1日200円~250円の手当を出す、もしくは月3000円~4000円. 派遣として働く方の為の派遣初心者ガイドです。ここでは「派遣の方に交通費は支払われるか」について紹介しています。その他にも登録しておいた方がいい派遣会社についてもお伝えします。 来年、もしくは今年からテレワークを本格的に導入.

これまでテレワークや在宅勤務を導入してこなかった会社でも、働き方改革・新型コロナウイルスの影響で導入を検討する会社が増えています。 テレワークや在宅勤務を導入すると、社員が出社する機会は減少し、その分、会社としては「交通費や通勤手当をこれまでどおりに支払う必要はないのではないか」という疑問が生じることかと思います。 一方で、交通費などに関する事項は就業規則で定める会社が多く、これは労働条件の一部となっています。そして、労働条件を、労働者の同意なく不利益に変 … テレワークを導入すると、出社・在宅での勤務における交通費はどうしたらよいのか。今回は、一般社団法人日本テレワーク協会にお伺いし、テレワーク相談員に、テレワークを導入する際のポイントや、さまざまな課題、その解決方法などについてお伺いしました。 働き方改革や新型コロナウイルスの感染拡大にともない、近年、社員にテレワークや在宅勤務を命じる会社が増えています。, テレワークや在宅勤務の導入で、通勤の機会が減り、勤務時間も短縮することから会社としては、これまで支払っていた賃金・交通費・通勤手当などを減らし、人件費の削減を検討したいと希望することがあります。, 一方、就業規則を変更することによって労働条件の不利益変更を進めるには、労働者の同意がない限り、原則として許されないため、判断に迷う会社もあるのではないでしょうか。, 働き方改革は、単に働く場所がオフィスから自宅やリモートになるというだけでなく、賃金の支払い方にも大きな変化をもたらします。, そこで今回は、テレワークや在宅勤務を導入するときに、賃金・交通費・通勤手当をそれぞれ減額することができるのか、企業法務に詳しい弁護士が解説します。, これまでテレワークや在宅勤務を導入してこなかった会社でも、働き方改革・新型コロナウイルスの影響で導入を検討する会社が増えています。, テレワークや在宅勤務を導入すると、社員が出社する機会は減少し、その分、会社としては「交通費や通勤手当をこれまでどおりに支払う必要はないのではないか」という疑問が生じることかと思います。, 一方で、交通費などに関する事項は就業規則で定める会社が多く、これは労働条件の一部となっています。そして、労働条件を、労働者の同意なく不利益に変更することは原則として禁止されています。, そこで、まずは、不利益変更の問題を説明するに先立ち、テレワークや在宅勤務時の交通費の実情等について解説します。, 通勤手当は、会社が社員に支払う通勤に必要となる費用、交通費は移動に必要となる費用の実費を指します。一般的には、通勤に必要な費用を、(一定の上限などの要件を満たす場合に)実費で計算して支払っている会社が多いです。, しかし、交通費は通勤手当は、賃金とはことなり会社に法律上の支払い義務があるわけではありません。そのため、支給の要件や支給額は、会社の定める就業規則や給与規程で決めることができます。, そのため、テレワーク・在宅勤務の交通費・通勤手当を検討するにあたっては、まずは会社の規程類を確認し、支給状況などを確認してください。, 実際にテレワーク・在宅勤務を取り入れる会社では、経費削減の点から交通費などの減額を検討します。, とはいえ、会社の業務形態や業務の内容によっては、通勤や移動が一切なくなるわけではありません。そのため、出社日数に応じて柔軟に支払方法を変更することが大切です。, 例えば、出社日数が多い社員には通勤手当(定期代)を支給し、出社日数が少ない場合には、出社した日数分の交通費を支給する、という交通費の支払い方も有効です。, 一方で、現在オフィスに出社させている社員に、テレワーク・在宅勤務などのリモートワークを導入する場合には、これまで就業規則や賃金規程で決めていた交通費・通勤手当を減額することを検討します。, 交通費や通勤手当を、就業規則などの会社規程によって定めている場合には、その規程の変更が必要となりますが、この際には、のちほど解説する「変更の合理性」が要件となります。「変更の合理性」もしくは「社員の同意」のいずれかがない場合、その変更は違法です。, 就業規則は、全社的に統一のルールを適用するためのものです。そのため、全社的にリモートワークを導入するなら、就業規則の変更が適切です。, これに対して、各社員に個別のルールを適用する場合には、社員ごとに個別に合意して交通費などを取り決めることも可能ですが、就業規則に決められている労働条件を下回ることはできません。