mbs毎日放送の男性アナウンサー 2008年入社. Tweet. 大阪大学出身のアナウンサー14名のリストです。生年月日順に並んでいるので、同級生、先輩後輩関係も確認できます。 有名人の出身大学ランキング. 大学卒業後の2018年4月1日付で、三ツ廣政輝と共に、アナウンサーとして毎日放送へ入社。 同局によるアナウンサーの採用は2015年の 玉巻映美 ・ 藤林温子 ・ 森本尚太 以来4年振りで、 衛星放送 の学生キャスター経験者から初めて同局に採用されたアナウンサーでもある。 学歴… 桐蔭学園高校男子部を卒業→東京大学教育学部を卒業. 出典:Instagram 「世界一のゲイ」を決めるミスターコンテストが毎年開催されています。 今年のコンテストで優勝した「世界一のゲイ」は、どんな人物なのでしょうか。 マツコのように、女装でオネエ言葉 …邦楽・K-POP・洋楽の「歌詞の意味」を独自目線で解説しています。和訳やパート(歌)割りも含めてあなたが大好きな楽曲の理解が深まれば嬉しいです。暮らしに役立つ情報も発信しています。ドラマ「正義のセ」第2話に町田まりあ役で、ゲスト出演の矢作穂香さん! 愛くるしい瞳にりりしい眉がチャームポイントではないでしょうか、ほんとにかわいいです! 小学6年時、ディズニーシーでスカウトされ、芸 …出典:http://www.bsfuji.tv/ 2018年春、東海テレビに入社した、 柴田美奈アナウンサーがすごくかわいいです! 顔がかわいいのは、もちろんのこと 清楚で洗練された、いでたちは、 ま …出典:http://www.ken-on.co.jp/artists/sendo 朗報です!仙道敦子(せんどうのぶこ)さん、 7月スタートの連続ドラマ「この世界の片隅に」で、女優復帰です。 仙道敦子さ …NHK横浜放送局で活躍中の熊谷 彩花アナウンサー! テレビでは、「ひるまえほっと」や 「首都圏ネットワーク」の「いってみよういってみたい」を担当されています。 ルックスは、すごくかわいいです!まさに東 …Copyright© 歌詞ログ , 2020 All Rights Reserved.まずは、彼女のプロフィールと超絶かわいい写真を確認しましょう。 血液型 不明. 現在はアナウンサー活動休止(元毎日放送) 学歴… 筑波大学附属高校を卒業→東京大学教養学部を卒業→社会に出てから、群馬大学医学部に編入学し、卒業. 海外リポートが多く、「京都支局長」「国際部キャップ」などの肩書を持つ. 出身地 東京都. mbsの記者が社会に蠢く問題や不正などの疑惑を根源から調査し取材によってその真相に迫ります。 情報をお寄せください。 newsmint@mbs.jp 辻憲太郎 西村麻子 ほか 【お天気】 ... mbs毎日放送 7月19日(日)放送分 . 海外リポートが多く、「京都支局長」「国際部キャップ」などの肩書を持つ「せやねん!」はMBS毎日放送が制作する土曜の午前中~昼に放送される生放送の情報番組。2001年4月から放送開始。出演者の多くは吉本興業所属タレントとMBSアナウンサーで構成。MBSアナは基本的に各コーナーの進行役 or ナレーションによる出演だが、パネリストとして出演することもある。TBS系列局は同時間帯にTBS制作「王様のブランチ」を放送する局が多いが、関西圏では「せやねん!」を放送。グルメやエンタメが情報の中心で20代前後の若年層がメインターゲットの「王様のブランチ」に比べると「せやねん!」は中高年を意識した時事問題なども取り入れている。この記事では「せやねん!」に出演する吉本興業のお笑い芸人やMBSのアナウンサーに関する情報を中心にまとめた。ジャニーズ所属のアイドルグループ「ジャニーズWEST」のメンバー2009年4月6日から放送のワイド番組。2015年3月30日から、それまで午前中放送だったものが午後へと移動、体制にも手が加えられた。ジャンルとしては生活情報やバラエティに属する。MBS・上泉雄一アナをメインパーソナリティに、日替わりパートナーやコーナーレギュラーが登場するオーソドックスなタイプのラジオ生ワイド。1991年10月7日から放送されている平日夕方の生放送情報番組「どさんこワイド」。25年以上の歴史を持つ長寿番組で、安定感のある生ワイド番組として人気が高い。これまでに何度も番組名をリニューアルしており、現在の番組名「どさんこワイド179」が15回目の改変。以降現在までタイトルは維持されている。出演者の多くはSTVのアナウンサーで構成されるが、過去を振り返ると俳優の戸次重幸や「テルマエ・ロマエ」の漫画家ヤマザキマリ、お笑いコンビ「タカアンドトシ」がリポーターを務めていたことがある。彼らはその後、全国的な知名度のタレントとなっており、一定数の人気タレントを排出してきた実績を持っている。この記事では、現在「どさんこワイド179」に出演するメインキャスター・アナウンサー・リポーターの情報をまとめた。2019年4月より「ミント!」月曜~水曜のサブキャスターを担当2019年4月からは「ミント!」のニュースコーナー「Newsミント」で報道キャスターを務める2011年1月15日から土曜日の朝に放送されているニュース解説番組。開始当初から3月までは「ニュース深読み」というタイトルの40分番組だったが、その後は開始時間が前倒しされ73分に拡大されている。関東圏においては同時間帯の視聴率1位を獲得することもある人気番組となっている。BS-TBSで2015年4月から放送されている「週刊報道」の日曜日を担当する番組。土曜日の「週刊報道 Bizストリート」が経済情報に特化した番組構成であるのに対し、「週刊報道LIFE」は政治・経済やスポーツに至るまで幅広いテーマを取り上げる。2010年3月29日から放送されている北海道放送が平日の午後に行っているローカル生ワイド番組。開始当初は、メインキャスターで北海道のDJ・タレントである「グッチー」名を冠した「グッチーの今日ドキッ!」が番組名であった。2013年10月7日より番組名が現在のものとなり、放送時間も拡大変更されている。出演者は「ちちんぷいぷい」や「VOICE」からのコンバート組が多く見られる。新番組ではあるが、実質的には「VOICE」の超大幅なリニューアルと言っても差支えはない。2019年4月より「ミント」サブキャスターとして木曜・金曜に出演するメンバーはツッコミ担当の宇治原史規(1976年4月20日生まれ、大阪府四條畷市出身の44歳)とボケ担当の菅広文(1976年10月29日生まれ、長野県松本市出身の43歳)BS-TBSで2018年10月からゴールデンタイムに放送開始される生放送の報道番組。タイトル通り、開始時刻は19時30分、つまり夜の7時30分からとなっている。番組内容は他局のBS報道番組と同様に話題となっている旬のゲストとの徹底した生討論が中心になるようだ。地上波のゴールデンタイムは似たり寄ったりのマンネリ化が激しくなっているため、TBSのBS報道への本格進出戦略がどのような結果をもたらすか注目される。出演者は松原耕二をメインキャスターに、高畑百合子アナと出水麻衣アナがサブキャスターとして出演する。「ちちんぷいぷい」や「VOICE」にコメンテーターとして出演していたが、2019年4月から「ミント!」月曜日に出演するメインキャスターには「ちちんぷいぷい」から大吉洋平アナ、報道キャスターには「VOICE」から西靖アナが起用された。「ニュース シブ5時」は2015年4月度から放送開始された平日夕方のニュース番組。最新ニュースや社会的なトレンド、生活情報などを取り扱う。番組名の由来は「渋谷」と「5時(放送開始時間がおおよそ17時であることから)」とされている。2017年4月からは、放送開始時間が前倒しされ2部制に移行。本放送前に「4時も!シブ5時」も存在していたが2018年3月に終了している。2018年9月いっぱいで番組のシンボル的存在だった寺門亜衣子アナが卒業。現在は守本奈実アナが後任を務めている。また2020年3月には約5年に渡りメインキャスターを務めた松尾剛アナが広島放送局への異動に伴い降板。同年4月からは阿部渉アナが新たにキャスターを務めている。この記事では「ニュース シブ5時」の出演アナウンサー&キャスターの情報をまとめている。「ちちんぷいぷい」や「VOICE」で主にニュースキャスターとして出演よしもとクリエイティブ・エージェンシー所属のお笑いこんび「マテンロウ」のボケ担当見た目に反して英語が話せないなどギャップがウケ、テレビに出演する機会が増えているCopyright©ANN(旧アナウンサーNewsこむ) - テレビ・ラジオ・ネットの出演者を調べよう! ,2020 All Rights Reserved.2016年4月から開始されたフジテレビ夜のニュース番組「ユアタイム」。当初は市川紗椰とショーンKのタッグという触れ込みで宣伝がされていた。しかし放送開始直前に学歴詐称でショーンKが活動自粛となり様相が一変。何とか体裁を整えて開始されたものの視聴率は当初から低調で苦戦が続いている。よしもとクリエイティブ・エージェンシー所属のコンビ「シャンプーハット」のツッコミ担当南気象予報士事務所に所属する気象予報士で、元FBC福井放送のアナウンサー関東圏では宇治原がクイズ番組に出演しているのみだが、関西圏ではカンテレ「よ~いドン!」、読売テレビ「大阪ほんわかテレビ」、広島ホームテレビ「ひろしま深掘りライブ フロントドア」などを中心ににコンビでのレギュラー出演が多い過去には「Winny開発者著作権法違反幇助被告事件」や大和都市管財被害者の弁護団で事件に関わった経歴を持つフジテレビのインターネットサイト「ホウドウキョク」でインターネットで放送されている報道・討論番組。2017年3月まで放送されていた「あしたのコンパス」と「FLAG9」の二つを統合し4月から新たに開始された番組である。多くは、「あしたのコンパス」「FLAG9」からの起用だが、一部はフリーアナウンサーが新規起用されている。また、気象予報士やロザンなど一部の出演者は、引き続き「ちちんぷいぷい」と出演を兼務する。2019年3月で「ちちんぷいぷい」を卒業、2019年4月からは「ミント!」のMCを務める2018年3月から隔週で「明るく楽しいお寺ツアー」のコンシェルジュとしてコーナーを担当「ミント!」はMBSで2019年4月1日から放送の総合情報番組。2019年4月からは「ちちんぷいぷい」火曜日だけでなく、「ミント!」でも火曜日に出演する. 神保 絵利子(じんぼえりこ、1968年4月3日 - )は、岐阜新聞の記者。岐阜放送の元アナウンサー。岐阜県大垣市出身。, 澁谷 果歩(しぶや かほ、1991年5月20日 - )は、日本のタレント。元スポーツ新聞記者、元AV女優。マインズ所属。2017年12月31日まではジーアースエンターテイメントに所属していた。, 青谷倫太郎(あおたに りんたろう、1982年12月23日 - )は、熊本放送(RKK)社員で、報道部所属の報道記者(元・アナウンサー)。福岡県出身。血液型はA型。, 上法 玄(じょうほう はるか、1977年8月15日 - )は、フジテレビジョン報道局社会部所属の記者。青山学院大学卒。, 今泉 清保(いまいずみ せいほ、1968年7月1日[1] - )は、日本の男性アナウンサー、ジャーナリスト、ライター。福岡放送(FBS)アナウンサー・報道記者→フリーアナウンサー→青森テレビ(ATV)ニュースキャスター。青森県青森市生まれ[1]。身長160cm。, 佐古 忠彦(さこ ただひこ、1964年8月8日 - )は、TBSテレビ報道局編集部記者・キャスター、アナウンサー。, 勝部 領樹(かつべ りょうじゅ、1931年 - )は日本の放送記者、ニュースキャスター。NHKで活動した。, 高橋 朋弘(たかはし ともひろ、2月24日 - )は、秋田テレビ(AKT)の社員(元アナウンサー)である。