T細胞受容体(ティーさいぼうじゅようたい)、以下TCR (T cell receptor) とはT細胞の細胞膜上に発現している抗原受容体分子である。構造的にB細胞の産生する抗体のFabフラグメント[注 1]と非常に類似しており、MHC分子に結合した抗原分子を認識する。成熟T細胞の持つTCR遺伝子は遺伝子再編成を経ているため、一個体は多様性に富んだTCRを持ち、様々な抗原を認識することができる。, TCRはα鎖とβ鎖、あるいはγ鎖とδ鎖の二量体から構成される。前者の組み合わせからなるTCRをαβTCR、後者の組み合わせからなるTCRをγδTCRと呼び、それぞれのTCRを持つT細胞はαβT細胞[注 2]、γδT細胞と呼ばれる。TCRはさらに細胞膜に存在する不可変なCD3分子と結合し複合体を形成する。CD3は細胞内領域にITAM (immunoreceptor tyrosine-based activation motif) と呼ばれるアミノ酸配列を持ち、このモチーフが細胞内のシグナル伝達に関与する[1]。, それぞれのTCR鎖は可変部 (V) と定常部 (C) から構成され、定常部は細胞膜を貫通して短い細胞質部分を持つ。可変部は細胞外に存在して、抗原-MHC複合体と結合する。可変部には超可変部、あるいは相補性決定領域 (CDR) と呼ばれる領域が3つ存在し、この領域が抗原-MHC複合体と結合する。3つのCDRはそれぞれCDR1、CDR2、CDR3と呼ばれるが、TCRの場合、この内CDR1とCDR2はMHCと結合し、CDR3が抗原と結合すると考えられている。, TCRは免疫グロブリンスーパーファミリーに属するタンパク質であり、上記のような構造は抗体のそれと非常によく似ているが、抗体と異なり、細胞外に分泌されることはない。, TCRの構成は免疫グロブリンとして知られるB細胞受容体の過程と似ている。αβTCRの遺伝子再編成ではまず、β鎖のVDJ再編成が行われ、続いてα鎖のVJ再編成が行われる。α鎖の再編成が行われる際にδ鎖の遺伝子は染色体上から欠失するため、αβTCRを持つT細胞がγδTCRを同時に持つことはない。逆にγδTCRを持つT細胞ではこのTCRを介したシグナルがβ鎖の発現を抑制するため、γδTCRを持つT細胞がαβTCRを同時に持つこともない。, 遺伝子再編成はB細胞の場合と同様にリコンビナーゼであるRAG-1とRAG-2に依存している。またターミナルデオキシヌクレオチジルトランスフェラーゼ (TdT) は遺伝子再編成において生じる遺伝子断片接合部にN-ヌクレオチドをランダムに挿入することでTCRの多様性形成に寄与する。これらのメカニズムにより1個体が持つTCRの多様性の総数は計算上1018を超える。ただし、免疫グロブリンと異なり、TCR遺伝子の場合は体細胞高頻度突然変異は生じない。また、TdTによるN-ヌクレオチドの挿入の結果生じる多様性の拡大はCDR3のみに影響するため、TCRでは多様性がCDR3に集中する。これはCDR3をコードする領域のみが遺伝子断片の接合部を含むためである。, TCRの役割は抗原認識である。CD4陽性細胞(Th細胞)の場合、特異的な抗原がTCRと結合すると、CD4に結合するLckがCD3のITAMをリン酸化し、これが起点となって細胞内にシグナルが伝達される。ナイーブT細胞は活性化するが、この時にTh細胞は補助刺激因子の存在を必要とする。この補助刺激因子はB7と呼ばれる分子で、TCRが抗原と結合した状態でさらにB7がT細胞上のCD28と結合すると、Th細胞は活性化に導かれる。補助刺激因子が存在しない場合、CD4陽性T細胞は不活化する(これをアネルギーという)[2]。, αβT細胞はMHC上に存在するペプチドしか認識できない。また、別の個体のMHC上のペプチドは認識できない。これをMHC拘束性という。一方で一部には非MHC拘束性のT細胞が存在し、これはナチュラルキラーT細胞(NKT細胞)と呼ばれる。NKT細胞の持つTCRはMHC上の抗原ではなく、CD1(特にCD1d)上の脂質抗原を抗原特異的に認識する。