, なお、テレワーク・在宅勤務を実施する際には、交通費・通勤手当以外にも多くの注意点があり、これらの注意点に配慮するためにも、就業規則の作成・変更が必須となります。. Copyright(C) 2020 ミライのお仕事 All Rights Reserved. 交通費の支給. 「不利益変更」という言葉を聞いたことがあるでしょうか。労働問題のお話で「不利益変更」といえば、会社が一方的な判断で、労働者にとって不利益な方向に労働条件を変更することをいいます。 会社の経営を取り巻く ... 交通費・通勤手当なども、社員側にとって重要な労働条件であることに変わりはありませんが、金額の大きさや労働者の生活保障という観点から考えると、「賃金」が特に重要な労働条件です。, そのため、基本給などの賃金を減額する場合における「変更の合理性」はより厳格に判断されます。このことは、テレワーク・在宅勤務などのリモートワーク導入時の賃金減額についてもあてはまります。, 会社としては、どうしても賃金の減額を考えているときは、できる限り「変更の合理性」を認めてもらいやすくするために、合わせて次のような対応を検討してください。, ここまで解説してきたとおり、単なる賃金の減額は、たとえリモートワーク導入をきっかけとしておこなっても違法となる可能性が高いです。, そこで、リモートワークなどの導入で労働時間の把握が困難となることに対応して、これまで年齢や勤続年数という「働いた時間」で評価をする考え方(年功序列)から、成果によって評価する制度(成果主義)へと、考え方自体を変更することも有効です。, 成果主義であれば、オフィスに出社せずにはたらいていても、成果を出せば相応の評価を受けることができます。一方で、賃金の総額を減らすことなく「より会社に貢献した人に、より多くの賃金を与える」ことが実現できます。, 実際、就業規則の変更についての裁判例で、成果主義型の賃金体系への変更であれば、不利益変更であっても合理性があると認めた裁判例もあります。, 労働条件の不利益変更には「変更の合理性」が必要であるという一般論を解説しました。このことは、テレワーク・在宅勤務などのリモートワークの導入時に人件費を削減しようと考えるときも同様です。そして特に賃金は重要な労働条件であり「変更の合理性」はより厳しく判断されます。, とはいえ、テレワークや在宅勤務などのリモートワークは、これまでとは働き方が大きく変容するため、きちんと手続きを踏めば、減額できる費目もあると考えられます。, そこで最後に、就業規則を「変更の合理性」を満たす形で変更し、リモートワーク導入時に賃金・交通費・通勤手当を減らす方法について、場面に応じて解説します。, 交通費・通勤手当の減額については、これまでの支払い方法や支給額の決め方によっては、「変更の合理性」が認められる可能性が高いです。, テレワーク・在宅勤務などのリモートワークでは、通勤が必要なくなるため交通費の支出がなくなります。そのため、交通費や通勤手当を減らしても労働者の不利益はないく、一方で会社にとっては経費を削減する必要性も認められるからです。, 通勤手当を出社日数に応じて支払っているケースで、リモートワークの導入で出社日数が減少した場合にも、減少した出社日数を限度として通勤手当を減額することには合理性があります。, テレワーク・在宅勤務などのリモートワーク導入後は交通費を実費で支給する場合には、厚生労働省の「テレワークモデル就業規則」の定め方が参考となります。, 「・・・在宅勤務が週4日以上の場合の通勤手当については、毎月定額の通勤手当は支給せず、実際に通勤に要する往復運賃の実費を給与支給日に支給するものとする。」(厚生労働省ホームページ【テレワークモデル就業規則】20頁), 交通費・通勤手当という名目でありながら、実際には全社員に一律の金額を支給している場合には、すでに交通費・通勤手当という名目は「形骸化」しているといわざるをえません。, このような場合に、テレワーク・在宅勤務などの導入時だからといって変更の必要性はなく、むしろ実質的には給与を減らすに等しいものと考えられますから、「変更の合理性」が認められないおそれがあります。, 全社的にリモートワークを導入するのに、正社員と非正規社員(契約社員・パート・アルバイトなど)との間で交通費・通勤手当の減額率を変えることも、「同一労働同一賃金」の観点からして違法となるおそれの高い扱いです。, テレワークや在宅勤務に移行することで、休憩時間が多くなる傾向があるため、「休憩を増やせば、賃金の減額が可能か」という疑問がわきます。, 一般的に、テレワークや在宅勤務では労働時間を正確に把握することがとても難しいです。そして、「賃金」という重要な労働条件については、「変更の合理性」がかなり厳しく判断されます。