NHKのサイトでVTuberのキズナアイちゃんが起用された件で、色々な指摘がありました。 アイちゃん自身やアイちゃんの使われ方についてのお話は他の方にお任せするとして、自分は「そもそもキズナアイってそんなに知名度や人気があるのか?」というところを調べました。 【インタビュー記事】ゲーム実況マーケティングプロダクト「BUZZCAST」!実況動画の価値を可視化する仕組みについてインタビューしてきました! また、ニーズが可視化されたデータとして得られたもの大きな成果でしょう。, VTuberファンはどんどん濃くなってきているため、業界全体について語りたい、批評したい、分析したいという要望は高まってきていると思います。今後もこういった企画が続々と出てくるかも知れません。

2020 All Rights Reserved. 弊社はもともとインフルエンサーマーケティングに強みを持つ会社ですので、自社コンテンツにおいても ちょうどよい ソロ:68% コラボ:57% VTuberの月間再生数推移 2017年12月からYahooトップに取り上げられる等、大きく月間再生数が伸長しました。 2018年1月をピークに2月は落ち込みましたが、3~4月に大きく再生数が拡大しています! 2018年は「バーチャルYouTuber(以下、VTuber)」が波及した年だった。ガジェット通信が開催する「ネット流行語大賞」の受賞を始め、ネット業界での注目度は非常に高い。また、グリー株式会社がVTuber特化型のライブエンターテイメント事業を開始し、100億円規模の投資を行なった。 「どんな配信が再生数を伸ばすのか?」「なぜ伸びたのか?」を ご存知の通り、5G通信がスタートする2020年、 半年ぶりにVTuberのランキングを出してみました。チャンネル登録者数・平均動画再生数・チャンネル成長率毎に比較しており、大御所のチャンネルから今伸びているチャンネルまで注目の情報が盛り沢山です。ぜひお気に入りのVTuberを見つけてください! 配信内では「放送終わった後にツイッターで挨拶したりリプやいいねを送って視聴者を見てることを伝える」という案が提示されており、こういった気配りをしてもらえると確かに「蔑ろにされているのでは?」という不安は軽減されると感じました。, 数字に固執すると辛くなるので、活動のモチベーションを維持するには指標を増やすことが大切だという話です。チャンネル登録者数などは数字としてはっきり出てしまうので、つい他人と比較したり、伸びないことに悩んだりしてしまいますが、指標が複数あれば、これなら負けないと強みを見つけられやすくなりますし、数字以外の形で得られた評価にもしっかり目を向けようということです。, また、配信内で評価されるためにすべき努力が多く挙げられたことに関連して「自分の強みと自分ができること、やりたいことと求められていることが合致した部分を探す」、「自分がクリエイターになりたいのか、アーティストになりたいのかを考える」という形で、無理せずに自分の目的と強みを意識しながら努力をしようと語られました。, リスナーからの要望・不満を集めてそれに対してVTuberの立場から返答・分析するのは面白い試みで、体験談を踏まえたエピソードや中の人がどういう風に感じているのか分かる良い企画だったと思います。 Copyright © STARTUP DB powered by for Startups, Inc. All rights Reserved. VTuberさんによって配信頻度は違いますし、回答者が複数のVTuberを掛け持ちしているのか単推しなのかによっても意味合いは変わってくるため、読み取れることは少ないのですが、ソロとコラボの比率について比較することは可能です。 ソロに比べてコラボの方が、もっと増えて欲しいと思っている肯定派と、減って欲しい・無くなって欲しいと思っている否定派がともに多く、またそれらはほぼ同程度だと読み取れます。

■コンテンツ事業とは

→自己紹介動画以外にも名刺代わりになる動画を作ろう, VTuberというだけで注目されたブーム初期と比べ、現在では認知されること自体が段違いに厳しくなったものの、活動初期に地固めが必要なのは今も当時も同じでしょう。 https://cropro.jp/doc/news/index?id=14. コメントが読み上げられないことに関しては、「人気のある人ほど(ソロ配信でも)コメントはブワーッと流れて全部は読めない」と配信内では言われていたのですが、必ずしも自分のコメントを読んでもらいたいのではなく、リスナーの誰かが言ったコメントが読まれるだけで「リスナーと配信者がともに配信を作っている」という感覚は得られるので、それすら無くなるのが不満に繋がるのだと思います。

