断士試験委員、養成課程指導員等外部の専門家とし、登録養成機関 診断士国家試験第1次試験に合格した者。, (2) 平成12年度以前の中小企業診断士国家試験に合格した者であって、平成13年以降の中小企業診断士国家 MBA特別プログラム(中小企業診断士養成課程) MBA特別プログラム(中小企業診断士養成課程)の特徴 1. All Rights Reserved. Copyright © Hosei University. ョンプログラãƒ, MBAのメリット(MBAは何を提供するのか). Leenders (2001), Learning with Cases 2nd ed., London, Ontario, Canada: Ivey Publishing. 今回は、中小企業診断士とmbaの違いや共通点、どちらを取得すべきかということを紹介しています。両者の違いが何となくしか分からなった人も、この記事を読むことでその違いが分かり、どちらを …   (出所:中小企業庁『受講生修得水準審査要領』、一部字句を修正), (1) 受講生の修得水準審査は、「実習担当教員評価」と「実習先企業評価」からなる。, (a) 実習担当教員の審査(8項目) 受講生の行動を①知識手法の理解度・応用能力、②調査・分析力、③インタビュー力、④問題形成力、⑤経営課題の改善立案力、⑥報告書作成力、⑦プレゼンテーション能力、⑧グループへの貢献度の8項目から評価する。 (b) 実習先企業評価(1項目) 実習先企業に対するアンケート調査をもって評価とする。, (4) 「経営診断実習Ⅰ」修得水準の審査 試験第2次試験を受験した者及び平成18年4月以降独立行政法人中小企業基盤整備機構が実施する養成課   (ア) 企業診断実習の審査と面接審査の結果、平均評価レベル3以上であること。 いつきビジネスパートナー(株)ビジネスアドバイザー, 管理職として、経営陣とともに中長期経営戦略を立案する上で、ケースメソッドでの学びと中小企業診断実習での経験が大変役に立っています。, 安藤 嘉英さん   (イ) 受講生が行った実習先企業のうち、2社をもとにした質問(約15分) Executive MBA(経営学)東京・大阪・名古屋, 東京/大阪/名古屋でMBA説明会を開催。個別相談も随時受け付けていますのでお気軽にお申込み下さい。.

(エ) 実習企業3社の1~5の評価項目の内、各実習評価において一つも4レベルに達しない場合には、経営診断実習Ⅱの修得水準に 達しなかったものとする。, (1) 中小企業の経営診断及び助言能力について、面接の方法により、中小企業診断士として適格であるかどうかの評価を行う。 の代表者が指名する。 (イ) 各企業診断実習の「評価項目1~6」において、「非活用レベル×」「問題行動×」が1項目でも各企業診断実習において該当した  場合には、当該企業診断実習は修得できなかったものとする。 (イ) 各評価は、1人の受講者に対して面接員が評価表の評価項目に従って行うものとする。 各面接員が「1.事例の助言・提言内容  の的確性」、「2.話し方・コミュニケーション」「3.口答内容の適切性」「4.信頼性・誠実性」の評価項目を5段階評価する。受講生の評価 点は、面接員の平均値とする。 ② 企業の2実習において、平均評価3レベル以上の者は、修得水準に達しているものとする。修得水準に達しない場合には、経営診断実習Ⅰの修得水準に達しなかったものとする。 自身の能力向上はもちろんのこと、一生を共にできる仲間と出会えたことも名古屋商科大学ビジネススクールの魅力の一つです。, 下山 拡さん (ア) 受講生の評価点は、実習企業の評価項目(7項目)の平均値とする。 4. 「経営診断実習Ⅱ」の修得水準審査 Source: L. A. Mauffette-Leenders, J. ※平成31年度(平成32年)の3月に1日間の導入講義を受講する必要があります。, ※上記科目はすべて、修了証明書を受けるための必修科目です。当専攻を修了(MBA取得)するためには、あと2単位必要です。, ※上記以外の当専攻開講科目の履修が可能です。また、担当教員の承諾を得れば、グローバルMBAプログラム、経営学専攻(夜間)・キャリアデザイン学専攻、及び政策創造専攻の科目からも修了所要単位として、上限10単位までの履修が認められます。, ※上記全科目を修得し、プロジェクト報告書の最終審査で合格すれば、経営管理修士(専門職)の学位を、あるいは、 ③ 各企業診断実習の「評価項目1~8」において、「非活用レベル×」「問題行動×」が1項目でもあった場合には、当該企業診断実習は修得できなかったものとする。, 経営診断実習Ⅱは、製造業・流通業・サービス業などから選ばれた3社に対する企業実習を評価対象とします。修了証明書の発 行を受けるには、企業経営者からの評価に加えて、実習担当教員等との面接および総合審査を受けることが必要です。審査方法は、中小企業庁のガイドライン 『受講生修得水準審査要領』に準じています。, 1. 受講生の修得水準審査は、「実習担当教員評価」と「実習先企業評価」からなる。

