230円/日~, おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします! 2018/08/03, 第30回アカデミー賞の作品。1957年公開の英・米合作映画。第二次世界大戦の只中である1943年のタイとビルマの国境付近にある捕虜収容所を舞台に、日本軍の捕虜となったイギリス軍兵士らと、彼らを強制的に泰緬鉄道建設に動員しようとする日本人大佐との対立と交流を通じ極限状態における人間の尊厳と名誉、戦争の惨さを表現した戦争映画。(Wikipediaより)ここに、昨年夏に行ってきた。, 映画で登場する橋は、撮影セットとしてスリランカの密林の中に架橋されたクワイ河木橋であり、史実と異なりダイヤモンド形上下トラス構造で製作されているのがわかる。, 建設の作業員には日本軍1万2000人、連合国の捕虜6万2000人(うちイギリス人6904人、オーストラリア人2802人、オランダ人2782人、アメリカ人133人の合計1万2621人が死亡)という死者もすごい突貫工事の路線だった。, JEATH戦争博物館に 当時の労働の風景が残っている。映画 戦場にかける橋の結末は、見ている側が感動するものではない。なぜか、むなしさだけ。戦争映画だからなのか。, 利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 なお、今回紹介したタイのロケ誘致の取り組みは2015年、第1回ジャパンフィルムコミッションアワードで最優秀賞を受賞している。, 今回はフィルムコミッションの海外映像作品誘致への取り組みと、映像作品を活用したインバウンドプロモーションについてご紹介しました。, タイ映画「タイムライン」の大ヒットを、外国人観光客宿泊者数の増加へつなげる。こちらの記事では、5倍の数値をたたき出した、佐賀県観光課とフィルムコミッションの連携施策をご紹介しています>>. リラチルのロケ地へ Nissy'sアリス〜にっしーことAAA西島隆弘君応援ブログ〜、アメ-バブログ 2018年08月11日 06:51 お盆休みに入ったよ〜♪という方々も多いかと思います。 国内外の観光客に新たな地域への来訪動機を与え、地方誘客を図ることを目的とし、平成28年度から観光庁が取り組む「テーマ別観光による地方誘客事業」の選定テーマのひとつでもある「ロケツーリズム」。従来のロケの誘致に力点を置いたフィルムコミッションの取り組みと比べ、ロケの観光面での活用に力点を置き、地域活性化につなげることを重視しています。今回、タイをターゲットとした「ロケツーリズム」の取り組みにより成果を上げた佐賀県の事例を調査しましたのでご紹介します。, 福岡県・長崎県という有名観光県に挟まれ素通りされがちで、観光資源が乏しく知名度が低い佐賀県。だがタイ人に限ってみると、2013年に370人泊だった宿泊観光客数が2016年には5,830人泊にまで急増。その主な理由は、タイをターゲットとしたロケツーリズムの取り組みだ。タイ人の割合は佐賀のインバウンド全体の2.3%に過ぎないものの、「この宿泊数の伸びは佐賀にとっては非常に大きい」と、観光課の田中英敏さんは話す。, 佐賀県でロケ誘致・支援を行う佐賀フィルムコミッション(佐賀FC)は、県民に映像文化に親しんでもらい、佐賀のPR、ツーリズムにもつなげていくことを目的に2005年に設立された。2011年に韓国映画の誘致に成功して以来、海外作品でも実績を重ねているが、「2013年頃には、日本全国に100以上あるフィルムコミッションのなかで競争が激しくなっていました。そのため、それまでの韓国・中国を中心とした誘致が難しくなり、新たなターゲット国を探す必要がありました」と、誘致を担当した近野顕次さん(現在、佐賀県政策部広報広聴課)は当時を振り返る。, そんななか、2013年7月にタイ人の訪日観光ビザ制度が緩和されることとなった。ビザ緩和に伴いタイからの集客増が見込まれ、しかも隣県の福岡空港へはバンコクから直行便が就航している。そこでタイにおける「経済成長率」「映画・テレビ業界の動向」「日本への興味が高いか」「佐賀への導線」「日本の他地域でのロケ実績」の5項目について入念に調べあげ、韓国・中国に代わる新しいターゲットとしてタイを選定した。, 佐賀の認知度を上げ誘客につなげるには、作品そのものがヒットしなければ意味がない。