現在は、警察・司法担当記者, 勝田 和宏(しょうだ かずひろ、1974年5月17日 - )は、テレビ朝日の報道局社会部記者で元アナウンサー。, 神 ひろし(じん ひろし、本名:神 浩司(読み同じ)、1962年9月4日 - )は、中京テレビ放送の報道記者、元同局のアナウンサー。青森県青森市出身。青森県立青森高等学校、茨城大学卒業。血液型B型。, 岡田 誠三(おかだ せいぞう、1913年3月8日 - 1994年6月21日) は、大阪府大阪市出身の小説家である。 大阪府立生野中学校(現大阪府立生野高等学校)、大阪外国語学校(現大阪大学外国語学部)を経て、朝日新聞社に入社。記者として南方戦線に従軍した経験を基に、短編小説『ニューギニア山岳戦』を著し、1944年上半期の第19回直木賞を受賞した。 その後も朝日新聞学芸部記者として映画評などの記事を書き続け、定年退職後に創作活動を本格的に開始。サラリーマンの老後を描いた『定年後』はベストセラーになり、テレビドラマ化された。 ほかに『定年後以後』、大塩平八郎の乱をモチーフにした『雪華の乱』などの作品がある。 司馬遼太郎とは、生涯にわたり交友を深めた。, 大倉 聡(おおくら さとし、Satoshi Ohkura1977年9月7日 - )は、NBC長崎放送のアナウンサー。身長173cm、血液型A型。同局では一時、報道記者兼ニュースキャスターとして活躍し、2014年春まで夕方ニュース番組のキャスターを務めていた。, 北尾 好孝(きたお よしたか、1964年5月20日 - )は、四国放送の社員で元アナウンサー。東京都練馬区出身。大阪、広島などで育つ。大阪芸術大学卒業。1988年に四国放送へ入社。アナウンサー、ディレクターを経て、現在は報道記者。弟は和歌山放送アナウンサーの北尾博伸。, 山口 正紀(やまぐち まさのり、1949年 - )は、日本のジャーナリスト。元読売新聞記者。, 梶谷 善久(かじたに よしひさ、1911年3月28日 - 1990年9月3日)は、日本のジャーナリスト。新聞記者、評論家。, 澤田 芳博(さわだ よしひろ、1969年10月21日 - )は、関西テレビのテレビプロデューサー、元報道記者。, 福島 香織(ふくしま かおり、1967年5月16日 - )は、日本のジャーナリストで、元産経新聞社記者である。, 榎原 美樹(えばら みき、1963年3月27日 - )は、日本の報道記者であり、日本放送協会(NHK)の職員である。2000年(平成12年)からの2年間、テレビ番組『NHKニュース10』に、アンカーとして出演していたことでも知られる。同局アメリカ総局勤務を経て、現在はNHKワールド World News部 編集長(『NEWSLINE』)。, 榎原 美樹(えばら みき、1963年3月27日 (昭和38年) - )は、日本の報道記者であり、日本放送協会(NHK)の職員である。2000年(平成12年)からの2年間、テレビ番組『NHKニュース10』に、アンカーとして出演していたことでも知られる。同局アメリカ総局勤務を経て、現在はNHKワールド World News部 編集長(『NEWSLINE』)。, 武部 好伸(たけべ よしのぶ、1954年 - )は大阪府出身のエッセイスト。元読売新聞記者。, 吉田 涙子(よしだ るいこ、1971年5月8日 - )は、埼玉県さいたま市(旧浦和市)出身の文化放送の元アナウンサー。2014年7月より、同局の放送事業局 報道スポーツ センター所属の報道記者。大妻女子大学文学部卒業。身長173cm、血液型B型。, 小倉 恵美(おぐら えみ、1989年10月9日 - )は、テレビせとうち(TSC)の女性リポーター、記者である。自称元女子アナ。, 高畑 誠(たかはた まこと、1971年10月18日 - )は、山陽放送(RSK)報道部所属のアナウンサー兼報道記者、気象予報士。, 原 聡子(はら さとこ、1976年1月17日 - )は、日本テレビ報道局所属記者兼ニュースキャスター。血液型O型。, 安部 まみこ(あべ まみこ、本名:安部 真弥子(読み同じ)、1972年10月10日 - )は、中京テレビ放送の報道記者、元同局のアナウンサー。兵庫県神戸市出身。兵庫県立神戸高等学校、お茶の水女子大学理学部卒業。身長158cm。血液型A型。, 豊島 吉博(とよしま よしひろ、1951年2月27日 - )は、日本の実業家、愛媛新聞社記者を経て、1994年、日本サッカー協会常務理事兼事務局長就任、 2015年より愛媛FC代表取締役社長(2017年退任)。公益財団法人日本サッカー協会評議員、2016年より四国サッカー協会20代目会長(H28・29年度), 鴨野 守(かもの まもる、1955年 - )は日本の新聞記者。統一協会系の新聞世界日報編集委員。, 大八木 友之(おおやぎ ともゆき、1974年10月2日 - )は、毎日放送(MBS)の報道局ニュースセンターに所属する京都府京都市右京区太秦出身の記者。元・アナウンサーで、元・ニュースキャスター。, 丸岡 いずみ(まるおか いずみ、1971年8月6日 - )は、日本のニュースキャスター、タレント、フリーアナウンサー、エッセイスト。元放送局アナウンサー・報道記者[1]。, 伊達 典子(だて のりこ、1970年11月7日 - )は、西日本放送の報道記者兼アナウンサー。香川県高松市出身。関西学院大学文学部を卒業後、1993年西日本放送に入社。, 三澤 肇(みさわ はじめ、1970年7月6日 - )は毎日放送(MBS)所属・JNNベルリン前支局長(特派員)。元毎日放送アナウンサー・報道局所属記者・キャスター。, 榎本 敏之(えのもと としゆき、1969年12月16日 - )は、長崎国際テレビの元アナウンサー。大阪府高槻市出身。関西学院大学卒業。大学卒業後、NTT日本電信電話株式会社勤務を経て、1995年に長崎国際テレビに入社。記者兼アナウンサーとしてプラス1ながさき等を担当。佐世保報道記者を経て現在、制作部ディレクター。, 小西 美穂(こにし みほ、1969年6月9日 - )は、日本テレビ放送網報道局記者兼キャスター。, 巽孝之(たつみ たかゆき、1965年4月7日 - )は、KBC九州朝日放送のアナウンサー・報道記者。和歌山県橋本市出身。関西学院大学卒、生田教室出身。, 小倉 孝保(おぐら たかやす、1964年 - )は、日本のジャーナリスト、ノンフィクション作家、毎日新聞記者。, 戸石 伸泰(といし のぶやす、1957年1月8日 - )は、朝日放送報道情報局ニュースセンター所属記者で元同局アナウンサー。, 藤田 太寅(ふじた たかのぶ、1938年1月17日 - )は日本の経済ジャーナリストで、元NHK記者・解説委員。現在は民間の立場で活動している。, 杉本 清(すぎもと きよし、1937年2月19日 - )は、元関西テレビアナウンサーで、現在はアライバルに所属するフリーアナウンサー、タレント、競馬ライター。関西放送記者クラブ会友。血液型はB型。, 高橋 大作(たかはし だいさく、1983年2月9日 - )は、朝日新聞大阪本社社会部記者。朝日放送テレビ(ABC)所属の報道記者、元アナウンサー。, 多田 勇太(ただ ゆうた、1978年1月29日 - )は、東北放送報道部記者・キャスター。兵庫県宝塚市出身。2007年3月までは同社アナウンサーだった。最近では地震報道や事件報道などで、現場キャスターとしてのリポートが中心。, 古谷 剛彦(ふるや たけひこ、1975年 - )は、東京都出身の競馬評論家である。内外タイムス記者を経て2009年12月から「楽天競馬スペシャルアドバイザー」となり、地方競馬を中心に独特の相馬眼を元にしたパドック解説を行っている。, 会田 弘継(あいだ ひろつぐ、1951年 - )は、日本のジャーナリスト。一般社団法人共同通信社特別編集委員、関西大学客員教授、公益社団法人日本記者クラブ理事、『アメリカン・インタレスト』編集委員、公益財団法人アメリカ研究振興会理事。, 児島 一彌(こじま かずや、1947年5月1日 - )は、日本のスポーツジャーナリスト、元サンケイスポーツ大阪本社記者。, 安本 寿久(やすもと としひさ)は、日本のジャーナリスト、コメンテーター。産経新聞特別記者兼編集委員(元編集長)。2012年から長期連載の「神話」企画を統括している(取材班キャップ)。, 森下 知哉(もりした ともや、1979年3月6日 - )は、フジテレビジョン記者であり、元同局アナウンサー。, 二唐 正和(にがら まさかず、1972年1月28日 - )は長崎文化放送(ncc)のアナウンサー。 元秋田朝日放送アナウンサー・テレビ神奈川 (tvk) 記者。, 柴田 惣一(しばた そういち、1958年9月11日 - )は、東京スポーツ新聞社に所属するスポーツ新聞の記者で、同新聞社の専門委員、東スポWeb顧問、プロレス解説者も務めている。日本ペンクラブ会員[1]。, 土屋守(つちや まもる、1954年 - )は、日本のウイスキー評論家、作家。ウイスキーワールド編集長、スコッチ文化研究所代表。学習院大学文学部卒業後、FOCUSなどの週刊誌記者となる。1987年から1993年までイギリス在住。イギリス文化に精通し、旅行や紅茶、ウイスキー、なかでもスコッチ・ウイスキーを中心とした著作多数。2001年、自らを代表とするスコッチ文化研究所を設立。, 和田 圭(わだ けい、1952年9月13日[1] - )は、フジテレビ報道局政治部編集委員[2]・記者・解説委員。東京都新宿区出身[1]。血液型はO型[1]。, 三島 通義(みしま みちよし)は、ニッポン放送報道部に所属する放送記者。学習院大学卒業。旧華族。高祖父は元警視総監の三島通庸。曽祖父は元日銀総裁の三島弥太郎。実妹はフリーアナウンサーの三島美佳子。, 門垣 逸夫(かどがき いつお、1943年3月27日 - )は、熊本朝日放送株式会社(KAB)取締役会長、元新聞記者。熊本県出身。熊本高校、九州大学法学部出身。, 岡田 有花(おかだ ゆか、1978年10月13日 - )は元ITmediaの記者、フリーライター/ジャーナリストである。兵庫県出身、京都大学教育学部卒業。IT戦士を自称。, 國友 真由美(くにとも まゆみ、1975年3月28日 - )は、フリーアナウンサー。元RCC中国放送記者。元テレビ埼玉(TVS)のアナウンサー、奈良県出身。身長:162cm、血液型:O。, 岩本 裕(いわもと ひろし、1965年4月17日 - )は、NHK報道記者、元解説委員。, 烏賀陽 弘道(うがや ひろみち、1963年1月8日 - )は、日本の著述家[1]、ジャーナリスト、音楽評論家。元朝日新聞記者。軍事学修士(コロンビア大学、1994年)。, 日隅 一雄(ひずみ かずお、1963年1月30日[1] - 2012年6月12日[2][3])は、日本の弁護士、元産經新聞記者。インターネット新聞「News for the People in Japan」の立ち上げの中心人物及び編集長。「ヤメ蚊」を自称するマスコミ出身の弁護士である。ネット視聴者内での通称は「オレンジ」(理由は後述)「ひずみん」等。, 松永 和紀(まつなが わき、1963年 - )は、日本の女性サイエンスライター。フリーランスで活動している。京都大学大学院農学研究科農芸化学専攻で修士を修めた後、毎日新聞社の記者を経てフリーランスのライターとなる。官公庁の薬事・食品衛生審議会食品衛生分科会、消費者委員会食品表示部会などの委員の経歴もある。消費者団体フードコミュニケーションコンパス (FOOCOM) を立ち上げ初代代表も務めた, 河野 憲治(こうの けんじ、1962年 - )は、日本の国際報道記者。日本放送協会(NHK)報道局国際部長。元 NHK ワシントン支局長。, 黒田 勝弘(くろだ かつひろ、1941年(昭和16年)10月25日 - )は、日本のジャーナリスト、作家、コラムニスト。