2016, ただし、2004年は1チーム44試合で2009年より7試合少なかった。4回戦総当り制であったが、参加クラブ数が少なかったためである(12チーム)。, 同年度のノックアウトステージ(決勝トーナメント)より「JリーグYBCルヴァンカップ」(ルヴァン杯)に大会名を変更。, プレーオフステージ(ホーム・アンド・アウェイ方式)の導入により、同年はノックアウトステージに直接進出できるのがグループステージ1位のみとなった(そして異なる組の2位と3位がプレーオフステージによりノックアウトステージ進出を競う)。, 同年以降のプレーオフステージは、異なる組の1位と2位がプライムステージ(決勝トーナメント)進出を競う。, カラオケで歌われるサポーターソングのランキングで1位を記録した。(2010年2月28日放送のTBS S1 SuperSoccerより), 「負けない」ベガルタ仙台の戦いぶりは、サッカーには戦力を補う“何か”があることを教えてくれる, http://www.vegalta.co.jp/news/press_release/2013/10/post-1077.html, http://www.vegalta.co.jp/news/press_release/2013/11/post-1171.html, http://www.vegalta.co.jp/news/press_release/2014/04/post-1476.html, http://www.vegalta.co.jp/news/press_release/2014/04/post-1478.html, 川崎F中野嘉大が仙台に完全移籍!

ニュース・ブログ. ベガルタ仙台 今シーズンの成績.

所属選手一覧.

観客動員. 歴代背番号 . 所属全選手一覧. 2013、

チーム情報 ベガルタ仙台 歴代監督情報 .

2008、 チーム情報 ベガルタ仙台 所属選手一覧. ベガルタ仙台(ベガルタせんだい)は、日本の宮城県仙台市をホームタウンとする[1]、日本プロサッカーリーグ(Jリーグ)に加盟するプロサッカークラブ。, 1988年創部の東北電力サッカー部が前身であり[1]、1999年にJリーグへ加盟した[1]。ホームタウンは宮城県仙台市[1](地図)。ホームスタジアムはユアテックスタジアム仙台[1](地図)である(詳細は#ホームスタジアムを参照)。練習場は泉サッカー場[1](地図)および泉パークタウンスポーツガーデン・サッカー場(地図)である。, チーム名の「ベガルタ」は、仙台七夕にちなんで七夕の「織り姫」と「彦星」とされる星の名前、「ベガ (Vega)」と「アルタイル (Altair)」を合わせた造語[1]。マスコットは「ベガッ太」[1]。, 1988年創部の東北電力サッカー部が前身。1994年に東北社会人サッカーリーグ及び全国地域サッカーリーグ決勝大会で優勝。1995年よりジャパンフットボールリーグ(JFL)へ昇格[1]。また、1994年10月に運営法人として「株式会社東北ハンドレッド」(現在の「株式会社ベガルタ仙台」)を設立し、クラブ名を「ブランメル仙台」(後述)に改称した[1]。, 1995年にJリーグ準会員となり、1999年からのJリーグの2部制開始とともにJ2に参加した。なお、商標権の関係から、翌1999年1月よりクラブ名称を「ブランメル仙台」から「ベガルタ仙台」に改称した[1]。また、チームカラーもゴールド(「ベガルタゴールド」)へ変更した。, J2リーグ戦は、前期(第2クール)終了時点で最下位となり、前期終了を以って壱岐洋治が総監督を、鈴木武一が監督を共に辞任。後任として清水秀彦が監督に就任。なお、最終順位は9位。ナビスコ杯は、1回戦で広島に敗退。, 1チーム増の11チームで争われたリーグ戦は、開幕から5連敗を喫したがその後巻き返し、最終順位は5位。ナビスコ杯は1回戦でC大阪に敗退。, FWマルコス、元日本代表MF岩本輝雄等が新加入。 2015, 出典: 各年度のJクラブ決算一覧。 2011、 財務データ. ナビスコ.

各大会の試合結果やランキングを、選手、チーム、監督、審判などの切り口からまとめています Soccer D.B.

