②相手と共有したい画面を選びます。この時、開いているウィンドウから、画面を選ぶことができます。, これで、参加者と画面を共有することができます。また、参加者に遠隔で操作する権利を付与することも可能です。, 会議において、目的の共有や議論の可視化に、ホワイトボードは欠かせません。Teamsには、参加者が一緒にスケッチするための専用ホワイトボードが用意されています。, 参加者と共同でホワイトボードに書き込むこともできます。このホワイトボードは、会議終了後に開くことも、画像としてエクスポートすることも可能です。, Teamsでは、会議を録画し、後から見返すことができます。記録はクラウド内で実行されて Microsoft Stream に保存されるため、記録は組織全体で安全に共有できます。, やり方は、①「その他の操作」をクリックして、②「レコーディングを開始」をクリックするだけです。, 録画を行うことができるのは同じ組織に属するユーザーに限られているので、ゲストや外部の人との会議で、勝手に録画をされる心配はありません。, Teams会議の使い方について、詳しく説明をしました。Teams会議の活用は、テレワークの促進や、出張旅費の削減につながります。, また、採用活動にTeamsを利用することは、地方や海外居住者の負担を減らすことになります。, このように、新型コロナウイルスが終息した後であっても、Teamsを使うメリットはたくさんあります。これを機会に、Teamsを使いこなしてみてはいかがでしょうか。, 次回は、TeamsとTrelloを連携して、タスク管理を行う方法について説明します。, Teamsの使い方をもっと知りたい方は、こちらもどうぞ 「Microsoft Teams」の概要について説明しました。, 新型コロナウイルス感染症のパンデミックを皮切りに、実際にテレワークや在宅勤務を導入する企業は増えたのではないでしょうか。, また、採用活動ではWeb説明会やWeb面接に取り組む会社も増えており、イレギュラーな事態への対応力が試されています。, 今回は、外部の人を会議に招待する方法など、より実践的なTeams会議の使い方について説明します。今こそ、Teamsを使いこなして、オンライン上で日常業務ができるように準備をしましょう。, 社内の人だけで会議を開始する方法は、とても簡単です。会議に招待する方法はいくつかありますが、そのなかで最もシンプルな方法を紹介します。, 社外の人とのミーティングや、Web上で面接を行う場面などに利用できる方法を紹介します。, Teamsでは、ブラウザ上でWeb会議に参加できるので、参加者はソフトウェアをインストールしたり、アカウントを作成する必要はありません。, 会議に社外の人を招待するためには、メールでURLを送信する必要があるため、Outlookの予定表から会議を設定することをおススメします。, Outlookから会議を設定する方法は、以下の記事で紹介していますので、参考にしてください。 アバーインフォメーション株式会社 Webサイト, こんにちは、アバーインフォメーションの臼井です。無料で使える、さまざまなWeb会議システムがありますが、なかでもシンプルな操作性と手軽さから、海外で高[…], こんにちは、アバーインフォメーションの臼井です。無料のものから有料のものまで、さまざまなWeb会議システムがあるなかで、今回紹介する「BIZMEE」は[…], こんにちは、アバーインフォメーションの臼井です。自宅からWeb会議に参加する際に、背景に映り込む自宅の様子を隠すことができる、バーチャル背景機能は重宝[…], Ofice365をすでに導入している企業であれば、Teamsの有料プランの機能を追加コスト無しで、利用することができます。, Teamsの無料プランでは、グループミーティングに時間制限は設けられておらず、Web会議へも最大250人まで参加可能, ①の「会議出席依頼をコピー」を選択した場合、以下内容の出席依頼の文面がコピーされます, ②の「Googleカレンダーで共有」を選択した場合は、Googleカレンダーのスケジュール設定画面が表示されます, 【5分でわかる!】無料Web会議システム「Whereby」の登録から使い方までを解説, Microsoft Teamsの「Web会議」機能の使い方 - 基本操作・機能を解説. 【Teams】テレワークにも使える!Microsoft Teamsの活用術 【Teams】Outlookと連携してもっと便利に!スケジュール調整と会議の設定>OutlookでTeams会議をスケジュールする, 下図のように、Outlookで招待用のリンクを作成したら、「会議のオプション」をクリックします。, デフォルトでは、「ロビーをバイパスするユーザー」の設定が「自分の組織内のユーザー」になっています。このままでは、外部の人は会議に参加することができないため、「全員」に変更します。, 会議に参加する方法は、とても簡単です。会議の時間になったら、ハイパーリンクの埋め込まれた「Teams会議に参加」というボタンをクリックするだけです。, すでにTeamsをインストールしていて、アカウントを所有している場合は、①「Microsoft Teamsを開く」をクリックすることで、Teamsが起動し、会議画面が表示されます。, アカウントを所有していない場合は、②「代わりにWeb上で参加」をクリックすることで、ブラウザ上からゲストとして会議に参加することができます。, 画面共有とは、参加者と自分のパソコン上の画面を、共有することをいいます。 Teamsの「会議機能」の使い方!招待から画面共有など! 若手社員必見! Teams Web会議でかんたんに議事録を作成しよう! Teamsで固定電話の発着信を行う方法。