産経新聞ソウル駐在特別記者(ソウル支局長特別記者)兼論説委員。大阪府出身。ソウルジャパンクラブ(SJC:ソウル日本人会)顧問[1]。両親が鹿児島県出身のため、ソウル薩摩会会長を務める[2][3]。また、在韓日本人の京都大学卒業生で構成する「ソウル洛友会」[4]の会長も務める[5]。, 黒田 清(くろだ きよし、1931年2月15日 - 2000年7月23日)は、日本の新聞記者、ジャーナリスト。大阪府出身。, 飯干 晃一(いいぼし こういち、1924年6月2日 - 1996年3月2日)は、日本の作家。元読売新聞社会部記者。大阪府出身。, 津田正夫(つだ まさお、1897年(明治30年)12月3日 - 1988年(昭和63年)5月17日)は、新聞記者、外交官、随筆家。, 酒井 俊幸(さかい としゆき、1972年6月26日 - )、薬剤師 。元福岡放送報道部記者。以前は佐賀県内でアナウンサーとして活動していた。長崎県在住。, 田村 竜騎兵(たむら りゅうきへい、1931年(昭和6年)6月20日 - 1990年(平成2年)2月14日)は、朝日新聞社の記者、囲碁ライター。群馬県出身、本名は田村孝雄。観戦記者として著書多数。朝日新聞東京本社編集委員をつとめた。, 桑山 知之(くわやま ともゆき、1989年10月23日 - )は、東海テレビ放送記者。元フリーライター、編集者、コラムニスト。, 田辺 一城(たなべ かずき、1980年5月16日 - )は、日本の政治家、新聞記者。福岡県古賀市長(1期)。元福岡県議会議員(2期)。, 川原 浩揮(かわはら ひろき、旧姓:岡田(おかだ)、1978年4月8日 - )は、フジテレビジョン報道局報道センター所属の記者で、元アナウンサー。身長184cm。体重72kg。, 佐藤 裕一(さとう ゆういち、1975年4月 - )は、日本のフリーランス記者。日本不審者情報センター合同会社代表。, 伊藤 隆太(いとう りゅうた、1973年5月10日 - )は、TBSアナウンサーおよび報道局社会部記者。身長180cm。, 大田 良平(おおた りょうへい、1973年11月15日 - )は読売テレビ(ytv)報道局記者、元アナウンサー。血液型はA型。, 竹内 明(たけうち めい、1969年2月23日 - )は、TBSテレビの報道局記者・同局ニュースキャスター。身長182cm。血液型B型。, 後藤 俊哉(ごとう としや、1968年2月13日 - )は、日本テレビ報道局外報部所属の記者・キャスター(元アナウンサー)。, 国吉 伸洋(くによし のぶひろ、1968年3月23日 - )はテレビ朝日所属の報道記者で元アナウンサー。, 西野 智彦(にしの ともひこ、1958年 - )は、TBSテレビ報道部報道局長、元時事通信社記者、元放送プロデューサー。, 中村 尚登(なかむら ひさと、1957年9月20日 - )は、TBSラジオ&コミュニケーションズ(TBSラジオ)編成局ニュース情報部担当部長[1]。TBSの元報道記者、元アナウンサー。大阪府出身。, 今宮 純(いまみや じゅん、1949年3月18日 - )は、日本のモータースポーツジャーナリストである。日本モータースポーツ記者会(JMS)会員。, 橋本 大二郎(はしもと だいじろう、1947年1月12日 - )は、日本の政治家。第13 - 16代高知県知事(4期連続)、元NHK職員(記者、キャスター)、東アジア共同体研究所理事、武蔵野大学法学部政治学科客員教授[1]。, 橋本 五郎(はしもと ごろう、1946年12月29日 - )は、日本の新聞記者。読売新聞特別編集委員。, 岸井 成格(きしい しげただ、1944年8月22日 - )は、日本の新聞記者で、毎日新聞特別編集委員[1]。21世紀臨調運営委員。早稲田大学政治経済学部客員教授。日本ニュース時事能力検定協会理事長。, 津村 鷹志(つむら たかし、1943年8月25日 - )は、日本の俳優、声優。本名及び旧芸名は津村 秀祐(つむら ひですけ)。身長172cm。父親は元朝日新聞記者で映画評論家の津村秀夫。法学博士津村秀松は祖父。叔父は詩人の津村信夫。, 滝鼻 卓雄(たきはな たくお、1939年8月14日 - )は、日本の新聞記者、実業家。株式会社読売新聞グループ本社相談役、株式会社読売巨人軍最高顧問、学校法人慶應義塾評議員。, 木村 太郎(きむら たろう、1938年2月12日 - )は、日本のフリージャーナリスト、ニュースキャスター。逗子・葉山コミュニティ放送株式会社(通称名・湘南ビーチFM)代表。(有)木村太郎事務所代表。NHK記者、キャスターを経てフジテレビ系「Mr.サンデー」のコメンテーターも務める。, 安広 欣記(やすひろ よしのり、1936年 - )は、日本の新聞記者、政治家。元民社党顧問。現在は政治評論家。山口県大島郡周防大島町出身、千葉県野田市在住。, 新名 丈夫(しんみょう たけお、1906年(明治39年)11月3日 - 1981年(昭和56年)4月30日)は、日本の評論家、元毎日新聞記者。, 小野 三千麿(おの みちまろ、1897年(明治30年)5月22日 - 1956年(昭和31年)2月2日)は、日本の野球選手(投手)、新聞記者。都市対抗野球大会の「小野賞」にその名を残している。, 伊藤 正徳(いとう まさのり、1889年(明治22年)10月18日 - 1962年(昭和37年)4月21日)は日本のジャーナリスト、作家、軍事評論家。海軍部内に精通し、大海軍記者と称された。, 角田 浩々歌客(かくだ こうこうかきゃく、明治2年9月16日(1869年10月20日) - 大正5年(1916年)3月16日)は、明治時代の詩人、北欧文学者、文芸評論家、新聞記者。本名:角田勤一郎。大阪の論壇・文壇で重きを成して世論形成に大きな力を持ち、東の坪内逍遥と並び称された[1]。, 坂本 紅蓮洞(さかもと ぐれんどう、1866年(慶応2年)9月?日 - 1925年(大正14年)12月16日[1])は、明治・大正期の文芸評論家、新聞記者、放浪生活者。本名は易徳。肩書きは「奇人」[2]。のらりくらりと放浪生活に身をやつし、酒に酔っては毒舌を弄し、窮乏のうちに死んだ「文壇名物男」であった[1]。, 森田 思軒(もりた しけん、文久元年7月21日(1861年8月26日)[注 1] - 明治30年(1897年)11月14日)は、新聞記者・翻訳家・漢文学者。本名は文蔵。別号に埜客(やきゃく)、羊角山人(ようかくさんじん)、白蓮庵主人(びゃくれんあんしゅじん)、紅芍園主人(こうしゃくえんしゅじん)など。, 波多野 承五郎(はたの しょうごろう、1858年(安政5年)11月 - 1929年(昭和4年)9月16日)は日本の実業家。慶應義塾出身で福澤諭吉の弟子。『時事新報』記者、慶應義塾評議員、三井銀行理事。, 箕浦 勝人(みのうら かつんど、嘉永7年2月15日(1854年3月13日) - 昭和4年(1929年)8月30日)は日本の新聞記者、実業家、政治家。旧姓は実相寺。, 藤田 茂吉(ふじた もきち、嘉永5年6月25日(1852年8月10日) - 明治25年(1892年)8月19日)は、日本の新聞記者、政治家。旧姓は林、号は鶴谷山人・九皐外史・鳴鶴居士・聞天楼主人・翠嵐生。衆議院議員。, 末広鉄腸(すえひろ てっちょう、1849年3月15日(嘉永2年2月21日) - 1896年(明治29年)2月5日)は、反政府側の政論家・新聞記者・衆議院議員・政治小説家。幼名雄次郎、後に重恭(しげやす)。号に鉄腸、子倹、浩斎。, 笛吹 雅子(うすい まさこ、1968年5月2日 - )は、日本テレビ報道局社会部所属の記者、キャスター。元同局アナウンサー。奈良県奈良市出身。血液型O型。身長160cm。, 岡田(永代) 美知代(おかだ(ながよ) みちよ、1885年(明治18年)4月15日 - 1968年(昭和43年)1月19日)は、日本の文学者、雑誌記者。田山花袋の小説『蒲団』のヒロイン、横山芳子のモデルとして知られる。, 清水 建宇(しみず たてお、1947年 - )は元朝日新聞論説委員。北海道札幌市出身。北海道札幌南高等学校、神戸大学経営学部卒業後、1971年入社。佐賀支局、西部本社社会部を経て1981年東京本社に異動、警視庁記者、宮内庁記者を担当の後、出版局に移り「週刊朝日」副編集長、「論座」編集長などを歴任。2003年論説委員に就任。また、テレビ朝日のニュース番組「ニュースステーション」にて、2001年1月から2004年3月の間、コメンテーターも務めた。2007年定年退職。朝日新聞社が発行する『大学ランキング』の編集長を1994年の創刊以来、2008年版まで続けていた[1]。現在は、スペインのバルセロナで豆腐店を営んでいる, ジョー小泉(ジョーこいずみ、1947年3月31日 - )は、日本のボクシング評論家、ボクシングのマッチメーカー兼トレーナー、ボクシング番組解説者、ボクシング誌記者。本名は小山 義弘(こやま・よしひろ)。兵庫県神戸市出身。ペンネームの由来は、小泉信三元慶大塾長の著書に感動したことと、フランツ・カフカの小説の主人公の名前から。, 大谷 一二(おおたに いちじ、1912年8月31日 - 2007年11月23日)は、兵庫県出身の元日本代表サッカー選手、東洋紡績元会長・名誉顧問。サッカー記者の大谷四郎は実弟。, 柴谷 宗叔(しばたに そうしゅく、1954年(昭和29年) - )は四国遍路を専門とする日本の宗教研究者、僧侶、トランスジェンダー。高野山大学博士(密教学)。大阪府守口市の性善寺(大徳山浄峰寺)住職。高野山真言宗権少僧正。四国八十八ヶ所霊場会公認大先達、西国三十三所札所会公認特任先達。元新聞記者(読売新聞社勤務)で、学位取得後は高野山大学密教文化研究所で受託研究員、委託研究員を務め、巡礼遍路学会では事務局長を務めた。性的少数者、LGBTに対する支援活動にも取り組んでいる。, 新井 清(あらい きよし、1954年7月17日 - )は栃木放送の元アナウンサー、元 報道制作部記者。埼玉県上福岡市(現・ふじみ野市)出身、國學院大學卒業。, 松下 豊(まつした ゆたか、1953年4月7日 - 2007年1月23日)は、元静岡朝日テレビのアナウンサー、記者である。 53歳没。, 栗島 狭衣(くりしま さごろも、1876年4月5日 - 1945年11月6日[1])は、日本の俳優、新聞記者、劇作家、脚本家である。本名は栗島 山之助(くりしま さんのすけ)、出生名は川村 山之助(かわむら さんのすけ)である[1]。, 秋山 豊寛(あきやま とよひろ、1942年(昭和17年)6月22日 - )は、日本のジャーナリスト、ソビエト連邦第3級宇宙飛行士、京都造形芸術大学芸術学部教授。元TBS[1]記者・ワシントン支局長。, 平野 次郎(ひらの じろう、1940年(昭和15年)12月19日 - )は、日本のジャーナリスト、学者である。日本放送協会(NHK)解説委員、記者を経て、学習院女子大学特別専任教授。, 望月 智(もちづき さとし、1972年10月7日 - )は、テレビ山梨の元アナウンサー、報道記者。山梨県出身。天秤座 A型。, 大浜 平太郎(おおはま へいたろう、1968年5月6日 - )は、テレビ東京報道局取材センター記者で元アナウンサー。, 加藤 達也(かとう たつや、1966年6月11日要出典 - )は、日本のジャーナリスト、報道記者、産経新聞社会部編集委員。, 有馬 実成(ありま じつじょう、1936年3月7日 - 2000年9月18日)は、山口県周南市(旧徳山市)生まれの曹洞宗僧侶。曹洞宗東南アジア難民救済会議JSRCに始まる社団法人シャンティ国際ボランティア会SVAの創設者として専務理事をつとめた。