電気の理論には、「対地電圧」という考え方があります。大地に対する電圧です。単相200Vの対地電圧は、100Vしかありません。それに対し、三相200Vの対地電圧は、173Vまたは200Vあります。この違いは、万が一感電した場合の人体に及ぼす危険性に影響します。このため、住宅の屋内では原則として、三相200Vを使用することができません。ご質問は、会社ということですから、この点はクリヤされますが、そのサーバーが、対地電圧150V以上に耐える設計がなされているかどうかを、確認する必要があります。 白線が絶対安全とは言えない事も理解できました。, ものすごくレベル低い質問ですが、電柱からのアース線にはスゴイ電流がいつも流れているのでしょうか? >また極端な話、中性線=接地(アース)された線と考えると、 有効電力がPowerから、P となった後 火事や感電の原因になりますから。 すでに三人の方から回答があるとおりですが、まだ出ていないことを補足します。 漏電は、電気を逃がしても解決しません。

200V30A(単相)と書いてるサーバを、200V50A(3相)から電源をとるとどうなりますか?, > 電源200V単相と3相の違い…

ちなみにこれは3線式に限りません。2線式でも同じです。 どのような業種の会社か存じませんが、「エアコンのスイッチを入れたら、サーバーまで落ちてしまった」ではしゃれにもなりません。 各端子間の電圧は、赤(電圧線と呼ぶ)~白(中性線)、黒(電圧線)~白(中性線)間は、それぞれ100V、赤~黒間は200Vとなっています。 素人の考えですが相というのは単に波形の順番に過ぎないと思いますのでどのケーブルが何相であってもかまわないような気がするのですが。 (危ないので絶対にしませんが、考え方としてどうか?をお聞きしたいです) ‚éê‡‚̐≏”í•¢‚µ‚Ä‚¢‚È‚¢’†«“_–”‚͐ڒn‘¤“düB, 300V’´‰ß‚Ì‹@Ší‚Ì“S‘äAŠO” B300V’´‰ß‚Ì“düŠÇA‹à‘®ƒ_ƒNƒgAƒoƒXƒ_ƒNƒgAƒ‰ƒbƒNAƒƒbƒZƒ“ƒWƒƒ[ƒƒCƒ„[B’ሳ”zü‚ÆŽã“d—¬ü‚Æ‚ÌŠÔ‚Ì‹à‘®»Šu•ÇB•²o–h”šƒtƒŒƒNƒVƒuƒ‹ƒtƒBƒbƒ`ƒ“ƒOB, ‚ˆ³ŒvŠí—p•Ï¬Ší‚Ì2ŽŸ‘¤“d˜HB300VˆÈ‰º‚Ì‹@Ší‚Ì“S‘äAŠO” B’n’†“dü‚ðŽû‚ß‚éŠÇ“™A“düÚ‘±” A‹à‘®”í•¢B‰Ë‹óƒƒbƒZƒ“ƒWƒƒ[ƒƒCƒ„[B300VˆÈ‰º‚Ì“düŠÇA‹à‘®ƒ_ƒNƒgAƒoƒXƒ_ƒNƒgAƒ‰ƒbƒNBƒtƒƒAƒ_ƒNƒgAƒ‰ƒCƒeƒBƒ“ƒOƒ_ƒNƒgAü‚ҁBXü‘•’u“™B. 単相は電線が2本で、三相は電線が3本、または4本です。

単相電力では、プラス・マイナスの電流の方向が交互に変化します。つまり“上下運動”のように電圧が正負にめまぐるしく切り替わっています。 (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); ©Copyright2020 やさしい電気回路.All Rights Reserved. とりあえず電流はアース線を通って大地に逃げます。 > 各家庭の配電盤から室内への配線をする時に、全室が100V仕様でしたら、赤~白と黒~白とが約半分ずつになるように各部屋の電灯やコンセントなどを配分して配線します。 たとえば4室ある場合は、2つを赤~白ラインから、残りを黒~白ラインから取るなどします。 漏電は、電気を逃がしても解決しません。