All Rights Reserved. 減って欲しい ソロ:14% コラボ:20%, VTuberさんによって配信頻度は違いますし、回答者が複数のVTuberを掛け持ちしているのか単推しなのかによっても意味合いは変わってくるため、読み取れることは少ないのですが、ソロとコラボの比率について比較することは可能です。 こういった話を聞くと視聴者がVTuberに対してエンターテイメントを過度に要求しているのかもと感じましたが、一方、コラボでは基本的にコメントが読み上げられづらいため、VTuberさん同士で盛り上がられると視聴者が置いてけぼりにされたような感覚を受け、疎外感を感じるというのも確かにあると思います。 3.活動を続けていく上でのモチベーション維持, 配信は3時間の長丁場で、4人で活発に意見を交換しあっているため、議事録的なまとめ+解説・考察という形式でまとめさせていただきました。, 渋谷ハル:PUBGで20キルする動画をアップしたことで他のVTuberに認知してもらえ、声をかけられたりコラボの機会が増えた。自分が何者かを表現してないと自分から声をかけたとしても相手は反応できない。 現在4つの自社チャンネルを制作・運用しています。 直近1週間、バーチャルYouTuber業界でどんな動画・生放送がネットで多く再生されたのかがわかる「週間VTuberランキング」。今回は4月6日〜4月12日の集計結果から上位20位をお届けします。, 今週、なんと言っても注目したいのが、1位に輝いた「【おちゃめ機能】ホロライブが吹っ切れた【24人で歌ってみた】」。本ランキングの集計では、トップの再生数は30〜50万ぐらいが通常のところ、なんと189万超えと爆発的に再生数を伸ばしました。毎日変わるサムネ、24人が少しずつ登場して歌い方や表情でそれぞれの個性を見せるシーンなど、ループ再生で何度も楽しめるつくりが人気の秘訣かもしれません。, 2〜6位は、ARK戦争、週末のVTuber業界の話題をかっさらった「最強雀士決定戦」、新番組の「ヤシロ&ササキのレバガチャダイパン」と、にじさんじのコラボものが立て続けにランクイン。, 16位の「【織田信姫】ついに正式コラボ!?信姫引退前に2人は…?信たまてぇてぇ最初で最後の対談【犬山たまき】#信たまてぇてぇ」や、17位の「【#桐生ココ】#メイドラゴン のんびり二人で漂流中。どうせならまじめに対談しちゃいましょう。【#湊あくあ】」など、サシで深く話す動画も話題になりました。, 20位:【ASMR】とろける眠りを体験できます。寝落ち用。優しい囁きと癒しを Ear cEar cleaning , Whispering【周防パトラ / ハニスト】周防パトラ再生数:193065 投稿日:2020/4/7, 19位:【ウルトゥラマン(PS2)】ヘァ!!!!!!!!!!【ヘァ】戌神ころね再生数:194726 投稿日:2020/4/9, 18位:【#すずはライブ】どきどき…新衣装おひろめっ!!【鈴原るる/にじさんじ】鈴原るる再生数:200198 投稿日:2020/4/7, 17位:【#桐生ココ】#メイドラゴン のんびり二人で漂流中。どうせならまじめに対談しちゃいましょう。【#湊あくあ】桐生ココ再生数:202018 投稿日:2020/4/8, 16位:【織田信姫】ついに正式コラボ!?信姫引退前に2人は…?信たまてぇてぇ最初で最後の対談【犬山たまき】#信たまてぇてぇ犬山たまき再生数:204763 投稿日:2020/4/10, 15位:【#にじさんじARK】この鯖1番の”最強”を決めよう。【本間ひまわり】本間ひまわり再生数:210111 投稿日:2020/4/6, 14位:【にじさんじARK戦争】悲しみと怒りのその先に【にじさんじ / グウェル・オス・ガール】グウェル・オス・ガール再生数:244144 投稿日:2020/4/6, 13位:【ARK】第二次にじARK戦争!!! in にじ鯖【シェリン にじさんじ】シェリン・バーガンディ再生数:247742 投稿日:2020/4/6, 12位:【新衣装お披露目】日本で迎える、初めての春だね!【リゼ・ヘルエスタ/にじさんじ】リゼ・ヘルエスタ再生数:254703 投稿日:2020/4/8, 11位:精神崩壊デレステガチャ【天井】御伽原江良(おとぎばらえら)再生数:257056 投稿日:2020/4/6, 10位:【ARK】僕が勝ちます!!にじさんじARK頂上決戦!