国際協力NGOセンターJANIC副理事長および理事長や、東京災害ボランティアネットワーク副代表等の役員を歴任し、NGO間調整にあたる「NGOの有馬」と呼ばれた。NHK経済部記者・キャスターの有馬 嘉男(ありま よしお)[1]は長男である。, 阿井 景子(あい けいこ、1932年1月16日 - )は、日本の作家。長崎県生まれ。本名・浦順子。佐賀大学教育学部卒業後、高校教師となるがすぐ辞めて上京、北大路魯山人の口述筆記をおこなう。編集者、『女性自身』記者などをへて、結婚、1974年離婚、その間松本清張の担当にもなる。71年本名で初の著書を出し、79年『龍馬の妻』で作家デビュー。歴史上の人物の周囲の女を描く。特に坂本龍馬関係が多く、91年以後は大河ドラマに合わせての執筆が多い。, 山本 亨介(やまもと きょうすけ、1923年4月29日 - 1995年11月10日)は、日本の将棋観戦記者、将棋史研究者、小説家。ペンネームに天狗太郎。日本文芸家協会会員。, 白井 文吾(しらい ぶんご、1928年(昭和3年)1月27日 - )は、愛知県出身の日本の新聞記者、実業家。株式会社中日新聞社代表取締役会長、株式会社中日ドラゴンズオーナー。株式会社中日新聞社代表取締役社長を経て現職。, 高山 正之(髙山 正之、たかやま まさゆき、1942年 - )は、日本のジャーナリスト、コラムニスト。元産経新聞記者、元帝京大学教授。, 室田 智美(むろた ともみ、1969年5月12日 - )は、元札幌テレビアナウンサー・報道制作局報道部報道記者。身長155cm。1992年入社(同期は佐々木律)。 2003年にNNSアナウンス大賞・ラジオ部門大賞を受賞。2015年7月より報道製作局報道部記者。2016年3月退社。, 小松 恒夫(こまつ つねお、1925年6月30日 - 2000年12月8日)は、日本の評論家、元朝日新聞記者。, 佐藤 梓(さとう あずさ、1984年(昭和59年)9月11日 - )は、日本の政治家。NHK社会部記者を経て2015年(平成27年)に社民党公認のもと八王子市議会議員に初当選した。「可愛すぎる市議」、「アイドル顔負けの市議」として話題になった。, 田中 淳子(たなか じゅんこ、1964年 - )は、NHK記者、NHK BS1ニュースキャスター、日本のジャーナリスト。, 牧嶋 博子(まきしま ひろこ、1960年 - )は、TBS報道局社会部スペシャリスト部長、同報道局解説委員[1]。元アナウンサー、元報道記者。本名、高橋 博子(たかはし ひろこ)。旧姓、牧嶋(まきしま)。, 三浦 基裕(みうら もとひろ、1957年3月17日 - )は、日本の政治家、新聞記者。新潟県佐渡市長(1期)。日刊スポーツ新聞社代表取締役社長を務めた。, 佐藤 雄二郎(さとう ゆうじろう、1953年11月17日 - )は、日本の通信社記者。東京都出身。株式会社共同通信社代表取締役社長。, 安田 庄司(やすだ しょうじ、1895年1月25日 - 1955年2月9日)は、日本の新聞記者、新聞経営者。滋賀県出身。読売新聞社元代表取締役主幹・副社長兼編集主幹。大阪読売新聞社元取締役会長。日本プロ野球セントラル・リーグ初代会長。レジオン・ドヌール勲章シュヴァリエ章受章。, “ジェイク・アデルステイン”(Jake Adelstein)ことジョシュア・アデルステイン(Joshua Adelstein)は、米国出身のジャーナリスト。元読売新聞社会部記者。自著に『Tokyo Vice』がある[1]。, 岸 朝子(きし あさこ、1923年11月22日 - 2015年9月22日)は、日本の料理記者、食生活ジャーナリスト。旧姓は宮城(みやぎ)。, 高木 恵子(たかぎ けいこ、1981年12月7日 - )は、岐阜放送の社員。元アナウンサー兼記者(2009年6月をもって他部署に異動)。, 北川 昌弘(きたがわ まさひろ、1957年 - )は日本の女性アイドル研究家。通称マンボウ北川。北海道生まれ。成蹊大学卒業。執筆活動やメディアへ出演する傍ら、『T.P.Mランキング』 の資料収集のため、芸能イベント (記者会見、制作発表、発売記念イベント、試写会など)での取材活動を行っている。, 小泉 恵未(こいずみ えみ、1980年11月12日 - )は、日本のフリーアナウンサー。元東京メトロポリタンテレビジョン社員(報道センター記者・アナウンサー)。東京都出身。身長161cm。, 長尾 香里(ながお かおり、本名:諸橋 香里、旧姓:長尾、1971年7月12日 - )は、日本の放送ジャーナリスト。NHK国際部記者。前ブリュッセル支局長。, 森 暢平(もり ようへい、1964年10月19日 - )は、日本の元ジャーナリスト、成城大学文芸学部マスコミュニケーション学科准教授[1]、元毎日新聞記者。皇室取材の経験から『天皇家の財布』(新潮新書)の著書があり、皇室について、雑誌やテレビでコメントすることが多い[要出典]。, 石川 真禧照(いしかわ まきてる、本名:石川 暁(いしかわ あきら)、1947年9月 - )は、日本の自動車評論家。日本モータースポーツ記者会会員、日本自動車ジャーナリスト協会副会長。, 野口 晃一郎(のぐち こういちろう、1974年 - )は元岐阜放送アナウンサー。岐阜県岐阜市出身。岐阜県立加納高等学校、高崎経済大学経済学部経営学科、立命館大学政策科学部卒。主にニュース番組のキャスターを務めた。岐阜新聞記者を経て現在はフリーライターやNPO法人のコーディネーターとして活動。2006年から1年間をかけて夫人と共に世界一周旅行を敢行した。, 薩摩 雄次(さつま ゆうじ、1897年 - 1966年)は、日本の政治家・新聞記者。衆議院議員。福井県おおい町出身。, 若山 貴嗣(わかやま よしつぐ、1970年7月23日 - )は、岐阜放送の元アナウンサー・記者。, 鹿嶋 敬(かしま たかし、1945年 - )は、日本の社会学者・元ジャーナリスト。専門は、ジェンダー論、家族社会学、ワーク・ライフ・バランス論、マスコミュニケーション論など。日本経済新聞記者として長く「女性と労働」問題などを追及したが、定年を機に研究者に転身した。現在、実践女子大学人間社会学部教授、女性労働協会会長[1]、ワークライフバランス推進会議代表幹事。, 本多 勝一(ほんだ かついち、1932年1月28日 - )は、日本のジャーナリスト。元朝日新聞の記者。, 草柳 悟堂(くさやなぎ ごどう、1969年10月17日 - )は、QAB琉球朝日放送の報道記者・アナウンサーで、元KBC九州朝日放送報道部所属のニュースキャスター。, 畔上 文昭(あぜがみ ふみあき、1967年9月10日 - )は、日本の編集者、記者、コラムニスト。, 菅野 朋子(かんの ともこ、1963年(昭和38年) - )はフリーランスのノンフィクション作家。中央大学文学部を卒業し、出版社に勤務した。カールトン大学で韓国語を学び、延世大学校付属語学堂に語学留学した。『週刊文春』の記者となり、現職。ソウル在住。, 鈴井 慎一(すずい しんいち、1949年 - 2002年)は、静岡県出身の元アナウンサー・記者である。, 山崎 力(やまざき つとむ、1947年5月8日 - )は、日本の政治家、新聞記者。自由民主党所属の前参議院議員(3期)。参議院総務委員長、予算委員長、総務副大臣を務めた。, 杉村 楚人冠(すぎむら そじんかん、明治5年7月25日(1872年8月28日) - 昭和20年(1945年)10月3日)は、新聞記者、随筆家、俳人である。本名は杉村 廣太郎(すぎむら こうたろう)。別号は縦横、紀伊縦横生、四角八面生、涙骨など多数。, 川上 大典(かわかみ たいてん、1980年11月9日 - )は、日本のライター(本、論文)、ゲームシナリオライター、ゲームプランナー、記者、ライター、漫画原作者。, 木野村 尚子(きのむら なおこ、1968年10月18日 - )は、山陰放送(BSS)の社員でアナウンサー。2008年から2016年まで報道部記者。, 山本 美香(やまもと みか、1967年(昭和42年)5月26日[1] - 2012年(平成24年)8月20日[2])は、日本のジャーナリスト。ジャパンプレス所属のジャーナリストとしてイラク戦争など世界の紛争地を中心に取材し、ボーン・上田記念国際記者賞特別賞、日本記者クラブ賞特別賞などを受賞した。2012年のシリアでの取材中、政府軍の銃撃により殺害された。, 伊藤 喜久蔵(いとう きくぞう、1919年7月24日 - 2008年2月27日)は日本のジャーナリスト、中国研究者、中日新聞東京支社記者・論説委員。旧姓は中山。, 岩田 暁美(いわた あけみ、1961年8月5日[1][2][3] - 2003年7月24日)は、日本のプロ野球記者。神奈川県横浜市生まれ[1][2][3]。東海大学教養学部芸術学科(ヴィオラ専攻)卒業[3]。, 宮崎 文子(みやざき ふみこ)は、ニッポン放送報道部に所属していた放送記者で元アナウンサー。, 斎藤 久美子(さいとう くみこ、1990年1月22日 - )は、テレビ新潟 (TeNY) のアナウンサー、報道記者。, 久保田 智子(くぼた ともこ、1977年1月24日 - )は、日本のアナウンサー、報道記者。TBSテレビアナウンサー兼報道局記者。, 太 勇次郎(ふとり ゆうじろう、1966年 - )は、日本のジャーナリスト。日本放送協会ニューデリー支局長。ボーン・上田記念国際記者賞。, 吉永 みち子(よしなが みちこ、1950年3月12日 - )は、日本のノンフィクション作家。元競馬新聞記者。旧姓は鈴木。, 小林 和男(こばやし かずお、1940年5月2日 - )は、日本のジャーナリスト。NHK記者。専門はロシア情勢。, 伊藤 正(いとう ただし、1940年6月2日 - )は日本のジャーナリスト。産経新聞特別記者兼論説委員。前中国総局長。中国報道で知られる。, 丹藤 佳紀(たんどう よしのり、1940年 - )は、日本のジャーナリスト、元読売新聞記者。中国研究者。, 山田侑平(やまだ ゆうへい、1938年 - )は、ジャーナリスト、翻訳家、人間総合科学大学名誉教授。 東京外国語大学中国語科卒業。共同通信記者となり、ニューヨーク支局員、ブリュッセル支局長など。2000年、人間総合科学大学教授。09年定年、名誉教授。, 水上 健也(みずかみ けんや、1926年2月28日 - 2009年6月20日)は、日本の新聞記者、実業家。, 細川 忠雄(ほそかわ ただお、1909年11月20日 - 1969年11月29日)は、日本の新聞記者。, 佐々木 盛雄(ささき もりお、1908年(明治41年)8月23日 - 2001年(平成13年)8月25日)は、日本の新聞記者・編集者、政治家。衆議院議員、内閣官房副長官。, 森 正蔵(もり しょうぞう/せいぞう、1900年(明治33年)7月1日 - 1953年(昭和28年)1月11日)は、新聞記者。毎日新聞東京本社社会部長・出版局長取締役・論説委員長などを歴任し、戦後書いた「旋風二十年」がベストセラーとなった。, 鈴木 文史朗(すずき ぶんしろう、1890年3月19日 - 1951年2月23日)は、日本のジャーナリスト、新聞記者、評論家、政治家。, 安田 矩明(やすだ のりあき、1935年12月11日 - 2004年4月16日)は、日本の陸上競技選手・指導者・研究者、新聞記者。専門は棒高跳で元・日本記録保持者。中京大学名誉教授。日本統治時代の台湾生まれ、鳥取県出身。, 小野庄一(おのしょういち、1963年 - )は日本のフリーカメラマン。岐阜県揖斐郡揖斐川町出身。東京経済大学、写真専門学校卒業。週刊誌の委託写真記者を経て独立。, 小俣 一平(おまた いっぺい、1952年2月2日 - )は、日本のルポライター、ノンフィクション作家、早稲田大学大学院政治学研究科ジャーナリズムコース兼任講師、弓立社代表取締役。NHKで、社会部記者、NHKスペシャルエグゼクティブプロデューサーなどを務めた。