マイケル・ファラデーは1791年9月22日に、現在のロンドン都心部の貧しい家庭に誕生しました。父親は鍛冶屋、母親は専業主婦でした。 ファラデーはrの音を発音することができなかったため、先生に笑われ、罰を受けました。母親はこれに耐えられず、彼は家族のために働いた方が良いのではないかと考えました。そうして彼に学校を辞めさせてしまったのです。マイケル・ファラデーの人生は、製本屋であり本屋でもあるジョージ・リボーの店で14歳のときに働き始めたことで転機を迎えます。 この職 … Frank A. J. L. James, ‘Faraday, Michael (1791–1867)’, これの意味するところは、ジェームズがサンデマン派信者のつながりから職を得たということである。ジェームズは1791年2月20日にロンドンのサンデマン派の集会に参加し、その後すぐに住居を見つけて引っ越している。詳しくは. あっちの話題と、こっちの情報をくっつけて、おもしろくする業界の人。天文、宇宙系を主なフィールドとする。天文ニュースがあると、突然忙しくなり、生き生きする。年齢不詳で、アイドルのコンサートにも行くミーハーだが、まさかのあんな科学者とも知り合い。安く買える新書を愛し、一度本や資料を読むと、どこに何が書いてあったか覚えるのが特技。だが、細かい内容はその場で忘れる。, ※本記事は掲載時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください。※新型コロナウイルス感染症についての最新情報は、 "Archives Biographies:Michael Faraday", The Institution of Engineering and Technology. イギリスの化学者・物理学者、あるいは当時の呼称では自然哲学者(1791年9月22日 - 1867年8月25日)。 「マイケルは4人兄弟の3番目で、学校にはほとんど通っていない[11]。14歳のとき、近所で製本業と書店を営んでいた ジョージ・リーボー ;のところに年季奉公に入った[12]。 本名: マイケル・ファラデー Michael Faraday; 生没年: 1791 - 1867; 出身国: グレートブリテン王国 ↑ 出現場所・特徴 (要編集:ゲーム中の登場場所) ↑ 主な業績 History of Science and Technology. (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); “マイケル・ファラデー” は、あのアインシュタインが、ニュートン、マクスウェルと並べて、肖像画を飾っていたほどの偉大な科学者です。, 父親は鍛冶屋の見習いをしながら、4人の子供を育てるという決して裕福ではない生活でした。, そして大きな転機になったのが「英国王認会館」で行われていた連続講義のチケットを手に入れたことです。, このチケットは非常に高価なものですが、製本屋のお得意さんだった “ウィリアム・ダンス” が、ファラデーの勉強熱心さに感心してプレゼントしたのです。, ファラデーは20歳になり、奉公が終わって製本職人として独り立ちすることになりました。, そこで、デービーの講義の内容に自分が調べたことを書き加えた講義ノート(300ページ)を立派な本に製本してデービーに送り、デービーに助手にしてもらうように頼んだのです。, しかし、デービーは講義ノートには感心したものの、助手としての採用はできないと返事と返事をしました。, しかし、デービーが実験中の事故で目を負傷したことから秘書が必要になり、ファラデーが秘書として採用されます。. その科学者のイメージを覆すファラデーの生涯を見てみましょう。 "Michael Faraday." イギリスの化学者・物理学者、あるいは当時の呼称では自然哲学者(1791年9月22日 - 1867年8月25日)。, 「マイケルは4人兄弟の3番目で、学校にはほとんど通っていない[11]。14歳のとき、近所で製本業と書店を営んでいた ジョージ・リーボー のところに年季奉公に入った[12]。7年間の奉公の間に多数の本を読んだ。中にはアイザック・ウォッツの The Improvement of the Mind もあり、彼はその中に書かれていた主義と提案を熱心に実践した。多数の本を読むうちに科学への興味が強まり、特に電気に興味を持つようになった。特に影響された本としてジェーン・マーセットの『化学談義』(Conversations on Chemistry)があった」, 「1812年、20歳となり年季奉公の最後の年となったファラデーは、ジョン・テイタム の創設したロンドン市哲学協会(City Philosophical Society)の会合で勉強するようになった。また、当時のイギリスで有名だった化学者ハンフリー・デービーの講演を何度も聴講した。