それをもとに軌道修正してゴールに突き進む, これが最短最速で効率の良い仕事のやり方です。 ぜひゴールを設定した上でPDCAサイクルを回せていたかどうか、考えてみましょう。 PM理論を知っておけば、リーダーとしての能力を伸ばすことに役立ちます。 なので、高い目標を立てること、目標に真摯に主体的に向き合うことが重要なのです。, 高い目標を設定するということは、ゴールを明確にするということに等しいのです。 仕事自体の質や量、これらを向上することも「生産性向上」と定義づけられます。, 仕事をする上で、目標を立てることの重要性というのは十分理解されているかと思います。, 目標を立てて、その目標に向かって仕事を進めていき、結果が出たら内容を検証して、改善する。, いわゆるPDCAサイクルに従ったこのやり方で基本的には問題ないのですが、これでは上記に書いた悩みが発生するのです。 PDCAとOODA(ウーダ)、どっちを使えばいいの? 1日3分、朝の通勤時間に読むだけでパソコン仕事の時短ができる!

仕事だけでなく、実は家事や育児にも活用することができます。, 今まで、計画は立てたけど達成しない、何かうまく仕事が進まないという方は、 Copyright © 2020 働くママのパソコン仕事時短塾. その中でキモとなるのが「効率化」と「生産性向上」です。, 「生産性向上」と言っても、何も物をつくることに特化したことではありません。 上手くいったときは、回せていたということかもしれないし、失敗したときはG-PDCAのどこかがクリアできていなかったということかもしれません。

今回はPM理論 …, 人事評価制度という言葉自体は知っていても、その目的や種類までは詳しく知らない、という方も多いのではないでしょうか。

TTP(徹底的にパクれ!)を意識してみてもいいかもしれません。, 優先順位を決める

起業tvでは、これまで2種類の行動決定ループについて解説してきました。 PDCAとは「Plan(計画)、Do(実行)、Check(振り返り)、Action(改善)」というマネジメントの流れを型に落とし込んだもので、これを繰り返すことによって最善の結果を得ることが目的となっています。, PDCAはもともと生産品質管理の現場で、高品質を維持するために生まれた考え方ですが、現代(特に日本)ではビジネスの現場でも頻繁に用いられるフレームワークです。, PDCAについて、詳しくは以下の記事をご覧下さい! PDCAサイクル(PDCA cycle、plan-do-check-act cycle)は、生産技術における品質管理などの継続的改善手法。 Plan(計画)→ Do(実行)→ Check(評価)→ Act(改善)の 4段階を繰り返すことによって、業務を継続的に改善する。 PDCAサイクルは、主に日本で使われ 、Aのみが名詞のActionといわれる 。 目標の認識の違いから、計画以上の仕事量でバタつく、計画通りにいかない、想定外のダメ出しというのが発生します。, 大抵の人は現実的な達成しやすい目標を立てようとします。 一度は聞いたことがあるはず。, PDCAサイクルとは、