2010年で退職し、東京都市大学メディア情報学部教授などを歴任。「坂上遼」のペンネームでも著書がある。, 水沼 啓子(みずぬま けいこ)は、産経新聞記者、元ソウル特派員。神奈川県横浜市生まれ[1]。, 井上 雅義(いのうえ まさよし、1956年4月22日 - )は、ジャーナリスト。東京都武蔵野市出身。1975年東京造形大学入学。デザイン学科映像専攻。1979年卒業後、1980年まで多木浩二研究室研究生。 1980年に社団法人共同通信社入社(記者職)。 1996年、共同通信社を退社し有限会社フォトリンクス設立。 青山学院女子短期大学 非常勤講師(メディア論)。, 山口 優夢(やまぐち ゆうむ、1985年 - )は、日本の俳人、新聞記者。東京都に生まれる。2002年より開成高校の句会「紫雁会」に参加。2003年、第6回俳句甲子園にて団体優勝し、自句「小鳥来る三億年の地層かな」が最優秀句に選ばれる。その後東京大学に進学し、東大俳句会に所属。大学では理学部地球惑星環境学科で火星の地質を研究していた。2005年、龍谷大学青春俳句大賞大学生部門最優秀賞を受賞。2007年、第四回鬼貫青春俳句大賞優秀賞受賞。, 加藤 聡(かとう さとし、Satoshi Kato、1984年9月28日 - )は、日本テレビの報道記者、元アナウンサー。東京都出身。身長175cm、B型。, 岡村 仁美(おかむら ひとみ、1982年8月30日 - )は、TBSのアナウンサー兼報道局記者。, 豊島 晋作(とよしま しんさく、1981年2月15日 - )は、テレビ東京の記者、ディレクター、元『ワールドビジネスサテライト』(WBS)マーケットキャスター。福岡県久留米市出身。, 七尾 藍佳(ななお あいか、1978年5月26日 - )は、ジャーナリスト、国際メディアコンサルタント、元ブルームバーグ東京支局所属の記者。左利き。, 中丸 徹(なかまる とおる、1975年8月25日 - )は、テレビ朝日所属の報道記者で、同局の元アナウンサー。, 岩田 明子(いわた あきこ、1970年 - )は、日本のジャーナリスト。NHK報道局政治部記者兼解説委員。, 竹内 康浩(たけうち やすひろ、1965年 - )は、日本の米文学者。北海道大学大学院教授。愛知県出身。愛知県立半田高校卒業、東京大学文学部英文科卒業。朝日新聞記者、東京大学助手、一橋大学助教授、奈良女子大学助教授を経て現職。, 崎山 敏也(さきやま としや、1964年7月19日 - )は、TBSラジオ編成局制作センターに所属する放送記者。, 池田 裕行(いけだ ひろゆき、1962年4月26日 - )は、TBS報道記者・JNNパリ支局長。, 大越 健介(おおこし けんすけ、1961年8月25日 - )は、日本放送協会(以下、NHK)本部報道局政治部記者、『ニュースウオッチ9』アンカー。, 谷口 智彦(たにぐち ともひこ、1957年 - )は、日本の雑誌記者、ジャーナリスト。 内閣官房参与、慶應義塾大学大学院システムデザイン・マネジメント研究科教授。, 杉尾 秀哉(すぎお ひでや、1957年9月30日 - )は、TBSテレビ報道局編集センター解説・専門記者室長(局長待遇)。報道記者・解説委員・コメンテーター。, 松島 みどり(まつしま みどり、1956年7月15日 - )は、日本の新聞記者、政治家。衆議院議員(5期)。戸籍名は馬場 みどり(ばば みどり)。, 岸本 周平(きしもと しゅうへい、1956年(昭和31年)7月12日 - )は、日本の政治家、大蔵・財務官僚。民主党所属の衆議院議員(3期)。元内閣府大臣政務官・経済産業大臣政務官(野田第3次改造内閣)。妻はNHK記者の飯田香織[1]。, 菅沼 栄一郎(すがぬま えいいちろう 1955年11月27日‐)は、東京都足立区出身の朝日新聞記者・ジャーナリスト。仙台在勤地方自治担当編集委員。, 信国 一朗(のぶくに いちろう、1954年4月2日[1] - )は、テレビユー福島代表取締役社長。元東京放送ホールディングス・TBSテレビ常務取締役、元TBSラジオ&コミュニケーションズ取締役会長、元WOWOW取締役(非常勤)、元報道記者。福岡県出身。, 竹信 三恵子(たけのぶ みえこ、1953年 - )は、日本のジャーナリスト、和光大学教授、元朝日新聞記者。, 金平茂紀(かねひら しげのり、1953年12月18日 - )は、TBS報道局記者・同局キャスター・同局執行役員。北海道旭川市出身。, 池見 哲司(いけみ てつじ、1947年4月 - )は日本の新聞記者。元朝日新聞論説委員。, 東郷 和彦(とうごう かずひこ、1945年(昭和20年)1月10日 - )は、日本の元外交官、京都産業大学法学部教授、ライデン大学人文科学博士。専門は国際関係論。第二次世界大戦終戦時に外務大臣を務めた元外交官の東郷茂徳は祖父。元外交官の東郷文彦は父、元『ワシントンポスト』記者の東郷茂彦は双子の兄。, 船橋 洋一(ふなばし よういち、1944年12月15日 - ) は、日本の評論家、コラムニスト、元新聞記者。学位は法学博士。元朝日新聞社主筆。大佛次郎賞選考委員(2011年より)。三極委員会メンバー[1]。, 川崎 泰資(かわさき やすし、1934年-)は日本のジャーナリスト。椙山女学園大学客員教授。元NHK記者。, 中河 原理(なかがわ げんり、1931年11月4日 - 1998年4月3日)は、朝日新聞記者、音楽評論家。, 伊藤 邦男(いとう くにお、1930年(昭和5年)5月13日 - 2012年(平成24年)11月12日)は、日本の新聞記者・実業家。朝日新聞社東京本社編集局長、常務取締役。その後テレビ朝日に転じ、社長を務めた(のち相談役)。神奈川県横須賀市出身。趣味は読書・ゴルフ。 2012年(平成24年)11月12日、肺炎のため死去。82歳没。, 小松 錬平(こまつ れんぺい、1929年3月31日 - )は、ジャーナリスト、元朝日新聞東京本社記者、元ニュースキャスター。, 渡邉 恒雄(わたなべ つねお、1926年〈大正15年〉5月30日 -)は、日本の新聞記者、実業家。株式会社読売新聞グループ本社代表取締役主筆。勲等は旭日大綬章。「ナベツネ」の通称で知られる。, 牟田口 義郎(むたぐち よしろう、1923年5月11日 - 2011年1月22日)は、歴史家・中東地域研究者、元朝日新聞記者。, 春山 泰雄(はるやま やすお、1906年4月4日 - 1987年6月17日)は、東京都出身の会社役員、新聞記者、サッカー選手である。, 尾崎 秀実(おざき ほつみ、1901年(明治34年)4月29日 - 1944年(昭和19年)11月7日)は日本の評論家・ジャーナリスト・共産主義者。朝日新聞社記者、内閣嘱託、満鉄調査部嘱託職員を務める。, 田畑 政治(たばた まさじ、1898年12月1日 - 1984年8月25日)は、日本の教育家、新聞記者、水泳指導者。静岡県浜名郡浜松町成子(現・浜松市中区成子町)出身。, 長谷川 伸(はせがわ しん、1884年(明治17年)3月15日 - 1963年(昭和38年)6月11日)は日本の小説家、劇作家である。本名は長谷川 伸二郎(はせがわ しんじろう)。使用した筆名には他にも山野 芋作(やまの いもさく)と長谷川 芋生(はせがわ いもお)があり、またそのほか春風楼、浜の里人、漫々亭、冷々亭、冷々亭主人などを号している(筆名が多いのは新聞記者時代の副業ゆえ名を秘したためである)。, 渡邉 恒雄(わたなべ つねお、1926年〈大正15年〉5月30日 - )は、日本の新聞記者、実業家。株式会社読売新聞グループ本社代表取締役主筆。勲等は旭日大綬章。「ナベツネ」の通称で知られる。, 海野 一幸(うみの かずゆき、1946年1月1日 - )は、日本の実業家。現在はヴァンフォーレ山梨スポーツクラブ取締役会長。かつては山梨日日新聞の記者や山梨放送の取締役、Jリーグ理事会の理事にも就いていた。, 橋本 邦治(はしもと くにはる、1922年9月3日 - 2010年8月19日)は、日本の競馬記者、評論家。, 飯星 景子(いいぼし けいこ、1963年2月23日 - )は、日本のタレント、作家。本名及び旧芸名、飯干 恵子(読み同じ)。大阪府高槻市出身。桐朋学園大学短期大学部(現桐朋学園芸術短期大学)芸術科演劇専攻卒業。父は、元読売新聞記者で『仁義なき戦い』の原作者でもある飯干晃一。, 佐藤正則(さとう まさのり、1979年1月15日 - )は、東北放送(TBC)報道部所属の気象キャスター。2002年入社。報道記者を2年間勤めた後、気象キャスターに。岩手県大船渡市出身。岩手県立大船渡高等学校、東北大学教育学部卒業。ニックネームは「まさくん」。大学2年時に気象予報士取得。第1回気象キャスターコンテスト(2005年)ではサイエンス賞を受賞。写真が趣味で、「SENDAI光のページェント」や「みちのくYOSAKOIまつり」などの写真コンテストで入選も。, 高城高(こうじょう こう、1935年1月17日- )は日本の推理小説家。元新聞記者。北海道札幌市在住。本名は乳井洋一(にゅうい よういち)。北海道函館市出身。, 島 桂次(しま けいじ、1927年8月30日 - 1996年6月23日)は、第15代NHK会長、元NHK記者。栃木県出身。, 村山 耕一(むらやま こういち、1977年1月5日 - )は、宮崎放送 (MRT) 元アナウンサー。2014年4月より報道部記者。, 真鍋 由(まなべ ゆう、1965年9月17日 - )は、東京都出身のテレビ朝日報道部記者で、元同局アナウンサー。, 津田 禎(つだ ただし、1964年2月21日 - )は、ATV青森テレビのアナウンサーで、元・報道部の記者。, 岩瀬 達哉(いわせ たつや、1955年 - )は、日本のジャーナリスト。和歌山県出身。1979年東洋大学文学部哲学科卒業後、編集プロダクション勤務を経て、1983年フリーとして活動を始める。噂の真相や週刊現代を主な活動の場として、年金問題や記者クラブ制度に代表されるマスコミの体質ついての報道を中心的に行っている。, 小西 和人(こにし かずひと、1927年1月11日 - 2009年1月7日)は日本の新聞記者、編集者。週刊釣りサンデーを創刊して会長。全日本サーフキャスティング連盟第2代会長。, 春名 優輝(はるな ゆうき、1995年7月25日 - )は、ラジオ関西のアナウンサー・記者。兵庫県姫路市出身。姫路東高校卒業。鳥取大学地域学部卒業。, 合田 純奈(ごうだ あやな、1994年7月8日 - )は、日本の新聞記者。大阪府出身、福岡県在住。新聞記者として朝日新聞西部報道センターに所属。, 松岡 史子(まつおか ふみこ、1988年5月23日- )は、日本のテレビジョン放送ジャーナリスト。日本海テレビジョン放送(NKT)報道記者。, 小杉 敏之(こすぎ としゆき、1968年6月20日 - )は日本の元サッカー選手。現在は中日新聞社記者。東京都出身。, 横尾 誠(よこお まこと、1967年4月14日 - )は、日本の新聞記者、政治活動家。大阪府東大阪市出身。, デビット・ゾペティ(David Zoppetti、1962年2月26日 - )は、スイス生まれ、日本在住の小説家。イタリア系。非母語である日本語で作家活動を行う。ジュネーヴ大学日本語学科を中退して来日、同志社大学文学部国文学専攻に編入。卒業後テレビ朝日初の外国籍社員となり、報道番組「ニュースステーション」で記者兼ディレクターとして活躍。また、同社の男性育児休業取得者第1号ともなる。, 桐山桂一(きりやま けいいち、1959年 - )はノンフィクション作家、中日新聞記者。岐阜県生まれ。同志社大学文学部卒業後、中日新聞社入社。東京新聞社会部にて遊軍キャップ、司法キャップ、特別報道部デスクなどを経て現在論説委員。