MTGアリーナ発効日:2020年3月12日 禁止カード、制限カー … MTGアリーナでのブロールのプレイにおいて、《不屈の巡礼者、ゴロス》を統率者にしたデッキは全体の10%ほどに増加しました。これにより《不屈の巡礼者、ゴロス》はその次に使われている統率者の2倍の使用率になりました。これは本質的に問題があると言うわけではありませんが、ゴロスの固有色が5色であることで他のほとんどのブロールのデッキが取り組む必要があるデッキ構築上の制限を回避していることは問題の1つです。さらに、特定の土地を探してくることができるゴロスの能力は統率者税の支払いを助け、シングルトン・フォーマットの精神に反する方法でゲームプレイの多様性を損ねています。これらの理由により、《不屈の巡礼者、ゴロス》はブロールで禁止になります。, 前回のヒストリックの更新で、勝率の高さと多様性の減少に関して問題があった4枚のカードが一時停止されました。今回の更新では《死者の原野》の一時停止を解除し、《王冠泥棒、オーコ》、《夏の帳》、《むかしむかし》を禁止します。, ヒストリックのデジタル第一の性質とカードを追加するという独自の手法のため、我々は可能な場合は問題のあるカードを禁止するよりも対策を追加するという理念を採用しています。《死者の原野》の場合、『ヒストリック・アンソロジー2』で《幽霊街》や《ゴブリンの廃墟飛ばし》を含むいくつかの対策が導入されました。これらの新しい選択肢や強力な追加カードを得た他のデッキによって、我々は《死者の原野》を使うデッキが支配的になることはなくなり、このカードを再導入することが可能になったと見ています。, 《王冠泥棒、オーコ》、《夏の帳》、《むかしむかし》は有益な方法で対処するのが難しいカードです。これらのカードがあるときとないときのフォーマットの健全性を観察した後、我々はこれらのカードを一時停止から禁止に格上げすることを決めました。これらのカードが最初に一時停止された詳細な理由については2019年12月の告知をご覧ください。, 全体的には、我々は現在のヒストリックの状態と成果を上げているアーキタイプの多様性について満足しています。我々は『ヒストリック・アンソロジー2』の追加と《死者の原野》の一時停止解除によるこのフォーマットの発展を監視し続けていきます。問題が起こった場合、問題のあるカードを一時停止してその後のメタゲームの反応を見ます。, ここ数か月で、《むかしむかし》はモダンで最もプレイされているカードの1枚となり、いくつもの最も普及率が高く勝利しているデッキに貢献してきました。《むかしむかし》のもたらす安定性はメタゲーム内の他のデッキと比較してはるかに安定した序盤のゲームプランの成立を可能とし、ゲームプレイの進行の多様性を損なう結果になりました。将来的に、《むかしむかし》はクリーチャーや土地に基づいたコンボを簡単に揃えることができてしまうというデザイン上の制約を引き起こします。多様性のあるゲームプレイを促進し将来のリスクを軽減するため、《むかしむかし》はモダンで禁止となります。, 『テーロス還魂記』の発売以降、我々は《死の国からの脱出》、《ライオンの瞳のダイアモンド》《思考停止》の相互作用を中心としたデッキの組み合わせの進化を監視してきました。多くの場合、我々は新しく発生したコンボ・デッキを、メタゲームがそれに対応できるかどうかを見るためにある程度の期間許容してきました。しかしこれらのデッキが洗練されるにつれて、《死の国からの脱出》の《ライオンの瞳のダイアモンド》と《思考停止》との相互作用が今後のレガシーに問題を残すことが勝率の上昇によって明らかになってきました。これらのデッキがメタゲームの大きな部分になることを許容すると近い将来変更が必要になる可能性が高いので、我々は今《死の国からの脱出》を禁止することを選びました。, 基本的に、我々はここ数週間のパイオニアのメタゲームの状態に満足しています。2月初旬に行われた3つのプレイヤーズツアーでは上位デッキの大きな多様性が見られました。Magic Onlineのデータは最も使われているデッキ群の間での対戦がそれぞれ有利不利を持ちながら健全な状態にあることを示しています。, しかしながら、我々は「ディミーア・インバーター」「ロータス・ブリーチ」「《太陽冠のヘリオッド》と《歩行バリスタ》コンボ」を含む、プレイヤーズツアーのころの時期に発生した新しいコンボ・デッキに関するコミュニティの懸念についても把握しています。基本的に、パイオニアのメタゲームにコンボが存在することは構わないのですが、強すぎたり普及しすぎたりするコンボがあることも確かにあり得ます。