cbr250rrのリコール. ホンダ、cr-v など4車種1万2000台をリコール 燃料ポンプ不具合でエンストのおそれ 2020年5月28日(木)17時30分 2019年3月20日. 平成30年4月17日~平成30年12月28日. 2020; 6禁煙のための最高の無料Androidアプリ. All rights reserved.

2020.11.12. 次のコマンドを入力してください。 "readpst -S -D ... How to Convert MBOX to PST Outlook (十一月 2020). 新型 オデッセイ マイナーチェンジについて 超軽い! ミニマル派必見の「LIOバックパック」を使ってみた. 平成25年から平成31年に生産したls、rx、nx、gs、lc、is、is f、rcの一部車両につきまして、令和2年3月4日に下記内容のリコールを国土交通省へ届け出しました。

Copyright © 2013-2020 最新自動車情報2020 All Rights Reserved. 19,942. jf4-2000016~jf4-2016089 平成29年7月28日~平成30年12月28日. 2020年10月22日. レブル250など5車種のリコール. cbr1000rr-rのリコール.

機表示位置(例)は、上記の検索ページをご参考ください。. 2020年5月28日. 2020年1月10日から開催される東京オートサロン2020にて「FREED ... ホンダは「S660」のマイナーチェンジを行い2020年1月10日に発売した。「Modulo X」シリーズの「S660 Modulo X」もマイナーモデルチェンジ 2020... ホンダのアキュラは新型「MDX プロトタイプ」の ティザー動画と画像を公開した。 これでメンタル回復! すぐできる、自分を甘やかすアイデア5選. 2020.11.12. 2019年5月30日. 4683 リコール開始日 3月5日 ls、rx、nx、gs、lc、is、is f、rcのリコール. Avid Mbox を私は使っています. 、PCサウンドの設定 This tool exports all emails, contacts, calendar, tasks, notes, journals, etc.

ホンダは新型N-BOX / N-BOXカスタム のフルモデルチェンジを行い2017年8月31日に発表した。2017年9月1日に発売開始。価格:138万5,640円~208万80円。2017年5月25日、今秋フルモデルチェンジを予定している新... ホンダは新型「N-BOX」の一部改良を行い2019年10月3日発表、10月4日発売する。 新型 N-BOX 一部改良について 先進運転支援システム 「Honda SENSING(ホンダ センシング)」の機能向上により衝突軽減ブレーキシス... ホンダは「オデッセイ」のマイナーチェンジを行い2020年11月5日発表、2020年11月6日に発売する。 jf4-1000006~jf4-1032529 平成29年7月26日~平成31年1月7日. 採り入れたことによって従来比で70mm前方に圧縮し、その分を室内長として活用している。ホンダの大ヒット車種となった。, 日本自動車販売ランキング 2016年上半期においても軽自動車では2015年11月20日にマイナーチェンジをした新型N-BOXが15,622台でトップだ。2位はタントで12,340台、3位はホンダのN-WGNで8,059台である。, 2017年6月になってもN-BOXは16カ月連続トップを記録している。1位はホンダN-BOXで 1万7,654台で首位となった。, 新型N-BOX / N-BOXカスタム のフルモデルチェンジを行い2017年8月31日に発表した。2017年9月1日に発売開始。, N-BOXカスタムにはLEDシーケンシャルターンランプ(流れるウインカー)を採用。LEDリアコンビネーションランプ(ストップランプ&テールランプ)(全車標準装備)採用。, 新開発「助手席スーパースライドシート」を採用(タイプ別設定)。リヤシートスライドは全車標準装備、ベンチシートではなくセパレートでウォークスルーも可能。Honda SENSING(ホンダ センシング)全モデル標準搭載。, 2018年度軽自動車の販売台数では1位はホンダ N-BOXで241,870台で首位となった。全自動車販売台数でも首位である。, ホンダ 新型 N-BOX / N-BOX カスタム フルモデルチェンジ Honda SENSING 全モデル標準搭載 2017年9月1日発売, N-BOXは上記でも記載した通り、現在も軽自動車の販売台数ナンバー1の車種であるが、安全装備や燃費面でスズキ スペーシア、ダイハツ タントに負けているのにも関わらず、勝ち続けている。この大きな要因はホンダのシートアレンジと快適な室内空間作りが評価されていることは間違いない!, そして更にマイナーチェンジにより「Honda SENSING」の機能向上、「オートブレーキホールド」機能などを採用することで今後も軽自動車の販売台数ナンバー1となることは間違えなさそうだ。, 最新自動車情報はサイトを変更致しました。アドレスが変更となりましたのでブックマークなどの変更をお願い致します。. 塗りたい色がきっと見つかる!この記事では車のブラック系のボディカラーとカラーコードを写真付きでまとめています。オールペイント・全塗装時に参考になること間違... 事業用として使用されることの多い日産NV350キャラバン。DIYカスタムによって快適な車中泊が可能です。今回はキャラバンのキャンパーカスタムを紹介します!. 二輪車. トルクコンバータの不具合で「N-BOX」「N-BOX カスタム」の2車種、計4万4974台をリコール.

