(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); トレーニングには「筋力アップ」「筋肥大」「持久力アップ」など様々な種類のトレーニングがあります。今回お話するトレーニングは「プライオメトリックストレーニング」と言って、瞬発力強化に効果的なトレーニングです。, ジャンプ力やダッシュ力、動きのキレがほしい選手には必須のトレーニングです。実はただ筋トレをしているだけでは、その効果は不十分なのです。簡単に言うとプライオメトリクストレーニングは鍛えた筋肉を瞬間的に発揮できる力をアップさせるトレーニングなのです!, 日々の筋力トレーニングで鍛えた筋力を「パワー」つまりは瞬発力として発揮できるようにするトレーニングです。, トレーニングは基本的に素早くバネを利用して動きます。重いバーベルをゆっくり動かすような動作がないのが特徴です。, 筋肉には負荷をかけて引き伸ばすと収縮しようとします。筋肉が収縮する時に、意図的に筋肉を収縮させます。すると普段より力を発揮する事ができます。例えば「高いところにジャンプしようとするとき」に高く跳べるのはどちらでしょうか。, 腱とは骨と筋肉が繋がっている部分を言いますが、筋肉が引き伸ばされた時は腱も引き伸ばされます。筋肉が収縮すると腱は引っ張られていた状態から、普段より力を発揮して戻ります。, このような作用をより強力に強化するためのトレーニングを「プライオメトリクストレーニング」と言います。この筋肉と腱の特徴からわかるようにゆっくり重りを動かすようなスロートレーニングでは効果を得にくいのです。, 実際に私がやってジャンプ力アップに効果があったプライオメトリクストレーニング方法をご紹介したいと思います。かなり身体に負荷が大きいトレーニングなので、正しいフォームでトレーニングするように意識してくださいね!, 「詳細」はリンク先にて説明しております。簡単にご説明します。「スクワット」というトレーニングは今やポピュラーだと思います。ジャンピングスクワットはスクワットをさらに瞬発力の強化に絞り込んだトレーニングです。, スクワットはトレーニングを行っている人もしくは学生時代に部活動をしていたよ!という人なら聞き覚えがあると思います。やり方を少し変えるだけで得られる効果も変わってきます。筋トレって奥が深いですよね!, 効果は高いがデッドリフトよりも難易度も高いハイクリーンのご紹介です。ハイクリーンはプライオメトリクストレーニングの1つで瞬発力を鍛えるトレーニングです。ジャンプ力などが大きく向上するのはもちろんのこと、身体全体の瞬発力が身につくので全てのプレー強化に繋がります。, 胸の上までバーベルを持ち上げる種目なので、足の筋肉や腕の筋肉だけでは重いバーベルは絶対に持ち上がりません。この種目で問われるのは「全身の力」と「全身の連動性」です。, さらにデッドリフトの動作と途中まで同じなので、脊柱起立筋などの体幹も鍛える効果が高いです。体幹トレーニングとしてはバックエクステンション(背筋のトレーニング)の何倍も効果的です!, 全身の連動性もこの種目で問われるので、重い重量が上がるようになった頃にはトレーニング前の比較にもならないパワーを手に入れている事でしょう。, 実際に、バレーボール選手に限らず格闘技や短距離選手など瞬発力が必要なアスリートは必ず取り入れていると言っても過言ではありません。, バーベルを持つ手は基本は順手ですが、持ちやすければ「片手は順手・逆は逆手」で持ってもオッケーです。, バーベルが胸の上まで上がってきたら手首を返して鎖骨の位置でバーベルを停止させます。キャッチする際に下半身を少し屈伸して衝撃を受け止めてください。, 文章だけではわかりにくいと思いますので、動画を乗せておきますのでご覧ください。面からや側面から撮影されており、とても正フォームを覚えるのにいい動画です。参考にしてみてください。, フォームをしっかり身につけて慣れてくるまでは、重い重量にチャレンジするのはケガをするだけなので絶対にやめましょう。, 次回のコメントで使用するためブラウザーに自分の名前、メールアドレス、サイトを保存する。, 元Vリーガーであるカッキーの経験してきたジャンプ力UPやバレーの効果的な練習方法等、ライバルに差をつけるために役立つ情報を発信しています。チャンネル登録よろしくお願いします♪, 筋肉が「No」と言えば私は「Yes」と答える!!バレーボールや筋トレ情報の記事をたくさん公開していきますので、興味のある方はお気軽にコメント頂けると嬉しいです(^^♪, バレーボールのアンダーハンドパスがうまく返せるようになる2つのコツと練習方法【解説動画あり!】. 10-9: プライオメトリックス入門: 10-9: プライオメトリックトレーニングのための理論的・実践的論点: 10-5: 6週間のプライオメトリックトレーニング後におけるランニング効率の向上: 9-4: ストレングス&コンディショニング・カンファレンス2001 Part3: 9-2 1 プライオメトリクストレーニングとは何か; 2 筋肉と腱について; 3 ジャンプ力に効果的な2つのプライオメトリクストレーニング. といえる。プライオメトリックエクサ サイズの目的は、ストレングストレー ニングと同様、身体的パワーを向上さ せることである。パワーの向上をめざ すアスリートの中には、バーベルやダ ンベルを使ったウェイトルームでのエ クササイズに多くの時間を費やす人が 多い。これらのエクサ� «ƒgƒŒ[ƒjƒ“ƒO‚ÆŒã•û“®ì‚Ì“±“ü, ƒvƒ‰ƒCƒIƒƒgƒŠƒbƒNEƒvƒƒOƒ‰ƒ€ƒfƒUƒCƒ“@Part‚Q, •¶Œ£ƒŒƒrƒ…[Fƒvƒ‰ƒCƒIƒƒgƒŠƒbƒNƒGƒNƒTƒTƒCƒY. 3.1 ジャンピングスクワット. 男らしい筋肉質な体になりたいという欲求は、多くの男性が持っていると思います。そしてその目標を達成するためには当然トレーニングが重要で、トレーニングをしなければ筋肉質な体になることはできません。筋肉をつけて体を大きくするためのトレーニングについてお伝えします。 3.1.1 注意点3つ! 効果を早く実感したいなら必ず守ってください! 3.2 ハイクリーン 元々0.1秒で10の力を発揮している筋肉がプライオメトリックトレーニングによって0.05秒で10の力を発揮できるようになると考えてみてください。 スポーツにおいてかなり有利なことは明らかですよね? いきなりですが、飛ばしには、筋力も必要ですが、瞬発力も必要です。筋肥大させてマッチョになるだけでも、飛距離は伸びることでしょう。しかし、せっかく付けた筋肉をより効率的に活かしたいのなら、瞬発力トレーニング "プライオメトリクス&;quot; が欠かせません。