コンボ・デッキは特に対処が難しかったり、素早く勝ってしまったり、勝ちすぎたりする場合、使われすぎると不健全になり得ます。, ここ2週間にわたるMagic Onlineのリーグにおいて、「ディミーア・インバーター」の非ミラーマッチの勝率は49%であり、最もプレイされている10のデッキのうち5つが不利な組み合わせです。この勝率はプレイヤーズツアーのころから少しづつ下がってきています。「ロータス・ブリーチ」デッキの勝率はさらに低く、他の上位デッキのほとんどに対して不利です。これは多くのデッキが《減衰球》や他の対策にアクセスできるサイドボードにおいて特に真実です。, ヘリオッドとバリスタのコンボを使ったデッキはいまだ競技トーナメントでの安定性を証明しておらず、問題だと思われる使用率にも達していません。加えて、このコンボを使ったデッキは他にメインとなるゲームプランとこのコンボを併用しており、これはゲームプレイの多様性が大きくなりこのコンボが決まって終わるゲームの数が少なくなるということを意味しています。, これらすべてを念頭に置いて、我々は今回はパイオニアに変更を行わないことを選びました。我々はこれからもパイオニアのコンボデッキの使用率と勝率を監視し続け、必要であれば積極的に変更を行います。我々が判断する基準には、全体と個別の組み合わせごとの勝率、トーナメントでの成果、メタゲームでの使用率、これらのデッキを使ったり使われたりすることへのコミュニティの心象などが含まれます。希望としては、我々は4月後半にヒューストンで行われるプレイヤーズツアー・ファイナルまで変更が行われないことを望んでいます。, 『カラデシュリマスター』降臨! ティムール・マーベル再び(ヒストリック)|岩SHOWの「デイリー・デッキ」, MTGアリーナ専用セット『カラデシュリマスター』実装! 新しいリミテッドやヒストリックでのプレイを楽しもう!|こちらマジック広報室!!, 今週のCool Deck:ビビっとくるマルドゥ2選(スタンダード)|岩SHOWの「デイリー・デッキ」, 「冬」の予選期間進行中! 日本選手権2020シリーズに参加して、高額賞金獲得と日本一の座を目指そう|こちらマジック広報室!!. ゆる速MTG , After further reflection on the (very busy) competitive gaming schedule and discussion on implementation windows with our digital teams, we are shifting that next announcement to Oct. 21. mtgアカデミーへようこそ。管理人のジンです。このブログはカード売買で月5万円稼ぐためのmtgブログをコンセプトに”稼ぐ”の視点でマジック・ザ・ギャザリングのカードをとことん掘り下げて紹介し … We previously announced …

《トロフィー》くらい?でしょうか。, 結果、ローテ直後のエルドレイン新環境でも猛威を振るい 10/7に禁止改定をだしたばかりですが、ウィザーズから緊急発表。 We previously announced the next B&R date as Nov. 18. WotCは7月13日に禁止改定を行うことを発表しました。 フォーマットはヒストリック、パ イオニア 、モダン、パウパーです。 ・ヒストリック ローテを挟んだことでメタ用カードの大半がスタン落ち。, 現状だとメインから詰める カードが発表された時点でヤバいと予想されていた「金のガチョウ→オーコ」の動きがかなりの先手ゲーを量産してて、3ターン目に《意地悪な狼》まで出た日には実質2~3ターンキルの糞ゲー連発。3ターン目に忠誠度7~8あたりのPW相手にしながら、なおかつ、回避能力持ちの緑のでかい《チュパカブラ》出されるとか無理ゲーやで。, 21日の禁止改定で仮に原野だけが逝った場合 ゴロスランプとの違いとしては回してる側の人間はたぶん面白いんだろうね。回されてる側はくそつまんなそうw, こちらが今週末開催予定のミシックチャンピオンシップVで使われている構築カードBest20だそうです。青白緑のバントっていう色の組み合わせが特に嫌いな自分的にはちょっと受け付けられない環境っすねw, ちなみに一番使われているクリーチャー「ハイドロ君」は68デッキ中49デッキで採用されているそうです。チャレンジャーデッキとか置いといて禁止してくれてもいいのよ?, バントカンパニー全盛期に   2019/10/22, 10月7日の禁止改定にて「全フォーマット禁止なし」発表から一転、次の禁止改定(予定では11月18日)を前倒しして10月21日に禁止改定が行われるとの発表がありました。. 