総合研究開発機構(NIRA)の政策研究『個族化社会のネットワーク形成』で特別研究員も勤める。, 坊農 秀治(ぼうの しゅうじ、1月24日 - )は、三重テレビ放送のアナウンサー兼記者。, 高橋 重憲(たかはし しげのり、1974年10月14日 - )は、中京テレビ放送の報道記者、元同局のアナウンサー。愛知県名古屋市緑区出身。身長181cm。血液型A型。, 水野 倫之(みずの のりゆき、1964年(昭和39年) - )は、NHKの解説委員。記者出身。専門分野はロケット工学。, 酒井 美帆(さかい みほ 1991年3月19日-)は神奈川県平塚市出身のテレビ新潟放送網アナウンサー、報道記者、ニュースデスク。, 村上 祐子(むらかみ ゆうこ、本名:西脇 祐子、1978年11月16日 - )は、テレビ朝日の政治部記者で、元同社アナウンサー。, 笹栗 実根(ささぐり みね、1964年 - )は、元・フジテレビの報道記者。米国・アーカンソー州から引っ越し、現在は、ワシントンDC在住。, 山本山 龍太(やまもとやま りゅうた、1984年5月8日 - )は、埼玉県さいたま市西区(旧大宮市、生まれは北足立郡伊奈町)出身で尾上部屋所属の元大相撲力士。本名は山本龍一(やまもと りゅういち)、愛称はリュウ。身長191cm、体重277kg。重さを生かしたがぶり寄りを得意とするが、スピードと巧さを持ち、投げ技も多い。新入幕記者会見では自ら「ドンブリ王子」と名乗る。日大相撲部出身。最高位は西前頭9枚目(2009年5月場所)、2011年2月の身体測定で現役力士最重量記録を更新し、巨大なあんこ型力士として人気を博したが、2011年の大相撲八百長問題にて引退勧告処分が下り、引退した。アメリカ・ロサンゼルスの相撲協会に籍を置き、タレントとして主に海外で活躍していたが、現在は会社員。, 冨岡 美希(とみおか みき、1980年4月7日 - )は、abn長野朝日放送報道制作局報道部所属の報道記者(元アナウンサー)。, 大川 慎太郎(おおかわ しんたろう、1976年 - )は、日本の将棋観戦記者で雑誌『将棋世界』編集者。静岡県生まれ。, 穀田 慎也(こくた しんや、1974年11月30日 - )は、山梨放送(YBS)の男性記者、ディレクターで元アナウンサー。, 竹内 一政(たけうち かずまさ、1973年8月19日 - )は、テレビ高知の報道記者で元アナウンサー。高知県高知市出身。日本大学を卒業後、1997年にKUTV入社。, 綿井 健陽(わたい たけはる、1971年 - ) は、日本のフリージャーナリスト、映画監督。アジアプレス・インターナショナル所属。主たる取材テーマは戦争被害・人権であり、イラク戦争報道により、「ロカルノ国際映画祭」人権部門・最優秀賞を受賞、2003年度「ボーン・上田記念国際記者賞」特別賞、2003年度「ギャラクシー賞」報道活動部門、2005年「JCJ(日本ジャーナリスト会議)賞」大賞などを受賞。日本ビジュアル・ジャーナリスト協会、アジアプレス・インターナショナル、アジア記者クラブ会員。大阪府出身。, 中川 俊直(なかがわ としなお、1970年(昭和45年)4月25日 - )は、日本の政治家。衆議院議員(2期)、元経済産業大臣政務官、日本精神対話学会会長。元テレビ東京社員(政治部記者), 京谷 和央(きょうや かずお、1965年3月22日 - )は、元北海道文化放送解説委員、報道記者、キャスター。, 今泉 毅(いまいずみ つよし、1961年8月21日 - )は、福島放送のアナウンサーで元報道記者である。, 杉浦 健(すぎうら たけし、1956年12月20日 - )は、新潟放送に所属する報道記者。2002年まではアナウンサーを務めていた。テレビユー福島でアナウンサーを務める杉浦敦は実弟。, 橋本 克彦(はしもと かつひこ、1945年11月8日 - )は、日本のノンフィクション作家。宮城県生まれ。仙台高等学校卒業。日本大学芸術学部除籍。雑誌記者を経て、1984年に『線路工手の唄が聞えた』で大宅壮一ノンフィクション賞受賞、ノンフィクション作家の地位を確立。1990年『日本鉄道物語』で交通図書賞受賞。, 山崎 正(やまざき ただし、1944年1月1日 - )は、元テレビ朝日のアナウンサー。相撲評論家(東京相撲記者クラブ会友)。また、圭三プロダクションに「客員」として所属。, 館 淳一(たて じゅんいち、1943年 - )は、北海道出身の小説家、官能小説家、雑学研究家、エッセイスト。日本大学藝術学部放送学科卒業。小説の初出は、1975年11月の「凶獣は闇を撃つ」であるとされている。日本文芸家クラブ会員、日本推理作家協会会員。週刊明星で記者歴あり(本人オフィシャルサイトで「出版社系の『M』」と表記されている)。, 大佐古一郎(おおさこ いちろう、1912年(大正元年)〜1995年(平成7年))は昭和時代のジャーナリスト・著作家。広島市での原爆被災をはさむ長い時期にわたって、在広島の地方紙である中国新聞の記者を務めた。, 治部 れんげ(じぶ れんげ、1974年 - )は、日本のジャーナリスト。日経BP社記者を経て、豊島逸夫事務所副代表及び昭和女子大学現代ビジネス研究所研究員。ミシガン大学女性教育センター客員研究員、東京大学大学院情報学環客員研究員、公益財団法人ジョイセフ理事、一般財団法人女性労働協会評議員等を歴任。, 辰濃 和男(たつの かずお、1930年1月1日 - )は、元朝日新聞記者のジャーナリスト、エッセイスト。元日本エッセイスト・クラブ理事長。, 川本信正(かわもと のぶまさ、1907年9月22日-1996年6月17日)は、日本の新聞記者、スポーツ評論家。東京生まれ。, 関口 和一(せきぐち わいち、1959年 - )は、日本の新聞記者、ニュースキャスター。株式会社日本経済新聞社産業部編集委員・論説委員、法政大学大学院イノベイーション・マネジメント研究科客員教授、国際大学グローバル・コミュニケーション・センター客員教授。, 大谷 一二(おおたに いちじ、1912年8月31日 - 2007年11月23日)は、兵庫県出身の日本代表サッカー選手、東洋紡績会長・名誉顧問。サッカー記者の大谷四郎は実弟。, 土井 敏邦(どい としくに、1953年 1月8日- )は中東情勢を主に扱うフリージャーナリスト。佐賀県小城市[1]生まれ、神奈川県横浜市神奈川区在住[2]。広島大学総合科学部卒業。フォトジャーナリストの広河隆一が編集長であった「ふぃらすてぃん・ビラーディ」と称する月刊誌の中東専門雑誌記者、朝日ジャーナル嘱託記者を経てフリー。日本ビジュアル・ジャーナリスト協会の会員でもある。1985年以来、断続的に延べ5年以上、イスラエルとその占領地(パレスチナ)の難民キャンプや村に滞在して取材を続けている。, 飯野 詩帆(いいの しほ、1994年10月29日 - )は、群馬テレビのアナウンサー兼報道記者。群馬県藤岡市出身。, 木村 慎吾(きむら しんご、1979年12月7日 - 2008年7月6日)は、青森朝日放送(ABA)のアナウンサー。報道記者も兼務していた。, 千田 淳一(ちだ じゅんいち、1974年9月24日 - )は、FTV福島テレビ報道記者。, 兼田 健一郎(かねだ けんいちろう、1968年7月13日 - )は、日本のラジオ番組プロデューサー・報道記者。ラジオ大阪(OBC)社員。兵庫県小野市出身。既婚者。, 鈴木 美潮(すずき みしお、1964年12月21日 - )は、東京都出身の読売新聞記者。文化部を経て、現在、メディア局。, 高田 昌幸(たかだ まさゆき、1960年 - )は日本のジャーナリスト。高知新聞記者。, 大島 佳久(おおしま よしひさ、1948年もしくは1949年 - 2009年(平成21年)9月11日)は日本の実業家、新聞記者。元サンテレビジョン社長。, 湯川 博士(ゆかわ ひろし、1945年2月25日[1] - )は、将棋を中心としたフリーライター、観戦記者。本名は湯川博美(ゆかわ・ひろみ)[2]。妻は、将棋・囲碁の観戦記者で、元女流アマ名人の湯川恵子。, 佐藤 健(さとう けん、1942年(昭和17年)11月11日 - 2002年(平成15年)12月28日)は、日本のジャーナリスト、僧侶。元毎日新聞社記者。, 不破 孝一(ふわ こういち、1937年(昭和12年)9月29日 - 2012年(平成24年)2月6日)は日本の新聞記者、実業家。元BS日本社長。, 宮里 昭也(みやざと あきや、1936年(昭和11年)9月24日-)は日本の実業家、新聞記者。元琉球新報社会長。, 桜井 康雄(さくらい やすお、1936年12月23日 - )は、日本のスポーツ新聞記者、プロレス評論家。元東京スポーツ記者、取締役編集局長を歴任。正確には「櫻井康雄」。, 金久保 通雄(かなくぼ みちお、1909年10月3日 - 1971年6月7日)は、昭和時代に活躍した新聞記者である。, 相川 博(あいかわ ひろし、1909年 - 1948年6月4日)は日本の雑誌編集者、記者。雑誌「改造」の編集人、横浜事件の当事者の一人。, 小山 武夫(こやま たけお、1909年(明治42年)7月3日 - 2003年(平成15年)1月1日)は日本の新聞記者、実業家。中日新聞相談役、中日ドラゴンズオーナー兼社長、ボーン国際記者賞受賞、芹沢光治良は実兄。, 安藤鶴夫(あんどう つるお、1908年(明治41年)11月16日 - 1969年(昭和44年)9月9日)は、小説家(直木賞受賞)、落語および歌舞伎分野を主な専門分野とする評論家、演芸プロデューサー。元々は歌舞伎担当の新聞記者だった。, 太田 茂(おおた しげる、1881年(明治14年)8月5日-1940年(昭和15年)2月26日)日本の新聞記者。筆名は太田四州。, 武田 徳三郎(たけだ とくさぶろう、明治5年2月10日[1](1872年3月18日) - 昭和25年(1950年)5月23日[2])は日本の政治家、新聞記者。衆議院議員(6期、立憲政友会), 岩下 方彦(いわした のりひこ)は、フジテレビに所属する元放送記者。元栃木放送→ニッポン放送アナウンサー。以前はニッポン放送スポーツ部でアナウンサーをしており、プロ野球中継などで実況していた。現在は社内異動で記者職を離れている。, 山口 英里子(やまぐち えりこ、現姓 沢 1973年8月28日 - )は、元北海道文化放送の報道記者、ニュースキャスター。現フリーアナウンサー。, 向田 陽一(むかいだ よういち、1968年 - )は、北海道文化放送報道部長。元報道記者、元キャスター。, 中川 尚(なかがわ たかし、1964年 - )は北海道文化放送の報道記者、キャスター。, 太田 泰彦(おおた やすひこ、1961年2月 - )は、日本のジャーナリスト。日本経済新聞論説委員兼編集委員。ボーン・上田記念国際記者賞受賞。, 藤原章生(ふじわら あきお、1961年 - )は、日本のジャーナリスト、毎日新聞記者。福島県いわき市生まれ。, 会川 晴之(あいかわ はるゆき、1959年 - )は、日本のジャーナリスト。毎日新聞社北米総局長等を務めた。ボーン・上田記念国際記者賞、科学ジャーナリスト賞受賞。, 東 玲治(ひがし れいじ、1948年11月 - 2008年10月21日)は、愛媛県出身のジャーナリスト。元サンケイ新聞(現産経新聞)記者。, 対馬 孝之(つしま たかゆき、1969年11月8日 - )は、青森朝日放送のアナウンサー(報道記者・報道デスク・スポーツデスク兼務)。血液型はA型, 鮫島 慎司(さめじま しんじ)は、テレビ朝日の記者、キャスター。現在、テレビ朝日コンプライアンス統括室長。1974年明星大学理工学部電気工学科卒業。, 紺谷 充彦(こんたに みつひこ、1965年 - )は、日本の記者、フリーライター。富山県出身、札幌市在住。武蔵大学経済学部卒業。, 坂井 米夫(さかい よねお、1900年9月1日 - 1978年11月21日)は、日本の新聞記者。