新型フィット フルモデルチェンジ 先進運... ポルシェ 新型 911 カエラS フルモデルチェンジ 8代目 992型 日本2019年7月5日発売, フェラーリ 新型 SF90 STRADALE 初のPHEV 2019年5月29日発表, ランボルギーニ 新型 ウラカン EVO STO 2020年11月18日 世界初公開, 日産 インフィニティ 新型 QX55 SUV クーペ 2020年11月17日世界初公開, ゼネラルモーターズ キャデラック 新型 エスカレード フルモデルチェンジ 日本 2020年11月13日発売, フェラーリ 新型 SF90ストラダーレ スパイダー PHEV 2020年11月12日発表, ホンダ 新型 シビック フルモデルチェンジ 11代目 プロトタイプ 2020年11月17日公開. Apple WatchがSpotifyのストリーミング再生に対応! iPhone不要でランニングできる .

All rights reserved. 本田技研工業は2月27日、「N-BOX」「N-BOX カスタム」の2車種でトルクコンバータの不具合により走行ができなくなるおそれがあるとして、計4万4974台のリコールを国土交通省に届け出た。対象車両の製作期間は2017年8月4日~12月23日。, 対象車両では、CVT(自動無段変速機)のトルクコンバータにあるロックアップクラッチダンパースプリングの成形が不適切なため、ロックアップ機構作動時に過大な応力がかかり折損することがある。そのため、折損したスプリングがトルクコンバータ内部に脱落して異音が発生し、最悪の場合ではトルクコンバータ内部に噛み込み、発進時などにエンストして走行できなくなるおそれがある。, 改善措置として、全車両のトルクコンバータを良品と交換する。不具合件数は263件で、事故は発生していない。, 無限、新型「N-BOX」「N-BOX カスタム」用エアロパーツやアルミホイールなど. トヨタ、ノア など39車種21万台を再リコール 燃料ポンプ不具合でエンストのおそれ, 軽自動車新車販売、25.6%増の15万3547台で13か月ぶりのプラス 10月実績. 美しく整ったトランクはキャンプ上級者の証拠。実際に積載テトリスを行なっているユーザーの実例をレポートします。積載テトリスをマスターして、周囲から一目置かれ... オレンジ車両のオーナーによる、オレンジ車両のオーナーのための”オレンジMT”。会場では付近の紅葉に負けないたくさんのオレンジの車が駐車場を彩っていました。... 塗りたい色がきっと見つかる!この記事では車のオレンジ系のボディカラーとカラーコードを写真付きでまとめています。オールペイント・全塗装時に参考になること間違... https://www.honda.co.jp/recall/auto/info/180118_4178.html, https://www.honda.co.jp/recall/auto/info.html, https://www.honda.co.jp/recall/auto/info/180927_4338.html, https://www.honda.co.jp/recall/auto/info/151015_2247.html, https://www.honda.co.jp/recall/auto/info/170119_3972.html, https://www.honda.co.jp/recall/auto/info/160908_3889.html, https://www.honda.co.jp/recall/auto/info/190328_2811.html. ステップ4. 365. dba-jf4. 次の記事 .

