・WSUSの導入手順 その場合、業務アプリケーションの互換性問題を引き起こしたり、セキュリティ上の問題が発生するリスクもあります。, このような問題を解消するために開発されたのがWSUSで、WSUSはMicrosoft製品(Windows OSやOfficeソフトなど)やExchangeサーバーなどのWindowsサーバー、各種ドライバやツールなどの更新プログラムを集中管理できる無償の製品です。, WSUSを使用しない場合、クライアントPCはインターネット上のMicrosoft アップデートサーバーから更新プログラムをダウンロードします。, WSUSを導入すると、WSUSサーバーに更新プログラムが保存され、クライアントPCはWSUSサーバーから更新プログラムをダウンロードします。, WSUSは社内にMicrosoft Updateサーバーと通信するためのWSUSサーバーを設置し、WSUSサーバーがクライアントPCに適用する更新プログラムを指定して配布したり、更新の結果をレポートすることができます。, WSUSでは、グループごとに適用する更新プログラムを指定することが可能です。企業独自の業務アプリケーションに影響を及ぼす更新プログラムがあれば、配信させないこともできます。, WSUSで管理しているクライアントごとに、更新プログラムの適用状態を確認することが可能です。適用状況は表やグラフで確認することができるほか、レポートとしてPDFやExcelでのダウンロードも可能です。, 企業内の複数のクライアントPCが、Windows Updateを行うと、台数分繰り返しダウンロードを実施することになり、インターネット回線を圧迫してしまいます。, WSUSサーバーは更新プログラムをローカルに保存することが可能です。各クライアントPCが更新プログラムをダウンロードする場合、インターネットにアクセスするのではなく、WSUSサーバーから更新プログラムを配信するため、インターネットにアクセスするトラフィックを削減できます。, ・更新プログラムの制御 wsusでは更新プログラムをどのように配布するのかを制御できます。制御方法は次の4つです。 WANの高速化や低価格化、安定性の向上に伴い、本社と支社間でのファイル共有や大容量の通信が可能になってきた。といってもLANとWANでは通信速度にかなりの差があり、同等には扱えない。またWANの場合、コストや装置の変更が伴う場合もあるなど、簡単に増強するわけもいかない。 支社側のユーザーの操作性としては、数Mbytes程度のファイル転送であれば待つことができるだろう。しかし、もっと大きなサイズのファイルや複数のファイルを開いたり、WAN経由で本社サーバのファイルを直接 …

