> データベース Oracle 10.2.0 > > 質問 > SI Object Browserや、VisualStudio等で、ストアドのデバッグをする際に > バインド変数がDate型のものに対して、日時の引渡し方法が分かりません。 > 検索しても見つけられなかったので、ご教示ください。 Oracle Database 10gがOracle Database 10gがSQL文を受け取った場合、共有プール(メモリ領域)をチェックして、文がすでに存在しメモリに格納されているかどうかを確認し … By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole, By "stocking" the articles you like, you can search right away. 投稿内容は個人の見解であり所属する組織の公式見解ではありません。 """, """ バインド変数を用いたSQLにJavaから動的に値をセットする場合、 Oracleが用意している「OraclePreparedStatement」というのを使うことになる。 (どうもJava標準で用意されてるライブラリやクラス群にはバインド変数に公式に対応しているPreparedStatementは存在しないようだ), これをOraclePreparedStatementにしてSELECTの条件を動的にする場合は, とする。 赤太字にした部分がポイントとなるわけだが ①「oracle.jdbc.OraclePreparedStatement」をインポートする。  ちなみに同名のクラスが「oracle.jdbc.internal.OraclePreparedStatement」にもいるが(少なくともojdbc5にはいた)、  こっちはpreparedStatementメソッドが隠蔽されてるらしくて外から呼び出せず、↑の実装はコンパイルエラーになる。 ②SQL文字列で条件句にあたる部分をバインド変数で記述する。  この場合は「:test_no」にあたる部分がバインド変数。 ③Connection#preparedStatement(String)の結果を「OraclePreparedStatement」にキャストする。  こんだけでいいらしい。 ④OraclePreparedStatement#setStringAtNameメソッドでバインド変数部分に値をセットする。  第一引数がバインド変数名・第二引数がセットする値。  重要なのは、バインド変数名指定の際に、SQL内でバインド変数化した部分の「:」(半角コロン)まで含めない事。  (sqlplusでバインド変数指定して実行するケースと同じなのでよく考えれば当然なのだが)  このケースでは、SQL内のバインド変数は「:test_no」だが、  setStringAtNameで値をセットするときの第一引数は「test_no」で、先頭の半角コロンはない。 ②のようなSQLを外だし(別ファイルにする等)しておいて、 条件にあたる部分を引数とかでもらい、④でセットするようなつくりにしておけば、 バインド変数を使って動的にSQLを実行する簡易的な仕組みが出来上がる。, ただ正直こんな程度なら別に「OraclePreparedStatement」なんてイカしたもの使う必要もない。 SQLはただの文字列に過ぎないので、SQL内の特定の文字列を適切な値に置換すれば事足りる。, とかでいいわけだ。 SQL内のバインド変数は、「バインド変数のまま実行計画をたてる(/たてない)」が Oracleの起動パラメータによって制御されてるようであり、 下手にバインド変数を使うと大量に検索ヒットするケースとごく少量のケースでも 同じ実行計画で動いてしまって無茶苦茶レスポンス悪い… とかいうケースもあるらしく、 個人的にはできればあまり使いたくない実装である。 動的に条件やセットする値を変えたい、という程度なら無理せず「文字列置換」で出来ることこなすほうが良いと思っている。, rmrmrmarmrmrmさんは、はてなブログを使っています。あなたもはてなブログをはじめてみませんか?, Powered by Hatena Blog Twitter : @HNakaie, Oracle Cloudは、最先端の機能をSoftware as a Service、Platform as a ServiceおよびInfrastructure as a ServiceおよびData as a Serviceとして提供します。.