また、γδT細胞は抗原提示細胞やMHCの介在なしに一部の抗原と直接反応する。, 補助刺激分子の存在下でTCRと抗原が結合すると、ナイーブT細胞の活性化が起きる。活性化したT細胞は細胞増殖やIL-2などのサイトカインの産生、細胞傷害作用といった機能を発揮できるようになる。細菌の毒素やウイルス感染細胞で産生される、ある種の物質はMHC IIと結合して、特定のサブファミリーに属するTCRを非特異的に活性化する。この抗原をスーパー抗原と呼び、T細胞を過剰に活性化するため、発熱、発疹、ショックなどの症状を引き起こす[3]。, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=T細胞受容体&oldid=75920495. を得ることができる〔遺伝子再構成解析(gene rearrangement analysis; GRA)〕. T細胞リンパ腫ではTCR遺伝子のうちJγ鎖と Cβ1鎖が主に検索される.Jγ鎖の方が先に再構 成され,αβT細胞リンパ腫においても検出され るため感度が高いが,逆に特異度が低い.一方B

�ü…ı³ÅCŞ(jœqğDî/Û:ëÂúÕ>7O?¨ıò潿®[=ïŞû©«7.œŞ0¡ñş™ù^ßM|¼¯“”UŒÇ½î‚ş9ÅÌ5ÙGц´eş¬ÉhĞ¸Õ '2ŞiÒÚÂÚb+s�İív—–——Ãı±”süévc.ş§ì‡�Öÿ�Rğ÷#`ıBçæáoğy .�„ –aíÅäÔc–/Ü1¤5=V9E«ä' ~RfZ½)~yÓ¹…Ağ K�Úi.­©*¿¥¼Y¬!ÔXáÁÊ0� •hf¢)+±|æÓÍr_9ÈËÓùã^…¼&V-å›. tcrの構成は免疫グロブリンとして知られるb細胞受容体の過程と似ている。 αβtcrの遺伝子再編成ではまず、β鎖のvdj再編成が行われ、続いてα鎖のvj再編成が行われる。α鎖の再編成が行われる際にδ鎖の遺伝子は染色体上から欠失するため、αβtcrを持つt細胞がγδtcrを同時に持つことはない。 tcr-β鎖遺伝子再編成試験. • β鎖の発現が止まりαβ型のプレtcrの発現 が起こらなくなる。 • 多くのダブルネガティブt細胞では、これとは 逆にプレtcr からのシグナルを受けて、tcr γ鎖およびδ鎖の発現が停止し、αβ型t細 胞へと分化し …

tcrの構成は免疫グロブリンとして知られるb細胞受容体の過程と似ている。 αβtcrの遺伝子再編成ではまず、β鎖のvdj再編成が行われ、続いてα鎖のvj再編成が行われる。α鎖の再編成が行われる際にδ鎖の遺伝子は染色体上から欠失するため、αβtcrを持つt細胞がγδtcrを同時に持つことはない。 中では1例 にのみβ鎖の再構成が検出された(表 2)。 さらに我々はAILDの 病態を明らかにする目的 で,最 近遺伝子が単離されたB細 胞刺激因子である IL-4, 5に ついて検索を行なった。IL-4, 5の Southern法 による解析では,遺 伝子再構成,増 幅等

1. β鎖遺伝子の再構成 2. α鎖遺伝子の再構成 • cd4またはcd8を発現する成熟αβ型T細 胞が誕生する。 b細胞で起こる体細胞高頻度突然変 異は認められない。 6.リンパ球の分化と成熟 1.t細胞の分化 a. t細胞は胸腺で分化する 1.t細胞の分化 胸腺は胸骨の裏側で心臓の上に位置し、T細胞が分化成熟するために必須の臓器である。骨髄から移入してきた多分化能を有する幹細胞は胸腺内の微小環境で成熟し、T細胞へと分化をとげ最終的には末梢へと出ていき、二次リンパ組織や炎症の局所において機能を発揮する。胸腺内におけるT細胞分化の過程で生じる重要な現象は、1)T細胞受容体遺伝子の再編成、2)自己MHCを認識するTCRを発現するT細胞の選択(正の選択)、3)自己抗原を認識するTCRを発現するT細胞の除去(負の選択)、4)CD4および… なっている.γ鎖とδ鎖遺伝子は,α鎖とβ鎖遺伝 子に先立って再構成され,それぞれ複合体を形 成する.TCRはδ鎖→γ鎖→β鎖→α鎖の順で再構 成を行うため,T細胞性リンパ腫のTCR再構成パ ターンを調べることにより,腫瘍細胞のnormal tcr-β鎖遺伝子再編成試験.

