を選択し、[ピン留め] を選択します。, ビデオにスポットライトを当てると、会議全員のビデオを1つに固定されます。 主催者または発表者の場合は、誰のビデオでも (自分のビデオも含む)、みんなが見るメインのビデオとして選択できます。, 他のユーザーのビデオを見るには、目的のビデオを右クリックし、[ スポットライト] を選択します。, 自分のビデオをスポットライトするには、最初に [ 参加者の表示] を選択します。 次に、[ 参加者] の下で自分の名前を右クリックして、[ スポットライト] を選択します。 この方法で、他のユーザのビデオもスポットライトできます。, 詳細については、「 Teams 会議で他のユーザーのビデオを見る」を参照してください。, Teams では、画面に合わせてビデオをトリミングします。 特定のビデオを別の方法で表示する必要がある場合 (たとえば、あるユーザーのビデオをトリミングした場合や、顔の一部のみ表示する場合) は、ビデオ フィードで [その他のオプション] 3.作成した会議がTeamsアプリの予定表に表示されます。 Teams会議に参加する . > [レイアウト変更] を選択して、目的のオプションを選びます。, 会議に参加したときの既定のビュー。 他にも 7 人以上のユーザーが参加している場合は、Teams はビデオをオンにしているユーザー、および最も発言が多いユーザーを優先します。, 同時に最大 49 人のユーザーのビデオを表示できます。 このオプションは、少なくとも 9 人のユーザーのカメラがオンの状態である場合に使用できます。 ピンチ インまたはピンチ アウトで拡大と縮小を切り替えて、表示を調整します。, どのユーザーが話しているかに関係なく、特定のユーザーのビデオを表示にピン留めするには、目的のビデオを長押しし、[ピン留め] をタップします。, ビデオが注目されている場合は、実質的に会議の参加者全員に固定されます。 現時点では、モバイルアプリでスポットライトを開始または停止することはできませんが、デスクトップアプリを使用しているユーザーがビデオをスポットライトしている場合は、デスクトップアプリのユーザーの場合と同様にビデオが注目されます。, 詳細については、「 Teams 会議で他のユーザーのビデオをスポットライトする」を参照してください。. 「Microsoft Teams」でのカスタム背景の設定方法とは、ビデオ会議へ参加する前に背景を有効化するボタンが表示されるので、これをONにすると表示される画像の中から自分の好みの壁紙を選択できビデオ会議の背景に設置することが可能です。, Microsoftはそのほかにも「Microsoft Teams」のビデオ会議機能に関して積極的に強化していて、様々な新機能を追加しています。

この「ぼかし」機能は、デスクトップ版最新版の「Skype 8.59」でも対応している人気の機能で、ビデオ会議を行う際に部屋が散らかっていても気にすることなく参加できる便利な機能です。 iPadが大活躍。ビデオ会議で花開くサービスと機器の新しい可能性 . 「Microsoft Teams」においてビデオ会議画面に最大9人の参加者の映像を表示可能になります。もともと「Microsoft Teams」では最大で4人しか表示されず要望が出ていましたが、今回それに対応するかたちで最大9人表示されることになります。 Teamsの会議に参加する方法を解説しています。参加方法は複数あります。招待された際、スムーズに会議に参加できるように事前に準備しておくのがおすすめです。, 会議に参加するには、以下の4通りの方法があります。会議の開催者が招待した方法によって異なります。, 着信が通知されます。会議への参加を承諾するか、拒否するか選択できます。今回は【承諾】を選択します。, 招待された会議のロビーが表示されました。【今すぐ参加】ボタンを押すと会議に参加できます。, 上記のようなTeamsの会議への招待メールが届きます。メールに記載されているURLにブラウザーでアクセスします。, 開催者からチャットなどで共有された会議のリンク(URL)にブラウザーでアクセスします。, 予定の時間になりましたら【会議に参加するにはここをクリックしてください】を押します。, どの方法でTeams会議に参加するかどうか聞かれます。お好みの方法を選びましょう。今回は【このブラウザーで続ける】を選択します。, TeamsのアカウントがなくてもゲストとしてTeamsの会議に参加することができます。上記でご紹介した参加方法のいずれかでロビーを表示します。, 会議の開催者には、ゲストが待機中であることが通知されます。ロビーを表示するか、参加を許可するか選べます。ここでは【参加許可】を選択します。, ゲストして会議に参加することができました。ゲストは名前の後に「(ゲスト)」と表示されます。. すでに発表済みであるビデオ会議画面に最大で9人の参加者の映像を表示が可能になったことやビデオ会議中に発言をする時に使う「手をあげる」アイコンに対応開始するなどの他にも注目すべき新機能が追加されています。, 注目すべき新機能としては、iOS版Android版「Microsoft Teams」アプリにおいても、音声を自動で文字起こしして字幕のように表示する「ライブキャプション機能」が追加されています。 Microsoftがビジネスチャットサービス「Microsoft Teams」の会議機能にカ... 「Microsoft Teams」においてビデオ会議画面に最大9人の参加者の映像を表示可能に... 「Skype」が「Skype 8.59」をリリースしバーチャル背景に対応可能となったたことを... 「Microsoft Teams」にGIF画像でアカウントを乗っ取られる脆弱性があったと報じ... iPhoneのスクリーンタイム中でも使用することが可能になる、「常に許可されたアプリ」の設定... iPhoneユーザの方でLINEの既読を回避する方法について知っていますか。実はiPhone... iPhoneでは「マイナポータル」アプリにて10万円給付金のオンライン申請が可能となっていま... 未読メールが溜まってしまうと既読にするのが面倒臭くなあり、そのまま放置してしまうことがありま... 【Microsoft Teams】iPhone/iPadアプリでも背景ぼかしが可能に!, 「Microsoft Teams」iPhone/iPadアプリで背景ぼかし利用可能, iPhone/iPad版「Microsoft Teams」アプリにおいても背景のぼかしが可能に. 3月3日、楽天モバイルのビデオカンファレンスがあった時の様子。だいたいこんな装備+ヘッドホンという態勢で会見に臨んでいる. Teamsの会議に参加する方法を解説しています。参加方法は複数あります。招待された際、スムーズに会議に参加できるように事前に準備しておくのがおすすめです。参加者側としてどうやってTeamsの会議に参加するかを確認しておきましょう。 「Microsoft Teams」においてビデオ会議画面に最大9人の参加者の映像を表示可能になります。もともと「Microsoft Teams」では最大で4人しか表示されず要望が出ていましたが、今回それに対応するかたちで最大9人表示されることになります。 音声が聞き取りにくかったり、周りが煩くて通話相手の言葉が聞こえなかったり、さらには相手の外国語が聞き取れなかったりする場合でも、この「ライブキャプション機能」があれば発言内容が理解できビデオ会議もスムーズに行うことができます。