今日は先日の記事で開封&ベンチマークテストをした Razer BlackWidow Tournament Edition Chroma V2 ORANGE SWITCH 英語配列 【日本正規代理店保証品】 RZ03-0... 赤魔道士のクエで5回程死んだですがこの凄そうな商品にしたら上手になれますか

20000円の福袋届きました。ゆうパックだったみたいなんですが、16時ぐらいでしたね。 メイン収入源が断たれてしまったため、Amazonほしいものリストや、Amazonギフト券などでご支援いただけると今後の励みになります。, 以外と戦闘中に見るスキルって限られてるから、重要なのだけ集めて見やすいところに置いとくのはいい感じだ!. ヨドバシカメラの海外ブランドモバイルノートパソコンの夢ってやつです。 Razer Naga Trinity サイドボタンを2/7/12ボタンに付け替え可能 MMO/MOBAゲーミングマウス 【日本正規代理... サイドに12ボタンを搭載したゲーミングマウス。使用スキルの多いゲームではこれなしにプレイできないほど依存しています。, 左にボタンを5つ追加してあるゲーミングキーボード。タンクの時に番号付けで使用していたが、現在は召喚士なのでまったく使っていない。, あと、razer製品はキーを叩いたときにカチッと結構な音が出るので、家族が寝ている横で使用する人は注意。, デフォルトの自分のHPバーが画面下で、敵のHPバー画面上だと目の移動が激しくて疲れるので下に全て集めました。フォーカスターゲットだけ若干見やすい位置に。, エーテルとバハムートアイコン?をプレイヤー付近に配置しました。正直まだ目線が慣れてなくて、エーテルのアイコンを見る癖がついてないので調整中です。, リキャスト毎にすぐ使いたいスキルを見逃さないために、フォーカスターゲットの横に配置してます。, こんな配置になってます・・・・と言ってもわかりにくいと思いますので、白黒にしてわかりやすくすると, 基本は数字キー、Alt+数字キー、Razer Naga 12ボタンをメインに使用します。, Alt+Razer Naga 12ボタンもまだ若干慣れないので、あまり使用頻度が高くないスキルを配置してますが、ここはちょっと慣れていかないとダメっぽいですね。, レベル70に近づくにつれてまたスキルも増えてくると思いますので、拡張性を含めてこのような調整にしてあります。, 【PUBG JAPAN SERIES 2018推奨ギア】LOGICOOL ロジクール アドバンス ゲームボード G13r, すごい良さそうなんですが、こういうの集めてるとキリがなくなるのでとりあえず現状で済ませられるように調整していこうと思いますよ。, まぁRazer Nagaは買っておいたほうがいいとは思います。スキル数で苦しんでる方はかなり楽になるので!!. 4Gの頃からモンハンをプレイしていていつも思っていたのが GTX1050が安すぎる

おはようございます。

※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。, 科学技術は日進月歩の世界です。特にテレビ、オーディオ、コンピューター関連の機器は急速に加速しています。, 【やっぱり純正が一番!】RAZER社「Razer Tomahawk Mini-ITX」をレビュー, 【ロマン極める者へ】ASUS社「ROG-STRIX-RTX3090-O24G-GAMING」をレビュー, 【旧世代の王者を超えろ!】ゾタック社「ZOTAC GAMING GeForce RTX 3070 Twin Edge OC」をレビュー, 【標準規格は3スロット化へ】COOLER MASTER社「MasterBox NR200P」をレビュー, 【号外】「KLEVV NEO N600 480GB」が「KLEVV公式ブログ」より記事掲載されました, 【意外と快適?!】ASUS社「TUF B350M-PLUS GAMING」と「Raven Ridge」をレビュー, 【1台3役】RAZER社ゲーミングマウス「Razer Naga Trinity」をレビュー. さて、今回の投稿者さんは ... おはようございます。 ということでつ... 【FF14】4.05対応 召喚士用マクロをご紹介 ペットスキルの使い漏らしを減らす組み合わせ, XBOXワイヤレスコントローラーを半年使用しての感想 超便利なチャージバッテリーは必須アイテム. 日本語に対応しおり安心して購入できます。 小計が13,480円、そこに配送費用が掛かるので合計で14,500円ほど掛かってしまいます。 最近話題のDQXのWii切りとか、FF14の追加とか見てて DQX ... こんばんは。 さっそく中... ご無沙汰しております。