T細胞受容体(ティーさいぼうじゅようたい)、以下TCR (T cell receptor) とはT細胞の細胞膜上に発現している抗原受容体分子である。構造的にB細胞の産生する抗体のFabフラグメントと非常に類似しており、MHC分子に結合した抗原分子を認識する。成熟T細胞の持つTCR遺伝子は遺伝子再編成を経ているため、一個体は多様性に富んだTCRを持ち、様々な抗原を認識することができる。, TCRはα鎖とβ鎖、あるいはγ鎖とδ鎖の二量体から構成される。前者の組み合わせからなるTCRをαβTCR、後者の組み合わせからなるTCRをγδTCRと呼び、それぞれのTCRを持つT細胞はαβT細胞、γδT細胞と呼ばれる。TCRはさらに細胞膜に存在する不可変なCD3分子と結合し複合体を形成する。CD3は細胞内領域にITAM (immunoreceptor tyrosine-based activation motif) と呼ばれるアミノ酸配列を持ち、このモチーフが細胞内のシグナル伝達に関与する。, それぞれのTCR鎖は可変部 (V) と定常部 (C) から構成され、定常部は細胞膜を貫通して短い細胞質部分を持つ。可変���は細胞外に存在して、抗原-MHC複合体と結合する。可変部には超可変部、あるいは相補性決定領域 (CDR) と呼ばれる領域が3つ存在し、この領域が抗原-MHC複合体と結合する。3つのCDRはそれぞれCDR1、CDR2、CDR3と呼ばれるが、TCRの場合、この内CDR1とCDR2はMHCと結合し、CDR3が抗原と結合すると考えられている。, TCRは免疫グロブリンスーパーファミリーに属するタンパク質であり、上記のような構造は抗体のそれと非常によく似ているが、抗体と異なり、細胞外に分泌されることはない。, TCRの構成は免疫グロブリンとして知られるB細胞受容体の過程と似ている。αβTCRの遺伝子再編成ではまず、β鎖のVDJ再編成が行われ、続いてα鎖のVJ再編成が行われる。α鎖の再編成が行われる際にδ鎖の遺伝子は染色体上から欠失するため、αβTCRを持つT細胞がγδTCRを同時に持つことはない。逆にγδTCRを持つT細胞ではこのTCRを介したシグナルがβ鎖の発現を抑制するため、γδTCRを持つT細胞がαβTCRを同時に持つこともない。, 遺伝子再編成はB細胞の場合と同様にリコンビナーゼであるRAG-1とRAG-2に依存している。またターミナルデオキシヌクレオチジルトランスフェラーゼ (TdT) は遺伝子再編成において生じる遺伝子断片接合部にN-ヌクレオチドをランダムに挿入することでTCRの多様性形成に寄与する。これらのメカニズムにより1個体が持つTCRの多様性の総数は計算上1018を超える。ただし、免疫グロブリンと異なり、TCR遺伝子の場合は体細胞高頻度突然変異は生じない。また、TdTによ��N-ヌクレオチドの挿入の結果生じる多様性の拡大はCDR3のみに影響するため、TCRでは多様性がCDR3に集中する。これはCDR3をコードする領域のみが遺伝子断片の接合部を含むためである。, TCRの役割は抗原認識である。CD4陽性細胞(Th細胞)の場合、特異的な抗原がTCRと結合すると、CD4に結合するLckがCD3のITAMをリン酸化し、これが起点となって細胞内にシグナルが伝達される。ナイーブT細胞は活性化するが、この時にTh細胞は補助刺激因子の存在を必要とする。この補助刺激因子はB7と呼ばれる分子で、TCRが抗原と結合した状態でさらにB7がT細胞上のCD28と結合すると、Th細胞は活性化に導かれる。補助刺激因子が存在しない場合、CD4陽性T細胞は不活化する(これをアネルギーという)。, αβT細胞はMHC上に存在するペプチドしか認識できない。また、別の個体のMHC上のペプチドは認識できない。これをMHC拘束性という。一方で一部には非MHC拘束性のT細胞が存在し、これはナチュラルキラーT細胞(NKT細胞)と呼ばれる。NKT細胞の持つTCRはMHC上の抗原ではなく、CD1(特にCD1d)上の脂質抗原を抗原特異的に認識する。また、γδT細胞は抗原提示細胞やMHCの介在なしに一部の抗原と直接反応する。, 補助刺激分子の存在下でTCRと抗原が結合すると、ナイーブT細胞の活性化が起きる。活性化したT細胞は細胞増殖やIL-2などのサイトカインの産生、細胞傷害作用といった機能を発揮できるようになる。細菌の毒素やウイルス感染細胞で産生される、ある種の物質はMHC IIと結合して、特定のサブファミリーに属するTCRを非特異的に活性化する。この抗原をスーパー抗原と呼び、T細胞を過剰に活性化するため、発熱、発疹、ショックなどの症状を引き起こす。, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=T細胞受容体&oldid=75920495.

