※チケット売上は源泉税徴収の対象となります。, ミーティングツールと組み合わせて配信したい。 最近、利用者が増えているライブ配信アプリ。たくさんのライブ配信アプリがありますが、大手のSNSと連携して、視聴者がフォロワーになってくれるようなアプリって気になりませんか?, そこでおすすめしたいのが、以前ブームを巻き起こしたツイキャスです。ここでは「そもそもツイキャスって?」という基本情報や、配信方法・視聴方法などの基本操作などを解説します。, ツイキャスとは、株式会社モイが運営するライブ配信サービスです。インスタライブや17ライブのように、動画を生放送で配信したり、その配信を視聴してコメントしたりできます。, ちなみに、正式名称は「TwitCasting(ツイットキャスティング)」。ニコニコ生放送のように有料会員になる必要がなく無料で登録できたため、登場したばかりの頃は通称「ツイキャス」の名前で人気が出ていました。, 他のライブ配信アプリが登場したことで、そちらに流れてしまったユーザーもいますが、以前から使っている人は長く愛用するほど根強い人気があります。, 「ツイキャス」と聞くとTwitterを連想する人もいるかもしれません。SNSのTwitterを運営しているのはTwitter社ですが、実はツイキャスを運営する株式会社モイとは資本関係などは特にありません。, ただ、Twitterと連携できる仕組みになっており、ツイキャスで配信を始めるとTwitterに通知が投稿されます。, Twitterのフォロワーはその投稿を見てTwitter経由でライブ配信を視聴できたり、逆にツイキャスを見に来た人がTwitterのアカウントをフォローしてくれたりと、Twitterとの強い連携が特徴的です。, ツイキャスを利用するにはアカウント登録が必要ですが、視聴はもちろん、配信も完全無料でできます。, ただ、視聴者が配信者に「差し入れ」と呼ばれるプレゼントを送る機能があり、差し入れを送るにはポイントが必要です。このポイントは初回ログイン時と最後の差し入れを送ってから24時間後に100pt自動でチャージされるため、時間を置けば無料で差し入れも可能。, チャージされるポイント以上に差し入れを送りたい場合にのみ、有料でポイントを購入する必要があります。, ツイキャスの配信・視聴には、ツイキャスアカウントが必要ですが、まずツイキャスは配信用と視聴用の2つのアプリがあることを覚えておきましょう。それぞれのアカウント作成、ログイン方法を解説します。, アプリを初めて起動するとこの画面になります。TwitterやFacebookなどのアプリと連携してログインするか、連携せずにツイキャス用の新規アカウントを作成するかを選びます。, ツイキャスはTwitterとの連携が強いので、ここではTwitter経由でログインしてみましょう。, Twitterでログインするとき、Twitter側で連携アプリの認証を行います。TwitterのIDとパスワードを入力して「連携アプリを認証」をタップするだけで完了です。, ツイキャスに初回ログインをすると、マイクの許可とカメラの許可が求められます。ライブ配信には必要なので、2つとも許可して準備完了です!, そして視聴用は「ツイキャス・ビュワー」という緑のアプリです。ツイキャスを視聴するにはこのアプリがあると便利ですが、必ずしもログインが必要というわけではありません。, ツイキャス・ビュワーを起動すると、最初にこの画面になります。「同意して開始」をタップしましょう。, すると、すぐにホーム画面に切り替わります。ログインしなくてもここから気になるツイキャスを視聴可能です。, ただ、コメントしたり差し入れを送ったりしたいときにはログインが必要になります。左上の「三」のマークをタップしてみましょう。, 先ほどのツイキャス・ライブと同じ画面になりました。ここでも各SNSと連携してログインしたり、アカウントを作成したりしましょう。, 次に肝心の配信方法を解説します。ツイキャスでライブ配信を楽しみたい人はチェックしてみてください。, ツイキャス・ライブを起動すると、すぐにこの画面になります。ライブ配信専用のアプリなので、配信以外の機能がなくシンプルで、すぐに配信を開始できるのです。, ライブ配信をスタートするには、左下のライブボタン(電波を飛ばしているようなアイコン)をタップします。, すると、上の撮影画面に「接続中」や緑のURLが出てきます。さらにツイキャスからTwitterにライブ配信を始めたことを投稿できるようになっています。下のツイート欄に自由に書き込んで「送信」をタップすることで、Twitterに投稿できますよ。, ライブ配信中は上に青い帯で経過時間が表示されます。また、配信中であることがわかるようにライブボタンがオレンジ色になっています。, ライブ配信を終了したいときは、オレンジ色になっているライブボタンをタップしましょう。