その入場券はロイヤル・フィルハーモニック協会の創設者の1人 ウィリアム・ダンス がファラデーに与えたものだった。ファラデーは300ページにもなったデービーの講演の際につけたノートをデービーに送った」, 「ファラデーの初期の化学の業績は、ハンフリー・デービーの助手としてのものだった。特に塩素を研究し、2種類の新たな炭素塩化物を発見した。また、ジョン・ドルトンが指摘した現象である気体の拡散に関する初期の実験も行ったが、その物理的重要性をより完全に明確化したのはトーマス・グレアムとヨハン・ロシュミットである。いくつかの気体の液化に成功した。また、鋼合金を調べたり、光学向けの新たなガラスを作ったりしている。後にそれらのガラスは、磁場中に置くと通過する光の偏光面を回転させるという発見に役立ったこと、および磁石の極と反発する反磁性体だと判明したことで歴史的に重要となった。, また、化学の一般的手法の確立にも貢献している。ファラデーはまた、後にブンゼンバーナーと呼ばれ実験用に広く使われるようになった熱源装置の原型を発明した。ファラデーは化学の幅広い分野で活動し、1823年に塩素の液化に成功し、1825年にはベンゼンを発見している。気体の液化は気体が単に沸点の低い液体の蒸気に過ぎないという認識の確立に役立ち、分子凝集の概念により確かな基盤を与えることになった。, 1820年、ファラデーは炭素と塩素で構成される化学物質 C2Cl6 と C2Cl4 を初めて合成したことを報告し、翌年公表している。また、ハンフリー・デービーが1810年に発見した塩素の包接水和物の構成を特定した。1833年、電気分解の法則を発見し、アノード、カソード、電極 (electrode)、イオンといった用語を定着させた」, 「ファラデーは特に電気と磁気の研究でよく知られている。彼が記録している最初の実験は、7枚の半ペニー貨と7枚の亜鉛シートに6枚の塩水を浸した紙を挟んで積み上げたボルタ電池を作ったことだった。この電池を使って硫酸マグネシウムを電気分解している(1812年7月12日付けのAbbottへの手紙に記述がある)。, 1824年、ファラデーは導線を流れる電流を外部の磁場によって調節可能かどうかを研究すべく簡単な回路を製作したが、そのような現象は見つけられなかった。3年前、同じ実験室で光が磁場に影響されるかを実験しており、そのときも何も見つけられなかった。その後7年間は光学用ガラス(鉛を加えたホウケイ酸ガラス)の製法を完成させることに費やし、後の研究でそれが光と磁気の関係の研究に役立つことになった。, 他の科学者たちが電磁気現象を力学における遠隔力と考えていたのに対して、ファラデーは空間における電気力線・磁力線という近接作用的概念から研究している。ファラデーの突破口は、鉄の環に絶縁された導線を巻きつけてコイルを2つ作ったことであり、一方のコイルに電流を流すともう一方のコイルに瞬間的に電流が流れることを発見した。, この現象を相互誘導と呼ぶ。この鉄の環のコイルは今も王立研究所に展示されている。その後の実験で、空芯のコイルの中で磁石を動かしても電流が流れることを発見した。また、磁石を固定して導線の方を動かしても電流が流れることを発見。これらの実験で、磁場の変化によって電場が生ずることが明らかとなった。このファラデーの電磁誘導の法則は後にジェームズ・クラーク・マクスウェルが数理モデル化し、4つのマクスウェルの方程式の1つとなった。そして、さらに一般化され場の理論となっている」, 「1845年の実験で使ったガラス棒を手にしたファラデー。その実験で誘電体中の光が磁場の影響を受けることを示した。[34]1845年、ファラデーは多くの物質が磁場に対して弱く反発することを発見し、その現象を反磁性(diamagnetism) と名付けた。また、光の進む方向にそって印加された電磁場によって直線偏光の偏光面が回転することを発見。これをファラデー効果と呼ぶ。ファラデーのノートには「私はついに磁気の曲線または「力の線」を解明し、光線を磁化することに成功した」と記してある」, 「ファラデーは優秀な実験主義者であり、明快かつ簡潔な言葉で考えを伝えた。しかし、数学の知識は乏しかった。そのため電磁誘導の法則を自分で定式化できず、ジェームズ・クラーク・マクスウェルらが定式化することになった。またファラデーの電気力線の使用についてマクスウェルは、ファラデーが高水準の数学者にも匹敵する思考の持ち主であり、将来の数学者はファラデーの業績から様々な貴重な方法を引き出すことができるだろうと述べている」, 「小学校しか卒業していない製本屋の見習いが、19世紀最大の科学者と言われるようになった」わけで、デービーは「私の最大の発見はファラデーである」という言葉を残している。, 再開したと思った2019年。気付いたら2020年になっていた。2014年、2015年、2016年noteで迎春。.