ー、エスクァイアなどのリコールについて(2013年から2018年生産車の一部), ハイエースのリコールについて(2019年8月生産車の4台), ハイエース、レジアスエースのリコールについて(2014年から2019年生産車の一部), クラウン RS仕様車のリコールについて(2018年から2019年生産車の一部), プリウス、プリウスPHV、プリウスαのリコールについて(2014年から2019年生産車の一部), ヴィッツ スーパーチャージャ搭載車のリコールについて(2017年から2018年生産車の一部), ヴィッツ、カローラなどのリコールについて(1997年から1999年生産車の一部).

2019年10月3日. 2020; Windows 8.1のフード&ドリンクアプリでできる10のこと. 4禁煙のための最高の無料のWindows 10 MobileおよびWindows Phoneアプリ. トヨタ 新型 ハリアー 4代目 フルモデルチェンジ TNGA採用 2020年6月17日発売, トヨタ 新型 ノア ヴォクシー 4代目 フルモデルチェンジ TNGA採用 2021年7月発売, トヨタ 新型 ランドクルーザー プラド フルモデルチェンジ 180系 2022年8月発売, 日産 新型 ノート e-POWER 3代目 フルモデルチェンジ 2020年12月23日発売. マイナーチェンジではエクステリアは多少の変更のみであるが、機能面でのアップデートを多数行う。「オートブレーキホールド」機能を搭載し停車中にブレーキペダルから足を離しても停車状態を保って、アクセルを踏むと解除されるので渋滞時などで活躍してくれる。「テレスコピック&チルトステアリング機構」を採用したことで大きい方から小さい方までベストなポジションで運転が可能となる。 先進運転支援システム … cr-vなど4車種のリコール . エクステリアデザ... ホンダは新型「フリード」にModulo Xモデルをラインナップし2020年5月に発売する。 2020年8月28日. リコール等情報対象車両検索はこちら ※毎朝4:00~6:00 の間はメンテナンスのためご利用いただけません。 また、2019年4月11日(木)に限り、AM2:00~6:00の間はメンテナンスのためご利用いただけません。 リコール届出番号:3671; 届出日:平成27年11月12日 リコール開始日:平成27年11月13日; n boxなど5車種のリコール 「MDX プロトタイプ」は、より広く、より低く、... ホンダは新型「シビック TYPE R」のマイナーチェンジを行い軽さと速さをさらに研ぎ澄ました「シビック TYPE R Limited Edition(シビック タイプアー... ホンダは新型「フィット」は2020年2月14日発売する。現行フィットから、安全技術がどの様な進化があるのかを徹底比較してみた。 新型 MDX プロトタイプについて Copyright ©2018Impress Corporation. マイナーチェンジではエクステリアは多少の変更のみであるが、機能面でのアップデートを多数行う。「オートブレーキホールド」機能を搭載し停車中にブレーキペダルから足を離しても停車状態を保って、アクセルを踏むと解除されるので渋滞時などで活躍してくれる。「テレスコピック&チルトステアリング機構」を採用したことで大きい方から小さい方までベストなポジションで運転が可能となる。, 先進運転支援システム Honda SENSING(ホンダ センシング)全モデル標準装備となるが安全性での向上を果たす。, 運転支援システムである「Honda SENSING(ホンダ センシング)」に歩行者(昼間・夜間)と横断自転車の衝突回避を支援。ACCは渋滞追従機能付ACCとなり運転負荷を軽減。, 衝突軽減ブレーキシステム(CMBS) 前走車、対向車、歩行者(昼間・夜間)と横断自転車の衝突回避を支援。