)等を使用します。, ここでは、静的プレースホルダの流れを用いて説明したいと思います。 What is going on with this article? where prod_category = 'Photo' and prod_subcategory = 'Camera Batteries' バインド変数およびODP.NETを使用して、.NETアプリケーションのパフォーマンスを改善します。, .NETアプリケーションで、Oracleデータベースからデータにアクセスする方法はたくさんあります。 機能とパフォーマンスの観点から、Oracle Data Provider for .NET(ODP.NET)が.NETアプリケーションとOracle Databaseをつなぐ最適な選択肢となります。, この新しいコラムでは、ODP.NET 10gの主要な機能による.NETアプリケーションのメリットを中心に説明します。 最初のトピックは、ODP.NET 10gと組み合わせたバインド変数の使用方法です。, ODP.NET 10gアプリケーションを正しく実行および拡張するためのもっとも簡単で最適な方法は、バインド変数を正しく使用することです。 バインド変数によって多くのタイプのアプリケーションのパフォーマンスが向上しますが、ここではODP.NET 10gによるバインド変数の使用について説明します。, バインド変数は、SQL文中のプレースホルダです。 たとえば、Oracle Databaseに付属している HR サンプル・スキーマを使用すると、バインド変数を使用しない通常の SELECT 文は次のようになります。, このように、文の WHERE 句に 'UK' リテラル・テキストが指定されました。 一か所の簡単な変更をおこない、この文にバインド変数を使用できます。, バインド変数バージョンの文では、 'UK' リテラル・テキストを :country_id プレースホルダに置き換えました。 バインド変数識別子は、単一のコロン(":")で開始されます。これが、バインド変数をSQL文で記述する方法です。, バインド変数の使用を示す SELECT 文を使用していますが、 UPDATE 、 INSERT 、および DELETE 文でもバインド変数を使用できます。 同じ countries 表の UPDATE 文でバインド変数を使用する例を以下に示します。, Oracle Database 10gがOracle Database 10gがSQL文を受け取った場合、共有プール(メモリ領域)をチェックして、文がすでに存在しメモリに格納されているかどうかを確認します。 文がメモリに存在し、Oracle Database 10gがその文を再利用できる場合、データベースは文を解析および最適化するタスクをスキップできます。 バインド変数を使用すると、SQL文がメモリに格納される可能性が大幅に高まります。これによって、そのSQL文を必要とする次の操作で迅速にそのSQL文を使用できます。, 文が共有プールに存在しない場合、データベースで文を解析し、最適化する必要があります。これによって、パフォーマンスが低下する可能性があります。 文の解析および最適化には、CPUサイクルが使用されます。CPUサイクルが増えるほど、処理が遅くなります。 また、解析および最適化では、ラッチと呼ばれるメカニズムを通じて共有プールのさまざまな部分をロックします。 一度に単一のプロセスのみがラッチを使用できるので、共有プールのラッチが増えるとデータベースの競合が発生します。, 単一ユーザー・システムでは、発生するラッチと文の解析および最適化にかかる時間が重要ではない場合があります。 ただし、ユーザーがシステムに追加されたり、アプリケーションの追加のコピーが実行される場合、これらのイベントがすぐに増える可能性があります。場合によっては、システムが使用できなくなります。, ODP.NET 10gプログラムでバインド変数を使用するには、 OracleParameter クラスを使用して.NETコードで各バインド変数を表します。 OracleParameterCollection クラスは、名前が示すとおり、各文の OracleCommand オブジェクトに関連づけられた OracleParameter オブジェクトを含むコレクション・クラスです。 OracleCommand クラスは、SQL文をデータベースに渡し、結果をアプリケーションに返します。, ODP.NET 10gでは、バインド変数の2つのモード(位置によるバインド(デフォルト)と名前によるバインド)を使用できます。 OracleCommand ブール型プロパティの BindByName (デフォルトはfalse)でモードを設定します。 位置によるバインドのモードを使用する場合、SQL文に示されている順序でパラメータを OracleParameterCollection コレクションに追加する必要があります。 Add メソッドと Parameters プロパティを使用して、コマンド・オブジェクトのコレクションにパラメータを追加します。 名前によるバインドのモードを使用する場合、任意の順序でパラメータをコレクションに追加できますが、パラメータ・オブジェクトの ParameterName プロパティをSQL文のバインド変数識別子と同じ値に設定する必要があります。, バインディング・モード(位置または名前)に加えて、各パラメータ・オブジェクトにいくつかのほかのプロパティを設定します。, バインド変数は、出力、入力、または入力/出力パラメータとして使用できます。 Direction プロパティを使用して、各パラメータの適切な方向を示します。 Direction プロパティのデフォルト値は、 Inputです。 OracleDbType プロパティを使用して、パラメータが数値、日付、 VARCHAR2 などであるかどうかを示します。 VARCHAR2 データ型などの可変長のデータ型を使用する場合、 Size プロパティを使用してパラメータに格納されるデータの最大サイズを示します。 Value プロパティは、文の実行前(入力パラメータの場合)、文の実行後(出力パラメータの場合)、または文の実行前後(入力/出力パラメータの場合)のパラメータ値を格納します。