【速報:禁止改定&新フォーマット】死者の原野(スタン)・アーカムの天測儀(パウパー)・パイオニア発表, 【エルドレインの王権:MTGアリーナ@ドラフト編】色の強弱・各色トップコモン・アンコモン・完走デッキ例, 【カラデシュリマスター】当時のカラデシュ&霊気紛争時代のドラフト強カードを雑ピックアップ, 【ゼンディカーの夜明け:MTGAドラフト攻略】アーキ解説・最強カラー予想・完走デッキ例, 【ゼンディカーの夜明け:スタン落ち前の振り返り】ラブニカのギルド・献身・灯争大戦・基本セット2020, 【MTGアリーナ:リミテ専用トラッカー17Lands】ドラフトピックログが超便利でオススメ, 【イコリア:クイックドラフト攻略】決め打ち最強アーキ&AIピック所感&完走デッキ例, 【ゼンディカーの夜明け:MTGAドラフト攻略】アーキ解説・最強カラー予想・完走デッキ例 | ゆる速MTG, 【テーロス還魂記:全カード公開】神話・レア・その他気になったカードのシナジー&雑感, 【MTGアリーナ:課金検討中の方へ】課金後の資産変動・無課金との比較・お得なジェム運用, 【新規向けMTGアリーナ解説:無課金で遊びつくす方法】資産の増やし方(構築・ドラフト・シールド・フレンド対戦). After further reflection on the (very busy) competitive gaming schedule and … 酷いことにならないといいですけどねぇ。. 2019年10月21日に前倒しで行われた禁止改定により次の2枚のカードが禁止にな ... エルドレインの王権発売から話題の尽きないオーコ君。その強さはスタンだけにとどまら ... スタンでの禁止改定を前にして、MTGアリーナのブロールにて《オーコ》の使用が禁止 ... どうも。 MTGアリーナにてカラデシュリマスターの実装が近づいてきました。 予定 ... M21をすっ飛ばして… どうもお久しぶりです。 新しく発売された新セット「ゼンデ ... そろそろローテってことで スタン落ちするカード群について。 好きだったカード 嫌 ... ご無沙汰してます。 最近もリミテばっかりやってます。 MTGアリーナ用のトラッカ ... どうも。 リミテしかやってないマンです。 イコリアからMTGアリーナに新しくプレ ... Copyright©

《むかしむかし》禁止; レガシー 《死の国からの脱出》禁止; テーブルトップ発効日:2020年3月10日. (C) 1995-2020 Wizards of the Coast LLC, a subsidiary of Hasbro, Inc. All Rights Reserved. 環境がなかなかにしけこんでいる状況になっている印象。, 前環境のネクサスやケシスやら合わせて、ずーっとアンフェアデッキが上位に居続けたことで、ユーザーも疲弊してきたんでしょうかね。ミラーがロングゲームになりすぎてだるいんっすよねw, 両方BANでも個人的には全然かまいませんが、干渉できない度合いでいうと原野のほうがキツイので、おそらく逝くとすれば原野だけかなぁと予想。赤いデッキがサイドから4マナランデス入れるような環境ってどうよ。, 「サヒーリ+フェリダー」の霊気紛争2枚コンボと違って、「原野+ゴロス」は流石に分かってて一緒に刷ったカードなので、デベロップチームの調整ミスと言われても仕方がなさそう。, コンボ系デッキにはもれなく4積されており、強いだけならまだしも強力な常在型能力により対戦相手に過剰なストレスを与え、毛根から根絶やしにする。, 擁護派はシミフラ等をテフェリーが抑えてやってると意見するが、使ってない側のプレイヤーからするとテフェリー入りデッキも同じくらいシケてる問題。, 実質、このカードのせいで、クリーチャーデッキは速攻持ちの採用を強要されている節があるので、個人的にはさっさと禁止してどうぞな一枚。, フラストレーションがたまるという理由から、カンパニーが落ちた後に禁止された某ハゲがいましたが、このカードが禁止されたことを考えると、3テフェは10回くらい禁止されているレベルなので禁止ワンチャン。, ただでさえシミックやらバントカラーが強い時期に 3マナの強すぎる青緑PWをなぜ擦ってしまったのか。, エルドレインのリミテ環境だけみると、青緑はノンシナジーの最弱色候補なのでオーコの存在はある程度許せるものの、構築基準で考えたときはもう少し考えて作るべきだったカードでしたねぇ。, 実際…

