こんにちは、株式会社Funkit 倉本です。 Power Appsの活用事例を紹介している本シリーズ第4弾は「備品申請」アプリです。 現在ワークフローの通知はメールが一般的となっています。 しかし最近はTeamsが社内コミュニケーションの定番となってきていますので、Teamsで一連のワークフローを実施し、通知もTeamsで行うPower Appsの活用事例をご紹介します。基本的に利用者はTeams以外を操作する必要はありません。 今回ご紹介する備品申請アプリは、承認依頼や承認結果確認の連絡もTeamsでメッセージが送信されるため、メール通知よりも申請の見逃しなどが発生しづらくなるメリットがあります。, 1.前提条件2.備品申請アプリのご紹介 2-1.申請フォーム画面 2-2.承認依頼メッセージ 2-3.承認結果メッセージ 2-4.申請履歴画面 3.Power AppsとTeamsを組み合わせる, 今回用意したPower Appsアプリを作成、利用するために必要なライセンスとアプリはこちら。下記のライセンスとアプリは Microsoft 365 Business Standard ライセンスなどを保有していれば無償で利用することができます。ライセンスMicrosoft 365 Business Standard (Microsoft E3・E5などでも可)Power Apps for Office 365Microsoft Power Automate free アプリPower AppsPower AutomateSharePoint Teams, 今回ご紹介する「備品申請」アプリには下記の機能があります。 1.備品を申請する「申請フォーム画面」 2.指定した承認者に申請内容を通知し、承認 / 却下を実施する「承認依頼メッセージ」 3.申請者に承認結果を通知する「承認結果メッセージ」 4.自分の過去の申請履歴を一覧表示する「申請履歴画面」Power Appsで作成した「備品申請」アプリをTeams上に追加することで、上記機能は全てTeams上で実施できます。, 備品申請を行う画面です。申請者はTeamsにログインしているユーザー名が自動的に入力されます。 承認者はメールアドレスでユーザー検索が可能です。ファイルを添付することができ、レシートなどの 撮影した画像を添付することが可能です。申請情報はSharePointリストに登録され、指定した承認者に対してTeamsの承認依頼メッセージが送信されます。, 申請があった時に指定された承認者宛にTeamsで承認依頼メッセージが送信されます。承認依頼メッセージには「申請内容」「承認ボタン」「却下ボタン」があり、メッセージ上で申請に対する承認 / 却下を応答することができます。, 承認者が承認した後、申請者宛にTeamsで承認結果メッセージが送信されます。申請内容が記載されているため、どの申請が承認されたのか即時確認できます。, 申請、または承認/却下された情報は全てSharePointリストに登録されます。「申請履歴画面」では、過去に自分が申請したすべてのアイテムが一覧表示されます。, 今回ご紹介したアプリのようにPower Appsで作成したアプリはTeamsに追加してTeams上で操作することができます。 もちろん、Teamsの通知よりもメール通知の方が慣れている方もいらっしゃると思いますし、メール通知によるワークフローも作成可能です。 しかし、Power AppsをTeamsで利用するメリットは様々です。 ・Teamsから承認依頼などの通知が届くので申請に気づきやすい ・Teamsを使い慣れているユーザーは多く、SharePointなどで申請するよりも使いやすいなど、アプリの作り方次第でたくさんのメリットが生まれます。 もしPower Appsを使って業務改善を検討されているのであれば、是非Teamsと組み合わせた活用も検討されてみてはいかがでしょうか?, PR:今後もPower Appsを活用したアプリを紹介していく予定です。弊社ではお客様向けの導入・運用技術支援サービスを行っております。ご用命の際はお気軽にお問い合わせください!, PowerApps で楽をしよう。Teams上で申請~承認~確認をすべて行うアプリ, 組織の要‼中間管理職向けのTeams活用法 第5回~Teamsを活用したストック情報・フロー情報の整理例~. 公式「Office Delveとは」, SharePoint管理センターは基本サイトを管理するセンターだが、ユーザの管理もできる。 公式「Microsoft 365 管理センターについて」, Microsoft365管理センターが開くので、「アクティブなユーザー」をクリック, ユーザーの一覧が出てくるので、編集したいユーザーをクリック。「~を管理」をクリックするとその項目が編集できる。, O365コネクタは色々な情報を引っ張ってこれるので非常に便利なんだけど、色々な情報すぎてその情報を編集できる場所がわかりにくいのが少し難点。, 次回のコメントで使用するためブラウザーに自分の名前、メールアドレス、サイトを保存する。, このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください。, 訪問いただきありがとうございます! 5年ぶりにプログラマとして復帰した元カフェ店員が、備忘録も兼ねて更新していきます。PowerPlatform系の内容がメインです。, PowerAutomate PowerApps Office365ユーザーコネクタで取得できる情報の設定場所一覧. Morning Girl Web API, Windows, C#, .NET, Dynamics 365/CRM etc.. 2019-08-02. 前回の記事でOffice365ユーザーコネクタ(以下O365コネクタ)で取得できる情報の設定場所一覧を紹介したので、今回の記事ではその設定場所へのたどり着き方をご紹介。 前回紹介した設定場所はこちら OfficeDelve SharePointOnline管理センター AzurePortalユーザプロファイル Microsoft365管理センター … 「Microsoft Azure の導入・構築・運用」に関する資料請求・お問い合わせはこちら.