胸腺は成長とともに退縮し成人以後は検出困難となるが, 成人骨髄移植患者において免疫系再構築がおこることから成人後もT細胞成熟が継続していると考えられる。またメモリーT細胞はヒトでは約20年以上の長期寿命をもち時間とともに蓄積するため加齢に伴ってT細胞生成の必要性は低下していく。 trb (t細胞受容体β鎖) cβ1 dna再構成 ... t細胞においてもb細胞と同様に分化過程においてtcr遺伝子の再構成が見られる. 1i, ED.

dn1細胞にはtcr遺伝子の再構成は検出されないが、dn3細胞へと分化が進むまでにはtcr遺伝子再構成に必須の酵素ragの構成鎖rag-1と rag-2が発現され、tcrβ及びtcrγ遺伝子座のv(d)j組換えが起こる。 ゲノムdnaをstap細胞と、cd45+細胞由来のstap細胞から作ったキメラマウスの尾の先端から抽出 ↓ dna50ngを使い、次のプライマーを用いて(d)j 再編成領域をpcr dβ2:5'-gcacctgtggggaagaaact-3' jβ2.6:5'-tgagagctgtctcctactatcgatt-3' ↓ いきなり難しいタイトルで読者は戸惑っているだろうが、一番戸惑っているのは他ならぬこの私であるから心配することはない。, 学とみ子は、NHKによるTCRの説明は間違っているとの主張をズーとしてきています。, と学とみ子さんは自身のブログのコメント欄で仰っているのですが、実は大昔に私もこの問題を取り上げて記事を書いたことがあった。その記事で私は次のように書いている。, Nature論文には「キメラマウスの細胞についてTCR再構成について調べた」と書かれている。それだけで十分だ、少なくともNature の査読者はそう思った、と笹井さんは言っているわけである。, これはNHKが笹井さんにキメラマウスの細胞でもTCR再構成が観察されたのか否かを笹井さんに問い合わせたときの笹井さんの返答である。すでにSTAP幹細胞においてはTCR再構成が観察されないことは理研から公表されていたので、「Nスペ」がTCR再構成を問題にしたのは、キメラマウスについてだけだったと記憶している(TCR再構成そのものについての説明があったのかどうかは記憶にない)。, STAP論文には「キメラマウスの細胞についてTCR再構成について調べた」としか書いてないと私はSTAP論文を読まずに(たぶん「Nスペ」の言うことを鵜呑みにしたのだと思う)書いた。, そこで今回、STAP論文には実際、どのように書いてあるのかを当たることにした。ところが私は英語が読めない。しかし幸いにして片瀬久美子さんのブログに「(参考)STAP細胞論文まとめ−Nature Article論文 」という記事があったので、そこから引用さてていただくことにした。, ・Tcrb (T細胞受容体遺伝子)のゲノム再構成が、FACS精製したCD45+ 細胞とCD90+CD45+T細胞由来のOct4-GFP+細胞で観察されたことは、少なくとも系統に関係付けられたT細胞の寄与があることを示している。Fig. tcr遺伝子は現在α, β, γ, δの4鎖が知られているが, tcrβ鎖遺伝子も免疫グロブリン遺伝子と同様にv, d, jの各領域遺伝子から成り, d-j連結ついでv-dj連結 の順に再構成が生じる. αβ鎖は遺伝子再構成により約10の12乗もの多様性を獲得しあらゆる抗原に対応する ; tcrはさらに cd3という分子群(γδεζ) と複合体を形成している tcrのγδとcd3のγδは異なる分子である . T細胞受容体(ティーさいぼうじゅようたい)、以下TCR (T cell receptor) とはT細胞の細胞膜上に発現している抗原受容体分子である。構造的にB細胞の産生する抗体のFabフラグメント と非常に類似しており、MHC分子に結合した抗原分子を認識する。成熟T細胞の持つTCR遺伝子は遺伝子再編成を経ているため、一個体は多様性に富んだTCRを持ち、様々な抗原を認識することができる。