(4) 面接の評価方法 (ウ) 実習企業3社の内、2社の修得水準が2レベル以下の場合には、経営診断実習Ⅱの修得水準に達しなかったものとする。

実習先企業に対するアンケート調査をもって評価とする。 2015年3月 修了

中小企業診断士とmbaの違い. 本プログラムは、中小企業診断士第1次試験合格等の有資格者(下記の中小企業診断士登録に必要な資格参照)に対し、指定し た全科目を入学年度1年間で修得した方について中小企業庁の定めるガイドラインに沿った修得水準審査を行うことで、中小企業診断士登録に 必要な科目を修得したことを証する「修了証明書」を発行します。なお、指定科目は90%以上出席し、実習先企業および実習担当教員からの評価を得ることが 必要です。, MBA特別プログラム(中小企業診断士養成課程)には、当専攻におけるMBA取得のために必要な履修単位(合計48単位以上。 その内、基礎科目12単位以上、応用科目12単位以上)が含まれています。本プログラムの修了と「プロジェクト」報告書の最終審査の合格によりMBAの学 位を得られます。, 法政大学専門職大学院イノベーション・マネジメント専攻は、企業経営と情報通信(IT)戦略の両方を理解する人材の育成を 目指しています。本プログラムの大きな特色は、製造業、流通業などに加えて、サービス産業の中小企業へ1社あたり4週間の時間をかけてじっくりと実習を行 うことです。ビジネス・イノベーションを起こしている中小企業の経営者に対して、助言や診断を行う能力を養うことができます。, (1) 登録養成課程において導入講義を実施する年度(平成31年度)またはその前年度(平成30年度)に中小企業 ができる。, ※本プログラムの専門科目は、主として昼間に配置しています。 (ア) 評価点は、「事例筆記に基づく面接審査」と「実習先企業診断についての面接審査」のそれぞれについて審査し、平均値とする。 東邦フラワー株式会社 代表, 論理的思考で企業が求める中核的人材を目指す (ウ) 面接の評価において、2人の面接員が、「非常に劣る」と評価した場合には、診断士として適格性がないものとして、修得水準に 達していないものとする。, 総合審査は、受講生の修得水準を審査し、修了証明書発行の有無を決定する「総合審査委員会」を設置し、行うものとする。 (3) 面接の実施方法等 2人の面接員(外部専門家は、1人以上)により、受講生1人当たり約30分間の個人面接を行う(面接は、次の2項目について、各15分に分けることも可能)。 2. 評価レベルは、評価項目7項目について評価レベルを定める。 中小企業診断士養成課程のカリキュラムは、既に中小企業診断士一次試験に合格された方を対象としており、EMBAの科目と連動しています。学位取得に必要な要件を満たし、コンサルティング実習(20単位)を履修することにより、中小企業診断士の国家資格とともに EMBA[修士号(経営学)]を取得することができます。, 授業は全て実践的なケースメソッドで進行し、中小企業診断士(コンサルタント)として必要な企業経営全体を俯瞰するためのスキル修得が可能となるカリキュラムが展開されます。ディスカッションを多用した講義が基礎から応用、そして発展科目まで全て順序だてて開講され、理系出身者や経営学初学者でも安心してご参加頂けます。, この中小企業診断士登録養成課程とは、EMBA(Executive MBA)と連動したプログラムとなります。EMBAのカリキュラムや学修環境などは EMBAのページをご覧ください。, 現代の多様化・複雑化する市場の中で、生き残りを賭ける企業経営者。その最大のパートナーとして、選ばれる中小企業診断士になるための学びが揃っています。, マネジメント、マーケティング、ファイナンス、コーポーレトガバナンスなど、