Plan(計画)、Do(実行)Check(評価)、Act(改善)のPDCA。 Observe(観察)、Orient(方向付け)、Decide(決心)、Act(実行)のOODA。. PDCAサイクルに代わる手法として、変化の早い時代に適していると言われるOODAループが近年脚光を浴びています。, OODAループとは何なのか、そしてPDCAに代わるもう一つの手法、PDRサイクルやPDCAの順番を変えたCAPD、DCAPサイクルを紹介します。, これらの頭文字をとった言葉で、要は計画を立てて実行して、それを分析して改善して、また計画を立てて、を繰り返していく手法のことです。, ただこのPDCAサイクル、変化の早い今の時代では使えなくなってきているのではないかと言われています。, 計画を立てても状況は刻一刻と変化するので、実行した時にはもう状況は変わっているし、評価・改善した時にはもうそのやり方は通用しなくなっている。, 上から無機質に降りてくる計画通りに現場はやらなくてはいけないと思い込み、上はうまくいかないのは現場の実行力がないからだと思い、計画を見直さない。, そんなPDCAの弱点を上手くカバーしたOODA(ウーダ)ループを紹介したいと思います。, OODA(ウーダ)はもともとアメリカ空軍のジョン・ボイドが提唱した戦略の理論です。, 方向性の決定とは、情報が入ってきた時にその情報をどう処理するか、というものになり、ここにはかなりの個人差が生まれます。, しかしこれが大人数になってくると、O(方向性の決定)がそれぞれ異なるので、意見が違って争いになったり、やることがバラバラになったりして、まとまりが無くなってしまいます。, だからといってO(方向性の決定)とD(判断)を会議で決めようとしたら時間がかかってしまい、変化の激しい時代に適したループのはずなのに本末転倒です。, ではやはりPDCAサイクルのように、P(計画)を完璧なものにして、それを組織全員に押し付けてこの通りにやれ、というのが良いのでしょうか?, 実はこのOODAループのすごいところは、O(方向性の決定)にあるものを足すだけで、どんなに大きな組織でも臨機応変にしかも統率性をもって動かすことができるようになるのです!, OODAループはどんどん計画を修正していくことがで、変化が激しい時代に適した手法です。, しかし大きな組織になってくるとO(方向性の決定)に個人差があり、各自バラバラな行動を取ってしまうというのが問題でした。, そこで組織運営においてはO(方向性の決定)とのところに一つだけ、【共通概念】という指標を示します。, 排除の仕方はスリッパでもスプレーでもゴキブリホイホイでも各人に任せますが、とにかく排除してくださいという点を組織で共通概念として持っておくのです。, 旅行に行く際でも「○○時○○分に東京駅に集合」という共通概念だけを共有して、行き方は各個人で判断というのも同じです。, この共通概念さえ共有しておけば、O(方向性の決定)が違う人を集めても、最終的に向かうゴールは同じになるので組織として統一の取れた動きができるわけです。, 例えばGoogle社では最低限のルール以外のマニュアルはほとんどなく、共通概念は「Googleっぽさ」, 以前紹介した『ほとんどの社員が17時に帰る10年連続右肩上がりの会社』の事例ですが……, この会社ではいくら残業を無くしたり福利厚生を良くしても社員の不満が無くなりませんでした。, ところが共通概念「挑戦」を社員に浸透させ、それに沿っているなら新しいことをやって良いという風土にしただけで、社員の満足度が大きく上がったのです。, このようにOODAループは、共通概念を追加することで大きな組織運用にも使える非常に強力なツールなのです。, 例えば後輩に何か教える時は肝になる共通概念だけ伝えてやり方は自分で考えてもらうようにしています。, また仕事なら激しい変化に対応していく必要がありますが、ルーチンワークまでOODAを回すのは大変です。, 内勤や日常においては、ハーバードビジネススクール提唱のPDRサイクルがおすすめです。, PDCAを回している人は、「次はお菓子を食べないようにしよう」とD(行動)を改善しようとしますが、そういう人はきっと次もお菓子を食べて失敗してしまう。, 「次はお菓子を食べないように、お菓子を二重の箱の中にしまって、棚の奥に隠してしまおう」, 「お菓子を食べてしまうのは防ぎようがないから、その代わりお米を食べないようにしよう」, よく自分は意志が強いから大丈夫だと言っている人がいますが、そういう人はだいたい意志の力に頼って失敗します。, 本当にできる人は自分の意志が弱いのを知っていて、意志が弱くてもできるようにあらかじめ準備をしておくのです。, トップは上から無茶な計画を降ろしてきて、達成できないと現場のD(行動)の方を責め立てます。, PDRサイクルでは、現場がどうすれば達成しやすいかという点も考慮した上で準備をし、達成できなければ準備が悪かったとして改善するのです。, PDCAはもう使い物にならないような書き方をしてきましたが、実はPDCAも回す順番を変えればまだまだ現役で使える手法です。, 前例があるもの、過去にやったことがあるものに関しては、まずC(分析)から始めます。, 過去のデータや先輩の話、成功例などを分析し、それらの問題点を改善した計画案を作り、それを実行する。, 実行して出てきた結果をまた分析し、更に改善をしていくことで、より精度の高いP(計画)とD(実行)を実施することができるのです。, とりあえずD(実行)してみて出てきた結果を分析し、その後D(実行)を改善した計画を立てるのです。, うまく計画できずに行動に移せないという人は、この「とりあえずやってみる」のDCAPを意識してみると良いでしょう。, 今回はOODA、PDR、CAPD、DCAPを紹介させていただきましたが、いずれも非常に有用で強力なツールです。, ぜひ変化の早い現代における組織運営にはOODA、ルーチンに近いものはPDR、前例のあるものはCAPD、前例のないものにはDCAPを上手く使って、あなたのビジネスをより良いものにしてみてください!, PDCAはもう古い?最新のOODAループとは?PDR,CAPD,DCAPサイクルとは?, ドイツ電撃戦に学ぶ OODAループ「超」入門 (Panda Publishing), 『私はどうして販売外交に成功したか』は営業マンのバイブルと言える本です!【書評36冊目】, デキる社員になるためのチェックリストを作りたい方におすすめの本!『効率・時間・スピード すごい習慣力…, 良いチームを作りたい管理職の方におすすめの本!『成果を生み出す組織の条件』【書評18冊目】, 計画倒れを防ぎたい方におすすめの本!『倒れない計画術』(メンタリストDaiGo)【書評15冊目】.