!【にじさんじ/エクス・アルビオ】エクス・アルビオ再生数:272122 投稿日:2020/4/6, 9位:【イラストメイキング】神絵師rurudo先生と絵チャできる歓び【ホロライブ/宝鐘マリン】宝鐘マリン(ほうしょうまりん)再生数:277405 投稿日:2020/4/7, 8位:乙女解剖 / 猫又おかゆ(cover)猫又おかゆ再生数:289222 投稿日:2020/4/6, 7位:【METALGEARSOLID3】シリーズ完全初見!あのスネーク始まりの物語ぺこ!【ホロライブ/兎田ぺこら】兎田ぺこら再生数:325204 投稿日:2020/4/11, 6位:【スーパーボンバーマン R】ヤシロ&ササキのレバガチャダイパン #1【にじさんじ】にじさんじ公式再生数:395364 投稿日:2020/4/10, 5位:【ARK: Survival Evolved】#にじARK頂上決定戦 !!【にじさんじ/加賀美ハヤト】加賀美ハヤト再生数:432207 投稿日:2020/4/6, 4位:【雀魂】にじさんじ最強雀士決定戦実況解説枠 予選A~E【#にじさんじ最強雀士決定戦】舞元啓介再生数:545369 投稿日:2020/4/12, 3位:ARK | 戦争の時。最後に笑うのは。【にじさんじ/叶】叶(かなえ)再生数:598795 投稿日:2020/4/6, 2位:【 ARK 】抗う【 アークサバイバル 】葛葉再生数:854441 投稿日:2020/4/6, 1位:【おちゃめ機能】ホロライブが吹っ切れた【24人で歌ってみた】ホロライブ公式再生数:1896881 投稿日:2020/4/6, *ユーザーローカル「バーチャルYouTuberランキング」に登録されているVTuberさんが投稿した、あるいは関連性の高い動画を独自に選出、再生数が多いものから20位をピックアップしております。*多くのVTuberさんを紹介したいため、1チャンネルにつき1動画のランクインとしております。*YouTubeの埋め込み不許可、また長時間で埋め込み表示できない動画については、リンクを貼っています。 ●関連リンク ・バーチャルYouTuberランキング, 「日本にVRを広める」をミッションに2014.11.1にスタートした”日本初”VRニュースサイトです。AR/VR/MR、バーチャルYouTuberさん、ガジェット情報などやわらかめのネタから硬派なものまで、幅広くお届け!.

