原作は土屋ガロン(作)、嶺岸信明(画)による同名の漫画『ルーズ戦記 オールドボーイ』。 1996年から1998年に「漫画アクション」で連載された。

オデスはウジンにたどり着き、監禁の事情を聞き出そうとするも、“口数が多すぎたから監禁された” オールド・ボーイ。 2003年公開の韓国映画。 監督はパク・チャヌク、脚本はワン・ジョユン、イム・ジュンヒュン、パク・チャヌク。 原作は土屋ガロン、嶺岸信明。 主演はチェ・ミンシク、カン・ヘジョン、ユ・ジテ。 上映時間は120分。 定期的に与えられる食事以外は何もない生活。 謎は明かされたのではなく初めから知ってた。 この映画をお勧めしません。 2003年公開「オールド・ボーイ」。パク・チャヌク監督の作品です。 土屋ガロン、嶺岸信明による同名の日本の漫画「ルーズ戦記 オールドボーイ」が原作となっております。 評価 4.5 ★★★★☆ 2003年製作 上映時間120分 原作:土屋ガロン作、嶺岸信明画「ルーズ戦記 オールドボーイ」(1997年双葉社) 監督 パク・チャヌク 脚本 パク・チャヌク、ファン・ジョユン、イム・ジュン … 韓国を代表する映画監督ポン・ジュノ。ポン・ジュノに並んで有名なのが、韓国映画界の鬼才とも呼ばれるパク・チャヌクです。今回は、鬼才パク・チャヌクの映画作品をご紹介! kasioda(カシオダ)は、韓国の流行をいち早くキャッチアップできる韓国トレンドメディアです。 見ない方がいい。 評価 4.5 ★★★★☆ 2003年製作 上映時間120分 原作:土屋ガロン作、嶺岸信明画「ルーズ戦記 オールドボーイ」(1997年双葉社) 監督 パク・チャヌク 脚本 パク・チャヌク、ファン・ジョユン、イム・ジュン … 前半で登場する意味深なメッセージの数々が予想を超える意味を持って返ってくる。 今回も Amazon プライムビデオで字幕版を選択して視聴します。 想像妊娠って、そういうドラマ昔流行った時代あったなと思い出しちゃったり。 ウジンは彼の絶望した姿に少し復讐心が満たされたのか、それともこれ以上の絶望はあまり意味がないと思ったのか、ミドには秘密を漏らさず、復讐を遂げることにします。 日本で出版されている漫画 ルーズ戦記オールドボーイ(原作:土屋ガロン、作画嶺岸信明) が原作になっています。 例えば勝手にスマホを開いたりとかですよ。 最後にミドはデスを抱きしめてこう言います。「愛してる、おじさん」と。その目はなぜかデスの存在を父と認めているように見えます。, 2003年 原作は土屋ガロン、嶺岸信明。 そして韓国版ではミドに当たる娘役に「アベンジャーズ」シリーズのスカーレット・ウィッチ役や、人気ドラマ『フルハウス』で有名なオルセン姉妹(アシュレーとメアリー)を姉に持つ、エリザベス・オルセンがキャスティングされています。

ウジン「俺の股間が姉さんを妊娠させたのではない。お前の舌が妊娠させたんだ」 デスが席に着いた時にミド(カン・ヘジョン)がデスの顔を見るなり「お久しぶり、違ったかな?」「見覚えがあるんだけど、どこかで?」と質問します。ここでデスは「テレビで君を観たよ」と答えますが、ではなぜミドは見覚えがあるんでしょう?

