・damp 湿気のある、湿っぽい, And in the naked light I saw In the words that it was forming, And the sign said:

And tenement halls Within the sound of silence, In restless dreams I walked alone 安アパートの廊下に書かれ To the neon god they made, And the sign flashed out its warning And whispered in the sound of silence.”, それはこう伝えていた “The words of the prophets are アメリカのフォークデュオ サイモン&ガーファンクルの1stアルバム「Wednesday Morning, 3 A.M.」(邦題:水曜の朝、午前3時1964年) に収録された曲です。 当初このアルバムはヒットしませんでしたが、プロデューサーのトム・ウィルソンがこの『The Sound Of Silence』へ勝手にバンドサウンドを付け足し、1965年にシングルとしてリリースしたところ、大ヒットとなりました。 (ちなみにそれを演奏したバンドは、トム・ウィルソンが当時手掛けていたボブ・ディラン『Like A Rolling Stone』のレコーディ … Ten thousand people, maybe more, People talking without speaking ・halo 後光、光輪、かさ 歌詞の意味としては、「預言者の言葉(人の心を結びつける真の芸術) は、寂れた場所から登場し、ひっそりと囁かれる(支持される)」という事だと思われます。これは自分たちの音楽を指しているのかもしれません(そうだとしたらかなり自信家ですが)。 『サウンド・オブ・サイレンス』(原題: Don't Say A Word)は、アンドリュー・クラヴァンの小説『秘密の友人』を原作とする2001年のアメリカ映画。 ・neath (=beneath)~の下に The Sound of Silence (Original Version from 1964) 「サウンド・オブ・サイレンス」(The Sound of Silence)は、サイモン&ガーファンクルの楽曲。1965年にオーバーダビングされたバージョンが1966年にビルボード誌で週間ランキング第1位を獲得。ビルボード誌1966年年間ランキングは第25位。アメリカ映画『卒業』の挿入曲として知られる。 And echoed in the wells of silence, 「愚かな人達よ」僕は続けて言った、「君たちは知らないんだ I’ve come to talk with you again, Because a vision softly creeping <歌詞和訳>I Am A Rock - Simon & Garfunkel 曲の解説と意味も, And the vision that was planted in my brain, People writing songs that voices never share, <歌詞和訳>Tears In Heaven – Eric Clapton 曲の解説と意味も, <歌詞和訳>Sour Girl – Stone Temple Pilots 曲の解説と意味も, <歌詞和訳>Plush – Stone Temple Pilots 曲の解説と意味も, <歌詞和訳>Sex Type Thing – Stone Temple Pilots 曲の解説と意味も, <歌詞和訳>Interstate Love Song – Stone Temple Pilots 曲の解説と意味も, <歌詞和訳>Mr. 2020-03-122020-04-06Simon & Garfunkel 歌詞和訳[生き方] 孤独/厭世, [社会] 風刺/抗議, [表現] 詩的/文学的, アメリカのフォークデュオ サイモン&ガーファンクルの1stアルバム「Wednesday Morning, 3 A.M.」(邦題:水曜の朝、午前3時 1964年) に収録された曲です。, 当初このアルバムはヒットしませんでしたが、プロデューサーのトム・ウィルソンがこの『The Sound Of Silence』へ勝手にバンドサウンドを付け足し、1965年にシングルとしてリリースしたところ、大ヒットとなりました。, (ちなみにそれを演奏したバンドは、トム・ウィルソンが当時手掛けていたボブ・ディラン『Like A Rolling Stone』のレコーディングメンバーだったそうです), この曲のヒットを受け、サイモン&ガーファンクルは活動を再開し、この曲を含む2ndアルバム「Sounds Of Silence」(1966年) が制作されたといいます。, しかし、Sound には “音が届く範囲” という意味もあり、静寂の音が届く範囲=”静寂の世界” とここでは訳させていただきました。, また、ポール・サイモンはこの曲を「コミュニケ―ション不能についての歌」と説明しているそうです。, それらを考えると、この曲で歌われている “静寂の世界” とは、「人々の間に “心からの意思疎通” が失われた状態」を指していると思われます。, Hello darkness, my old friend こんにちは、暗闇さん、 僕の旧友よ。 