, ライブ配信を終了する前に、今の動画を録画するか、削除するかを決められます。録画して公開することで、視聴者はいつでもライブ配信の視聴が可能です。, 続いて視聴方法の解説です。ライブ配信はしないけど、視聴を楽しみたいという人はチェックしておきましょう!, ツイキャス・ビュワーは逆に視聴専用のアプリとなっており、起動するとホーム画面になります。そこから気になる配信をタップすると、すぐに視聴をスタート!, こちらがライブ配信の視聴画面です。他にも視聴者がいる場合、このようにコメントが並んでいることもよくある風景。配信者と視聴者のやり取りを見て聞いて楽しみましょう。, ここにコメントを入力して送信すると、コメント一覧に自分のコメントが表示されます。配信者がコメントを読み上げてくれたり、返答してくれたりしますよ。, 実はツイキャスでは、視聴者と配信者のやり取りだけでなく、視聴者と視聴者同士のやり取りもできることをご存知でしょうか?通常コメントはどんどん流れていきますが、誰かに対して「@」をつけてコメントすると、その相手にコメントを知らせることができるのです。, やり方は簡単で、コメントを記入するとき、相手のIDの頭に@をつけて送信するだけ。例えば, と書いて送信することで、Liveさん宛てに「こんにちは!」と話しかける形になります。こうして@コメントを活用することで、そのライブ配信に集まってきた人とコミュニケーションが取れるのです。, ただし、相手の名前とIDは違うので注意。IDは名前の横に「@〜〜」という形で付いているので、確認してみましょう。, 最後に、ツイキャスをスマホやタブレットなどの小さい画面ではなく、PCの大きい画面で楽しみたいという人もいますよね。では、PCからのライブ配信や視聴ができないアプリが多い中、ツイキャスはPCからでも使えるのでしょうか?, 結論から言うと、なんとツイキャスはPCからでも配信や視聴ができるようになっています!人気度はインスタライブなどよりかは低いですが、この点はさすが古株のライブ配信サービスと言えるでしょう。, PCからツイキャスを楽しむには、ツイキャスの公式サイトにアクセスするだけ。ログインなしですぐに視聴できますし、コメントしたり、自分でライブ配信をしたいときにはスマホと同様にログインして使いましょう。, 大きな画面でツイキャスを配信・視聴できるので、PCの方が使いやすいという人も多いかもしれません。, 配信専用、視聴専用のアプリに分かれており、機能もシンプルなツイキャス。固定の利用者も多いので、あれこれ考えずにライブ配信を楽しみたいという人はツイキャスを使ってみてはいかがでしょうか?, SNSのTwitterを運営しているのはTwitter社ですが、実はツイキャスを運営する株式会社モイとは資本関係などは特にありません。, イブ配信専用のアプリなので、配信以外の機能がなくシンプルで、すぐに配信を開始できる, ログインなしですぐに視聴できますし、コメントしたり、自分でライブ配信をしたいときにはスマホと同様にログインして使いましょう。. ツイキャスはライブ配信を通して世界中の人とコミュニケーションする場を提供しています。 雑談、ラジオ配信、ゲーム配信、アニメ、ガールズ、ボーイズ、ミュージックなど色々なカテゴリのライブが配信 … 配信者はアーカイブの公開を設定することができます。配信者は生配信完了した後、「録画を保存する」「録画はあとで公開」「このライブを削除する」というダイヤログが出てきます。 オンライン上で友達やファンと一緒にリアルタイムな体験を共有しましょう。, 手軽なスマホ配信からフルHD対応の超高画質ツール配信まで対応。 ツイキャスでは、超高画質配信による フルhdでのライブ配信が可能です。 ミーティングツールと組み合わせて配信したい。 ライブ映像などをアーティストと合わせて配信したい。 など様々なライブ配信を ハイクオリティで実現することが可能です。 など様々なライブ配信を ライブ映像などをアーティストと合わせて配信したい。 視聴者からリクエストや質問を募集したり、感想を受け付けることができます。, メール機能を使ってチケット購入者に一斉送信メールを送ることができます。 ツイキャスアーカイブの公開について. ハイクオリティで実現することが可能です。, 外部ツールを使用したプレミア配信では自動的に超高画質配信によるフルHDライブ配信となります。, 手軽なスマホ配信からフルHD対応の超高画質ツール配信まで対応しています。

ツイキャスとは? ツイキャスとは、 株式会社モイが運営するライブ配信サービス です。 インスタライブや17ライブのように、動画を生放送で配信したり、その配信を視聴してコメントしたりできます。 スマートフォンからはツイキャス・ビュワーアプリや、Webブラウザからの閲覧が可能。 (3) 配信時間・配信回数.