大地には抵抗がありまともに給電できない可能性が高いですね。 >中性線が繋がっているのであれば、万が一漏電した場合や、静電気が  鳥が高圧電線に止まっても感電しないのは、回路がループを形成しないからです。(この場合空気が絶縁物になっています) それを逃がす為の線です。 (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); 単相2線式は、単相3線式の中性線と電圧線の2本を使う方式のことで、単相100ボルトを使うことができます。, 近頃はIH調理器やエアコンなどで200Vの電気機器も多く使われるようになっています。, 接地側が電圧側より少し長くなっていて、左側が接地側になるように壁面に取り付けられています。, 単相3線式は、図のように電圧線と中性線の間はそれぞれ単相100Vの電圧を使うことができます。, 単相100Vの回路が2つありますが、バランスよく使うことで中性線に流れる電流を小さくすることができます。, 何が違うかというと、Cの電線を接地した場合は、A-B間にコンセントを接続して使うことができます。, しかし、A-B間の電圧は100Vですが、Aの電線には接地に対して常に200Vの電圧がかかっていますので大変危険です。, 柱上変圧器は、一次側の6600Vの電圧を一般家庭で使えるように、二次側で100ボルトと200ボルトの電圧にする目的があります。, 図のように、中性線は接地されています。この目的は変圧器が故障した場合などに、一次側の高い電圧が低圧側に流れたときの保護用とされています。, また、日本では家庭用として対地電圧150ボルトを超えるものを、引き込んではならないとなっているようです。.

