サトシが『ポケットモンスター ブラック』寄りの世界観のイッシュ地方を旅する話。 ゲームのストーリーをベースに物語が進みます。ただ、飽く迄進行であってオリジナルエ… !だからベテランの私が「誰が新人だって? 」だからサトシがよ」 シ「君はまた言ってないんだね? ・色々あってサトシとロケット団のニャースがプラズマ団に捕まったよ! ・サトシのポケモンはポケモンセンターに預けてあるよ! アイ「それはサトシは何も知らない新人だしイッシュリーグベスト8なのよ! サトシが『ポケットモンスター ブラック』寄りの世界観のイッシュ地方を旅する話。 ゲームのストーリーをベースに物語が進みます。ただ、飽く迄進行であってオリジナルエピソードも挿入します。 例によってフルボッコ表現有り。

「ふざけるな!8年前にメイのパパとママを殺した上にメイを拉致って、奴隷同然に扱き使った癖に!この殺人鬼共!テメエらだけは、何があっても許さねえよ!ドラゴンの骨を事を差し引いてもな!!」, だがプラズマ団は平気な顔をしている。それが正しい、そして当然だと言わんばかりの表情になっている。, 「我々プラズマ団が本気である事を教える為に、敢えて貴様らの前で奪ってみせよう!!」, プラズマ団2人は、眠ってしまった。サトシ、トウヤ、メイの3人はそのまま真っ直ぐヤグルマの森へと向かって行った。, 「僕はアーティ。芸術家さ。そして、この先のヒウンシティでジムリーダーもしているんだよ。それで、君達はプラズマ団を追ってるんだよね?ヤグルマの森には2つの抜け道があるんだ。このまま真っ直ぐと、そこの脇道」, 「僕はこの先の出口を塞ぐ。だから、君達にはこっちのルートへ行って貰い、プラズマ団を炙り出して欲しいんだ。一本道だから迷うことはない。頼んでいいかい?」, メイは、サトシから受け取った木の実プランターとゼニガメじょうろで木の実を育てていた。収穫で手に入れたオボンの実と、ヒメリの実を2人に手渡す。サトシ一行のポケモン達が全快になった。, 【サトシの言う通りさ】ピカチュウは、サトシの言葉にコクりと頷き、メイに笑顔を見せた。, 「今ここで、骨を奪い返せる可能性が1番高いのはサトシだ。だからオレは、そのサトシを信じて先に行かせるよ」, アイリスはキバゴを出した。だが、心なしかサトシ戦時に比べて元気がなく、アイリスに対して怯えているようにも見えた。, 「おいおい、せめて技を完全にモノにしてからバトルに出させてやれよ。それに、トレーナーである以上、命とかの、ポケモンの全ての責任はお前が背負うんだぞ!」, 「うるさい!アタシの所為じゃないわ!進化さえすればね、アンタなんてボロクソ雑巾みたいに倒せるんだから!」, 【何て野郎だ!自分の落ち度をキバゴの所為にするなんてよ!救いようがねえな!これなら、シュー太郎って金髪野郎の方が何倍もマシだぜ!】, アイリスはそう言いドリュウズを出すが……出されたドリュウズは、穴を掘る態勢のまま動かなかった。トウヤは、見知らぬポケモンに早速ポケモン図鑑で調べる。, サトシ、メイは先に進んでいた。途中、野生のクルミル、次にペンドラーをリーダーとしたフシデ系統の群れが襲い掛かって来た。だが、サトシは即座にクルミルとペンドラーをゲットした。フシデ達の群れは、リーダーがいなくなったので逃げて行った。前者は、ズルッグ共々メイに預かって貰っていて、後者はアララギ研究所行きとなった。この時、オーキド研究所にいる自分のポケモン達を何体か送って貰い、控えになっているポケモンに実戦経験を積ませるべきかと検討したサトシであった。, 「チャオブー、炎の誓い!ミジュマル、シェルブレード!ツタージャ、リーフブレード!ハトーボー、エアカッター!」, プラズマ団のポケモンを瞬く間に全滅させるサトシとポケモン達。ズルッグとクルミルは観戦、ピカチュウとガバイトに至ってはポーカーをやっていた。, プラズマ団からホネを回収する。そしてプラズマ団は逃げ出す。だがこの先にはアーティがいる。逃げられる筈が無い。, 「そうだね。それは本当に良かった。それと、連中はプラズマ団の中ではダークトリニティと呼ばれている。恐らくだが、かなりの手練れだろう。少なくとも、下っ端とは別物と見ても良い」, サトシとトウヤは、新たな敵に少し武者震いをしていた。その後、アロエにドラゴンの骨を渡して先に進んだ。目指すはヒウンシティだ。. The novel "よくあるイッシュ組にサトシの過去バレをするのがロケット団でも" includes tags such as "アニポケ", "イッシュ" and more.