そこで佐賀FCはインターネットなどを使いタイの映画・ドラマで実績のあるプロデューサー、受賞歴のある監督や人気俳優についてコツコツとリサーチ。同時に全国のフィルムコミッションの活動支援を行うジャパンフィルムコミッションの協力も得て、タイの映画・テレビ業界とのコネクションを作っていった。, 2013年7月にバンコク入りしセールスを開始。電話帳を手にかたっぱしから売り込みをするなか、「タイ国外の漁村でのロケを検討中らしい」という情報をキャッチし最初に会ったのが、タイ映画界の大御所ノンスィー・ニミブット監督だった。事前に撮影しておいた佐賀の漁村のイメージ写真を見せて監督にプレゼンしたところ、10分程度話をしただけで佐賀に決めてくれたという。, 近野さんは誘致成功の理由について、「他地域のFCより早く監督に会えたタイミングの良さ。また自分たちが見てほしい、来てほしいところを推すのではなく、相手が欲しいロケーションを提案できたこと」と分析する。近野さんによると、ほとんどの海外の映像関係者が求めるのは、桜、神社、雪、忍者といった定番の日本イメージだという。それなら東京や京都に行かなくても、佐賀にもある。さらに佐賀で撮影すればコストを抑えられること、佐賀FCは撮影実績が豊富で十分な支援ができることをアピールした。特別なものはないけれどそれを逆手に取り、“佐賀にもあるもの”で勝負した。, 誘致成功を受け観光課では急きょ、タイへのプロモーションに予算と人員を大幅に投入することを決定。映画を活用し「主演女優が表紙の観光PR冊子」を制作したいと考えた。実現するにはタイ側の協力が不可欠だ。そこで佐賀FCでは制作者のリクエストに全力で応え撮影の準備をし、また佐賀での撮影中には佐賀FCも観光課スタッフも頻繁に現場に顔を出し、監督や俳優、スタッフたちと信頼関係を築いていった。, その熱意が通じタイ側からさまざまな協力を得ることができた。当初から狙っていた観光PR冊子に関しては、観光課が手配したカメラマンが撮影に同行しロケの様子を撮影するほか、主演女優のコメントを取るなど素材を集めておいて、使用許可を得たうえで冊子「ADVENTURE SAGA」を制作。さらに映画公開イベントに観光課スタッフが登壇し佐賀をPRしたり、旅行観光イベントではニミブット監督をゲストとして呼び佐賀の魅力を話してもらった。, 「ロケはゴールではなく、その後のプロモーションの環境を作る勝負の場」と近野さん。誘致と同時に観光課が早々に体制(予算、人員)を整え、さらに撮影時にタイミングを逃さず布石を打った「連係プレー」で、通常ではありえないインパクトのあるプロモーションが実現した。, 5倍の外国人観光客宿泊者数を実現。タイ映画「タイムライン」の大ヒットを活用した、佐賀県観光課とフィルムコミッションの連携施策>>, ニミブット監督の作品『タイムライン』は2014年2月にタイ全土で公開されるや初登場2位、同年のタイ映画年間興行収入5位の大ヒットを記録。主演女優はタイ最大の映画賞で最優秀主演女優賞を受賞した。135分の作品のうち佐賀のシーンは10分程度だったが、タイのメディアで「SAGA」の露出が急激に増えていった。 > ドラマロケ地 タイの食卓 クルン・サイアム 大井町店 都内に複数店舗があるクルン・サイアムはさまざまなタイ料理を食べることができます。 大井町駅より徒歩4分、美味しいタイ料理を楽しめる「クルン … 2018/08/03

https://note.mu/r_ryunosuke/n/nec463882e37b, さて、8月26日から31日までタイのバンコクに行ってきました。東京より涼しかったと思います。, 今回はこちらのサイトを参照しました。http://nogizaka46.thailandtravel.or.jp/, また、乃木坂工事中の前編後編やバナナTVなどテレビ番組も参照してロケ地マップを作成しましたので、もし参考にしたい人は利用していただけたらと思います。, 今回の旅行は乃木坂ファンではない友人に同行したので、乃木坂関係のロケ地とは関係ない場所にも訪れました。乃木坂とは全く関係のないバンコクのホットスポットであるソイカウボーイの情報も載せておきました。記録用のメモ程度ですが、興味があれば読んでください。, ●26日早朝。成田スカイアクセスで成田空港に向かいました。日暮里からノンストップでしたので快適でした。, エアアジアXでタイのドンムアン空港まで。はじめてのLCCでしたが、機体の到着が遅れたり、離陸まで一時間くらい?