機器から電荷を逃がすというより、

ちょっとあいまい。 このページでは、送配電線路の中性点接地と非接地方式について、初心者の方でも解りやすいように、基礎から解説しています。また、電験三種の電力科目の試験で、実際に出題された送配電線路の中性点接地と非接地方式の過去問題も解説しています。, 送電線路の中性点は一般に接地が行われています。中性点を接地する目的は次の通りです。, 中性点を、直接導体で接地する方式です。187[kV]以上の超高圧送電系統に採用されています。, 中性点を、100[Ω]から1[kΩ]程度の抵抗で接地する方式です。抵抗の大きさにより低抵抗接地方式と高抵抗接地方式に分類されます。66[kV]から154[kV]の送電線路に採用されています。, 中性点をリアクトルで接地する方式です。消弧リアクトル接地方式と補償リアクトル接地方式があります。, 消弧リアクトル接地方式は、送電線の対地静電容量と並列共振するように設定されたリアクトルで接地する方式です。対地容量とリアクトルの共振作用により地落電流がゼロになり、アークが自然消弧するのが特徴です。これにより線路や機器に与える影響は小さくなります。, しかし、消弧リアクトル接地方式は高価なことと、調整が煩雑なため、新たな採用は多くはありません。, 抵抗接地方式をケーブルや長距離送電線に適用する場合、対地静電容量が大きくなり、1線地絡事故時には大きな地絡電流が流れ、保護継電器の適用が難しくなります。これを補償するために、抵抗と並列にリアクトルを設置し、保護継電器の動作の安定化を図ります。, 中性点を接地しない方式です。送電電圧が低く、線路こう長が短い高圧配電線路に多く採用されています。, 中性点非接地方式の三相3線式高圧配電線路で地絡事故を生じた。地絡電流の大きさに大きく関係するものは、線路の対地電圧のほか、次のうちどれか。, 次の記述は、我が国で一般的に用いられている非接地三相3線式の高圧配電方式に関するものである。誤っているのは次のうちどれか。, 1線地絡故障中の地絡線の対地電圧はゼロとなります。健全相の対地電圧が相電圧の $\sqrt{ 3 } $ 倍となります。, 送配電線路に接続する変圧器の中性点接地方式に関する記述として、誤っているのは次のうちどれか。, わが国の高圧配電系統では、主として三相3線式中性点非接地方式が採用されており、一般に一線地絡事故時の地絡電流は( ア )アンペア程度であることから、配電用変電所の高圧配電線引出口には、地絡保護のために( イ )継電方式が採用されている。低圧配電系統では、電灯線には単相3線式が採用されており、単相3線式の電灯と三相3線式の動力を共用する方式として( ウ )も採用されている。柱上変圧器には、過電流保護のために( エ )が設けられ、柱上変圧器内部及び低圧配電系統内での短絡事故を高圧配電系統側に波及させないよう施設している。, 上記の記述中の空欄箇所(ア),(イ),(ウ)及び(エ)に当てはまる語句として、正しいものを組み合わせたのは次のうちどれか。, わが国の高圧配電系統では、主として三相3線式中性点非接地方式が採用されており、一般に一線地絡事故時の地絡電流は( 数~数十 )アンペア程度であることから、配電用変電所の高圧配電線引出口には、地絡保護のために( 地絡方向 )継電方式が採用されている。低圧配電系統では、電灯線には単相3線式が採用されており、単相3線式の電灯と三相3線式の動力を共用する方式として( V結線三相4線式 )も採用されている。柱上変圧器には、過電流保護のために( 高圧カットアウト )が設けられ、柱上変圧器内部及び低圧配電系統内での短絡事故を高圧配電系統側に波及させないよう施設している。, 配電用変電所においては、地絡保護のために、「地絡方向継電方式」が採用されています。, 柱上変圧器は二台の単相変圧器をV結線として変則V結線三相4線式として利用されています。また、変圧器内部の短絡事故の一次側配電系統への波及を防止するために、高圧カットアウトが用いられています。, 一般に、三相送配電線に接続される変圧器は△-Y 又は Y-△結線されることが多く、Y 結線の中性点は接地インピーダンス Znで接地される。この接地インピーダンス Znの大きさや種類によって種々の接地方式がある。中性点の接地方式に関する記述として,誤っているのは次のうちどれか。, 直接方式は 187[kV]以上の超高圧送電系統に採用されています。66[kV]から 154[kV]系統では抵抗接地方式が採用されています。, 次の文章は、配電線路の接地方式や一線地絡事故が発生した場合の現象に関する記述である。, a.高圧配電線路は多くの場合、配電用変電所の変圧器二次側の( ア )から3線で引き出され、( イ )が採用されている。b.この方式では、一般に一線地絡事故時の地絡電流は( ウ )程度のほか、高低圧線の混触事故の低圧側対地電圧上昇を容易に抑制でき、地絡事故中の( エ )もほとんど問題にならない。, 上記の記述中の空白箇所(ア),(イ),(ウ)及び(エ)に当てはまる組合せとして、正しいものを次の(1)~(5)のうちから一つ選べ。, a.高圧配電線路は多くの場合、配電用変電所の変圧器二次側の( Δ結線 )から3線で引き出され、( 非接地方式 )が採用されている。b.この方式では、一般に一線地絡事故時の地絡電流は( 数~数十アンペア )程度のほか、高低圧線の混触事故の低圧側対地電圧上昇を容易に抑制でき、地絡事故中の( 通信障害 )もほとんど問題にならない。, プレミア6 7つの学習法 第三種電気主任技術者試験 1年e-Learningチケット付き メディアファイブ -, 1線地絡事故が発生しても、健全相の対地電圧はほとんど上昇しませんので、線路や機器の絶縁レベルを下げることができます。, 地絡電流が大きいので、機器への衝撃や損傷が大きくなり、通信線(弱電線)等に大きな電磁誘導障害を誘起して、障害を与える危険性があります。そのため高速度遮断器等の設置が必要となります。, 1線地絡事故が発生した場合、健全相の対地電圧が上昇しますので、線路や機器の絶縁レベルを下げることができません。, 1線地絡事故が発生すると、健全相の対地電圧が相電圧の$\sqrt{ 3 }$ 倍になります。, 対地静電容量が小さいので、地絡電流が小さくなり、通信線への電磁誘導障害が生じにくくなります。, 一般に1線地絡事故時の地絡電流は十数アンペア程度であり、中性点接地高圧配電方式に比べて小さい。, 高圧と低圧が混触した場合、低圧電路の対地電圧の上昇は、中性点接地高圧配電方式に比べ小さい。, 直接接地方式は、他の中性点接地方式に比べて、地絡事故時の地絡電流は大きいが健全相の電圧上昇は小さい。, 消弧リアクトル接地方式は、直接接地方式や抵抗接地方式に比べて、一線地絡電流が小さい。, 抵抗接地方式は、直接接地方式と非接地方式の中間的な特性を持ち、154[kV]以下の特別高圧系統に適用されている。, 消弧リアクトル接地方式及び非接地方式は、直接接地方式や抵抗接地方式に比べて、通信線に対する誘導障害が少ない。, 消弧リアクトル接地方式は、電磁誘導障害が小さいという特徴があるが、設備費は高めになる。, 抵抗接地方式は、変圧器の中性点を 100[Ω]から 1[kΩ]程度の抵抗で接地する方式で 66[kV]から 154[kV]の送電線路に主に用いられている。, 直接接地方式や低抵抗接地方式は、接地線に流れる電流が大きくなり、その結果として電磁誘導障害が大きくなりがちである。, 直接接地方式は、変圧器の中性点を直接大地に接続する方式で、その簡便性から電圧の低い送電線路や配電線路に広く用いられている。, 中性点接地の主な目的は,1線地絡などの故障に起因する異常電圧(過電圧)の発生を抑制したり、地絡電流を抑制して故障の拡大や被害の軽減を図ることである。中性点接地インピーダンスの選定には,故障点のアーク消弧作用、地絡リレーの確実な動作などを勘案する必要がある。, 非接地方式(Zn→∞)では、1線地絡時の健全相電圧上昇倍率は大きいが、地絡電流の抑制効果が大きいのがその特徴である。わが国では、一般の需要家に供給する 6.6[kV]配電系統においてこの方式が広く採用されている。, 直接接地方式(Zn→0)では、故障時の異常電圧(過電圧)倍率が小さいため、わが国では、187[kV]以上の超高圧系統に広く採用されている。一方、この方式は接地が簡単なため、わが国の 77[kV]以下の下位系統でもしばしば採用されている。, 消弧リアクトル接地方式は、送電線の対地静電容量と並列共振するように設定されたリアクトルで接地する方式で、1線地絡時の故障電流はほとんど零に抑制される。このため、遮断器によらなくても地絡故障が自然消滅する。しかし、調整が煩雑なため近年この方式の新たな採用は多くない。, 抵抗接地方式(Zn=ある適切な抵抗値 R[Ω])は、わが国では主として 154[kV]以下の送電系統に採用されており、中性点抵抗により地絡電流を抑制して、地絡時の通信線への誘導電圧抑制に大きな効果がある。しかし,地絡リレーの検出機能が低下するため,何らかの対応策を必要とする場合もある。. ちなみに、地面(アース)と中性線間の電圧は 0V、 アースと電圧線間の電圧は 100Vとなります。 そのとき、各コンセントへの接続時に左側(長い穴の方)の端子に白(中性線)の線を、反対側に赤(電圧線)あるいは黒(電圧線)の線をつなぎます。 入れ替えると逆回転しますがどのような理屈になるのでしょうか? >ように接地するものだという事ですが、100Vのコンセントは必ず