, リスト1の Main メソッドは、これらの概念を統合して、 SELECT 文のバインド変数を使用します。 Main メソッドの主要な部分を以下に示します。, パラメータ・オブジェクトの OracleDbType および Value プロパティを設定します。, ODP.NETの詳細の確認 バインド変数を利用することで解析処理のフェーズがスキップされ、SQL処理のパフォーマンスが改善されます。, この理由として、Oracleでは以下の3ステップで発行されたSQLの処理を行われることが関係しています。, このステップから分かるように、SQL文がDBに発行される度に解析の判定が行なわれることから、 アプリケーションから発行したSQLがうまく動作しない場合、発行したSQLが分かれば調査の手がかりとなります。Oracleのv$sqlを参照すると、実行したSQLの履歴とバインド変数を確認することができます。, 以下のクエリで直近5分間に実行されたSQLのIDとSQL文の最初の1000文字を取得できます。 ブログを報告する, はじめに OracleのDBMS_CRYPTO.ENCRYPT/DBMS_CRYPTO.DECRYPTを…, はじめに Oracle Database Express Edition 11g(XE)でSQLの実行…, 新・門外不出のOracle現場ワザ エキスパートが明かす運用・管理の極意 (DB Selection). 投稿日: 2018年9月5日. 例えば、以下のようにバインド変数部以外が同じsqlを複数回実行するような場合、 バインド変数を利用することで解析処理のフェーズがスキップされ、sql処理のパフォーマンスが改善されます。 ここでは、バインド変数を利用し、1000人以上の対象会員に対してUSER_TABLEにおける更新日を一斉に更新する場合を想定します。 日の加算・減算は日付型のデータに対しそのまま算術演算子で行います。 それではサンプルを見てみましょう。 現在のシステム日付(11/13)の1日後を取得するSQLです。 上記を実行し、抽出された結果がこちらです。 実行時点のシステム日付の1日後の日付が取得できました。 なお、昨日以前を取得するには、演算子 -(マイナス)を指定してください。 またsqlの取得結果の日付も2019-08-02 00:00:00になっており、バインド変数にて変更された日付になっていることも確認できます。 where句やinsertのvalue句、updateのset句のようにカラムと対応した箇所以外にもバインド変数が利用できることの確認はできました。 4. このコラムのサンプル・アプリケーション バインド変数を使用したsqlでバインド変数の中身を参照するサンプルです。 ... (14) 文字 (23) 日付 … 4.バインド変数を参照する。 バインド変数 † ホスト環境内に作成される変数。ホスト変数ともいう。 SQL*Plus っていうアプリケーション上に変数を作って参照する。PL/SQL のブロックが終了してもアクセスできるので便利かもしれない; バインド変数の宣言 バインド変数を用いることで実行計画の選択にかかる処理時間が短縮され、パフォーマンスの改善に繋がるということでした。(※必ずしも処理が早くなるということではないです。), では、実際の実装例を見てみましょう。 > データベース Oracle 10.2.0 > > 質問 > SI Object Browserや、VisualStudio等で、ストアドのデバッグをする際に > バインド変数がDate型のものに対して、日時の引渡し方法が分かりません。 > 検索しても見つけられなかったので、ご教示ください。 ブログを報告する, PreparedStatement ps = con.preparedStatement(, OraclePreparedStatement ps = (OraclePreparedStatement)con.preparedStatement(, (sqlplusでバインド変数指定して実行するケースと同じなのでよく考えれば当然なのだが), 【Java】OraclePrepaedStatementを使ったバインド変数設定方法について, 【AWS】【Oracle Cloud】Lambda関数からOracle Autonomous Dat…, 【ASIAN KUNG-FU GENERATION】Tour 2020 酔杯2 ~The Song of Apple~ 公開収録ライブ@KT Zepp Yokohama (10/27;2日目), 【Oracle Cloud】Object Storageへのオブジェクト格納→Event→Functions→ADWをNode.jsランタイムでつくってみた, 【ストレイテナー】THE SOLAR BUDOKAN IN SUNPLAZA@中野サンプラザ. しばちょう先生の試して納得!DBAへの道 indexページ みなさん、こんにちは。年末年始のお休みに入ったと思ったら原因不明の高熱で寝込むというサラリーマンの鏡的(?)な状況だった、"しばちょう"こと柴田長(しばた つかさ)です。 Oracle Data Provider for .NET開発者ガイド, ダウンロード

バインド変数が重要な理由.

バインド変数を作成するため、識別番号(uid0, ・・・・, uid1999)を作成。($bind_key), 1000区切りで分割しimplodeを行い、SQLを作成する($sql_in_id), you can read useful information later efficiently.

""", """ バインド変数を確認する. sysユーザでログインします。, 実行した結果が以下です。なにやらたくさんSQLが出力されてよく分かりません。 アプリケーションではwhere句の条件をバインド変数として定義して、アプリケーションから任意の値を渡して実行するケースがあります。 続いて、実行されたSQLのバインド変数を確認してみます。

select prod_id, prod_name from sh.products ※プレースホルダについて、OracleのSQLやPL/SQLではコロン(:)、他の言語ではクエスチョンマーク(? Why not register and get more from Qiita?