通話プランと電話システムの徹底比較; TeamsのWiki、編集方法をマスターしよう; Teamsの使い方を解説! microsoft teamsの使い方としてビデオ会議を開催する方法をご紹介しました。 情報は更新を務めておりますが、バージョンの変更などに伴い内容が合致しない可能性もあります。 最新の情報・使い方は公式のマニュアルをご参照ください。 Office 365 の全体像を知る. Teamsでテレビ会議をするときに便利な機能 「会議チャット」を使うと、テレビ会議をしながらチャットができます。大人数の会議での発言や込み入った情報を正確に伝えるときに使いま … Office 365. Teamsの4つのメイン機能の使い方を覚えると快適なコミュニケーションが取れるようになります。4つの機能とは、チャット、チーム、会議、ファイルの4つです。 この4つの機能をマスターすれば、社内外のコミュニケーションが取りやすくなり、プロジェクトの進行もスムーズになります。 Microsoft Teams では、会議中に自分のデスクトップ、特定のアプリ、またはファイルを表示することができます。, 画面共有を使用することで、オンラインでプレゼンテーションをしたり、パソコンの操作を説明することができます。, ①共有ボタンをクリックすると、下図の画面が表示されます。 前回の記事:【Teams】テレワークにも使える!Microsoft Teamsの活用術では、 Teams の会議がある場合、会議開始時刻の 5 分前になると、カレンダー上のイベントに [参加] ボタンが表示されます。 誰かがその会議に参加すると、オンライン上に参加者がいることを示すためにイベントの色が変わります。 こんにちは、アバーインフォメーションの臼井です。主にビジネスシーンで、高い人気を誇るコミュニケーションツール「Microsoft Teams」。普段Web会議ではZoomを使っているけども「MicrosoftのTeamsってどんな感じなの?」と気になってる方も、意外と結構いるんじゃないでしょうか。そこで今回は、Microsoft Teamsの「Web会議」機能の使い方や、基本操作・機能について紹介いたします。, Microsoft Teamsは、Microsoft社が提供する「チャット」や「Web会議」「音声通話」「ファイル共有」機能などを備えた、コミュニケーションツールです。Officeツールを提供するMicrosoft社のコミュニケーションツールということもあり、Web会議をしながら参加者と共同でWordやエクセルファイルの編集ができるなど、Officeツールとの親和性の高さが特徴です。, 一部機能に制限がありますが、無料プランでもWeb会議に必要な機能は十分に利用できるほか、Ofice365をすでに導入している企業であれば、Teamsの有料プランの機能を追加コスト無しで、利用することができます。同じくMicrosoft社が提供する法人向けコミュニケーションツールとして、Skype for Businessがありますが、こちらは2021年に提供を終了する予定となっていますので、これまでSkype for Businessを利用していた方は、Teamsへの移行をおすすめします。, 他のWeb会議ツールの場合、無料プランではグループミーティングに時間制限が設けられていたりしますが、Teamsの無料プランでは、グループミーティングに時間制限は設けられておらず、Web会議へも最大250人まで参加可能となっています。, 無料プランでは、利用できる機能に一部制限があり、例えば「会議の録画・録音」機能を使うことができませんが、その他のWeb会議に必要な機能に関しては、一通り利用できるので、Teamsをまだ使ったことがない方は、まずは無料プランで使い勝手を確認してみると良いでしょう。, TeamsでWeb会議をホストとして開催する場合、主に以下2つの開催方法があります。, 社内のメンバーと急遽Web会議をしたくなった際や、日時を指定して社外の方とWeb会議を行いたい時など、その時々の状況に応じて、最適な開催方法を選ぶと良いでしょう。, ※Teamsの無料プランは、利用できる機能に一部制限があるため、アプリのUI(表示アイコンなど)が有料プランとは異なる場合があります。本記事内で紹介している画像は、すべて無料プラン版のTeamsアプリの画面を撮影したものです。, TeamsでWeb会議を開催する方法は、いくつかあるのですが、今回は一番簡単でわかりやすい「会議」画面からWeb会議を開催する方法を紹介します。, Teamsアプリの画面左側にある、アイコンの中から①「会議」アイコンをクリックすると、「会議」画面へ切り替わり、「今すぐ会議」と「会議をスケジュールする」の選択項目が表示されるので、②「今すぐ会議」をクリックします。, 「今すぐ会議」をクリック後、上記画面が表示されます。①の項目では開催する「会議名」を設定できます。(不要の場合は、未入力でもOK)②「今すぐ参加」をクリックすると、Web会議を開始することができます。, Web会議を開始すると「参加するユーザーを招待する」というメッセージが表示され、①「会議のリンクをコピー」と②「メールで招待する」の2つの招待方法を選択することができるので、お好きな方法を選択し、招待したいメンバーに会議urlを送付すればOKです。, 日時を予約して、Web会議を開催する場合は、Teamsアプリの画面左側にあるアイコンの中から、①「会議」アイコンをクリックし、会議画面に入ると、「今すぐ会議」と「会議をスケジュールする」という選択画面が表示されるので、②「会議をスケジュールする」を選択します。