手が疲れる。 FF14ではスキルの数が多いため、キーボード+マウスでプレイするならゲーミングマウスがあると超便利です。私はゲーミングマウスなしじゃもうプレイできません。, ここでは私が実際に使っているゲーミングマウスのRazer Nagaを使った設定方法や、ゲームのHUDの配置について公開していきます。, HUDの配置に関してはNagaじゃなくても流用できますので、参考になればと思います。, Razerシリーズは、Razer Synapseというソフトウェアを通して設定を行います。Razerデバイスであれば一括して設定できますので、キーボードなども揃えると一気に設定できて便利ですよ。, Razer Synapseは3.0がベータとして出ていますが、対応している型番にバラつきがあるため2.0の利用が良いと思います。, 私は3.0をインストールしたらプロフィール全部消えて2.0と3.0でデバイスが分断されました・・, パソコンにNagaをUSB接続すれば自動的にRazer Synapseに登録される。はず。, 「プロファイルの選択」で「+」を押すと新しいプロファイルが作成されるのでクリックしておきましょう。名称をFF14など分かりやすいものに変更。, 次に、「プログラムをリンク」に✓を入れて、フォルダのマークをクリックしてFF14の起動プログラムを選択します。こうすることで、FF14を起動すればマウスのプロファイルが自動的に切り替わります。超便利。, 「パフォーマンス」をクリックして、感度のセクションでDPIスライダーを動かしてマウスの感度を設定しましょう。初期では1800とかになっています。個人的には速すぎるので少し落として1200。, 「カスタマイズ」の「キーマップ」で①をクリックします。すると上記のようなウィンドウが出現します。, 「ボタンの割り当て」をクリックするとオプションが色々と表示されます。今回FF14の設定で使うのは主に「キーボードの機能」です。, 「キーボードの機能」を選択してキーボードのキーを押すことで、「キーのリバインド先」にキーが割り当てられます。保存して終了。, こうすることで、サイドボタン1を押せば「Ctrl+1」。Altを押しながらサイドボタン1を押せば「Alt+Ctrl+1」となるように仕込んでおきます。, この辺りのスロットとボタンの関係については後述するHUDレイアウト変更を見てもらえれば分かると思います。, これはトップボタンの設定。余談ですが、マウスホイールを右・左に押し込む部分に「Tab」を設定しているので、敵の選択変更がマウスホイールで可能になっています。, 右下のメニューの一番右の「XIV」アイコンをクリックし、「HUDレイアウト変更」をクリックします。, するとこのように画面が灰色がかります。この状態でホットバーなどの位置を変更していきます。, Razer Nagaは縦4×横3のトータル12ボタンがサイドに配置されています。これに合わせてホットバーを並べていくと直感的で分かりやすい。他のゲーミングマウスでも同様です。, キーボードを使う場合、移動をWASDで行うことになります。数字の1~4は無理なく指を動かせる範囲なので、コアな魔法をここに配置します。, ちなみにそのすぐ下のブリザド系はAlt+数字に設定しています。あまり押さないけどいざとなったら・・という魔法はここに配置。, 使用頻度の高い魔法はホットバー右側に配置してある12個。Nagaのボタンと位置が合うように配置します。割り当てるボタンはCtrl+0~10。数字として11と12はキーボードに存在しないので、「-」や「^」といった適当なキーバインドをしておきます。, その次に使用頻度の高い魔法は、ホットバー中央に配置。これもNagaのボタンと合わせて配置しましょう。Altを押しながらサイドボタンを押せば発動するようにします。WASDを触りながらでも左の親指を使えばAltを簡単に押しっぱなしにできるからです。, スプリントに関してはマウスホイールの押し込みに設定しています。この辺の細やかなカスタマイズは好き好きということで。Nagaにはマウスホイールのすぐ下にもボタンが2つあるので、そこにリミットブレイクを登録しても良いです。, Nagaは3・6・9・12が最も押しやすいボタンなので、そこに一番使う魔法やスキルを配置するのがベストです。黒で言えばファイジャとかね。, ワンポイント:どれがどのホットバーだよ!ってなった時は「HUDレイアウト変更」をのぞけば確認できます。, 上記のようなウィンドウが表示されますので、「ホットバー」セクションをクリックして開きます。, ホットバーは左から順にスロット1→スロット12になっているので、対応しているスロットとキーバインドを合わせていきます。, スロット10は「Ctrl+1」をキーバインド。スロット11は「Ctrl+2」、スロット12は「Ctrl+3」をバインドしています。, スロット6は「Ctrl+Alt+1」をキーバインド設定。Altを押しながらNagaのサイドボタン1を押すとスロット6の魔法が発動します。スロット7は「Ctrl+Alt+2」、スロット8は「Ctrl+Alt+3」を設定。, スロット10は「Ctrl+4」をキーバインド。スロット11は「Ctrl+5」、スロット12は「Ctrl+6」をバインドしています。, スロット6は「Ctrl+Alt+4」をキーバインド設定。スロット7は「Ctrl+Alt+5」、スロット8は「Ctrl+Alt+6」を設定。, スロット10は「Ctrl+7」をキーバインド。スロット11は「Ctrl+8」、スロット12は「Ctrl+9」をバインドしています。, スロット6は「Ctrl+Alt+7」をキーバインド設定。スロット7は「Ctrl+Alt+8」、スロット8は「Ctrl+Alt+9」を設定。, 1~4には何も設定せず。クリックで発動させています。タンクやヒーラーにエーテリアルステップできるようにマクロ登録。, スロット10は「Ctrl+0」をキーバインド。スロット11は「Ctrl+-」、スロット12は「Ctrl+^」をバインドしています。, スロット6は「Ctrl+Alt+0」をキーバインド設定。スロット7は「Ctrl+Alt+-」、スロット8は「Ctrl+\」を設定。スロット8だけ違うのは、スプリントの使用頻度が高いのでマウスホイール押し込みで発動するように設定しているからです。, FF14におけるゲーミングマウスの設定方法とHUDレイアウトの変更を紹介しました。, Razer Nagaを使用しているのでそれを例にとった説明となりましたが、ゲーミングマウスならサイドボタンを自由に設定できるはずなので流用できるでしょう。, FPS用などはサイドボタン2つのマウスが良いですが、FF14やMMOなど非常に多彩なスキルとボタン使いが要求されるゲームではサイドボタンが多いマウスが絶対おすすめです。, ゲーミングPCやゲーミングデバイスの情報を投稿する「GameGeek」の管理人。レビューなどの依頼はお問い合わせかツイッターまでお願いします。.