でも死ぬまで韓国映画を抱きしめているぞ。, 韓国オンマって最強!「母なる証明」(2009) ポン・ジュノ監督、キム・ヘジャ主役、ウォンビン出演, ゾンビに愛着がもてなくて困った!「ソウル・ステーション/パンデミック」(2016) ヨン・サンホ監督, -スリルとサスペンス

恐ろしいのは、映画を眺めている我々も、ほんの些細なきっかけで復讐する側される側になってしまうことですね。 めっちゃいやらしいので一人で見てくださいね、約束ですよ。 取っ組み合いの喧嘩よりも、何気ない「いじり」の方が心に深い傷を残すものですから。

ああいう超うざい酔っ払い、本当にいそうだもん。 ここからは本作(韓国版)に絡めて、原作・リメイクとの比較やネタバレも含めて解説していきます。, 原作漫画『ルーズ戦記 オールドボーイ』は原作の土屋ガロンと、作画の嶺岸信明によって1996年から1998年に「漫画アクション」で連載されました。 それがきっかけでスアは想像妊娠をしてしまいます。学校中で淫乱女だと噂されたのと、実の弟との子供ができてしまったという負い目で自殺。ウジンはその復讐のために15年オデスを監禁したのでした。 全8巻です。, なんだこれは。 ただ呆気に取られて 脱力に身を任せるエンディング。 これからもこの監督の生み出す作品から目が離せません。, 本作(韓国版)と原作、さらにリメイクにおいても、ユ・ジテが演じるイ・ウジン、また原作やリメイクでその役にあたる登場人物の最期はどれも共通しています。特に原作は、主人公のその後の生活を想像させる演出と不気味なエンディングが目を引きます。エピローグでの予想だにしなかった展開は、読者を落ち着かない気持ちにさせることでしょう。 原作とUSリメイクにはストーリーやエンディングに大きな違いがあります。しかしそのどちらの結末も、視聴者の心に何かしらメッセージを問いかけてきます。, 韓国版『オールド・ボーイ』のラストシーン、雪原の真ん中で、催眠術をかけられたオ・デスは一人倒れています。催眠術師と座っていた椅子のところからは、デスが倒れている方向に向かって足跡が一人分続いています。

結婚して子供ができてもコミュニティ内での関係性が変わってなかったら悲惨すぎる。 | 親友のジュファン(チ・デハン)の迎えで交番を後にしたデスは、妻と娘に公衆電話から電話をします。そこで娘にお祝いを告げるとデスは「もうすぐ帰るからね」と言って、ジュファンに電話を代わります。しかしその会話の数秒後、デスはジュファンの目の前から突然消えてしまいました。

上映時間は120分。, 酔っぱらっては迷惑をかけるだらしない中年男 オ・デスは、突然何者かに拉致されてホテルのような一室に監禁される。 作品が20年前に作られたことを考慮しても古い。

ソウルやプサンなど人気のエリアから、話題のカフェやコスメ、観光スポットまで、韓国のトレンドをキャッチしよう!. 覚えきれないほどの浮気相手がいる? ・その催眠術によって二人は出会い、心も体も愛し合った。全て催眠術によって操作されていた。 この先は、ネタバレが含まれます。未だ御覧になっていない方は、読まないことをお勧めします。, ソン・ガンホがドゥナの耳をべろべろする。「復讐者に憐れみを」(2002) パク・チャヌク砲炸裂! 復讐シリーズ①, 独特な雰囲気のイラストを描いています 「シンプル」「個性的」を探している方におすすめ!, キム・ハヌル主演! これほど良質なホラー映画もめったにない!「霊 -リョン」 (2004) 見てあげてや~。, タイトル長すぎる!「テハンノで売春していてバラバラ殺人にあった女子高生、まだテハンノにいる」(2000), 心あたたまるロードムービー! 80年代初期の韓国にタイプトリップだ!「鯨とり -コレサニャン」(1984) アン・ソンギ主演. 後に何十人もの荒くれ者達と切った張ったする男に、どうやったらなれるんだ? ウジンは心臓が弱くペースメーカーを付けており、そのペースメーカーには遠隔スイッチが付けられていました。遠隔スイッチを押すことでいつでも自殺できるというウジンを拷問で監禁の理由を聞くわけにもいかず、自分で監禁された理由を見つけてみろと突き放されてしまうのです。 ただ、 練習相手がいないので格闘技の習得は全てイメージトレーニング。