And no one dared And touched the sound of silence, ・cobblestone 玉石 『サウンド・オブ・サイレンス』(原題: Don't Say A Word)は、アンドリュー・クラヴァンの小説『秘密の友人』を原作とする2001年のアメリカ映画。, 5人組の銀行強盗団が銀行を襲い、貸金庫から運び込まれたばかりの赤いダイヤを強奪する。銀行強盗団は2台の車に分乗すると、乗ってきたバンを爆破し、逃走する。リーダーのパトリックがダイヤを確認しようとすると、それはすり替えられたものだった。仲間の裏切りにパトリックは激怒する。, その10年後、明日は感謝祭という夜、有能で金持ち専門の精神科医ネイサンは、大病院の元同僚に「緊急で」と助けを求められる。父親が目前で地下鉄に轢断されて発症した多重人格の少女エリザベスが、突然男性看護師をめった刺しにしたため、監視の厳しい病院に送られ監禁されることになっているが、その原因さえ突き止められれば、止めることができるかもしれないので協力してほしいというのだった。しかし、ネイサンにエリザベスは「狙いは奴らと同じね」「話すもんですか」と取り付く島もない。, 翌朝、彼の最愛の一人娘を誘拐される。冷徹な犯人たちは、「エリザベスが記憶している“ある六桁の番号“を聞き出せ。タイムリミットは午後5時だ。さもなくば娘を殺す」という謎めいた要求を突きつける。スキー旅行で足を骨折して動けない妻もまた、誘拐犯の監視下におかれ、ネイサンは警察への通報も不可能なまま、一人で戦うことになる。しかし、心を閉ざしたエリザベスは、必死のネイサンの要請にも答えず、「絶対に教えない」と冷ややかに呟く。その後、ルイスも愛人を人質にとられていたことがわかり、そこに水死体の事件の関連でサンドラ・キャシディ刑事がやってきて、ルイスと水死体の事件についての話をする。その間にネイサンとエリザベスは外に出ていき、事件のあった場所を巡っていき最終的に墓地にたどり着く。ネイサンは墓地に行く途中、犯人のリーダーパトリックも呼んでいた。パトリックたちと墓地の狭い部屋で合流すると、ネイサンは番号を聞き出すためエリザベスと話をする。この事件の真相、それはエリザベスの父親が盗んだ1000万ドルのダイヤをパトリックが手に入れるためにエリザベスの人形に隠していたダイヤの場所を聞き出せず殺してしまい、身元不明となり無緑墓地に埋められてしまっていた。エリザベスは船で運ばれていた父親の墓にその人形を入れ、その人形を手に入れるためだった。エリザベスはある番号を落ちていたホコリまみれのガラスに書く。その墓には人形はなく、怒り狂ったパトリックにネイサンが「これは昔の大きなショックのせいで逆さまに書いてしまった」という。ガラスを逆さまにし、その番号の墓に行くと人形があった。パトリックは人形を手に入れると、「ネイサンを殺せ」と部下に命令。激闘の末、部下は瀕死になる。それを見たパトリックは部下を殺して、ネイサンに銃を突きつける。そこへ事件の全てを知ったキャシディがやって来て、もう一人いた部下を銃で撃つ。そしてキャシディとパトリックの銃の撃ち合いになり、パトリックは気をとられているうちにネイサンの攻撃を受け、穴に落ちる。それでもパトリックは銃で撃ってきたため、ネイサンはクレーンのロックを外し、穴に束ねられた木を落とす。すると穴の土を支えていた部分が崩れ、パトリックは土の中に埋もれてしまった。こうして事件は解決、ジェシーは無事家族の下へ戻ることができたのであった。, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=サウンド・オブ・サイレンス_(映画)&oldid=80414010. 静寂の世界で囁かれる」と。, ここでは私なりの解釈として、5つの節に分かれている歌詞の、それぞれのあらすじを考えました。, 第1節:孤独な主人公の頭に「予感」(vision) が降って沸くように現れる。それを伝えるべき相手もいないので、いつもどおり「暗闇の中で自分に語り始める(または筆をとる)」。この曲の導入部。, ※visionを “予感” と訳しました。この曲が「将来を憂いているもの」と考えた方が、より説得力があると思えたからです。, 第2節:主人公の様子を伝える導入部第2弾。この曲のカギの一つである “ネオンライト” が登場します。ネオンライトについては「娯楽や商業主義の象徴」と考えました。, 第3節:「静寂の世界」を最もよく表しているパートです。人々は会話(うわべだけのコミュニケーション) をして、歌も生まれています(芸術作品ではない、中身の無い商業ポップス)。そして、人々はそんな世界を謳歌しています。このような商業主義に埋もれた世界こそが、「静寂の世界」だと思われます。, 第4節:主人公は静寂の世界(商業主義の世界) の住人の目を覚まさせようと、毅然と(そしてやや上から目線で) 呼びかけますが、受け入れられる事はありません。, 第5節:一番難解な箇所です。(聖書を思わせる言葉も登場しますが、そちら寄りの(宗教的な) 解釈はできないのでしません) 「サウンド・オブ・サイレンス」(The Sound of Silence)は、サイモン&ガーファンクルの楽曲。1965年にオーバーダビングされたバージョンが1966年にビルボード誌で週間ランキング第1位を獲得。ビルボード誌1966年年間ランキングは第25位。アメリカ映画『卒業』の挿入曲として知られる。, ローリング・ストーンの選ぶオールタイム・グレイテスト・ソング500(2010年版)では157位にランクされている[1]。, 元々は1964年のサイモン&ガーファンクルのデビュー・アルバム『水曜の朝、午前3時』に収録されていた一曲で、伴奏はアコースティック・ギターのみだった。, 1965年8月に発売されたポール・サイモンのソロ・アルバム『ポール・サイモン・ソングブック』に収録された。