Copyright © 2020 仕事のあれこれ All Rights Reserved. ちょっと多忙により触りの部分だけ。 僕のテナントでもリストのフォームのカスタマイズが PowerApps でできるようになりました。ワクワクしますね。 リストのビューの「 PowerApps 」っをクリックすると今までなかった「フォームのカスタマイズ」が! クリックすると PowerApps

ログインすると、以下のような画面が表示されます。これで、PowerAppsのインストールは完了です。次に開発をしてみます。 ステップ2:PowerAppsアプリを開発する. Copyright © SB Technology Corp. All rights reserved.

こんにちは。sinyです。 この記事ではPowerAppsでドロップダウンリストを選択した際に画面を切り替える機能の実装手順について簡単にご紹介します。 機能概要 下記動画の様にドロップダウンリストの

前回の記事でOffice365ユーザーコネクタ(以下O365コネクタ)で取得できる情報の設定場所一覧を紹介したので、今回の記事ではその設定場所へのたどり着き方をご紹介。 前回紹介した設定場所はこちら, Office DelveはMicrosoft365(旧Office365) のプロファイルを管理できるサイト。 そんなときに使えるのが「Office365ユーザー」コネクタで、メールアドレスや名前、対象... PowerApps CSSみたいに共通スタイルを定義する|※CSSと同じことはできませんw, PowerApps 情報の一覧表示がひたすら簡単に実装できる! ギャラリーの基本的な使い方, PowerApps 自分と関連のある人たちをギャラリーで一覧表示する|カスタムコネクタでできること色々, PowerApps(PowerAutomate) GraphAPIへのカスタムコネクタの作成!色々な情報を持ってくる!. まずは PowerApps の公式ページへ接続して、Office 365 または Dynamics 365 等 PowerApp が利用可能なアカウントでログインします。PowerApps のダッシュボードが表示されると、画面左下の[新しいアプリ]をクリックすると、新しいアプリ作成ができます。 今回はその一覧画面に対して、ログインしたユーザーでアクセス範囲を規定する設定を、ポータルを通じて実現してみたいと思います。 docs.microsoft.com . ログインできたらPowerAppsのアイコンを探してクリックしてください。 こんなやつです。 (見当たらなかったら、[すべてのアプリから探す→]で出るかも) PowerAppsのホーム画面がでたら、空白から作成しましょう。 こんな画面になるはずです。 ボタンを設置する.

PowerAppsで楽をしよう。シリーズ第4弾は「備品申請」アプリです。 PowerAppsで作成したアプリはTeamsに追加して、簡単に起動することができます。 今回はその機能を生かしてTeams上で申請~承認~結果確認 を全て実施させました。 基本的に利用者はTeams以外を操作する必要はありません。 公式「新しい SharePoint 管理センターの概要」, SharePoint管理センターへの行き方は、まず上の公式サイトから「新しい SharePoint 管理センターに移動」リンクをクリック。, 検索ボックスで編集したいユーザを検索し(ローマ字でアドレスとかを検索すると見つかりやすい)、個人用プロファイルの編集をクリック, AzurePortalユーザープロファイルはAzureの管理画面からたどり着ける。