今回の問題、大変申し訳ございませんが、ご存知の通りご購入から2か月まで交換対応させて頂いておりますので、今回、新しいプリンターをお送りすることは致しかねます。, 現実的な対応としては、起こっている事象、問題に対しての行動と同様に、再発を防止することが重要となります。「また起こるのではないか」という不安があっては、誠意は伝わらず、謝罪も受け入れられない可能性があります。, We will make every effort to ensure this error won’t happen again by using checklists to check whether the necessary steps were taken. この間違いは全面的に私達の責任と理解しております。, We accept responsibility for this delay. 間違いの起こった原因、状況 … すぐにお返事しなかったために、無視をされているとお感じになったことでしょう。, 責任の所在を明確にすることで、言い逃れたいのではなく、謝罪をしたいことが伝わります。また、新たに信頼関係を築くための出発点となります。, We recognized our distribution center was responsible for the error. 5. それについてのクレームを受けた際、オーダーを再確認せず、申し訳ありません。, I am (We are) sorry (that) __.

アットイングリッシュ/@English 相手への迷惑、損害を認識していることを示す ごめんなさい、邪魔をするつもりは無かったのです。, I am sorry は、very や really、terribly などを入れて、謝罪の気持ちを強調できます。また、for __ 以下を足して、何について謝っているのかを表現します。, I’m terribly sorry for the inconvenience. 再発の防止、同じ間違いが無いよう約束する, 次は具体的に、英語でどのように表現すれば良いのか、ネイティブの英語例文を参考にしながら見ていきましょう。, なんらかの被害、迷惑を被り、謝られる側の立場になってみれば当然ですが、謝罪する側の態度、口調、使っている言葉遣いなど、礼儀正しさを欠いていれば、何かと気に障るものです。ビジネスの場面では特にそうですが、礼儀正しい謝罪を心がけましょう。, 先述したように、態度、口調、使っている言葉遣いなどで、カジュアルさや礼儀正しさが顕れます。, 例えば、”Oops”、”Oh!” などを、sorryの前に付けると非常にカジュアルなニュアンスになります。「あ、ごめん!」「お、ごめん!」といった感じです。, また一般的に、口にする文章の長さにも、礼儀正しさが顕れると受け止められます。この意味では、”Sorry about that.” は、「すみません」「ごめんなさいね」程度です。, 基本的にある程度長くなると「礼儀正しく」なる理由は、文章の中で、「~して申し訳ございません」「~の件、ごめんなさい」といったように、謝罪の内容や原因、経緯の説明が入るからです。Sorry という言葉も省略せずに、I’m sorry、或いは、We are sorry という形で口にする方が礼儀正しく響きます。, I am (We are) sorry for __. ご不便をおかけして、本当に申し訳ありません。, I am so sorry for any distress this may have caused you. https://atenglish.com/. I’m sorry, I didn’t mean to take you away from your work. その日起こった事を見直すために毎日ミーティングを開き、同じ間違いを起こさないようソリューションを見つけていきます。, In the future, our focus will be on quality management, so this situation won’t repeat itself. I am (We are) sorry about __. Reach out to them as soon as possible for you and say sorry. 私たちがご提示できる事としては、来年のキャンペーンを無料にするか、ご請求を50%ディスカウントすることです。, We will tell our distribution center to send Item XXX PYZ shortly but it will take two weeks at least. 英語情報メルマガ, Sorry(ごめんなさい)。誰もが知っていて、使い易い謝罪の英語表現にも思えますが、その一方で、相手がその謝罪を受け入れてくれなければ、残念ながら意味を成しません。, そして、相手がこちらの謝罪を受け入れてくれるかどうか、そこに影響を及ぼす幾つかの大きな要素の中に、「礼儀正しさ」と「誠実さ」があることは、英語でのコミュニケーションでも同じです。大切なのは、それらをキチンと言葉(英語)に乗せること。, 単に謝っても、「ゴメンで済むことではない!」と思われてしまうかもしれませんし、たとえ、たくさんの補償を用意しても、「金で済まそうと思っているのか!」と相手が感じてしまったら、問題をこじらせてしまうかもしれません。, 今回は、そうならないように、礼儀正しさと誠実さが伝わる、英語での謝罪の、ポイントとその英語表現をご紹介させていただきたいと思います。, 謝るときに大切なことは、日本語でも英語でも同じですが、まずは申し訳ない気持ちでいることが伝わること、そして、その上で、あらためて信頼関係を回復することです。, まずは、以下の6つのポイントをご覧になってみてください。これらをいつでも全て、謝罪のときに含めなくてはいけないというわけではありません。状況に応じて、織り交ぜながら必要なものを含めてください。そして、それらを英語で表現できるようにしましょう。, 1. Please allow me to apologize for the inconvenience. 4,000人以上のビジネスパーソンが愛読する その間違いは、本社とローカルスタッフの間で誤解が生じたことによるものでした。, Our internal communication was not good enough. 大変ご迷惑をおかけしまして、申し訳ありません。, I’m sorry. sorryの正しい意味と使い方. Sorry for the inconvenience.例文帳に追加, 前回のお打ち合わせの際には、名刺を切らしてしまい失礼いたしました。 - Weblio Email例文集, I did not have enough business cards with me at the meeting.