僕のヒーローアカデミアの主人公、緑谷出久は“無個性”だ。▼無個性ってことは、好き勝手に妄想してもいいよね?▼そんな考えから作った短編集です。▼2017/8/17▼短編から連載に変更しました。▼2018/1/9▼『いずく1/2』独立化, 総合評価:5112/評価:/話数:56話/更新日時:2019年06月17日(月) 01:06 小説情報, 兵藤一誠は今代の赤龍帝であり、そして転生"堕"天使である。▼彼を"天使"として転生させた天界は、天使・堕天使・悪魔の"聖書"3大勢力の支配を目論む武装過激勢力である。▼転生直後、"堕ちた天使"となった兵藤一誠は堕天使勢力【神の子を見張る者(グリゴリ)】に身を寄せ、堕天使として、そ…, 総合評価:2065/評価:/話数:104話/更新日時:2020年05月08日(金) 22:01 小説情報, これは「勇者互助組合 交流型掲示板」、通称「勇者板」。▼あらゆる世界で勇者と認められた者達が、現役、退役問わず一堂に会し、雑談、意見交換、相談、アドバイスなどを行う掲示板である。▼そんな掲示板の利用者が、また一人増えた。▼彼が立てたスレッドにはたくさんの勇者が集まるが、話を聞くうちに、新たな勇者は、どの世界の勇者とも一線を画す存在であることが明らかになってい…, 総合評価:690/評価:/話数:6話/更新日時:2020年07月08日(水) 09:11 小説情報, アローラチャンピオンになったサトシに届いた一通の招待状…それはガラル地方での最強のジムリーダー、キバナとのエキシビジョンマッチの招待状だった。これは彼らと、そしてその戦いを見た1人の少女の物語。▼こんなアニポケだったらいいなぁ。▼※ゴウは出ません▼, 総合評価:291/評価:/話数:4話/更新日時:2020年08月06日(木) 11:58 小説情報, あるあるの転生物語。▼主人公はFAIRY TAILの滅竜魔法を持って、ハイスクールD×Dの世界に転生する。, 総合評価:1224/評価:/話数:65話/更新日時:2020年09月22日(火) 17:41 小説情報, 私の過去の小説『剣製の魔法少女戦記』の主人公こと、シホ・E・シュバインオーグ(衛宮士郎がイリヤの人形の体を得てTS化した姿)。▼この作品は、彼女が、もしなのは世界ではなく、ネギま世界に、しかもその過去に飛んで不幸な目にあったら?というコンセプトをもとに『剣製の魔法少女戦記』と同時期に書いていたものなんです。▼ですが、結局日の目を見ないでパソコンにデータとして…, 総合評価:1616/評価:/話数:43話/更新日時:2020年11月11日(水) 07:00 小説情報, ほぼ女性しかいないカルデアに召喚されたエミヤ。▼ちょくちょく修羅場イベントに突入するエミヤ。▼ドンファンな赤い弓兵によるよくあるカルデアの日常です。▼イベントやストーリーの詳細部分を変更している場合があり、FGO本編と性格が少し異なるサーヴァントもいます。▼男性サーヴァントは基本的にエミヤのみ。▼サーヴァント一人につき一話完結が基本方針です。女性サーヴァント…, 総合評価:5575/評価:/話数:92話/更新日時:2019年05月26日(日) 20:12 小説情報, 注意!▼この作品はサトシ至上の作者が描くものであって、実際のアニメポケットモンスター・サン&ムーンとは異なります。▼ストーリーは基本アニメと同じですが、所々変更点があります▼ここではサトシ君が、XY作画のまま、アローラへ向かったと考えていただければいいと思います。なぜなら、作者はXYシリーズの続編として書いていくつもりです。しかも、それなりに時間がたってから…, 総合評価:4709/評価:/話数:103話/更新日時:2018年09月28日(金) 00:00 小説情報, ごく普通の少年が転生したら大海賊時代でややこしいことに。でも色々頑張って生きていきます。最終目的は頂上戦争改変!▼ これは一言で言えば、ブラコンで性格の悪い主人公が、己の目的のために他者を踏み台にしつつ我が道を歩む物語です。▼ ・作品の題名で激しくネタバレしてますが、そこまで行き着くのに結構掛かります。▼ ・この作品は以前、『にじふぁん』にて投稿していたも…, 総合評価:8765/評価:/話数:133話/更新日時:2015年08月01日(土) 15:34 小説情報, ボンゴレ10代目を継承して5年…19歳になった沢田綱吉は、裏社会に平穏をもたらした。そしてかねてよりの望みであった「ボンゴレをぶっ壊す!!」を実行して自警団のような形に再編成すると、それを最後に表舞台から姿を消すのであった。守護者たちもそれぞれの道を歩んで行くなか、心身共に立派に成長した綱吉は、これ以上自身のゴタゴタにみんなを巻き込むことがないように1人で旅…, 総合評価:5072/評価:/話数:90話/更新日時:2018年08月26日(日) 07:00 小説情報.