さて、そんなpdcaが最近「古い」と批判の的になっていますが、その背景にはさまざまな要因があります。その中でも重要なトピックを4つ取り上げ、その全容を把握していきましょう。 達成できなかったときのことを考えると、たやすい目標のほうが取り組みやすいからです。, ですが、「少し頑張れば、達成できる」ような目標では改善(イノベーション)もできなければ、効率化も図れません。, 現状維持は衰退する。

pdcaとは、生産技術における品質管理の手法の1つです。ビジネスでは業種業界を問わず使用されており、他の分野にも広く浸透しています。しかし、近年ではその問題点が指摘されることも。本記事ではpdcaの意味やoodaとの違い、メリット・デメリットについて解説します。

[注] お問い合わせ内容の正確な把握、およびお客様サービス向上のため、お客様との会話を記録・録音させて頂く場合がありますので、予めご了承ください。, Copyright 1996 - 2020 Fujitsu Japan Limited, 田中靖浩氏講演「20世紀PDCAはもう古い!21世紀型OODA経営への転換」レポート. 社会人になって、会社で仕事をされたことのある方なら、

うまくいってなければどんな風に対策をとろうか?

ビジネスは戦場であり、いかにライバル企業に勝つかだ――という視点で捉えるなら、軍事の戦い方を企業経営に取り入れることは理に叶っています。しかし、今や軍事の世界では、計画・管理体制強化の「PDCAだけでは勝てない」が定説となり、新たなドクトリン(行動指針)へと転換しつつある状況です。, そのきっかけは、1991年の湾岸戦争です。あの時のイラクはかなり手ごわいと予想されていました。彼らは、最新鋭の兵器など十分な軍事品を持っていて、実戦経験が豊富な兵士もいました。でも、いざ多国籍軍が攻撃を開始したら、意外とあっけなく終わったのを覚えていますか?決してイラクが弱かったのではなく、米国率いる多国籍軍の戦い方がすごく上手かったのです。まずイラクのレーダーを破壊して敵がどこから攻めてくるか分からない状況をつくりだしました。そして通信網を切り指揮命令系統を寸断した上で、敵の裏をかいてイラク本国を攻撃。一方のイラクは、計画ガチガチで、占領したクウェートに多国籍軍が攻めてくるという計画のもと、兵士をクウェートに集中。いきなり本国を攻撃されたイラク兵士は、指揮命令系統が破壊されているため、身動きがとれませんでした。多国籍軍は知っていたんですね。イラク兵士が上の命令なしでは動けない体質だということを。だから、通信網を最初に切ったのです。イラクに実力を出させないことを主眼に置いた戦い方へ転換したことが、勝因の大きなポイントです。, この湾岸戦争で敗北したイラクの戦い方が、まさにPDCA経営の限界を示していると言っていいでしょう。バブル崩壊後の1990年代、景気が後退し、日本企業は曲がり角を迎えました。1999年の経済白書は、供給過剰を抱えた日本企業は「値下げ消耗戦」に突入し「雇用」「設備」「債務」の3つの過剰があると指摘しました。そこで、リストラや正社員から派遣社員への雇用の転換など様々な手立てを講じましたが、一向に景気は良くならない。それどころか、さらなる不況が始まって、ITがどんどん広がりコンプライアンスを大事にしようという風潮もあって…。今、日本が不況から脱出できない大きな問題点は、イラクのように形式的なPDCAにこだわり過ぎていること。PDCA経営が生み出してしまった新たな3つの“過剰”を抱えているからだと私は推測しています。, 新たな3つの過剰とは、「計画」「管理」「情報」の過剰です。