BranchCacheの仕組み BranchCacheを使用すると、Windows 7クライアントがリモートのデータへのアクセスを要求した際、同じ拠点内のWindows 7クライアントからそのデータへのアクセスが以前に行われている場合に、クライアントに対して拠点内のローカルネットワーク上にあるキャッシュの場所が通 … ブロードバンド以前、企業ネットワークの拠点間のWAN接続には専用線やISDN回線、フレームリレー回線が利用されていた。これらの回線は通信費が莫大な上、現在の状況と比較すると圧倒的に低速、低帯域であった。拠点間のトラフィックを最小限にするために、サーバーを分散することは当然の選択であった。ブロードバンドの登場で、WANは高速化された。しかも、インターネットVPNを利用することで、トラフィック量に関係なく低い通信費で済み、回線コストを大幅に削減することができた。そして今度は、本社のデータセンターへのサーバーやデータの集約が進むようになった。データセンターへの集約が進み、リモート拠点のユーザーがサーバーやデータにWAN経由でアクセスするようになると、再びレスポンスの問題に直面することになる。いくらWANが高速になったとしても、ギガビットの LANとは比較にならない。ましてや、データのサイズはますます巨大化している。, Windows Server 2008 R2およびWindows 7の「BranchCache(ブランチキャッシュ)」機能は、サーバーやデータに WAN経由でアクセスするリモート拠点ユーザーに対して、レスポンス改善というエクスペリエンスを提供すると共に、WANトラフィックの削減を実現するものである。, BranchCacheを使用すると、Windows 7クライアントがリモートのデータへのアクセスを要求した際、同じ拠点内のWindows 7クライアントからそのデータへのアクセスが以前に行われている場合に、クライアントに対して拠点内のローカルネットワーク上にあるキャッシュの場所が通知される。クライアントは、リモートからファイルをダウンロードする代わりに、キャッシュからファイルを高速にダウンロードできる。このプロセスは完全にバックグラウンドで行われ、エンドユーザーは、リモートからファイルをダウンロードする操作で、利用可能な場合にキャッシュの効果を得ることができる。, BranchCacheには、Windows 7クライアント自身が別のクライアントへのキャッシュサーバーとして機能する「分散キャッシュモード」と、拠点に設置されたキャッシュ専用サーバーとして使用する「ホスト型キャッシュモード」の 2つのモードが用意されており、IISのHTTPトラフィック、インテリジェント転送サービス(BITS)ダウンロード、およびSMBのファイル共有に対してキャッシュを有効化できる。BranchCacheを有効化するための条件は、次のとおりである。, ■拠点内のクライアントコンピューターがWindows 7 EnterpriseまたはUltimateを実行している 営業・広告制作→接客業→司会業を経て、ITエンジニアに転職した平成の申し子。流れに任せて現在は社内SEとしてサーバ運用管理や構築設計を行っています!AWS関連を勉強中。何かと調べることが多いので、忘れないよう備忘含めてまとめていきます。, こんにちは。ますのです。 ぜひWSUSを活用して、効率良く社内PCの管理を行いましょう。, また、MicrosoftのサイトにはWSUSに関するTipsやフォーラムが用意されています。実運用に役立つTipsが多く紹介されていますので、あわせて参考にしてみてはいかがでしょうか。, ・WSUSでのWindows 10管理まとめ – Japan WSUS Support Team Blog ・WSUS クライアントのグループ ポリシー : その 2 – Windows 8 / Windows Server 2012 以降編 – WSUS (読み方 : だぶさす、だぶるさす) とは Windows Server Update Servicesの略で、Windows の更新プログラム (パッチファイル) を配信するサーバのことです。 WSUS サーバを社内などに構築することにより、数百数千の台数の Windows に対して更新プログラムを効率的に配信することができます。 仕組みとしては単純で、本来 Microsoft がインターネット上に公開している更新プログラムを WSUS にダウンロードし、クライアントはその更新プログラムをダウンロードします。 以下に WSUS のコンポー … プロキシを使用しない場合はそのまま「次へ」をクリック。, WSUSの対象製品覧を取得します。「接続の開始」 をクリック。製品の取得までに数分程度かかります。, 更新プログラムの対象製品を選択します。ここで全てを選択すると、ダウンロード時間とディスク容量が膨大になりますので、使用している製品に限定することをお勧めします。, WSUSサーバーが更新プログラムを取得する時間を指定します。通常はサーバーやネットワークの負荷が低い時間帯を指定します。, WSUSサーバーの設定をしても、クライアントPC側の設定をしないと意味がありません。Windows Update時にWSUSサーバーを参照するためには、グループポリシーの変更が必要になります。

IT 技術の進化はとどまることを知りません。矢継ぎ早に新たな技術が出てきたり、数... nesuke の考える NW エンジニアの2つの道 ネットワークエンジニアには... 数百数千の台数の Windows に対して更新プログラムを効率的に配信することができます, クライアントが WSUS サーバに対して更新プログラムを要求し、ダウンロードし、インストールします, ひと目でわかるActive Directory Windows Server 2019版, バグフィックス : セキュリティ上の問題は無いがハングアップするなどの不具合を改修. ・UserB、UserCはキャッシュデータからダウンロードする。(ブランチキャッシュ設定) Even if a client is configured in hosted cache mode, it will still cache data locally, and you might want to take steps to protect the local cache in addition to the cache on the hosted cache server. 最新の更新プログラムを全て配布した結果、ハードウェアや企業独自のアプリケーションの動作が不安定になる可能性があります。, そのため、影響度が大きい更新プログラムを配布する前には検証環境や小規模な環境で、テストを実施することをおすすめします。事前に問題がないことを確認してから本番環境に導入するようにしましょう。, WSUSは、クライアントPCをグループで管理することで、グループごとに更新プログラムの制御を行うことができます。 ・WSUS クライアントのグループ ポリシー : その 3 – Windows 10 基本編 –, WSUS を企業で運用する場合、更新プログラムを配信するだけでは安定的に運用することはできません。 ・UserAをLAN環境から外す→B、C:WSUSサーバからダウンロードを始める