šæº¶ç•°å¸¸ï¼DIC」, 文献情報 Journal of Neurology, Neurosurgery & Psychiatry, メルマガ・文献情報閲覧 会員登録, イラスト素材集・院内POP集・ディっくま集, 血漿分画製剤 その歩みと現状. ブログを報告する. 2e-g, TCR再構成は「T細胞由来のOct4-GFP+細胞で観察された」と明確に記述されている。問題はSTAP細胞から作られたキメラマウスの細胞についてである。この点については次のように記述されている。, ゲノムDNAをSTAP細胞と、CD45+細胞由来のSTAP細胞から作ったキメラマウスの尾の先端から抽出    ↓DNA50ngを使い、次のプライマーを用いて(D)J 再編成領域をPCRDβ2:5'-GCACCTGTGGGGAAGAAACT-3'Jβ2.6:5'-TGAGAGCTGTCTCCTACTATCGATT-3'    ↓PCR産物を1.6% agaroseでTris-acetate-EDTA bufferでゲル電気泳動し、ethidium bromideで染色    ↓STAP 細胞からのPCRバンドをシーケンスして解析(D)J 再編成により、再編成したゲノム断片を同定, はっきり言ってお手上げである。なんのこっちゃ、である。まったく理解できない。そもそも、これがキメラマウスの細胞にTCR再構成が認められるか否か確認する実験であるのかどうかすら判らない。, そこで学とみ子さんにお願いである。この実験は何のために行われ、その結果、何が判ったのかを、狸にも理解できるように解説していただけないだろうか。, 『調査報告 STAP細胞 不正の深層』速記メモから「Nスぺ」でTCR再構成についてどのように語られていたかを確認した。, マウスから細胞を取り出し、弱酸性の液体に浸すとキメラマウスができると言っているが、キメラマウスが最初の細胞からとりだしたものかの証明をしないといけない。TCRという細胞が追跡の鍵となる。TCR再構成が見つかれば証拠になるが、それは調べた、という1文しか論文にない。証明が十分できていなかったのではないか。科学者として立ち止まるポイントじゃなかったか?, NHKスペシャルでは、キメラマウスにもTCR痕跡が見られなければいけないとの説明がなされました。TCR痕跡がなければ、それはSTAPが偽物を意味するという説明でした。, 「Nスペ」では「TCR痕跡がなければ、それはSTAPが偽物を意味するという説明」はなされていない。ただ「TCR再構成が見つかれば証拠になる」と言っているだけである。, giveme5さんは、はてなブログを使っています。あなたもはてなブログをはじめてみませんか?, Powered by Hatena Blog T細胞受容体(ティーさいぼうじゅようたい)、以下TCR (T cell receptor) とはT細胞の細胞膜上に発現している抗原受容体分子である。構造的にB細胞の産生する抗体のFabフラグメント[注 1]と非常に類似しており、MHC分子に結合した抗原分子を認識する。成熟T細胞の持つTCR遺伝子は遺伝子再編成を経ているため、一個体は多様性に富んだTCRを持ち、様々な抗原を認識することができる。, TCRはα鎖とβ鎖、あるいはγ鎖とδ鎖の二量体から構成される。前者の組み合わせからなるTCRをαβTCR、後者の組み合わせからなるTCRをγδTCRと呼び、それぞれのTCRを持つT細胞はαβT細胞[注 2]、γδT細胞と呼ばれる。TCRはさらに細胞膜に存在する不可変なCD3分子と結合し複合体を形成する。CD3は細胞内領域にITAM (immunoreceptor tyrosine-based activation motif) と呼ばれるアミノ酸配列を持ち、このモチーフが細胞内のシグナル伝達に関与する[1]。, それぞれのTCR鎖は可変部 (V) と定常部 (C) から構成され、定常部は細胞膜を貫通して短い細胞質部分を持つ。可変部は細胞外に存在して、抗原-MHC複合体と結合する。可変部には超可変部、あるいは相補性決定領域 (CDR) と呼ばれる領域が3つ存在し、この領域が抗原-MHC複合体と結合する。