半年ぶりにVTuberのランキングを出してみました。チャンネル登録者数・平均動画再生数・チャンネル成長率毎に比較しており、大御所のチャンネルから今伸びているチャンネルまで注目の情報が盛り沢山です。ぜひお気に入りのVTuberを見つけてください! 個人的な考えですが、コメントを読み上げる以外の方法で双方向性を導入すれば疎外感の問題は軽減できるだろうと思います。例えば、コラボ相手との対決の判定をコメント欄の多数決で決める、罰ゲームをコメントに求めるなどのように、リスナーの反応を拾うタイミングを予め作っておく、あるいはコラボ相手と話すお題や質問を事前に質問箱やツイッターで募集する、などが考えられます。 →コメントが伸びている部分を参考にする。いっそリスナーに聴いてみる。, ハウツー動画は継続的に新規視聴者を獲得できる。真面目なコンテンツでも注目されるためにフックとなる部分を作るのも大事。, この辺りは先日のふぇありすさんの分析にも共通する部分が多く、ライブ配信だけでは新規リスナーが増えにくいので、興味を持ってもらう、見てもらうために動画が大きな役割を果たすという話でした。, また、ディープブリザード様からバズるための努力として「棚からぼた餅の法則」が語られました。, バズるのはタイミングや偶然の産物かもしれないが、餅が落ちてくるのをただ待つのではなく、餅がある棚の下に行く実力・努力は必要, いまVTuber界において一番の”棚からぼた餅”は有名VTuberから紹介してもらう、コラボしてもらうことだと思います。 ユキミお姉ちゃん 得意分野:雑談配信

ディープブリザード 得意分野:お絵かき講座動画 突き詰めながら、動画の制作や運用をしています。 自己紹介動画は設定の説明だけで終わることもあるので、自分にどういうコンテンツ性があるのか、興味を持ってもらった人に短時間で伝えるための「名刺代わりの動画」が必要という話でした。 みんな10万円注ぎ込めるから注ぎ込んでいる結果、増田より中身的に優れているキャラが出来上がった為増田が全く再生数振るわない訳で。 もっとお金をかけて外面をよくするか、増田... 初期から再生数を気にしているくせに碌なプロモーションもしないようでは人気どころか芽すら出ないだろうな。 映像作品を生み出すこと自体にモチベーションを持てないのであれば時... 見ず知らずの50人に自分の作品が見てもらえたと考えると凄いはずなのに、他の何十万再生されてる人達を見て不幸になるの悲しいな。絶対的な幸せはないのか。やはり自分の好きな動画... 10万で新しいことが出来たのだから損ではない 経験というのは何にも代えられないものだ 失敗を避け脳死で同じ事の繰り返しを続けているよりまし. 2018年は「バーチャルYouTuber(以下、VTuber)」が波及した年だった。ガジェット通信が開催する「ネット流行語大賞」の受賞を始め、ネット業界での注目度は非常に高い。また、, VTuber特化型のライブエンターテイメント事業を開始し、100億円規模の投資を行なった。, は、「バーチャルYouTuber」を省略した言葉だ。動画クリエイターによって制作された2Dまたは3Dのアバターによる、動画投稿・配信活動を指す。動画投稿者を広く指す「YouTuber」の中でも、実在しない(バーチャルな)存在を活用することからその名が付いた。, は、リアルな人間の体の動きや表情を反映させることができる。ビデオカメラやスマートフォンなどを利用して動画を撮影するYouTuberとは異なり、撮影方法は実に多岐に渡る。, によると、国内でのYouTube利用者数は6,200万人に上る。動画を視聴する文化が根付いたことによって得られた結果だ。, 国や自治体で起用されている例もある。たとえば「キズナアイ」が日本政府観光局が定める訪日促進アンバサダーに就任。また、茨城県の広報を担うVTuber「茨ひより」は、県の職員として公認されているという。企業が採用している事例としては、サントリーがVTuber, 「燦鳥ノム(さんとりのむ)」を起用。同社製品のレビューに加え、動画やゲーム実況などの活動も行なっている。ほかにも、花王は人気VTuber「月ノ美兎(つきのみと)」とタイアップを行なっているという。, 次に、数字から分かるVTuber領域の成長状況を紹介する。まずは、動画の再生回数についてだ。, ひとつ目は、VTuberの動画制作に関する事業だ。クリエイターの発掘や動画の制作支援などを手がけている。キズナアイが所属する, ふたつ目は、VTuberのマネジメント事業だ。主にVTuber事務所のような役割を背負っており、関連グッズの制作やメディア対応などを行う。