, そのため、テレワークや在宅勤務への移行にともなって労働時間が少し減少するのではないか、という程度で、賃金を減額することは許されないと考えるべきです。, もっとも、まったく変更が認められないわけではなく、休憩時間を指定し、その時間の自由利用を認め、会社として労働時間の把握をしっかりとおこなうことにより、就業規則の変更の必要性を説明することも可能です。, テレワーク・在宅勤務の労働時間を正確に把握するためには、証拠を残しておくことが重要です。この点で、WEB会議の実施やクラウドのタイムカードサービスなどの利用を検討することも有効です。. 新型コロナウイルス感染拡大の影響で、テレワークが広く一般化し、「通勤しない」という選択肢が確立してきました。その一方で、企業は、これまで当たり前のように支給してきた通勤手当・交通費の対応に追われています。今回は、コロナ禍で見えてきた「テレワークでの通勤手当・交通費」の問題点や、検討すべき対応について整理していきましょう。, 通勤手当の支給は、会社の義務ではありません。労働基準法には通勤手当支払い義務の記載はなく、各企業が福利厚生の一環として支給しているものと考えてよいでしょう。, また、交通費としての通勤手当は原則非課税であり、所得税や住民税の対象ではありません。国税局によると、非課税の前提となるのは電車やバスなどの公共交通機関のみを利用した通勤や、マイカーや自転車等で通勤しているケースです。1か月当たりの合理的な運賃等の額が15万円を超える場合は課税対象となります。, では、コロナ禍の在宅勤務によって勤務地が自宅になった場合の通勤手当はどう扱うべきなのでしょうか。, 先述のとおり、通勤手当は法令上の規定がないため、各企業の就業規則等によって対応は異なります。ただし、現状の共通認識としては、新型コロナ対策の一環でテレワークを実施し一日も通勤していない場合であっても、以下の条件を満たしていれば非課税として取り扱うことができるとされています。, これらの条件が満たされていれば、従業員が通勤する可能性を踏まえた合理性のある通勤手当といえるでしょう。しかし、これはあくまで一時的なテレワークの実施に限られたもの。原則の勤務形態をテレワーク(在宅勤務)とする場合は、通勤が不要となるため、非課税の通勤手当としては不適当と判断されることが想定されます。, 通勤手当は、厚生年金保険や雇用保険などの社会保険料の算定に含まれるため、通勤手当の減額に伴って社会保険料が減額される場合があります。社会保険料が減額されると手取り額が増えるというメリットがある一方、厚生年金保険料の減額は、将来受け取る年金の額に影響してきます。具体的には、厚生年金保険は加入期間の月収(通勤手当含む)と賞与を合計した平均額から決定されるため、通勤手当の減額によって、厚生年金保険から支給される年金額が減ってしまう可能性があるのです。, 在宅勤務が増え、通勤が不要となった代わりに、在宅でかかる通信費・光熱費などの負担を「在宅勤務手当」などによって補おうという試みも行われていますが、「在宅勤務手当」は給与所得とみなされ、課税対象となるので注意が必要です。, 在宅勤務が定着しつつあるホンダでは、2020年10月から通勤手当の定額支給を廃止。出社日数に応じて、1日当たりの往復運賃またはガソリン代を基にした実費支給に切り替えました。また、許可を得て在宅勤務を実施した従業員に対し、光熱費や通信費の補助として、1日250円の「在宅勤務手当」を設置しました。, 2014年に「在宅勤務制度」を開始し、2017年から「モバイルワーク制度」を導入しているカルビーでは、新型コロナウイルスが感染拡大した2020年3月下旬以降、オフィス勤務者による原則在宅勤務が継続しており、今後もモバイルワークを基本とした働き方が無期限で延長されることが発表されています。これに伴い、通勤定期券代の支給を停止し、出社日数に応じた交通費を「通勤手当」として実費支給に。また、モバイルワークの環境整備に必要な費用を一部補助する「モバイルワーク手当(一時金)」を新設しました。, 2017年からテレワーク勤務制度を正式導入している富士通では、国内グループ従業員の勤務形態について、テレワーク勤務を基本とすることが発表されています。その実現に向けた施策として、通勤定期券代の支給が廃止に。月額5,000円の在宅勤務の環境整備費用補助が支給されるようになりました。, 以前から在宅勤務を推奨していた富士ソフトでは、「在宅勤務準備金・奨励金」を制度化。1か月のうち8割以上が在宅勤務の“常時在宅勤務”を行う社員の増加に向け、1ヶ月以上継続して常時在宅勤務を行う社員を対象に、勤務環境の整備に関わる準備金を初回のみ支給しています。また、常時在宅勤務者には電気代や通信費等の手当を「在宅勤務奨励金」として支給しています。