株式会社ベガルタ仙台 vegalta sendai co., ltd. 種類: 株式会社: 本社所在地: 980-0014 宮城県 仙台市 青葉区本町三丁目6番16号: 設立: 1994年(平成6年)10月7日 (株式会社東北ハンドレッド) : 2020 ベガルタ仙台 年度別結果 English 2010, 出典: 各年度のJクラブ決算一覧。 歴代背番号. 2007、 2010、

対戦相手条件別戦績. 2008、

2013、

天皇杯はラウンド16(4回戦)で手倉森誠監督率いる長崎に敗れた。, シーズン終了後、渡邉監督が退任[30]。選手では16年間在籍し続けた梁勇基が鳥栖、主将の大岩一貴および石原直樹が湘南、永戸勝也が鹿島、阿部拓馬が琉球、金沢へ期限付き移籍していた小島雅也が群馬へそれぞれ完全移籍。横浜FMからの期限付き移籍でプレーしていた吉尾は町田へ期限付き移籍。ジオゴ・アコスタとハモン・ロペスも契約満了により退団した。, 前年まで山形を指揮していた木山隆之が新監督に就任[31]。選手ではユースから小畑裕馬が昇格。この他、広島から地元・仙台出身の吉野恭平、ボタフォゴSP(ブラジル)からパラ、鳥栖からスペイン出身のイサック・クエンカ、名古屋から赤﨑秀平、水戸から浜崎拓磨がそれぞれ完全移籍、ヴィトーリアSC(ポルトガル)からアレクサンドレ・ゲデス、C大阪から山田寛人、FC東京から前年、山形でプレーしていた柳貴博がそれぞれ期限付き移籍で新加入。また、山口へ期限付き移籍していた佐々木匠と福島へ期限付き移籍していたイ・ユノが復帰。, ブランメル仙台時代の1998年、同じ宮城県・多賀城市を本拠とする社会人チーム・ソニー仙台FCがジャパンフットボールリーグに昇格し、事実上仙台を拠点とするチームが2チーム参加する形となった。そのため新聞や雑誌などの記事で掲載するチーム略号を区別するため「B仙台」(Bはブランメルの略)としたものもあったが、ソニー仙台FCが実業団チームであることで「ソニー」と表記した新聞社もあり、その場合は従前の「仙台」の地名だけの表示もあった。, Jリーグ加盟以降はユアテックスタジアム仙台 (仙台スタジアム / 仙台市泉区。以下「ユアスタ」)をホームスタジアムとしているが、ひとめぼれスタジアム宮城(宮城スタジアム / 宮城郡利府町。地図。以下「宮スタ」)でも不定期にホームゲームを開催する。, 2009年は1月 - 6月に掛けてユアスタで芝の全面張り替え工事が行われたため、その間のホームゲームを宮スタで11試合、福島県営あづま陸上競技場で1試合を開催した(宮城県外でホームゲーム開催はJリーグ加盟後初。なお、ブランメル仙台(JFL)時代に岩手県で開催経験がある)。, また、2011年3月の東日本大震災に伴ってユアスタ仙台が大きな被害を受け、宮スタは救援拠点として使用されることになった。ユアスタの損傷は使用可能の範囲とされたため、当初宮スタで開催が予定されていた4月29日の浦和戦はユアスタに会場が変更された。, ユアテックスタジアム仙台で行われるリーグ戦では、(メインスタンドから見て)左側のゴール裏スタンドからバックスタンドの一部に渡る部分が「サポーター自由席」と称されており、ここをメインに応援が行われている。特に、ゲート入り口から最前列までのスタンド部分に、熱心なサポーターが集まっている。なお、この席ではチームカラーである黄色(「ベガルタゴールド」と呼ばれる)の服(ユニフォームのレプリカ、パーカー、Tシャツ等)を着用するのが「暗黙のルール」とされている。, コールリーダーは、サポーター自由席のバックスタンド側に位置し、戦況によって応援指示を行う。, コールリーダーのいる位置には、サポーター有志によって設置されたマイクがあり、ゴール裏スタンド中央部に設置されているスピーカーに音声が出るようになっている。これによって音声のずれが生じることなくサポーター自由席での一体感のある応援を行うことが可能となる。, ユアテックスタジアム仙台は観客席全てに屋根がかかっている構造になっており、声が屋根に反響する効果がある。メガホンなどの鳴り物グッズを使ってしまうと屋根によって声援がかき消されてしまうため、応援時のメガホン使用が禁止されている。また、ベガルタ仙台のグッズのラインナップにもメガホンが用意されていない。J2初期の頃は、メガホンも販売されていたが上記の理由からサポーターが運営会社に販売中止を申し入れている。, チームに対してのものと現役選手に対してのものに関しては、河北新報社が運営する「ベガルタ☆モバイル」にて着信メロディとして用意されている。ダウンロードは月に3曲のみ可能。ただし、一部の曲は含まれない。, 出典: 各年度のJクラブ決算一覧。