作成した動画を多くの人に見てもらいたい、リアルタイムで配信したい場合に使用したいのが、「動画配信プラットフォーム」です。動画配信に関する特別な知識がなくても、動画配信プラットフォームを利用すれば比較的手軽に自分の動画を配信でき、しかも収益化できるチャンスがあります。そこで今回は、動画配信プラットフォームの基本や使える機能、おすすめのプラットフォームを6種類紹介します。, 動画配信プラットフォームとはどのようなものなのでしょうか。まずはその概要をまとめました。, 動画配信プラットフォームとは、ユーザーが作成した動画を不特定多数のユーザーが視聴できるように配信できるシステムです。作成した動画をウェブまたはアプリ上で再生するためにフォーマットを最適化するシステムが使用できます。, アップロードした動画コンテンツを画面上で管理しやすい点も、動画配信プラットフォームの特徴でしょう。, 動画配信プラットフォームは有料のものばかりではなく、基本無料で使用できるものも多くあります。無料サービスの中にも有料サービスを加えて利便性を高めているものもあり、用途に応じて無料・有料サービスを使えるでしょう。, 動画の投稿やライブ配信は、コンテンツに広告を表示させたり、視聴者へチケットを販売したりすることにより、収入を得られるチャンスがあります。広告表示の場合は再生数に応じて広告収入を受け取れるため、無料で動画配信プラットフォームを利用しながらの収益化も可能です。, ただ単に動画をアップロードできるだけではなく、動画配信プラットフォームには視聴数アップや動画のフィードバックに関わるさまざまな機能が搭載されています。, SNSで広く使用されている「タグ」は、特定のキーワードで作成してコンテンツに付けておくと、そのキーワードで検索した人が探しやすくなる機能です。動画配信プラットフォームでも、このタグ付けができる機能が備わっており、タグでの検索にも対応可能です。, タグ検索機能が利用できれば、より多くの人の検索結果に表示される機会も増えるため、視聴してもらえる機会も増やせるメリットがあります。, 動画配信プラットフォームでは、あらかじめ撮影・編集した動画をアップロードして公開できるのはもちろん、リアルタイムで生の映像を配信する「ライブ配信」ができる機能も利用できます。, ライブならではの臨場感ある映像を配信したい場合には、リアルタイム配信機能が便利でしょう。視聴者とその場で直接やり取りができ、交流を増やせる機会がある点も、リアルタイムでの配信ならではのメリットです。, リアルタイム配信ではない動画でも、視聴者からの評価やコメントを付けられる機能が搭載されています。作成した動画が視聴者にどのように見られているか、どのような感想を持ってもらえたかがダイレクトにわかるので、次の動画作成の参考や意欲アップにつながるでしょう。, また、付けられた評価やコメントに対して作成者がフィードバックすることも可能です。リアルタイム配信のようなライブ感のあるやり取りではないものの、評価・コメント機能で視聴者との交流も図れます。, 現在、動画を配信できるサイトは多数存在しています。その中でも、以下の6サイトはユーザー数の多さや使い勝手の良さ、収益化が見込みやすいなどのメリットの多いおすすめの動画配信プラットフォームです。, 「動画配信サイトといえばこれ」と言っても過言ではないという、動画配信プラットフォームの代表的な存在が「YouTube」です。世界最大級の規模を誇るだけあり、世界中に非常に多くのユーザーを持っています。それだけに、幅広い視聴者をターゲットにした動画配信が見込めるでしょう。, アカウントごとの容量上限はありませんが、「動画1本あたり12時間以内、128GB以内」という時間・サイズ容量の上限が定められています。