3つのCDRはそれぞれCDR1、CDR2、CDR3と呼ばれるが、TCRの場合、この内CDR1とCDR2はMHCと結合し、CDR3が抗原と結合すると考えられている。, TCRは免疫グロブリンスーパーファミリーに属するタンパク質であり、上記のような構造は抗体のそれと非常によく似ているが、抗体と異なり、細胞外に分泌されることはない。, TCRの構成は免疫グロブリンとして知られるB細胞受容体の過程と似ている。αβTCRの遺伝子再編成ではまず、β鎖のVDJ再編成が行われ、続いてα鎖のVJ再編成が行われる。α鎖の再編成が行われる際にδ鎖の遺伝子は染色体上から欠失するため、αβTCRを持つT細胞がγδTCRを同時に持つことはない。逆にγδTCRを持つT細胞ではこのTCRを介したシグナルがβ鎖の発現を抑制するため、γδTCRを持つT細胞がαβTCRを同時に持つこともない。, 遺伝子再編成はB細胞の場合と同様にリコンビナーゼであるRAG-1とRAG-2に依存している。またターミナルデオキシヌクレオチジルトランスフェラーゼ (TdT) は遺伝子再編成において生じる遺伝子断片接合部にN-ヌクレオチドをランダムに挿入することでTCRの多様性形成に寄与する。これらのメカニズムにより1個体が持つTCRの多様性の総数は計算上1018を超える。ただし、免疫グロブリンと異なり、TCR遺伝子の場合は体細胞高頻度突然変異は生じない。また、TdTによるN-ヌクレオチドの挿入の結果生じる多様性の拡大はCDR3のみに影響するため、TCRでは多様性がCDR3に集中する。これはCDR3をコードする領域のみが遺伝子断片の接合部を含むためである。, TCRの役割は抗原認識である。CD4陽性細胞(Th細胞)の場合、特異的な抗原がTCRと結合すると、CD4に結合するLckがCD3のITAMをリン酸化し、これが起点となって細胞内にシグナルが伝達される。ナイーブT細胞は活性化するが、この時にTh細胞は補助刺激因子の存在を必要とする。この補助刺激因子はB7と呼ばれる分子で、TCRが抗原と結合した状態でさらにB7がT細胞上のCD28と結合すると、Th細胞は活性化に導かれる。補助刺激因子が存在しない場合、CD4陽性T細胞は不活化する(これをアネルギーという)[2]。, αβT細胞はMHC上に存在するペプチドしか認識できない。また、別の個体のMHC上のペプチドは認識できない。これをMHC拘束性という。一方で一部には非MHC拘束性のT細胞が存在し、これはナチュラルキラーT細胞(NKT細胞)と呼ばれる。NKT細胞の持つTCRはMHC上の抗原ではなく、CD1(特にCD1d)上の脂質抗原を抗原特異的に認識する。また、γδT細胞は抗原提示細胞やMHCの介在なしに一部の抗原と直接反応する。, 補助刺激分子の存在下でTCRと抗原が結合すると、ナイーブT細胞の活性化が起きる。活性化したT細胞は細胞増殖やIL-2などのサイトカインの産生、細胞傷害作用といった機能を発揮できるようになる。細菌の毒素やウイルス感染細胞で産生される、ある種の物質はMHC IIと結合して、特定のサブファミリーに属するTCRを非特異的に活性化する。この抗原をスーパー抗原と呼び、T細胞を過剰に活性化するため、発熱、発疹、ショックなどの症状を引き起こす[3]。. | ゲノムdnaをstap細胞と、cd45+細胞由来のstap細胞から作ったキメラマウスの尾の先端から抽出 ↓ dna50ngを使い、次のプライマーを用いて(d)j 再編成領域をpcr dβ2:5'-gcacctgtggggaagaaact-3' jβ2.6:5'-tgagagctgtctcctactatcgatt-3' ↓ tcrの構成は免疫グロブリンとして知られるb細胞受容体の過程と似ている。 αβtcrの遺伝子再編成ではまず、β鎖のvdj再編成が行われ、続いてα鎖のvj再編成が行われる。α鎖の再編成が行われる際にδ鎖の遺伝子は染色体上から欠失するため、αβtcrを持つt細胞がγδtcrを同時に持つことはない。