「キズナアイ」の所属する, そして最後は、VTuberが活躍の幅を広げるためのプラットフォームの開発や運営だ。VTuberが利用するライブ配信システムの構築を行う。代表的なものとしては、, それでは、ここからVTuber事業に取り組んでいる注目の企業をご紹介する。初めは、, 40億円規模の投資会社を立ち上げ、第一弾としてライブ配信プラットフォームを提供するアメリカスタートアップのオムニプレゼンスに出資。VTuber事業の子会社, VRなどに特化したインキュベーションを行うTokyo VR Startupsを設立。, 特化のファンドの設立などの動きが多い。上場企業特有の資金や情報量の優位性を利用した戦略といえそうだ。, スマホの画面を共有しながらライブ配信を行うプラットフォーム「Mirrativ」を運営。「Mirrativ」上でVTuberのようにアバターで配信が行える機能「エモモ」を提供している。, 「cluster.」を運営。バーチャルキャラクターによるイベント開催の場として注目を集める。, 今後は商品や企業のプロモーションといった宣伝広告、テレビ番組・動画サービスへの出演、ライブコマースの活用など、VTuberビジネスの拡張が進んでいくと考えられている。成長途上にあるVTuber市場の今後の発展に期待したい。, 「TikTok」や「TOPBUZZ」の生みの親、Bytedance傘下のToutiaoとは. 動画再生数や配信時の視聴者数にはハッキリと違いが見られます。 人気VTuberの場合は、投稿動画が急上昇に載ることもあれば、YouTubeでのスパチャやその他ギフトを沢山もらっている方が多いです。 YouTube×ゲーム領域に展開している『BUZZCAST』2次元コンテンツチャンネルの運用事業を正式に開始市場平均2倍のペースで拡大中https://www.atpress.ne.jp/news/157592, 去年9月頃から事業検討しており、最初は私と週2のインターン+業務委託というミニマムチームでスタートし、本当に事業になるのか、作れるのか、伸ばせるのか、と事業検討を進めました。, ①一定品質のコンテンツを作る為にはどうすればいいのか②量産する体制を作れるか③狙ってチャンネルをグロースさせることが出来るか, を検証し、割と早いタイミングで①と②は実証する事が出来たのですが、ここにきて③についても結果を出せるようになってきており、事業化できると判断し正式スタートいたしました。, 事業化を検討するにあたり、YouTube2次元チャンネルのデータを色々と調査しまして、面白い数値が見えてきましたので、本日はそちらについてみなさんに共有させていただきたいなと思っています!, そもそも前提として、YouTubeにおける2次元コンテンツとはどのようなものが存在するかご存知でしょうか?実は去年末から騒がれているVTuber以外にも昔から2次元のキャラクターを使ったチャンネルは存在しています。, ①VTuberここではLive2Dや3Dでキャラクターを制作し、声優さんにキャラクターを演じてもらうチャンネルと定義しています(一部機械音声を使っているケースもあります)既に数千チャンネルある、との事です。, ②ゆっくりorVOICEROID実況1枚絵のキャラクター素材を使い、特定の音声合成ソフトを利用しているチャンネル。古くから存在するジャンルでTOP層は月間3~4,000万再生というチャンネルも存在します。, ③その他例えばデザインはオリジナルLive2D、音声は合成ソフト、というようなチャンネル等も存在します。, VTuberと呼ばれるジャンルだけが2次元コンテンツではなく、昔から2次元のYouTubeコンテンツが存在していたという点をまずご理解ください。, その上で直近話題となっているVTuberがYouTube上でどれ程数値を持っているのか、定量分析を行いました。, 下記サイトをにて、YouTubeチャンネルの数値を”月間再生数”という観点で調査いたしました。https://ytranking.net/ranking/?mode=subscriber&date=201804※集計期間は2018年4月となります。※他にもいくつか再生数確認する方法がありますが、サイトにより多少再生数に前後がある事、ご了承ください。, 個人的な所感ですが、チャンネル登録数での評価はスマートフォンネイティブアプリにおける累計DL数と同じ考え方の数値だと感じており、アクティブを測るなら月間再生数が適切では、と考えています。, こちらがTOP5です。個人的にとても驚きがあったのですが、HIKAKINさんは再生数という観点だとTOP4なんですね。。。