約5km/h以上で走行中に自車との速度差が約5km/h以上ある前走車両や歩行者、または対向車両(二輪車や自転車等を除く)に対して衝突する可能性があるとシステムが判断した場合に作動し、自動的に停止または減速することにより衝突回避や衝突被害の軽減を図ります。対向車両(二輪車や自転車等を除く)と歩行者に対しては、自車が約80km/h以下で走行中の場合に作動。, 路外逸脱抑制機能 車線を検知し、はみ出さないように支援。約60km/h~約100km/hで走行中に、路外への逸脱またはシステムが路外への逸脱を予測したとき、作動します。運転者のステアリング操作に代わるものではありません。運転者が加速やブレーキ操作、急なステアリング操作を行っているとシステムが判断した場合、ウインカーを作動させている場合は作動しません。, LKAS(車線維持支援システム) 車線内を走行できるようにステアリング操作を支援。約60km/h~約100km/hで走行中に、路外への逸脱またはシステムが路外への逸脱を予測したとき、作動します。運転者のステアリング操作に代わるものではありません。運転者が加速やブレーキ操作、急なステアリング操作を行っているとシステムが判断した場合、ウインカーを作動させている場合は作動しません。, 渋滞追従機能付ACC 適切な車間距離を保ち、運転負荷を軽減。約0km/h – 約100km/hで作動。急なカーブや加速・減速の繰り返しが少ない、高速道路や自動車専用道路などを運転するときに使用が可能。, 誤発進抑制機能 不注意による急発進を防止し注意を喚起。停車時や約10km/h以下で走行しているとき、自車のほぼ真正面の近距離に車両などの障害物があるにもかかわらず、アクセルペダルを踏み込んだ場合に、エンジン出力を抑制し、急な発進を防止するとともに、音と表示で接近を知らせます。, 後方誤発進抑制機能 後方に障害物があるにも関わらず、セレクトレバーがR(リバース)の状態でアクセルペダルを強く踏み込んだ際、急な後退を抑制する機能。, オートハイビーム 対向車や前走車を検知し、 自動でハイ/ロービームを切り換え。良好な視界の確保に貢献するとともに、切り換え操作の頻度も低減。, 2011年11月30日発売モデルと販売日が公式発表され2011年12月16日 に「N-BOX」として販売が開始される。2012年7月5日にNシリーズ第二弾として「N-BOX +(エヌ ボックス プラス)」が発表される。2012年7月6日発売開始。, 空間効率を最大限にするため、新設計の「Nシリーズ共通プラットフォーム」に加え、フィットに用いられたセンタータンクレイアウトをホンダの軽自動車で初めて採用した。結果、クラスでもっとも低いフロアを実現した。同時に「ミニマムエンジンルーム」の思想を 4月8日 届出: カローラ、カローラスポーツ、カローラツーリングのリコールについて(2020年1月生産車の一部) 3月12日 届出: ピクシスエポック、ピクシスジョイのリコールについて(2019年2月から7月生産車の一部) 3月4日 届出 3,179. jf4-3000001~jf4-3000008 平成30年3月21日~平成30年12月7日.

あの米国の名車をジムニーで体現! N-VANを西海岸風のバンに仕立てるダムドのエアロキット、リトルB./マリブでアメリカンなカーライフを味わえる?! 、ドライバーのインストールをしておく. どんな優れた自動車メーカーであれ、どうしてもリコールは発生してしまいます。車にこだわりのない一般ユーザーだけでなく、私たち車好きも虜にしてしまう自動車メーカーといえばホンダですが、そんなホンダでさえも多数のリコール対応に追われているのです。 Impress Corporation. Googleのアーカイブを解凍すると、「.MBOX ... 2020.11.12. crf450lのリコール.

nsxのリコール. 2020年5月28日. で、あまり面倒なことを考えずに済んでるし、使いやすいと思ってるので、 その簡単接続をメモしておきます 〜〜項目〜〜〜〜〜〜〜〜 ︎1 、Mbox 接続の手順. 2020.11.12. シビックのリコール.