, 表示された「会議をスケジュールする」という画面で、①「会議名」および②「会議の開催日時」を設定し、「スケジュール」ボタンをクリックします。, 最後に、日時を予約した会議への「出席依頼」の共有方法を表示されます。①の「会議出席依頼をコピー」を選択した場合、以下内容の出席依頼の文面がコピーされますので、メールやチャットツールなどを通じて、招待したいメンバーに送付してください。, https://teams.microsoft.com/l/meetup-join/19%3ameeting_XXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXX, https://teams.microsoft.com/meetingOptions?language=ja-jp&tenantId=31c9d8ad-6173-4275-bed3-8cd94cfa4118&organizerId=6f6e6eec-2525-4269-99e8-88f64f62dec9&threadId=19_meeting_XXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXX, ②の「Googleカレンダーで共有」を選択した場合は、Googleカレンダーのスケジュール設定画面が表示されますので、Googleカレンダーを通じて、招待したいメンバーに出席依頼の通知を出すことができます。, 最後に、TeamsでWeb会議をする際によく使う機能や、会議画面の基本操作・設定方法について、紹介いたします。, Web会議中に、カメラ映像のオン・オフを切り替えたい場合、①の「カメラ」アイコンをクリックします。, 自身が発言するタイミング以外は、ノイズやハウリング防止のために、マイクをオフにしておきたい場合、②の「マイク」アイコンをクリックすると、オン・オフの切り替えができます。, Web会議で使用するマイクやスピーカー等、デバイスの選択・設定を行いたい場合、ツールバーにある①「…」アイコンをクリックすると、②「デバイスの設定を表示する」という項目が表示されるので、クリックします。, 画面右側に表示される「デバイスの設定」画面で、使用するスピーカーやマイク、カメラの選択・変更を行うことができます。「Web会議にカメラの映像が表示されない」や「音声が聞こえない」などの問題が起きた時は、「デバイスの設定」画面で設定状況を確認しましょう。, Web会議中に「画面共有」機能を使って、資料などを共有したい場合は、ツールバーの①「共有」アイコンをクリックします。「共有」アイコンをクリック後、画面下部に「画面共有」の選択画面が表示され、PCのデスクトップや現在開いているアプリやWebブラウザ、ファイルなどの中から、共有したいものを選択すれば、すぐに画面共有することができます。, Teamsには他のWeb会議ツールと同様に、手書きでイラストなどを書いて、参加メンバーとイメージ共有などができる、ホワイトボード機能が搭載されています。ホワイトボード機能を使用する場合は、ツールバーの「共有」アイコンをクリックし、画面下部に表示される選択画面の右端にある、①「ホワイトボード」をクリックします。, ホワイトボード機能を終了する場合は、②「発表を停止」をクリックします。ホワイトボードの内容を画像ファイルとして保存したい場合は、①の「設定」アイコンをクリックします。, 「設定」アイコンをクリック後、画面右側にメニューが表示され、その中の①「画像(SVG)のエクスポート」をクリックすると、ホワイトボードの内容を画像ファイルとして保存することができます。, 保存された画像ファイルを確認する場合、Teamsアプリの画面左側のアイコンの中から①「ファイル」をクリックします。次に、②「ダウンロード」をクリックすると、保存されたファイルの一覧が表示されるので、確認したいファイルを選択すると、ファイルを開くことができます。, Web会議中に、参加メンバーとテキストでメッセージのやりとりを行いたい場合は、「チャット」機能を使います。ツールバーの①「会話の表示」アイコンをクリックすると、画面右端に「会議チャット」ウィンドウが表示され、こちらでメンバーとチャットメッセージのやりとりを行うことができます。, Microsoft Teamsは、Officeツールとの親和性も高いため、普段からOfficeツールの使用機会が多い企業が、Web会議システムの導入を検討する際は、Officeツールとの連携を考慮して、一度Teamsを試用してみてみると良いでしょう。, Teamsを導入する企業も増えており、普段はTeams以外のWeb会議システムを使用している方も、今後、取引先などとTeamsを使ってWeb会議をする機会が増えてくるかもしれません。Teamsを使ったことがない方は、本記事の内容を参考に、ぜひ一度試しに使ってみてください。, 【関連記事】こちらの記事もおすすめ!Teamsの画面共有の使い方と、共有画面を遠隔操作する方法を解説特定の人の画面を大きく表示!Teamsの「ビデオのピン留め」機能の使い方, アバーインフォメーション株式会社 Webマーケティング/「WEB会議DEどうでしょう」制作・執筆担当, 台湾のWebマーケティング企業で、Webディレクターとして現地企業のWeb制作ディレクションや、Webマーケティングセミナーの講師などを担当。日本に帰国後、訪日外国人向けWebメディアの編集チームに加入。主に繁体字中国版の編集ディレクターとして、コンテンツ企画等を担当。現在は、アバーインフォメーションのWebマーケティング担当として、「WEB会議DEどうでしょう」の運営、記事執筆のほか、さまざまなPR施策を担当しています。