, 2014年からリモートワーク制度「どこでもオフィス」を設けていたヤフーでは、2020年2月以降、リモートワークの上限制度を解除し、原則在宅勤務を導入しました。それに伴い、通勤定期券代を支給停止(通勤費は実費支給)に。また、最大月7,000円の補助(従来の通信費補助に新たな補助を足した合計)を実施しています。, このように、大手企業の対応を見ていくと、通勤手当の固定支給を廃止して実費精算に切り替えたり、通勤手当に変わる手当を創設したりしているケースが多く見受けられます。新しい手当を新設する際、その名称は「在宅勤務手当」や「テレワーク(リモートワーク)手当」のほか、「ワークデザイン手当(株式会社オプトホールディング)」、「オンライン飲み会手当(株式会社サイバー・バズ)」といったユニークなものも。いずれも月額5,000円前後の支給が多いようです。, また、テレワークが推進される環境下でも取引先のオフィスに常駐しなければならないなど、在宅勤務が難しい従業員に対して、「危険手当」として特別な手当を支給するケース(株式会社SHIFT)もあります。, 新型コロナウイルスの影響によりテレワークが急速に普及し、完全リモートとはいかずとも、通勤自体は減少傾向にあります。そうした流れの中、これまでのような「通勤手当」を廃止する業種が出てくるのは必然であり、通勤手当に代わる手当について検討している会社も多いことでしょう。さらに今後のニューノーマル下では、勤務形態を原則テレワーク(在宅勤務)とする会社が増えていく可能性もあります。今一度、就業規則等を見直し、テレワーク中心の働き方に対応した新制度を検討してみてはいかがでしょうか。, ■https://www.nikkei.com/article/DGXMZO64382340Z20C20A9XA0000/新型コロナ:ホンダ、オフィス縮小検討 在宅勤務など拡大で │ 日本経済新聞 ■ニュースリリース 『ニューノーマルの働き方「Calbee New Workstyle」を7月より開始』 | カルビー株式会社 ■通勤手当の非課税限度額の引上げについて|国税庁 ■No.2585 マイカー・自転車通勤者の通勤手当|国税庁 ■No.2582 電車・バス通勤者の通勤手当|国税庁 ■テレワークや在宅勤務中に通勤手当や交通費がカットされた。一体なぜ?(ファイナンシャルフィールド) │ Yahoo!ニュース ■ニューノーマルにおける新たな働き方「Work Life Shift」を推進 │ 富士通 ■ニュース(20200420)| 在宅勤務による社員の負担を軽減する「在宅勤務準備金・奨励金」制度を導入 | 富士ソフト株式会社 ■ヤフー、“無制限リモートワーク”で新しい働き方へ │ヤフー株式会社 ■【お知らせ】新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に関する当社グループ対応方針の一部変更について | デジタルホールディングス ■在宅勤務中の社員同士のコミュニケーション活性化のため、 オンライン飲み会手当を一律月5,000円補助する福利厚生を期間限定で導入|株式会社サイバー・バズ ■在宅勤務が難しい従業員に国内最大級の「危険手当」を支給|株式会社SHIFTのプレスリリース, テレワークで創る強い組織・第2回 テレワーク導入を失敗させる方法と成功させる方法/比嘉邦彦氏, 職場と人を知り尽くした専門家に聞く (後編)  報連相を極めれば仕事が変わる /濱田秀彦氏, 職場と人を知り尽くした専門家に聞く(前編)生産性を上げるコミュニケーションのコツ/濱田秀彦氏, テレワークは誰もが成果を出せる働き方(後編)  今すぐできる日本型テレワーク実践法/田澤由利氏, 業務手続を電子化?『ワークフローシステムを知らない人にもよくわかる「ワークフローシステムとは?」』を公開, 【2020年最新】あなたの会社に必要な取り組みはこれだ!チャートで診断「働き方改革」, https://www.nikkei.com/article/DGXMZO64382340Z20C20A9XA0000/, ニュースリリース 『ニューノーマルの働き方「Calbee New Workstyle」を7月より開始』, ニュース(20200420)| 在宅勤務による社員の負担を軽減する「在宅勤務準備金・奨励金」制度を導入, 【お知らせ】新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に関する当社グループ対応方針の一部変更について, 在宅勤務中の社員同士のコミュニケーション活性化のため、 オンライン飲み会手当を一律月5,000円補助する福利厚生を期間限定で導入, 一時的なテレワークの実施により出社しないものの、本来の通勤先が会社であることに変わりはないこと.