どんな優れた自動車メーカーであれ、どうしてもリコールは発生してしまいます。車にこだわりのない一般ユーザーだけでなく、私たち車好きも虜にしてしまう自動車メーカーといえばホンダですが、そんなホンダでさえも多数のリコール対応に追われているのです。今回は過去5年間で発生したホンダ車のリコールを徹底調査して、リコール回数が多かったホンダ車をピックアップしました!, 近年のホンダのリコール問題といえば頭に思い浮かぶのは「フィットのリコール回数が多すぎる」問題です。フィットはホンダの売れ筋コンパクトカーですが、一時期はリコールが頻発していました。年式はモデルにもよるので一概にはいえませんが、独自調査したところ現在販売されている3代目フィットのリコール回数はなんと6回にも登ります。, 改善対策やリコールには該当しない不具合の解決などを含めると、少なくとも6回以上ホンダディーラーに足を運ぶことになりますよね。実際にフィットを所有しているオーナーの中にはフィットに頻発する問題のせいで、何度もホンダディーラーに足を運んだという人も少なくはありません。, 3代目フィットは2013年に発売されました。度重なるリコールによってホンダもフィットの年次改良に力を注いでいましたが、それでもリコールの嵐が収まることはなかったようです。, 3代目フィットにリコールが多いというのは事実。ですが、2017年に実施されたマイナーチェンジによって、ついに3代目フィットは度重なるリコールの嵐から脱出することができたようです。正確には「3代目フィットはリコールが多い」のではなく「3代目フィットはリコールが多かった」というのが正しいでしょう。, ホンダとしても3代目フィットの不具合には頭を抱えていたようで、マイナーチェンジ以降は改善対策などを含めても不具合の回数が激減しています。そのため、これからフィットを購入しようと考えている人は何も心配することはありません。, 「3代目フィットのリコールが多かった」というのは事実です。となると、ホンダ車はリコールの回数が多いのかという疑問を浮かべる人も少なくはないはず。そもそもリコールはどんなに優れた自動車メーカーでも発生してしまうものです。, そのため、あくまで「3代目フィットのマイナーチェンジ前のモデルのリコールが多かった」というだけで、ホンダ車のリコール回数が多いというわけではありません。ですが、車の設計及び製造は非常に難しいので、それなりの回数のリコールが発生してしまうこともあります。, そこで、これから過去5年間でリコール回数が多かったホンダ車を発表したいと思います。現在ホンダ車を所有している人はリコールを見落としている可能性もあるので、しっかりとチェックして下さい。, まず最初に紹介するのは、風評被害ではあるものの「ホンダ=リコール」のイメージが根強くなってしまった大きな原因であるフィットです。独自に調査したところ、フィットは過去5年間でなんと14回ものリコールが発生しています。, この数字は、これから紹介していくリコールの回数が多いホンダ車の中でもダントツのトップです。今回の調査ではホンダのリコール情報サイトをもとに異なる年式やモデルの車両も別カウントしているため、「フィットを新車で購入してから14回もリコールを経験してしまった」という人はおそらく1人もいません。, そうだとしても、5年間で14回ものリコールは多すぎるように感じます。フィットのリコール回数に悪い意味で大きく貢献しているのは、間違いなく3代目フィットのマイナーチェンジ前モデルです。, 初代フィットや2代目フィットは非常に優れた能力が備わったコンパクトカーで、3代目フィットほどリコールを頻発していませんでした。 もちろん3代目フィットは初代フィットや2代目フィットから正統進化を遂げた魅力的なコンパクトカーです。, それだけに、少なくともマイナーチェンジ以前のモデルに関しては、リコール回数の多さが唯一の欠点だといえるのかもしれません。過去5年間で発生した直近のリコールは2018年1月のもので、2代目フィットをはじめとする11車種の大規模リコールです。, リコールの原因となった部品はエアバッグ装置。助手席側のエアバッグの膨張装置が温度や湿度の変化によって劣化してしまうことがあるそうです。衝突事故などによってエアバッグが展開した時にインフレータ容器と呼ばれる部品が破損する恐れがあります。, リコール該当車両の合計台数は113,362台(2代目フィット以外の車両を含む)。該当車両すべての助手席側エアバッグの膨張装置を対策品へと交換することで対処してくれます。, 参考URL:https://www.honda.co.jp/recall/auto/info/180118_4178.html, 続いて紹介するのはホンダがかつて販売していた4ドアセダンのフィットアリア。