(図1参照)実際、イラクの例を挙げるまでもなく、計画や予算に縛られ過ぎて、目先にチャンスがあるのを見過ごしてしまう、計画が上手く進まなくなったら、もっとチャレンジすることを現場に求め、さらに管理を強化し、かえって現場を委縮させてしまう、などといった悪循環に陥るケースは枚挙にいとまがありません。, 業績が下降してしまった企業は、一様に数字管理を強めます。現場がもっと頑張らないからだと、目標管理を導入しては行動を規制してしまう。行き過ぎた計画は、やがて粉飾という“ウソつき”をつくり出します。管理の過剰は、イラク兵士のようなマニュアルや命令がなければ行動できない受け身体質の社員ばかりを育ててしまいます。さらに溢れんばかりの情報が飛びかっていると、いわゆる頭でっかちな社員が続々と現れてきています。「最新の経営理論?知っていますよ、そのくらい。」という社員に限って、「その理論を自社の事業へどう活かす?」となった途端に口ごもるものです。, デフレからの出口がなかなか見出せず、日本のビジネスは、先の見えない状況にどっぷり浸かっているとよく言われます。いまや同業他社間の争いではなくなっています。家電量販店であるヤマダ電機が、インターネット書籍販売のAmazonが自分たちのライバルになるとは夢にも思っていなかったように、ある日突然、思いもよらなかった企業がライバルに名乗りを上げることもあります。軍事の世界もまさに同じような環境で、ISやアルカイダといった国家ではないテロリスト軍団が出現しています。サイバー攻撃なども頻繁に起きており、敵が不明確で、先が見えない戦争が登場しています。ここで軍事は戦い方の方針転換を行いました。20世紀の、敵が明確で、武器と武器とでぶつかって、攻撃の物量の多い方が勝つという時代は終わり、湾岸戦争のように、必ずしも破壊しなくても、相手の実力さえ出させなければ勝てるという新しい戦い方に軍事は変わってきているのです。そこに、これからの企業経営はどうあるべきかのヒントがあると私は考えています。, どこに敵がいて、何を仕掛けてくるのかわからない先の見えない環境というのは、軍事もビジネスも同じです。ビジネスで言えば、シェア・スケールメリット重視で値下げ勝負の“消耗戦”の時代は終わり、今や、スピード・奇襲で相手を圧倒し、新企画やアイデアの創造性で勝負する“機動戦”の時代なのです。(図2参照), 日本のビジネスの値下げ“消耗戦”で記憶に新しいのが牛丼戦争ですね。大手の牛丼チェーン店が競うように10円刻みで価格を下げていきました。250円まで下げて、どのお店もとうとう利益が出なくなってしまって、その後の各社の業績はご存知のとおりです。牛丼250円でお腹いっぱいになった人が、食後に米国のコーヒーショップで300円もするコーヒーを飲んでいる。たまに600円も出して甘い飲み物を買っている(笑)。牛丼チェーン各社は、どこかでこの値下げ競争はおかしくないかと気づいても良かったのですが、値下げのシェア争いは一旦始まると泥沼に入りますから止められなかったのですね。 日頃の生活で意識してみてくださいね。必ずあなたの役に立ちますよ。. 無料メールレッスン公開中です。. pdcaサイクルに代わる手法として、変化の早い時代に適していると言われるoodaループが近年脚光を浴びています。 oodaループとは何なのか、そしてpdcaに代わるもう一つの手法、pdrサイクルやpdcaの順番を変えたcapd、dcapサイクルを紹介します。 現在ではPDCAは古いものとされ、ハーバードビジネススクールのリンダ・A・ヒルが考案したPDR法が注目されています。PDRとはPrepDoReviewの略で、準備、実行、見直しのサイクルでマネジメントを行うことです。