志村けんのコントに出てくる酔っ払いみたいな男がですよ? 韓国を代表する映画監督ポン・ジュノ。ポン・ジュノに並んで有名なのが、韓国映画界の鬼才とも呼ばれるパク・チャヌクです。今回は、鬼才パク・チャヌクの映画作品をご紹介!, 社会問題や現代社会が抱える闇へのメッセージ性が強いポン・ジュノ作品に対して、パク・チャヌク作品は、「人間の心の闇」を扱った作品が多い特徴があります。, だからこそ、ときには暴力的、ときには刺激的な描写もたくさんあるパク・チャヌク作品。, 筆者が「韓国映画って面白い!」と韓国映画の沼にハマってしまったきっかけがパク・チャヌク監督の作品でした。, 青年リュウは、腎臓病の姉のために闇取引で移植用の腎臓を求めるものの、あえなく失敗。, 手術費用が何とでも欲しいリュウは、身代金誘拐を企てたことから悲劇が生まれ、復讐劇へとつながっていきます。, 登場人物がそれぞれ大切な存在のために復讐に手を染めてしまう展開は、なんとも言えないやるせなさがあります。, 15年間監禁されたのちに突然解放されたデスは、監禁された理由、犯人は何者なのか謎を解くために動き出すことを決意します。, 筆者が韓国映画にハマるきっかけとなったのがこの復讐三部作の2作目となる「オールド・ボーイ」。, 主人公の突然の誘拐・監禁というインパクトあるストーリー展開は、韓国以外でも話題となり。, 犯人を追うというシンプルなストーリーかと思って観ると、衝撃の事実とラストに度肝を抜かれること間違いなし。, 後半はバイオレンスな描写が続きますが、韓国映画のなかでも有名な作品なので、一度は観てほしい作品です。, 美しくにこやかな女性の復讐劇を描いた「親切なクムジャさん」は、「復讐者に憐れみを」「オールド・ボーイ」に続くパク・チャヌク監督の復讐三部作の最終作。, 「オールド・ボーイ」の主人公を演じたチェ・ミンシクは、今作ではゲスすぎる真犯人を演じています。, その別人っぷりに驚く人もきっと多いはず。そして、主人公クムジャを演じたイ・ヨンエが本当に綺麗で圧巻!, R18作品ですが、韓国国内で約350万人の観客動員を記録するヒット作となりました。, スノーピアサーの中は、階級社会となっており、最後尾の車両で生活する主人公カーティスは、理不尽な支配から抜け出すために反乱を起こすことを決意する…。, 以前、ポン・ジュノ監督作品でも紹介した「スノーピアサー」は、監督、脚本をポン・ジュノが務め、パク・チャヌクは制作に携わっています。, 韓国・アメリカ・フランス3ヵ国の合作のため、スケールも大きな作品に仕上がっています。, ポン・ジュノ×パク・チャヌクという最強タッグによって生まれた、世紀末の人類の戦いを是非一度目にしてみてください。, 詐欺集団によって育てられたスッキ、詐欺師藤原伯爵は、莫大な遺産を持つ朝鮮人の男の姪・秀子を誘惑して夫となり、遺産を手に入れようと計画する…。というエロティックスリラー作品。, 1930年代の日本統治下の朝鮮半島が舞台となっている「お嬢さん」は、大人の歴史小説を観ているかのような世界観が魅力。, 韓国でも日本でもない不思議な世界観のなかで繰り広げられる男と女のドラマは、かなり刺激的な内容。, 主人公インディアは、毎年父から誕生日プレゼントに靴を贈られていました。18歳の誕生日、プレゼントの中身は靴ではなく、たったひとつの鍵。, チャーリーに惹かれるインディアですが、家政婦や大叔母といった周辺の人々が次々と消えていく…というストーリー。, 「イノセント・ガーデン」(原題: Stoker)は、パク・チャヌクのハリウッドデビューとなる作品です。, 「サイボーグでも大丈夫」「渇き」と並んで「人間ではない存在の三部作」をテーマに制作したことをパク・チャヌクは語っています。, とにかく映像がきれいな作品。ですが、きれいな世界観の裏にひそむ狂気にゾクっとしました。, 思いっきり外出がしづらい状況ですが、おうちにこもって映画を楽しむのもいいものです♪, 2020年ブレイク間違いなしの注目K-POPアイドルは?人気沸騰中のグループを調査!, CHALLANS de PARISで贅沢スキンケア!10秒に1枚売れているシートマスクが大人気!, おすすめ韓国映画!話題作から最新作、マニアックな作品まで…今観たい韓国映画をご紹介!, KASIODA(カシオダ)は、韓国の流行りをキャッチするトレンドメディアです。 パク・チャヌク監督による復讐三部作の第2作目、2003年公開の『オールド・ボーイ』のあらすじ、ラストについて、原作マンガと2013年のusリメイク版との比較も含めネタバレ解説。個性派キャスト、監督のその他作品についても紹介します! 娘の命を守れ!じじー殺人鬼と若造殺人鬼の死闘! 作品情報 ●評価 4.5★★★★☆●2017年製作●上映時間 118分●原題 살인자의 기억법(殺人者の記憶法)●原作 「殺人者の記憶法」キム・ヨンハ● ... 殺されたはずの妻から電話がかかってきた。電話の向こうには殺される直前の妻がいる。夫は妻を救えるのか!? 「リバイバル 妻は二度殺される」予告編 評価 3.5★★★☆●2015年製作●原題 더 폰(ザ・ ... オム・ジウォンとコン・ヒョジンのW主演なら何としてでも見たい! 作品情報 ●評価 4.0★★★★●制作 2016年●上映時間 100分●原題 미씽:사라진 여자(ミッシング 消えた女)●英 語 題 M ... 勘定を払わない人間は、かならず笛に踊らされ、ネズミに食い殺される ●評価 3.0★★★●制作 2015年●上映時間119分●監督 キム・グァンテ●脚本 キム・グァンテ●出演 リュ・スンリョン、チョン・ ... キム・ユンソクとユ・ヘジンがタッグを組む。硬派で奇想天外な犯人追跡!こんなのあり?! 作品情報 ●評価 3.0★★★●制作 2016年●原題 극비수사(極秘捜査)●原本 小説「極秘捜査」コン・ギリョン ... Copyright© 韓国映画に悶える女のブログ! , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.