WSUSの導入メリット ・WSUS利用時の注意点 配布する製品の管理

Windows Server Update Services (WSUS) and Microsoft Endpoint Configuration Manager can use BranchCache to optimize network bandwidth during update deployment, and it's easy to configure for either of them. 「社内で行ったWindows 10大型アップデートの運用を紹介します!」, WSUS(Windows Server Update Services)を一言で説明するなら、「ローカルに設置するMicrosoft Updateサーバー」です。通常のMicrosoft アップデートサーバーはインターネット上にあり、Windows PCのMicrosoft Updateを実施する場合、各PCがインターネット上のMicrosoft アップデートサーバーにアクセスします。, 企業などで複数のPCを管理している場合、どのPCがアップデートを実施していて、どのPCがアップデートしていないのかの管理が難しく、PCごとに更新プログラムの状態がバラバラになってしまう可能性があります。

・Technet フォーラム – Windows Server, ネットワークエンジニア 更新プログラムの制御 すべてのページ フィードバックを表示, Windows Management framework (Windows PowerShell 2.0、WinRM 2.0、および BITS 4.0), https://go.microsoft.com/fwlink/?LinkId=188677, Windows Management Framework (Windows PowerShell 2.0, WinRM 2.0, and BITS 4.0), 以前のバージョンのドキュメント. するための手順を実行する必要があります。. 続いてWSUSサーバがフューチャーアップデートを受信、配信出来るようにWSUSサーバで設定をします。 設定1: [サーバー マネージャー] – [管理] – [役割と機能の追加]より、「BranchCache」を追加する。 ※引用:BranchCache による 更新プログラムの展開より Windows10への入れ替えが本格化してきましたね。WSUSで更新アップデートを管理していますが、ネットワークの逼迫が懸念される「FeatureUpdate(FU)」の存在がございます。, これらをどうにか出来ないか?ということで「BranchCache(ブランチキャッシュ)」の設定を試してみました!, ・WindowsUpdateからの更新プログラムダウンロードはWSUSサーバが行う。 用語「wsus」の説明です。正確ではないけど何となく分かる、it用語の意味を「ざっくりと」理解するためのit用語辞典です。専門外の方でも理解しやすいように、初心者が分かりやすい表現を使うように心 … 2020/08/08; この記事の内容.

・WSUS活用で効率良くWindows 10の管理を, Windows 10へのアップグレード作業や運用フローの最新資料を公開!

Windows 10になってから、Windows Updateを行うプロセスが少し複雑になりました。 Delivery Optimization(DoSvc) 日本語名:配信の最適化 Background Intelligent Transfer Service(BITS) のどちらかがWSUSサーバーと通信します。

変更はグループ ポリシー エディターを起動し、「[コンピューターの構成」 – 「管理用テンプレート」 – 「Windows コンポーネント」 – 「Windows Update」 を選択します。

・WSUSの機能一覧

Copyright © Nikkei Business Publications, Inc. All Rights Reserved. Windows 10になってから、Windows Updateを行うプロセスが少し複雑になりました。 Delivery Optimization(DoSvc) 日本語名:配信の最適化 Background Intelligent Transfer Service(BITS) のどちらかがWSUSサーバーと通信します。 ・ユーザの各種設定はグループポリシーで設定を行う。, わたしが検証したときの設定箇所を一覧でまとめましたのでよろしければ!

WSUSクライアントの設定 「イントラネットの Microsoft 更新サービスの場所を指定する」をダブルクリック。, 設定値を「有効」に、「更新を検出するためのイントラネットの更新サービスを設定する」と「イントラネット統計サーバーの設定」にWSUSサーバーのURLを設定します。 更新プログラムの制御. 適用先:Windows Server (半期チャネル)、Windows Server 2016 Applies to: Windows Server (Semi-Annual Channel), Windows Server 2016.

・配布する製品の管理, WSUSでは更新プログラムをどのように配布するのかを制御できます。制御方法は次の4つです。, クライアントPCをグループで管理して、グループごとに更新プログラムの制御を行うことができます。 WSUSの基本設定 ・グループによる管理 グループによる管理 動の管理, すべてのページ フィードバックを表示, BranchCache 展開ガイド (Windows Server 2012), BranchCache Deployment Guide (Windows Server 2016), BranchCache Deployment Guide (Windows Server 2012), 以前のバージョンのドキュメント.