, 辻 三蔵(つじ さんぞう、1974年11月26日 - )は、フリーのレーシングライター(競馬記者)、解説者。元ホースニュース・馬所属トラックマン。本名は辻雅俊(つじまさとし)。広島県出身。血液型はO型。広島東洋カープのファン。, 島田 大(しまだ まさる、1967年8月29日 - )は、朝日放送アナウンサー兼報道部記者。, 田原 牧(たはら まき、1962年 - )は、東京新聞(中日新聞東京本社)特別報道部記者。紙面では戸籍名の田原拓治名義でも執筆している。, 山本 剛士(やまもと たけし、1961年6月4日 - )は、ニッポン放送のアナウンサー、報道記者。, 永井隆(ながい たかし 1958年(昭和33年) - )はフリージャーナリスト。元東京タイムズ経済部記者。日本経済新聞社の刊行する雑誌などに多く執筆している。, 井上明(いのうえ あきら)は、日本の学生野球選手(投手)、新聞記者。1951年、愛媛県松山市生まれ。, 伊勢 暁史(いせ あきふみ、1944年11月3日 - )は、日本の雑誌記者、放送作家、ルポルタージュ作家。, 銅谷 志朗(どうや しろう、1944年4月30日 - )は、元テレビ朝日アナウンサー、スポーツジャーナリスト。東京相撲記者クラブ会友。, 赤羽 尭(あかばね たかし、1937年8月26日 - 1997年1月22日)は、作家。 青森県弘前市生まれ。明治大学文学部卒。世界各地を放浪ののち、週刊誌記者を経て「スパイ特急」で作家としてデビュー。1987年「脱出のパスポート」で直木賞候補。スパイ小説、歴史小説などを書いた。, 菊池 久(きくち ひさし、1932年2月18日 - 2009年4月30日[1])は、日本の新聞記者、政治評論家。, 野村二郎(のむら じろう、1927年 - )は、日本の司法ジャーナリスト。 東京生まれ。明治大学卒[1]、朝日新聞東京本社社会部記者(司法記者クラブ所属)、同編集委員として裁判関係の取材を行う。その後千葉工業大学人文系教授(憲法・法学)を務めた。, 栗原 隆一(くりはら りゅういち、1926年 - )は、日本の歴史家。 福岡県生まれ。明治大学政経学部卒。サンケイ新聞記者を経て、文筆家。, 内田 喜久(うちだ よしひさ、1925年1月5日 - )は、日本の政治家、新聞記者。愛知県岡崎市長(3期)、愛知県議会議員(2期)を歴任した。「喜久」を音読みして「きく」と読まれることも多い。, 山名 康郎(やまな やすろう、1925年12月15日 - )は、歌人。北海道南富良野町生まれ。明治大学在学中より特別幹部候補生として苫小牧市沼ノ端の独立旅団に入隊し、終戦を迎える。戦後は北海道新聞記者を務めながら歌誌『潮音』にて活動、四賀光子に師事。中城ふみ子の短歌仲間であり、ともに同人誌『凍土』を創刊した。歌誌『花林』代表。北海道立文学館参与。2006年、歌集『冬の骨』で第33回日本歌人クラブ賞受賞。2009年、北海道文化賞受賞。, 石田 波郷(いしだ はきょう、1913年(大正2年)3月18日 - 1969年(昭和44年)11月21日)は、昭和期の俳人。本名は哲大(てつお)。正岡子規、高浜虚子を生んだ近代俳句発祥の地、愛媛県温泉郡垣生村(はぶむら)(現・松山市西垣生)に生まれた。明治大学文芸科中退。戦後の俳壇を先導し、俳句文学に大きな功績を残した。長男の石田修大は日本経済新聞社の元論説委員で、現在は流通経済大学法学部教授。日本経済新聞では「私の履歴書」の担当記者でもあった。また伝記や句集を編んだ俳人の友人に村山古郷や楠本憲吉がいる。, 篠崎 護(しのざき まもる、1908年2月 - 1991年)は、戦前日本の報道記者・スパイ、日本軍占領下シンガポールの軍政幹部、戦後日本の実業家、著作家。, 伊集院 浩(いじゅういん ひろし、1907年6月14日 - 1963年2月20日)は、元毎日新聞社記者、元プロレス解説者、元ラグビー日本代表選手(キャップ2)。, 尾崎 卓爾(おざき たくじ、1893年(明治26年)11月20日 – 1958年(昭和33年)10月13日)は、高知県出身の歴史家。記者。号は吸江(ぎゅうこう)。中岡慎太郎の伝記を日本で初めて著した人物。陽明社の創始者・尾崎旦は兄。, 難波 清人(なんば きよと、1888年(明治21年)8月 - 1940年(昭和15年)10月11日)は、日本の政治家、新聞記者。, 小野 謙一(おの けんいち、1886年(明治19年)8月23日 - 1963年(昭和38年)1月12日)は、日本の政治家、新聞記者。衆議院議員。, 前田 蓮山(まえだ れんざん、本名:又吉、明治7年(1874年)10月2日 - 昭和36年(1961年)10月5日)は、政治記者、政治社会評論家。政党政治史や人物評伝などの著作を残した。代表作『原敬伝』など。筆名として、蓮山生、元龍山人、無名隠士、無名居士、覆面士、鬼谷庵先生、金剛眼などがある。, 石橋 為之助(いしばし ためのすけ、1871年7月19日(明治4年6月2日) - 1927年(昭和2年)4月28日)は、日本の政治家、実業家、新聞記者。第6代神戸市長(在任:1922年(大正11年)12月22日 - 1925年(大正14年)6月3日)。大阪府出身。, 瀧廣 祥子(たきひろ しょうこ、1974年7月 -)は、山口朝日放送(yab)報道部記者で、元サガテレビのアナウンサー。, 龍崎 孝(りゅうざき たかし、1960年 - )はTBSテレビの報道局解説委員、ジャーナリスト、元毎日新聞社記者。, 本田 雅和(ほんだ まさかず、1955年- )は、朝日新聞記者。朝日新聞社福島総局勤務。, 米本 和広(よねもと かずひろ、1950年 - )は、日本のジャーナリスト。島根県生まれ。横浜市立大学卒。繊研新聞記者を経てフリーのルポライターとなる。 本来は経済関係が専門だったが、幸福の科学の取材をきっかけに、新宗教やカルトの問題をも多く扱うようになった。1997年、「巨大カルト集団ヤマギシ「超洗脳」ルポ」(VIEWS)にて編集者が選ぶ雑誌ジャーナリズム賞企画部門受賞。, 工藤由美(くどう ゆみ、1967年10月23日- )は、元大分放送(OBS)アナウンサー。 大分県竹田市出身、血液型はA型。立教女学院短期大学卒業、1988年OBSに入社。夫はOBSの元アナウンサーで、現在同報道部記者・キャスターの工藤洋史。, 町 亞聖(まち あせい、本名:同じ、1971年8月3日 - )は、埼玉県蕨市出身のフリーアナウンサー。元日本テレビ社員(報道局記者、報道キャスター、アナウンサー)。, 栗原 晨(くりはら しん、1969年7月13日 - )は、静岡第一テレビ(SDT)報道制作局報道部記者(元アナウンサー)である。 神奈川県横浜市出身、O型。, 小笠原 保子(おがさわら やすこ、1966年10月19日 - )は、TBSテレビの社員で、元報道記者および元アナウンサー。, 丸々 もとお(まるまる もとお、1965年8月31日 - )は、夜景評論家、夜景プロデューサー、夜景コンサルタント、照明コンサルタント。日本夜景遺産事務局長。夜景鑑賞士検定事務局長。(社)LED光源普及開発機構理事。元ぴあ、ダイヤモンド社、KKベストセラーズ、リクルートの編集者・記者。元リクナビ副編集長。父の経営する有限会社マルタアドバタイジング所属。血液型AB型。, 城下 尊之(しろした たかゆき、1956年1月23日 - )は、芸能リポーター、元スポーツ新聞記者。, 平松 誠四郎(ひらまつ せいしろう、1954年1月3日 - )は、長崎放送の元アナウンサー・報道記者。, 渡辺和彦(わたなべ かずひこ、1954年9月― )は、日本の音楽評論家。北海道生まれ。1977年立教大学文学部独文学科卒。音楽雑誌記者を経て、1982年から1989年までFM東京「夜明けのプレリュード」、「野田秀樹のスイッチ・オン・クラシック」他の企画構成、1986年から2003年までNHK-FM「朝の音楽散歩」「ミュージック・ダイヤリー」「あさのバロック」の企画構成を手がけた。その他、新聞・雑誌にクラシック音楽時評を執筆している。, 延増 惇(えんそう じゅん、1986年10月18日 - )は、テレビ朝日記者。元福島テレビアナウンサー。, 延増 惇(えんそう じゅん、1986年10月18日 - )はテレビ朝日記者。元福島テレビのアナウンサー。, 石戸 諭(いしど さとる、1984年 - )は、日本の記者・ノンフィクションライター。元毎日新聞、BuzzFeed Japan記者。, 白戸圭一(しらと けいいち、1970年-)は日本のアフリカ研究者。三井物産戦略研究所中東アフリカ室主任研究員。元毎日新聞外信部記者。, 皆川 豪志(みながわ たけし、1968年 - )は、日本のジャーナリスト。山梨県生まれ。産経新聞社会部記者を経て産経新聞出版代表取締役社長[1]。, 中村 智子(なかむら ともこ、1968年4月13日 - )は、朝日放送所属の元アナウンサー・報道記者。2012年頃から編成局番組宣伝部に在籍。, 大園 康志(おおぞの やすし、1966年2月23日 - )は、中部日本放送の報道記者で元アナウンサー。, 宮本 英樹(みやもと ひでき、1961年1月17日 - )は、京都放送(KBS京都)の元アナウンサー、元報道部記者(報道局報道部長)。, 木下 勇作(きのした ゆうさく、1944年(昭和19年) - )は、作家・元日本経済新聞記者。著書に『交野探訪』(彩図社、2004年)などがある。, 和田 教美(わだ たかよし、1919年3月[1] - 2001年1月12日)は、日本の政治家。参議院議員(2期)、朝日新聞記者・論説委員。勲二等瑞宝章受章。, 杉山 真也(すぎやま しんや 1983年10月3日 - )は、TBSテレビアナウンサー。 東京都出身。東京都立小石川高等学校、早稲田大学第一文学部卒業。毎日新聞社社会部記者を経て、2007年TBSに入社。身長170cm。血液型O型。, 鳥羽 博剛(とば ひろたか、1979年12月17日 - )は東京都出身の日本テレビ報道局所属の記者。同局元アナウンサー。日体幼稚園・暁星小学校・暁星中学校・高等学校・早稲田大学商学部卒業。2004年入社。同期には中野謙吾、脊山麻理子両アナがいる。 身長は178cm。, 近野 宏明(こんの ひろあき、1972年8月16日 - )とは、新潟県新津市(現:新潟市秋葉区)出身、日本テレビ報道局政治部所属の報道記者、ニュースキャスター、防災士。かつては社会部に所属していた。血液型はO型。, 下川 美奈(しもかわ みな、1972年7月16日 - )は、日本の報道記者、ニュースキャスター。日本テレビ放送網報道局社会部デスク。, 中山 英子(なかやま えいこ、1970年9月28日 - )は長野県松本市出身のスケルトン選手。長野県松本県ヶ丘高等学校出身。早稲田大学社会科学部卒。信濃毎日新聞社所属(記者)。, 岸田 雪子(きしだ ゆきこ、1970年4月2日 - )は、日本テレビ放送網報道局所属の記者、ニュースキャスター、テレビプロデューサー。, 小久保 知之進(こくぼ とものしん、1970年7月19日 - )は、テレビ朝日の社員で現在は広報局宣伝部に所属している。同時に元報道局記者、および元アナウンサーでもある。埼玉県東松山市出身。埼玉県立川越高等学校、早稲田大学政経学部政治学科を卒業。, 今井 智久(いまい ともひさ、1969年12月4日 - )は、テレビ愛知の報道記者、ディレクター、元鹿児島読売テレビのアナウンサー。愛知県名古屋市出身。愛知県立千種高校を経て、早稲田大学卒業。, 薮本 雅子(やぶもと まさこ、本名: 増田 雅子、1967年12月5日 - )は、元日本テレビアナウンサー、元日本テレビ報道局記者である。, 保坂 和拓(ほさか かずひら、1967年8月15日 - )は、朝日放送(ABC)所属のアナウンサー・報道記者。