個人通算成績. 2009、 平均年齢推移. ニュース・ブログ. 2012、

時間帯別得点ランク. 選手の所属チームや退団後の足取りを追った一覧です(強化指定選手・特別指定選手・2種登録選手含む) 現在の所属チームなどは出来る範囲で情報収集しているものの、情報収集不足な点も多々ありますが、予めご了承下さい。 ルヴァン杯は、グループステージを3勝2分1敗の勝ち点11・得失点差+4で2年連続の1位通過。プレーオフステージ[注 5] で湘南と対戦し1勝1敗となるも、2戦合計スコア3-4で敗退(湘南は同大会で優勝を果たす)。 2009、 https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=ベガルタ仙台&oldid=80434295, この項目では、日本のサッカークラブについて説明しています。同クラブの運営法人については「, シャツの首下(2011年 - 2014年は裾、2015年以降のモデルは右袖の「SENDAI」ロゴの両端)とソックス(2011年 - 2012年モデル以降は廃止)ならびにパンツの後ろには、織姫と彦星を意味する緑と黄色の星がアクセントとして刺繍もしくはプリントされている(これは1999年-2001年使用のベガルタ初代モデルから続いている)。, フィールドプレーヤー用2ndユニフォームは白を基調としたモデルが多いが、2007年 - 2010年まではシャツ、パンツ、ストッキング共にシルバーを使用。2015年・2016年は、シャツ、ストッキングにそれぞれ青、パンツに白を使用。, ゴールキーパー用ユニフォームは、1stユニフォームは2007年 - 2010年まで薄いピンク、2017年は鮮やかなピンクだったのを除き、赤(2018年 - 2020年は蛍光色)が採用されている。また緑色ユニフォームは2006年までと2013年 - 2014年に、水色ユニフォームは2007年 - 2014年と2018年に採用。グレーユニフォームは2006年まで採用されていたが2007年 - 2014年は設定がなかった。2015年に再びゴールキーパー用2ndユニフォームとしてグレーを採用。, 2009年10月のリーグ戦ホームゲームでは、クラブ創設15周年を記念して黒をベースに右袖などにはベージュに近い金色を配した特別ユニフォームを着用(GKは、10月7日のみフィールドプレーヤー用1stユニフォームを着用)。2014年10月のリーグ戦ホームゲームも、クラブ創設20周年を記念して同じ配色の特別ユニフォームを着用した(前年12月に発表)。, 2011年 - 2012年モデル以降はフィールドプレーヤー用1stユニフォームのストッキングが、青からゴールドに変更。なお対戦相手のユニフォームに合わせて青のストッキングも引き続き用意されている。, 2016年夏季のリーグ戦ホームゲームでは、東日本大震災から5年が経過し、その復興を祈念してベージュに近い金色をベースにした襟付きユニフォームを着用, 2017年夏季のコンセプトは、ユアテックスタジアム仙台開場20周年を記念して黒(ゴールキーパー用は赤)をベースに、ブランメル仙台の緑色とベガルタゴールドの襷掛けをデザイン。夏季のリーグ戦(およびヴィッセル神戸とのプレシーズンマッチ)ホームゲームで着用された, 2018年夏季のコンセプトは「一体感」。クラブ史上初となる試みで、ユニフォームスポンサーをゴールド一色に統一。7月下旬から8月のホームゲームで着用する, 2019年夏季のコンセプトは「闘志継承」。クラブ創立25周年を記念して黒と紺のボーダー柄をベースに、襟と袖にブランメルグリーンをあしらい、ネームナンバーのフォントはブランメル時代のフォントを再現。ブランメルエンブレムとベガルタエンブレムの特別なロゴもつき、クラブの歴史を感じるデザインとなっている, 小林は2002年から2003年に所属していた川崎でも同曲が使用された(歌詞も同じ)。, 赤嶺が2016年に所属しているファジアーノ岡山でも同曲が使用されている(歌詞も同じ)。, ジョニウソン:ジョニウソン本人の応援歌(以前所属していたクラブで実際に使われていたもの), その他、東北放送(TBC)は年1回ほど、2007年までホームゲームの中継をしていた(最近はみちのくダービーの中継のみ)2008年以降のリーグ戦は全く中継しなかったが2008年12月10日の.