, フィッシャーズさんがHikakinさんの再生数を超えたとは認識していましたが、、1位はキッズラインチャンネルとは驚きでした。, キッズラインチャンネルを確認した所、1動画あたりの再生数は小さいですが1日複数本動画を配信しており、チャンネル全体の月間再生数ではNo1だった模様です。, 30位までを見ると、”ゆっくり実況”のTOPである”たくっちチャンネル”がランクインしていました。VTuberではありませんが、2次元チャンネルとして運営していますので、VTuberを含む2次元チャンネルという見方ではどうやら一番大きいチャンネルとなるようです。, VTUberと呼ばれるチャンネルはどこにランクインしているのか、もう少し追ってみたいと思います。, 100位まで確認した所、”ゆっくり実況”の”ぽこにゃん”がランクインしていました。こちらもVTuberではありませんが、2次元コンテンツと考えられるチャンネルです。, 200位までを調べた所、154位に”A.IChannel”がランクインしていました。月間再生数は1,000万再生程となります。, またTOP200までの各チャンネルの再生数をジャンル毎に分けてみましたので合わせて共有させていただきます。, TOP200までの月間再生数からシェアを算出した所、VTuberの月間再生数は全体の”0.22%”という事が分かりました。, 現状、YouTube上での再生数という観点ではまだまだ規模は多くないようです。続いてVTuberチャンネルの月間再生数推移を調査してみました所、興味深いデータが確認できました。, 2017年12月からYahooトップに取り上げられる等、大きく月間再生数が伸長しました。2018年1月をピークに2月は落ち込みましたが、3~4月に大きく再生数が拡大しています!このペースで拡大していくのか、非常に興味深いデータですね。。, また特徴的に感じたのは、VTuberの数が激増している点です。先ほどのTOP200までの市場数値と合わせると、現在の環境は, という市場環境となりそうです。VTuber1チャンネルの再生数はまだまだ小さいのが現状です。平均すると月の収益は100万円にも満たない現状となります。, 競合多く、1チャンネルあたりの収益性が低い現状では、かなり厳しい市場だと認識しています。恐らくここから1年程で更に多くの2次元チャンネルが開設されると思われますが、生き残れるのはごく僅かかもしれません。, YouTube上の2次元チャンネル全体再生数推移を見ていると毎月再生は伸びているので、どのタイミングで市場に参入するのがベストか、判断難しいタイミングかもしれません。, さて冒頭でも触れましたが、弊社BUZZCASTでも本日プレスリリース出させていただいた通り、YouTube2次元コンテンツ事業を正式に開始する事となりました。, 過去半年ほど、まだVTuberという言葉が無かった頃からこっそりと事業検証しており、体制が整った為、ここから一気に展開していく方針です。, 既に他チャンネルの平均値を大きく上回る成長を続けており、今後は既存チャンネルの運用と新規チャンネルの開設を進めてまいります。, 何かご一緒できそうな余地ある企業さま、ご興味持ってくださった皆様は是非お気軽にご連絡ください!, また一緒にYouTube2次元コンテンツ領域で事業展開したい、という仲間も募集しています!制作側、セールス側、運用側、バックオフィス全般と全職種募集しておりますので、ご興味ある方は是非Wantedlyから、もしくはFacebookから等でもご連絡ください!, また本ブログで集計した再生数等の数値はUPDATEして市場感、定期的にお届けできればと思いますので、応援のシェア拡散、是非宜しくお願いします!, BUZZCASTはYouTubeというプラットフォームの中で

記事が気に入って頂けたら引用元の動画も是非見てVtuberさんの応援おねがいします。. →どこが面白いのか配信者自身ではよくわからない この配信のメンバーの中で言うなら、渋谷ハルさんは、名字が同じというきっかけでにじさんじの渋谷ハジメくんとコラボしたり、企画したVTuber最強決定戦でにじさんじゲーマーズの叶くんに解説を引き受けてもらえたりと、はたから見れば”棚からぼたもち”と言える僥倖に恵まれていますが、それもPUBGの実力があり、動画を作ったり積極的な働きかけをしていたという実力・努力が先にあってそこにタイミングが重なって得られたものであり、何もしていなければ棚からぼた餅が振ってくる確率は遥かに小さかったでしょう。, 新人だと声をかけづらい(登録者数の差を気にする)