その名の通りフィットのプラットフォームを用いて設計・製造された派生モデルで、分かりやすくいえばフィットのセダン版ということになります。, 独自の調査を進めたところ、フィットアリアのリコール回数は6回でした。先述したフィットと同じく、今回の調査ではホンダのリコール情報サイトを元に異なる年式やモデルの車両も別カウントしています。とはいえ、フィットアリアは2002年から2009年にかけて製造及び販売されていた車種です。, 今回は過去5年間、つまり2015年から2019年のリコール情報を調査したので、2015年以前やフィットアリアが販売されていた時代も含めると、フィットアリアのリコール回数はさらに多いのかもしれません。, 過去5年間で発生したフィットアリアの直近のリコールは2015年10月のもので、複数のリコールが同時に発生しています。そのすべてが運転席側エアバッグもしくは助手席側エアバッグの不具合によるものです。, 運転席側エアバッグのインフレーター製造時にガス発生剤の吸湿管理が不適切なため、外気温などの影響によってガス発生剤の密度が低下するものがあるとのこと。そのためエアバッグが展開した時にインフレーター容器が破損。運転手や同乗者が怪我をしてしまう恐れがあります。, また、ガス発生剤の密度にばらつきがあることも判明しており、衝突事故など通常ならばエアバッグが展開するようなタイミングでも正常にエアバッグが展開しない恐れもあります。先述したリコールに該当する車両は6台、口述したリコールに該当する車両は438台です。どちらも運転席側エアバッグのインフレーターを新品と交換することで対処してくれます。, さらに助手席側エアバッグの不具合ですが、こちらは助手席側エアバッグに密度が不足しているガス発生剤が組み込まれている可能性があるそうです。衝突事故などによってエアバッグが展開した時にインフレーター容器が破損。, 車両火災に至ったり運転手や同乗者が怪我をしてしまう恐れもあります。該当車両の合計台数は6台とわずかですが、フィットアリアを所有している人は念のためホンダのリコール情報サイトをチェックして、該当していないかどうかをしっかりと明らかにしましょう。, 参考URL:https://www.honda.co.jp/recall/auto/info.html, 続いて紹介するのはフィットアリアと同様、ホンダがかつて製造及び販売を手がけていたフィットシャトルです。フィットをベースとしたコンパクトステーションワゴンとして人気を博していました。現在は後継車種であるシャトルが販売されています。, 独自の調査を進めたところ、フィットシャトルのリコール回数はフィットアリアと同じ6回でした。こちらも同じようにホンダのリコール情報サイトをもとに、異なる年式やモデルの車両も別カウントしています。後継車種であるシャトルのリコール回数は含まれていません。, フィットシャトルが製造及び販売されていた期間は2011年から2015年。今回は2015年以前のリコール情報は調査していないため、実際のリコール回数はフィットアリアと同様、さらに多い可能性もあります。, 過去5年間で発生したフィットシャトルの直近のリコールは2018年9月のもので、フィットシャトルをはじめとする6車種の中規模リコールです。リコールの原因となった部品はフィットやフィットシャトルと同じくエアバッグ装置となっています。, 助手席側エアバッグの膨張装置において温度や湿度の変化によってガス発生剤が劣化。衝突事故などによってエアバッグが展開した時にインフレーター容器が破損する可能性があるとのことです。, 該当車両は86,567台(フィットシャトル以外の該当車両を含む)。該当車両すべての助手席側エアバッグのインフレーターを対策品と交換することで対処しています。, 参考URL:https://www.honda.co.jp/recall/auto/info/180927_4338.html, 続いて紹介するのは、ホンダがトヨタ・プリウスに対抗して製造及び販売を手がけたハイブリッドカーのインサイトです。初代インサイトはクーペボディを採用して登場し、世界最高水準の燃費性能を目指して開発が進められました。, 2代目インサイトはプリウスと同じ5ドアハッチバックにボディ形状を刷新して登場。当時販売されていたプリウスの燃費性能には劣るものの、5ナンバーサイズのコンパクトで使い勝手の良いボディで人気を博しました。, そして現在では3代目インサイトが4ドアセダンと、またもやボディ形状を刷新。プリウスを超える上級セダンとしてホンダのラインナップに君臨しています。3代目インサイトは発売されて間もないので、今回のリコール回数の大半は2代目インサイトによるものです。