些細なことでもいいのです。, 普段から意識しておきたいG-PDCAサイクル。 どーも!最近はビジネス勧誘DMよりご丁寧な挨拶DMの方が多く届くようになったつくもです。はじめましてじゃないのに定期的に『はじめまして』のDMを送って来る方は一部いますけどね(笑), ところで―今まで敢えて触れてはこなかったんですけどTwitter頑張ってる勢とかブロガー勢ってカタカナのビジネス用語使ってる人とか多いですよね。言うなれば意識高い系が多い?w主に収益を目的としてる人が使ってる印象ですけどマネタイズから始まり自己ブランディング、PDCAサイクル廻そうとかWin-Winな関係とか。この引用元のツイートにもあったけど, この辺の言葉が今頃になってポンポン使われまくってるのは正直謎だな~と思いながら眺めてますwそのうちOODAやPDRも使われるようになるのかな? https://t.co/TntXNdJveC, ペルソナが使われてるのを初めてみた時はちょっと驚いたかなぁ。ペルソナは3が個人的には面白いんだけどそれはゲームの話(笑), ちなみに私が前述のツイートの中で書いてる「OODA」と「PDR」をご存知ない方のために少し触れておきます。, のそれぞれの頭文字をとったやつですよね。日本語でいうと計画して実行したら分析をして改善しましょうそしてこれを何回も何回もまわすのが重要ですってことでPDCAサイクルって言われるわけです。でもこれももう古いんだよ!今の社会には合わないんだよ!みたいな感じで他の手法がでてきてたわけでそれが「OODA」や「PDR」だったりするわけです。, 「OODA」はサイクルじゃなくてループです。そしてOODAは「ウーダ」って読みます。, のそれぞれの頭文字をとったもので観察して方向性を決めたら行動すべきことを決断し、決めたことを実行しましょうそして状況に何か変化があった場合はすぐに観察しましょうって感じです。観察は情報収集や分析の方が意味的には伝わりやすいかもしれません。, のそれぞれの頭文字をとったもので準備して実行したら準備を評価して改善しましょうって感じです。こんな簡易的な説明だと「OODA」も「PDR」も「PDCA」と対して違わないように思うかもしれませんがそれぞれ大きな違いがあります。簡単な説明にしちゃうと正確に伝わりずらくなるのでちゃんと説明した方がいいんですがこの記事のカテゴリの都合上、詳しく知りたい方は書籍かネットでの解説を(笑)こういうのちゃんと記事にしないからダメなのかなww, ちなみに個人的にはこの手のやつって参考にはするけどやり方の合う合わないってあると思うのでいいなと思ったことは積極的に活用しつつ自分なりにアレンジしちゃうんですよね。本に書かれている通りにやったことって多分無い気がします。それはいいことなのかどうなのか?(笑), 世の中で話題になっている事柄だったり、自分の趣味だったり(ゲーム・歴史・動画などなど)に関して思うがままに綴っています。

段取りをつけて実行する 「計画を立てて(Plan)、実行をして(Do)、実行した結果の検証を行い(Check)、改善する(Action)」 おひとり様時間を満喫しようとか、 ビジネスを進める際には、しっかりと計画を立てて、予算を作り、計画通りに物事が進んでいるかチェックする管理体制を整えた上で、行動する。昔の戦争もそうでした。 最小限の時間で最大限の成果を上げるのです。, 理論上、これだけでも仕事の効率化は望めますが、 まるでドラマのワンシーンかのようにイメージしてみてくださいね。, 脳は思い描けるものしか実現できない。 「PDCAなんてもう時代遅れだ」こんなセリフを耳にする機会も多くなってきました。日本のマネジメントの現場では長らくPDCAが用いられており、PDCAを否定する流れに不安感や危機感を覚える方も多いかと思います。, しかし、そこで焦ってPDCAから脱却しようとしたり、あるいは意地になってPDCAに固執してしまうのは早計です。というのも、PDCAが否定されている背景には様々な要因が絡み合っており、一概に「PDCAがだめ!」とは言い切れないのです。, 今回は、PDCAを否定する前に知っておくべき、ビジネスマネジメントの流行り廃りについての事実を紹介していきます。, そもそもPDCAとは何でしょうか? ↓

具体的に絵や言葉でイメージできている必要があります。 【徹底解説】PDCAとは?机上論ではなく実務に落とし込むためにすべきこと, さて、そんなPDCAが最近「古い」と批判の的になっていますが、その背景にはさまざまな要因があります。その中でも重要なトピックを4つ取り上げ、その全容を把握していきましょう。, PDCAが批判されている背景として、IT技術の爆発的な発展に伴って世の中がVUCAな状態になったという事、そしてPDCAはそれに対応するにはあまりにも遅いと考えられている事があります。, VUCAとはVolatility(不安定さ)、Uncertainty(不確実さ)、Complexity(複雑さ)、Ambiguity(曖昧さ)の略で、世の中が先の予測のつかない状態になっていることを示しています。一方で、PDCAは基本的には計画を立てることを前提とした考え方であり、先々の予測が不可欠になっています。, こうした背景から、「VUCAな世界においてはPDCAの前提はそもそも成り立たない」あるいは「計画を立てたとしても、その立案にかかる時間やコストが大きすぎる」と言われるようになっています。, 動きの鈍さによって批判されているPDCAですが、それに対抗するように新しいマネジメント手法がいくつも登場しています。ここではその中でも代表的な3つのフレームワークをご紹介します。, OODAとはObserve(観察する)、Orient(仮説立案と方向づけ)、Decide(意思決定)、Act(行動)の4段階でマネジメントを行うためのフレームワークです。PDCAと比較すると、計画を必要とせず、現状の認識にリソースを割いているため、変化が激しい現代においても高速でサイクルを回すことが出来るとされています。, OODAループに関しては以下の記事をご覧ください。