, その間の同年6月15日、デビュー・アルバムを手掛けたコロムビア・レコードのプロデューサー、トム・ウィルソンが、その時に着手していたボブ・ディランの「ライク・ア・ローリング・ストーン」のレコーディングのために集合していたミュージシャンを使い、エレクトリック・セクションを録音。サイモンとガーファンクルに何の断りも無く新たにオーヴァーダブを施した上でこの曲をシングルとして発売し、翌年初頭に全米ヒットチャートの1位に輝いた。その後、一度はビートルズ「恋を抱きしめよう」に首位を奪われるが、3週間後には再び1位に達した。, 本作の成功を受けて、ポール・サイモンは滞在先のロンドンからアメリカに戻り、サイモン&ガーファンクルとしての活動を再開させて、本シングル・ヴァージョンを含むアルバム『サウンド・オブ・サイレンス』(1966年)を発表。その後、映画『卒業』のサウンドトラック・アルバム『卒業-オリジナル・サウンドトラック』(1968年)にも再収録された。, 日本では、1966年6月15日に日本コロムビア(CBSレーベル)から発売されたのが最初。「孤独な世界」という日本語タイトルも検討され、『ミュージック・ライフ』誌の1966年3月号でも同タイトルで紹介されたが、最終的に原題の片仮名表記で発売された[2]。『卒業』公開に際し、1968年6月に日本コロムビアから再発売されたが、B面は、当時本国アメリカでシングル・ヒットしていた「ミセス・ロビンソン」に差し替えられた。しかし再発売から2か月後の同年8月21日にサイモン&ガーファンクルの作品の日本での発売権が新しく設立されたCBS・ソニーレコード(現:ソニー・ミュージックレーベルズ)に移り、同社の第1回新譜(レコード番号SONG 80002。ちなみにSONG 80001はアンディ・ウィリアムスの『スカボロー・フェア』である)として再々発売された。オリコン・シングルチャートでは1位~10位のすべてにランクされるという記録を達成した。, オリコンシングルチャートの6位に初登場。8位→5位→4位→2位にランクされ、9週目に1位を獲得する。その後は3位→7位→10位→9位にもランクされ、1位~10位のすべてにランクされるというオリコン初の記録が生まれた。この記録は1975年に細川たかし「心のこり」も達成している。なお、SMAP「世界に一つだけの花」(2003年3月5日発売)も2016年2月8日付シングルチャートにて3位にランクされ、この記録を達成した。, 1.サウンド・オブ・サイレンス - 2.アイ・アム・ア・ロック - 3.早く家へ帰りたい - 4.冬の散歩道 - 5.フェイキン・イット - 6.動物園にて - 7.スカボロー・フェア - 8.ミセス・ロビンソン - 9.ボクサー - 10.明日に架ける橋 - 11.いとしのセシリア - 12.コンドルは飛んで行く - 13.バイ・バイ・ラブ - 14.アメリカ - 15.マイ・リトル・タウン, 1.水曜の朝、午前3時 - 2.サウンド・オブ・サイレンス - 3.パセリ・セージ・ローズマリー・アンド・タイム - 4.卒業-オリジナル・サウンドトラック - 5.ブックエンド - 6.明日に架ける橋, 1.サイモン&ガーファンクル - 2.サイモン&ガーファンクルのすべて - 3.グレイテスト・ヒット - 4.S&Gゴールド・ディスク - 5.ギフト・パック - 6.パック20 - 7.ニュー・ギフトパック'75 - 8.グランプリ20 - 9.若き緑の日々 The Simon And Garfunkel Collection-17 Of Their All Time Greatest Recordings - 10.冬の散歩道~S&G スター・ボックス The Definitive Simon & Garfunkel - 11.オールド・フレンズ - 12.エッセンシャル・サイモン&ガーファンクル, 1.セントラル・パーク・コンサート - 2.ライヴ・フロム・ニューヨーク・シティ 1967 - 3.オールド・フレンズ-ライヴ・オン・ステージ - 4.ライヴ1969, Live at Benaroya Hall with the Seattle Symphony, Simon and Garfunkel, 'The Sounds of Silence' | 500 Greatest Songs of All Time | Rolling Stone, 【OFFICIAL VIDEO】 The Sound of Silence - Pentatonix, 若き緑の日々 The Simon And Garfunkel Collection-17 Of Their All Time Greatest Recordings, 冬の散歩道~S&G スター・ボックス The Definitive Simon & Garfunkel, Eyes On Me featured in Final Fantasy VIII, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=サウンド・オブ・サイレンス&oldid=75190631, 年の表示は年度の意。2005年までは前年の12月第1週から11月最終週、現在は前年の12月第4週から12月第3週までの集計。, リチャード・アンソニー - 1966年のアルバム『Richard Anthony』に収録。フランス語詞。タイトルは「La voix du silence」。, キム・ウェストン - 1970年のアルバム『Big Brass Four Poster』に収録。.