映画では『シュリ』(1999)と『オールド・ボーイ』、『バトル・オーシャン 海上決戦』(2014)の3作品で韓国のアカデミー賞と称される大鐘(テジョン)賞において、主演男優賞を受賞。 本当の暴力って、悪意をもって行うよりも無自覚な方がえぐいかも。

ずっとずっと恋をしています。 娘はどうなった?どうすればここから出られる?誰がこんな罠を仕掛けた?首謀者の動機は? 監禁したかったのではなく解放したかった。 妻を殺され、娘の行方もわからず、世の中には犯罪者扱いをされるという救いを求める人がいない、絶望しながらも復讐に火を灯した彼は脱出を図ろうとします。そしてある日、彼は眠りから目を覚ますといきなり、とある催眠術をかけられ、屋外に解放されます。監禁から15年目の出来事でした。, 解放された彼は、どこかに救いを求めるわけにも行かず、フラフラと街を彷徨います。街を彷徨っている間に、ホームレスからいきなり携帯電話と財布を渡されます。彼を監禁したウジンという男からの贈り物でした。 メチャクチャすぎるだろって思いますけど。, もちろん、全て憶測でしかものを言っていないのでパラドックスもクソもないのですが、ロマンを求めてこうであってほしいなんて。, ものすごく長くなりましたが、個人的にあらゆる矛盾を感じて魅力的に思う作品「オールド・ボーイ」。 何もわからないまま続いた監禁生活は15年。

その内容というのが 危うく途中でしらけそうになりましたが、観客に与えられた「首謀者の動機の謎」の怪奇具合が大きすぎて強引に説得されかけました。, さて、ここからは本筋には関係ないけど映画を見た後の反省。

韓国映画のもつ奥深さになぐさめられたり、息もできない胸苦しさを覚えたり、一日中その余韻に浸ったり、夢の中まで追いかけられたり。