, 独自の調査を進めたところインサイトのリコール回数は13回と、フィットの14回に迫る膨大なリコール回数であることが判明しました。インサイトもホンダのリコール情報サイトをもとに異なる年式やモデルの車両を別カウントしています。, 過去5年間で発生したインサイトの直近のリコールはフィットシャトルと同じ2018年9月。リコールの原因や改善措置の内容も全く同じです。, 続いて紹介するのはホンダが北米市場向けに製造及び販売を手がけたクロスオーバーSUVのMDXです。ホンダがかつて販売していたラグレイトをベースに設計・製造されています。, 北米市場向けなので日本では2003年から2006年の短い期間、輸入販売されていました。現在は販売終了しているものの、北米市場では2代目モデル、3代目モデルへとフルモデルチェンジを行い、ホンダの北米市場向け自動車ブランドのアキュラの人気車種として好評を博しているようです。, 独自の調査を進めたところMDXのリコール回数は5回でした。フィットやインサイトと比べるとリコールの回数自体は少ないようです。しかしMDXの販売期間はわずか3年。販売期間が短い割にはリコール回数が多いような気もします。, また、MDXが登場したのは2003年です。今回調査したのは過去5年間なので、それ以前にもリコールが発生していたと仮定すると、膨大なリコールが実施されていたと考えることもできます。, 過去5年間で発生したMDXの直近のリコールは2015年10月で、リコール内容は上記で紹介している車種と同じエアバッグ装置の不具合が原因です。助手席側のエアバッグのインフレーターにおいて、温度や湿度の変化によりガス発生剤が劣化エアバッグが展開した時にインフレーター容器が破損する恐れがあるとのこと。, 参考URL:https://www.honda.co.jp/recall/auto/info/151015_2247.html, 続いて紹介するのは、ホンダがかつて製造及び販売を手がけていたコンパクトミニバンのストリームです。ストリームの発売当時は、ミドルサイズミニバンでありながら全高が低く設計されたオデッセイが高い人気を博していました。, しかし、オデッセイの広い全幅は都市部などの細い路地での取り回しに苦労するという欠点もあり、そんな欠点をコンパクトなボディで克服したストリームも高い人気を集めることになります。その人気は凄まじく、発売からたった10ヶ月で10万台を超える累計販売台数を記録するほど。, 現在では販売が終了してしまったストリームですが、そのコンセプトはシャトルやジェイドにも受け継がれています。そんなストリームのリコールについて独自調査を進めたところ、過去5年間のリコール回数は6回でした。, ストリームは2代目モデルが2014年まで販売されていたので、リコール回数のほとんどを2代目ストリームが占めていることになります。2014年以前のリコール回数を含めるとストリームのリコール回数はもっと多いのかもしれません。, 過去5年間で発生したストリームの直近のリコールは2017年1月のもので、ストリームをはじめとする16車種の大規模リコールとなっています。リコールの内容はMDXと同じエアバッグ装置の不具合が原因です。, 参考URL:https://www.honda.co.jp/recall/auto/info/170119_3972.html, 続いて紹介するのは、ホンダがかつて製造及び販売を手がけていた高級ミニバンのエリシオンです。エリシオンはラグレイトの実質的な後継車種として2004年に登場しました。, 輸入販売されていた北米市場のラグレイトを除くと、当時のホンダの上級ミニバンのポジションをオデッセイが担っていました。しかし、全高を低く設計したオデッセイでは他社の高級ミニバンと競うことができなかったため、上級ミニバンのポジションを新たにエリシオンが担うことになります。, エリシオンには標準モデルのほかに、3.5L V型6気筒エンジンが搭載されたプレステージという特別なグレードが設定。日本国内製ミニバン最大となる300馬力を達成しています。, そんな一風変わった高級ミニバンであるエリシオンのリコールについて独自調査を進めたところ、過去5年間のリコール回数は9回でした。フィットやインサイトほど多くはないですが、2013年に販売が終了しているにもかかわらず、2015年から2019年の間に9回ものリコールは間違いなく多い部類に入ります。, 過去5年間で発生したエリシオンの直近のリコールは2018年1月のもので、エリシオンをはじめとする11車種の大規模リコールとなっています。リコールの内容は上記と同様、エアバッグ装置の不具合によるものです。