ぐるぐる移動していたりで、少し遅れてバンコクに到着。, ソンブーンでプーパッポンカレーと野菜炒めや海鮮を食しました。1200バーツくらい。タイにしては高いけど、一度は食べておきたい。, ●27日バンコクの地下鉄に乗り、ルンピニ公園へ。バンコクの地下鉄は良心的な運賃でした。, 朝市に行くつもりでしたが、何故かやっておりませんでした。(見つからなかった)近くのセブンイレブンで朝ごはんを購入して、午後には王宮に行きました。, 王宮のあとはカオサン通りのマッサージ店へ。マッサージ最中、バンコクは記録的豪雨に見舞われ、道路が水で溢れていました。せっかくフットマッサージしたのに、すぐに汚れてしまいました。, しかも、地下に生息していたと思われる大量のGが地上に姿をあらわし、Gの死骸があちこちに。地獄のようでした。, 夜はシーロムコンプレックス内のタイ料理の店でカオソーイを食べました。美味しかったー。, アユタヤツアーのあとは海鮮丼を食し、二度目のマッサージへ行き、夜はラチャダーのナイトマーケットとソイカウボーイへ行きました。ナイトマーケットでは、飛鳥ちゃんが飲んでいたスイカジュースもしっかり飲みました。水着の女の子が道路で客引きしている光景に驚きました。日本じゃありえない…と思います。, デジャブというお店に。みんな可愛かったですねー。後日に Crazy House というお店に行ったのですが、デジャブは優良店と言われているそうで、女の子のレベルも高いし、お持ち帰りはなしということらしいです。女の子のためにテキーラを注文しすぎるた高くつくので気をつけてください。テキーラ、水、コーラそれぞれ180バーツくらいで、会計は不透明ではないのですが、高いです。, それにしても、ミャンマーの女の子。可愛らしかったですけど、ゲスい日本語ばっかり覚えてましたね。誰が教えたのかしら。友人に聞いたのですが、いわゆるおっパブに近い業態らしくて、日本と比べても格安だそうです。, 朝はベーシックなタイラーメン、昼はカオニャオマムアンのためにYenly Yoursへ。, サイアム地区は発展してましたねー。友人いわくバンコクの梅田だそうです。サイアムセンターではコナンカフェもやってました。, その後、Blue Whale Cafeに行きました。実は前日の午後は混雑していて断念し、翌日の午後七時に再チャレンジ。お客さんがいなかったので貸切のような感じに。美味しかったー。東京にもあるそうです。, その後、中華街へ行き、燕スープと屋台飯。 燕のスープはスイーツ感覚らしい。あまり美味しくなかった。屋台飯はめっちゃ美味しかったですが。, この日は、朝食にジュブジュブカオマンガイのカオマンガイ四種盛り。日本人御用達の屋台っぽかった。女性店員さんが日本語を話せる方でした。, ジムトンプソンのアウトレット、昼食は Pataraのマッサマンカレー、おやつは近くの Crapes & Co.というクレープ屋さんに。どちらも美味しすぎたので、ぜひ行ってみてください!, そして二度目のソイカウボーイへ笑Crazy Houseというところへ。水着の女の子と全裸の女の子がたくさんいて、一人に一人が付いてくれる感じでした。お持ち帰り可能っぽかったですね。Crazy House にいるとお金を払わされそうでしたので、店を出て Country Roadで一杯のビールを飲んでから帰ることにしました。が、そこで私と同い年のタイ人女性店員が話し相手になってくれました。ソイカウボーイのお店で働いている女の子は、言っちゃ悪いけど日本語もおぼつかないし、二十歳前後で、教養がありません。ですから、ろくに会話ができないので楽しくないわけですが、Country Road の女性店員さんは神戸に二度訪れるくらいで、独学の日本語で話してくれたりと、とても楽しい時間を過ごせたのかなと思いました。, 載せちゃっていいのかな。。まぁ、行ってください。ここは「普通の」生演奏バーなので!, 乃木坂46ロケ地巡りバンコク&アユタヤ編〜乃木坂46の番組やタイ政府観光庁のサイトを参考にさせてもらいました〜. NissyのMVのロケ地を巡って,ある憶測が流れています. それが「国旗トリコロール説」です. これまでのMVの撮影で,Nissyは様々な場所を訪問しています. タイ,アメリカ,イギリス,フランス,そし … Nissyが持っていたとこ、ここポイなってところは触ってきましたよ!(心なしかきれいだったような) 反対側。 そして次は・・・ 花cherieのロケ地へ☆ .