, YouTubeではリアルタイムでの動画配信にも対応しており、利用基準が撤廃されたことから、誰でも気軽にリアルタイムの動画配信が楽しめるのが特徴。リアルタイム配信した動画は、アーカイブとしても残せます。, 「ツイキャス」は、TwitterやInstagramなど既存のSNSアカウントで利用できる、ライブ配信専門の動画配信プラットフォームです。ツイキャス専用アカウントも作成できますが、SNSアカウントを使用すると各SNSとの連携ができるようになります。特にTwitterとの連携がしやすく、Twitterアカウントで使用すれば配信者を容易にフォローできるのもメリットです。, 基本的に1回の配信は30分以内と定められており、視聴者からのアイテムが集まれば最大4時間までの延長が可能。YouTubeと連携すれば録画したライブ配信のアップロードもできます。視聴者が増えると使える機能が増えるという点も、ツイキャスの特徴です。, 配信時間の制限解除(連続配信8時間までOK)、有料配信に重きを置く場合は、ツイキャスプレミアム配信がおすすめです。, 世界最大のSNSとして知られる「Facebook」にも、動画配信機能が備わっています。用意した動画のアップロードのほか、ライブ配信を可能とする「Facebookライブ」という機能も使用可能。個人のFacebookアカウントに加え、企業や団体の情報発信や交流ができる「Facebookページ」、共通の趣味などを持つ人が集まる「Facebookグループ」でも動画配信に対応しています。, SNS用のスマホアプリからも、手軽にライブ配信が実現。配信日時を指定すれば、自動的に事前告知やライブ配信の投稿を作成できます。, 「Twitch」は、インターネット通販大手「Amazon」が提供している、ライブ配信に特化した動画配信プラットフォームです。特にゲーム配信に強いサービスですが、音楽カテゴリーも設置されており、DJ配信にも多く利用されています。「Amazonプライム」会員なら、配信保存期間の延長などTwitchをお得に使える特典も多いのでおすすめです。, 動画配信プラットフォームでは、視聴数などに応じて収益を得られるチャンスがありますが、そのためにはいくつかの条件を満たすことが求められます。Twitchは収益化のための条件が比較的低く、他の動画配信プラットフォームよりも収益化しやすいといえるでしょう。, アイドルやミュージシャンも多く利用する「SHOWROOM」は、ライブ配信専門の動画配信プラットフォームです。録画機能がなく、ライブ配信のみに特化しています。ユーザーは10~20代が多く、若年層をターゲットにしたライブ配信に適しているといえるでしょう。, 配信中は視聴者のアバターが画面上に表示されるので、ライブ会場にいるかのような雰囲気で配信ができるライブ感が、SHOWROOMの特徴でしょう。視聴者からのギフトを受け取れるようになれば、収益化も可能です。, オンラインでのイベントチケット販売プラットフォームである「ZAIKO」では、有料のチケット制ライブ配信サービスを提供しています。イベント名や料金などを設定してチケットを販売、YouTubeや動画共有サイト「Vimeo Premium」のアカウントがあれば、容易に配信が可能。チケット販売に加えて、ライブ配信中・配信後の「投げ銭」システムも搭載しています。, 配信後の動画は72時間保存でき、YouTubeへアップロードすれば長期間保存して公開ができるようになります。, 動画配信プラットフォームを利用すれば、作成した動画、または音楽の演奏などをリアルタイムで世界中に配信できます。自分の作品を幅広い人に見てもらいたい、臨場感ある演奏をライブで見てもらいたいという場合には、ぜひ利用してみましょう。, 【入居者募集】クラシック&ジャズの2ホール完備。ピアニストのための防音マンション「PLAY江古田」を内見!.