, 参考URL:https://www.honda.co.jp/recall/auto/info/180118_4178.html, 続いて紹介するのはホンダが1995年から製造及び販売を手がけているクロスオーバーSUVであるCR-Vです。CR-Vの歴史は非常に長く、初代CR-Vの登場は約25年前にも遡ります。, 日本では4代目CR-Vの生産終了に伴い、一時的にホンダのラインナップからCR-Vが消えることになりましたが、2018年に再びホンダのラインナップにその名を刻みました。 迫力のあるスタイリングと高級感のあるインテリアが新たに備わったことで、以前のCR-Vよりも商品価値を飛躍的に高めているようです。, そんなCR-Vのリコールについて独自調査を進めたところ、過去5年間のリコール回数は6回でした。現在販売されているCR-Vは発売して間もないため、リコール回数の大半は4代目以前のモデルとなっています。, 過去5年間で発生したCR-Vの直近のリコールは2016年9月に開始されたもの。CR-Vをはじめとする16車種の大規模リコールです。リコールの内容に関してはエアバッグ装置の不具合によるもので、上記で紹介したリコール内容と変わりありません。, 参考URL:https://www.honda.co.jp/recall/auto/info/160908_3889.html, 続いて紹介するのは、ホンダが1989年から2012年にかけて製造及び販売を手がけていたミドルサイズセダンのインスパイアです。インスパイアもCR-Vと同様、ホンダ車の中でも非常に長い歴史があります。, 元々はホンダのフラッグシップセダンであるレジェンドと、ミドルサイズセダンのコードの間に位置する車種として発売が開始されました。しかし、時代の流れによってアコードのボディサイズが拡大したため、それに伴いインスパイアもボディサイズを拡大。, 最終モデルの5代目インスパイアではレジェンドと同じ全長・全幅となっています。上級セダンと変わりないプレミアム感とホンダならではのスポーティテイストが見事に両立され、生産終了から7年が経過した現在でも車好きからの人気は高いです。, そんなインスパイアのリコールについて独自調査を進めたところ、過去5年間のリコール回数は5回でした。今回ピックアップしている写真の中では比較的少ない部類に入りますが、2015年から2019年までの期間に販売されていないことを考えると、イコールの回数自体は十分に多いです。, 過去5年間で発生したインスパイアの直近のリコールは2019年3月。リコールの内容に関しては、エアバッグ装置の不具合によるもので上記で紹介したリコール内容と変わりありません。, 参考URL:https://www.honda.co.jp/recall/auto/info/190328_2811.html, フリードはホンダが2008年から製造および販売を手がけているコンパクトミニバンです。コンパクトカーとボディサイズに大きな差がないにもかかわらず、広い車内空間を実現していることでファミリー層を中心に高い人気を集めています。, 元々コンパクトミニバンといえばトヨタシエンタの人気が凄まじかったのですが、その競合車種としてフリードは登場し、現在ではトヨタシエンタとコンパクトミニバン市場を二分する存在にまで成長しました。, そんなフリードのリコールについて独自調査を進めたところ過去5年間のリコール回数は7回でした。今回ピックアップしたホンダ車の中では多くもなく少なくもなくといった感じですが、 1年に1回以上リコールが発生している事を考えると、一般的にはリコールが頻発しているといってもいいでしょう, 過去5年間で発生したフリードの直近のリコールは2018年9月のもので、初代フリードが該当車両となっています。初代フリードをはじめとする6車種のリコールなので、リコールの希望としては中規模です。, リコール内容に関しては、エアバッグ装置の不具合によるもので上記で紹介したリコール内容と変わりありません。, 今回は過去5年間で発生したリコール回数の多いホンダ車をピックアップして紹介しました。現在は販売されていない車種でもリコール回数自体は多いというのは意外でしたね。過去5年間のホンダ車のリコール情報を調査した結果、ホンダ車はエアバッグ装置の不具合によるリコールがほとんどです。, それ以外の部品が原因のリコールも多少はありましたが、本当にわずかな回数で、エアバッグ装置の不具合を除けば比較的リコールの回数が少ない自動車メーカーだといえるでしょう。, CARTUNE(カーチューン)は、自動車のカスタム・ドレスアップ・整備やDIY、パーツのレビューや口コミ・評判を共有しあう、クルマ好きが集まるコミュニティサービスです。.