, 阿比留 瑠比(あびる るい、1966年 - )は、日本の新聞記者。『産経新聞』政治部編集委員。男性。, 武田一顯(たけだ・かずあき、1966年9月18日-)は、TBSラジオ&コミュニケーションズ編成局制作センターに所属する放送記者。, 横山 義則(よこやま よしのり、1965年11月2日 - )は、TBC東北放送報道部記者・ニュースキャスター。宮城県古川市(現在の大崎市)出身。, 大鹿 靖明(おおしか やすあき、1965年 - )は朝日新聞出版の雑誌『AERA』の記者[1]。東京都出身, 西村 顕治(にしむら けんじ、1965年2月11日-)は、日本経済新聞社の記者であり、クイズ王として知られている。男性。神奈川県立川和高等学校、早稲田大学政治経済学部出身。, 和泉 聡(いずみ さとし、1963年8月7日[1] - )は、日本の政治家、元朝日新聞記者。栃木県足利市長(1期)。, 門脇 利枝(かどわき りえ、1963年5月26日 - )はTBSの社員で元報道記者。星座は双子座。血液型はO型。趣味、特技はテニスとピアノ。, 及川仁(おいかわ ひとし、1961年 - )は、日本のジャーナリスト。アメリカ同時多発テロ事件発生後のアフガニスタンからの一連の報道で2001年度ボーン・上田記念国際記者賞を受賞。イラク戦争時に共同通信社バグダッド支局長を務めた。, 勝谷 誠彦(かつや まさひこ、1960年〈昭和35年〉12月6日 - )は、日本のジャーナリスト、コラムニスト、タレント写真家、コメンテーター、記者。よしもとクリエイティブ・エージェンシー所属(マネジメント契約)。日本写真家協会会員。株式会社世論社取締役。, 松瀬 学(まつせ まなぶ、1960年 - )は、日本のノンフィクションライター、スポーツジャーナリスト。元共同通信社記者、元ラグビー選手。東京学芸大学非常勤講師。, 松原 耕二(まつばら こうじ、1960年8月12日 - )は、TBSテレビ記者。BS-TBSスペシャルコレスポンデント(特派記者)。 ニュースキャスター。日本の作家。, 鎌田 靖(かまだ やすし、1957年5月5日 - )は、NHK出身のフリージャーナリスト。NHKへの在籍中には、報道記者・デスクなどを経て、解説委員や報道局の記者主幹を務めた。, 山口 寿一(やまぐち としかず、1957年3月4日 - )は、日本のジャーナリスト、新聞記者、実業家。読売新聞グループ本社代表取締役社長、読売新聞東京本社代表取締役社長。, 岩城 浩幸(いわき ひろゆき、1956年 - )は、TBSテレビの報道記者、報道局解説・専門記者室担当局次長兼主席解説委員。東京都目黒区出身、千葉県松戸市在住。, 井沢 元彦(いざわ もとひこ、1954年2月1日 - )は、日本の歴史小説作家・推理作家・歴史研究家。元TBS報道記者。愛知県名古屋市出身。, 末延 吉正(すえのぶ よしまさ、1954年11月9日 - )は、日本のジャーナリスト。元テレビ朝日記者、現在は中央大学経済学部特任教授。末延吉正事務所代表。, 八板 俊輔(やいた しゅんすけ、1953年6月30日 - )は、日本の政治家、新聞記者。鹿児島県西之表市長(1期)。, 大塚 将司(おおつか しょうじ、1950年 - )は、作家、経済・金融評論家。前職日本経済研究センター 研究本部主任研究員。神奈川県出身。 聖光学院中学校・高等学校を経て、早稲田大学政治経済学部卒業。同大学大学院政治学研究科修了。日経のエース記者として、数々の疑惑を白日の下に曝し、報道した。, 後藤 謙次(ごとう けんじ、1949年10月5日 - )は、日本のジャーナリスト、アンカーマン。元共同通信社記者、編集局長。東京都出身。「政治コラムニスト」「政治ジャーナリスト」の肩書きでも活動している。, 笹倉 明(ささくら あきら、1948年11月14日 - )は、兵庫県西脇市生まれの小説家。淳心学院高等学校、早稲田大学第一文学部文芸科卒業。広告代理店、フリーの雑誌記者等を経て、1980年、日本人青年の異国放浪を描いた『海を越えた者たち』(第4回すばる文学賞佳作入選)でデビュー。1988年、『漂流裁判』で第6回サントリーミステリー大賞受賞。翌1989年、ジャパゆきさんによる殺人事件をテーマにした長編小説『遠い国からの殺人者』で第101回直木賞を受賞。幅広いジャンルに多くの著作がある。, 田村 秀男(たむら ひでお、1946年 - )は、日本の新聞記者。産経新聞特別記者・編集委員兼論説委員。元日本経済新聞編集委員。, 荒井魏(あらい たかし、1945年 - )は、日本の評論家、フリージャーナリスト。 東京都生まれ。早稲田大学政治経済学部入学。大隈記念特別奨学生に選抜される。1969年同学卒業、毎日新聞社入社。西部本社報道部、東京本社生活家庭部等で記者として活躍後、毎日グラフ、サンデー毎日、毎日ムック等雑誌の編集を手掛ける。その後、第二図書出版部編集部長、学芸部編集委員、敬和学園大学客員教授、環太平洋大学教授を務めた。2003年「良寛の生き方と思想の現代的意味 エイジング、生涯学習などの視点から」で、早稲田大学大学院より博士号(人間科学)取得。日本余暇学会理事。日本文化社会学会副会長。昭和女子大学オープンカレッジ講師。歴史作家。, 大谷 昭宏(おおたに あきひろ、1945年7月8日 - )は、日本のジャーナリスト、元新聞記者、漫画原作者。実弟は元最高裁判所判事の大谷剛彦[1]。, 千野 境子(ちの けいこ、1944年 - )は、日本のジャーナリスト、元産経新聞記者。日本の新聞で、女性として初めて外信部長、論説委員長を務めた。2009年、女性初の人事官に任命の予定だった。, 牧 太郎(まき たろう、1944年10月10日 - )は日本の新聞記者、ジャーナリストである。東京都日本橋区(現:中央区)出身。男性。, 飛田 秀一(とびた ひでかず、1942年3月18日 - )は、日本の実業家・新聞記者。北國新聞社代表取締役会長・主筆、石川県金沢市出身。, 露木 茂(つゆき しげる、1940年12月6日 - )は、日本のフリーアナウンサー、ニュースキャスター。元フジテレビアナウンサー。東京国際大学特命教授・客員教授。元早稲田大学客員教授。日本記者クラブ企画委員。, 井桁 克(いげた まさる、1939年11月11日 - )は、日本の政治家。元津島市長。愛知県津島市出身。早稲田大学政経学部卒。元読売新聞記者。元愛知県議。, 水城 武彦(みずしろ たけひこ、1939年10月22日 - 2008年3月6日)は、日本の経済ジャーナリスト。NHK記者、解説委員。, 内藤 武宣(ないとう たけのぶ、1938年7月17日 - )は、日本の政治家秘書、新聞記者。稲門空手会顧問。福岡県出身。, 山本 祐司(やまもと ゆうじ、1936年 - )は、満州国奉天市生まれ、山口県萩市に育った元毎日新聞記者。 現在、「ルパン文芸」主宰。, 轡田 隆史(くつわだ たかふみ、1936年3月5日 - )は、日本のジャーナリスト、サッカー選手。元朝日新聞論説委員。父の轡田三男(旧姓 横村[1][2][3][4])もサッカー選手および報知新聞記者であり[5]、学生時代にサッカー日本代表に選出された経験を持つ[1][2][4][6][7][8][9][10][11][12]。, 岩垂 弘(いわだれ ひろし、1935年‐)は、日本のジャーナリスト。元朝日新聞記者。日本の平和運動や協同組合運動を中心に取材活動をしている。, 酒井 敏明(さかい としあき、1934年1月12日 - 2007年8月15日)は三重県出身の野球選手、新聞記者。現役時代のポジションは捕手。, 本多 当一郎(ほんだ とういちろう、1934年[1] - )は、日本のアナウンサー。日本テレビ解説委員[1][2]。日本記者クラブ会員[1]。, 中澤 潔(中沢 潔、読み:なかざわ きよし、1934年[1] - )は、広島県出身[1]の相撲ジャーナリストである。東京相撲記者クラブ会友[1]。, 中村 慶一郎(なかむら けいいちろう、1934年6月29日 - )は、日本の政治評論家、元新聞記者。内閣総理大臣秘書官(三木内閣)、内閣官房参与、国民新党顧問を務めた。, 石井 英夫(いしい ひでお、1933年1月2日[1] - )は、日本のコラムニスト・新聞記者。神奈川県横須賀市生まれ[1]。1955年早稲田大学第一政治経済学部卒業[1]。, 杉山 邦博(すぎやま くにひろ、1930年10月19日 - )は、元NHKのエグゼクティブアナウンサーで日本福祉大学生涯学習センター長・客員教授、中京大学体育学部大学院非常勤講師。東京相撲記者クラブ会友。福岡県出身。実弟は教育学の研究で知られ元日本教育学会会長の堀尾輝久東大名誉教授。, 福富 達(ふくとみ とおる、1930年9月30日 - )は、東京都出身の記者、ニュースキャスター。, 三宅 久之(みやけ ひさゆき、1930年(昭和5年)1月10日 - 2012年(平成24年)11月15日)は、日本の政治評論家、コメンテーター。元毎日新聞記者。, 岩谷 俊夫(いわたに としお、1925年10月24日 - 1970年3月1日)は兵庫県神戸市灘区出身の新聞記者、サッカー選手、サッカー指導者。, 細川 隆一郎(ほそかわ りゅういちろう、1919年1月1日 - 2009年8月25日)は、日本の政治記者・評論家・コメンテーター、タレント・ラジオパーソナリティである。第79代内閣総理大臣の細川護熙は遠い親戚関係に当たる。, 田代 喜久雄(たしろ きくお、1917年4月22日 - 1993年5月14日)は、日本の新聞記者・実業家。朝日新聞社で記者として務めたのち専務取締役まで勤務。その後日本教育テレビ(現:テレビ朝日)に転じ、代表取締役社長までつとめた。熊本県出身。, 矢田 喜美雄(やだ きみお、1913年(大正2年)[1] - 1990年(平成2年)[1])は、日本の元陸上競技選手およびジャーナリスト。朝日新聞社で社会部記者として活動した。, 小川 正太郎(おがわ しょうたろう、1910年4月1日 - 1980年10月27日)は、大正末期から昭和初期にかけて活躍した日本の野球選手、新聞記者。 当時史上屈指の好投手として、またアマチュア球界の要職を務め、日本の野球人気の高揚に貢献した。, 荒垣 秀雄(あらがき ひでお、1903年7月19日-1989年7月8日)は、昭和期の新聞記者・コラムニスト。岐阜県吉城郡(現在の飛騨市)出身。, 信夫 韓一郎(しのぶ かんいちろう、1900年7月1日 - 1976年8月23日)は、日本の新聞記者。元朝日新聞社代表取締役専務取締役。, 弓館 小鰐(ゆだて しょうがく、1883年(明治16年)9月28日 - 1958年(昭和33年)8月2日)は日本の新聞記者、随筆家。毎日新聞で記者として活動した他、『西遊記』などの翻訳でも活動した。本名は芳夫(よしお)。本名での活動も多い。, 嶋田 青峰(しまだ せいほう、1882年3月8日 - 1944年5月31日)は、日本の俳人・翻訳家・新聞記者・教員。三重県答志郡[注 1]的矢村(現在の三重県志摩市磯部町的矢)出身。本名は賢平。姓の「しまだ」は「嶋田」と書くのが正式であるが、一般に「島田」の表記も用いられる[1]。俳号の青峰は、故郷の山・青峰山(あおのみねさん、標高336m)に由来する[2]。, 橋戸 信(はしど しん/まこと(文献により一定していない)、1879年(明治12年)3月10日 - 1936年(昭和11年)3月23日)は、日本のアマチュア野球選手(遊撃手、投手)、新聞記者。ペンネームは「橋戸 頑鉄」(はしど がんてつ)。, 田川 大吉郎(たがわ だいきちろう、1869年11月29日(明治2年10月26日) - 1947年(昭和22年)10月9日)は、新聞記者、評論家、随筆家、社会運動家、官僚、衆議院議員、キリスト教徒。.