モダンで《エムリー》禁止とかっていうオチもありそうですがどうなることやら。, となると石鍛冶がスタンで禁止されたときのように Magic Online発効日:2020年3月10日. アンタップ、アップキープ、どーも mtgアカデミーのジンです。 今日もディスカッションしていきましょう! 2020年5月13日現在 (追記:2020年5月18日禁止改定の予想を大幅に外していますので、 そ … We previously announced the next B&R date as Nov. 18. プレイアブルなメタカードは (公式記事要約)ニッサの誓いは早い段階で禁止にしてたよ。危ない気がしたからなんだけど、最近は緑のランプデッキが減っちゃってるね。そんな中、緑の強力カード達を牢獄に放り込んだよ。むかしむかしとか王冠泥棒とかね。だから緑のデッキがあんまり活躍で来てないし、ここらで解禁するからニクスの祭殿、ニクソスあたりでドバっとマナ出して暴れちゃってよ。今のパイオニアにはまあまあ満足してるから、もっといい環境になるといいね。, (公式記事要約) 最近すごい使われちゃって、採用デッキの勝率も高いんだよね。55%とかいっちゃってさ。ちょっと問題。なんといっても多色デッキの助けになりすぎてて、普通は色を増やせば増やすほどマナが安定しないんだけど、アーカムの天測儀を使えば、簡単に安定した多色デッキが作れちゃうんだよね。ブリンクして再利用したり小回り効きすぎるのも問題だから禁止だよ。ちなみに同じ理由でレガシーでも禁止あるかもだから観察しまーす。, (公式記事要約) 今までもそうだったけどトロンがいつも強いよね。ドローとか打消しとかの強すぎたカードを禁止にして、青いテンポデッキを弱体化させたからトロンが更に来ると思ってたけど、やっぱり来ちゃった。最近のトロンはゲームを長引かるロック状態を作るタイプもあるから面白くないよね。だから安定感を上げすぎてるパーツを一つ消したかったから、まあこれかなって感じだよ。, (公式記事要約)神秘の聖域が2枚あると土地をブリンクできるカードでループが発生しちゃうね。これもトロンが悪用してるし、ゲームが長くなっちゃうからよくないかな?ループに入ると同じゲームが繰り返されて不健全だから禁止だよ。, ・裏切りの工作員 禁止・軍団のまとめ役、ウィノータ 禁止・創案の火 禁止・運命のきずな 禁止・炎樹族の使者 一時停止, 最近ちょっと禁止が多いかなと思いながらも、健全な環境を保とうとしている運営に感謝します。, 次回のコメントで使用するためブラウザーに自分の名前、メールアドレス、サイトを保存する。. 2020 All Rights Reserved. 環境がシミックだらけのアグロが窒息死しそうな環境が予想されるわけでして。, オーコを禁止にするのが一番早いですが、流石にこのタイミングで禁止にすると暴動が起きる上に、エルドレインの目玉であるフードシナジーが死にまくることになるので考えにくい。, ハイドロイドもシミックだと殆どのデッキに採用されているカードですが、友人曰く、ハイドロは日本限定チャレンジャーデッキに収録予定のカードであるため、おそらく禁止はないだろうとのこと。, ※追記:どうやらニッサもチャレンジャーデッキに入ってるらしいですw これは第二の石鍛冶事件の予感(構築済みデッキ限定でのみスタン使用可能ルールくるか???), 元をたどれば《5マナハゲ》の土地アンタップ能力まで行きつくんだけど、《荒野の再生》が出たあたりから土地の概念をぶっ壊すみたいな雑なカードがエキスパンション毎に刷られてて、ユーザーが疲弊してる一番大きなところはここなんじゃないかと思ってるんだけど皆さんはどうですかね。, 《創案の火》を置いたターンから色マナの概念がなくなり、ターンが返ってきてからは、最大で「土地枚数×3倍分」のムーブができるわけで、やってることはもはやMTGじゃないっていう。, デッキのタイプ的に《霊気池》っぽさがあるので 《タミヨウ》と《呪文捉え》ぶっこまれたのをふと思い出しました。, いざ禁止改定を迎えてみると   10月7日の禁止改定にて「全フォーマット禁止なし」発表から一転、次の禁止改定(予定では11月18日)を前倒しして10月21日に禁止改定が行われるとの発表がありました。. 構築済みデッキをそのまま使用する場合に限り使用可とか — Magic Esports (@MagicEsports) October 9, 2019, ローテ前環境で既に暴れていたカードですが マジックザギャザリング「スタンダード&リミテッド」メイン。マイナーカードが大好きです。, 2019/10/15