>このアース線は、製品に静電気が溜まったり、漏電した際に感電しない 圧倒的にアース線の方が抵抗が小さいので、 必ず接地されているそうですね。 >このアース線は、製品に静電気が溜まったり、漏電した際に感電しない > あと、200V30A(単相)と書いてるサーバを、200V30A(3相)から電源をとると… 柱上変圧器(高電位)、地球(ゼロ電位)これを電線(アース線)でつなぐとショートしないものですか?現実にそんなことは無いとは分かっていても、なかなか理解できません。もしアドバイスありましたらよろしく御願い申しあげます。, 「アース線 色」に関するQ&A: 電子レンジのアース線を繋げずに、プラグだけをコンセントに繋いで使用する, 「三相4線式」に関するQ&A: クランプメーターを使っての漏洩電流の測定方法, 世の中の成功している男性には様々な共通点がありますが、実はそんな夫を影で支える妻にも共通点があります。今回は、内助の功で夫を輝かせたいと願う3人の女性たちが集まり、その具体策についての座談会を開催しました。, 天井から出ている電源コードの接地、非接地が区別出来ません。テスターでの調べ方を教えてください。 現在, 【電気】スイッチは非接地側電線の電源側に繋ぐ。 スイッチに接地側電線を繋ぐと対地電圧が掛かってスイッ, コンセント(AC100V)には片方接地側というのがありますが(Nや差込口が長め)これはそちら側に接地(アース)がついているということなのでしょうか? 左に回るように力を与えれば、これまた左にどんどん回りだします。 赤、白、黒の3線のうち、白を中性線とし、赤と白の2本がコンセントとして いるとの事ですが、ここで疑問です。 相の呼称に関しても、アルファベットの終わりより3つ1組として

したがって、EをNの代わりに使うことはできません。 XYZは何かと登場するため、利用は避けられているようですが この主な目的は、何らかの理由で高圧側の電圧が低圧側に流れ込もうとした時に、これをアースに落とし地面に逃がすことで、家庭の低圧側を保護するためです。 次のような感じの改造をしたとしても家電製品は普通に使えるのでしょうか? 工場などで、“動力”などと呼ばれているのが“三相交流”です。 一般家庭の電源というのは、交流の単相3線式が多いと思うのですが、 (なお、既出の一部に明らかな誤解もあるようですが、それを指摘することは、規約違反となり、削除対象とされるので控えます。) すでに三人の方から回答があるとおりですが、まだ出ていないことを補足します。 (3)そもそも、Eが接地されているのに、Nも接地されているのはなぜでしょうか? >ように接地するものだという事ですが、100Vのコンセントは必ず (2)Nは接地側電線、Eは接地電線で、似てるようで違います。基本的にEは、機器と地面、Nと地面がつながっていますが、電流は流れません。なぜなら、たとえば、機器の筐体(ケース)などにEをつなげますが、ここには電気が流れる経路がないからです。もし、ここに電気が流れてしまうことがあれば、それは漏電という事故になります。 交流回路に抵抗がひとつあり、スイッチをいれると+-交互に電流が流れます。しかし片側がアースされていると、交流電源に戻らずアースに電流が逃げてしまうのでは?アースの抵抗が大きくてアース側に電流が流れないのなら感電時人に流れずアースにながれるのはなぜですか。すいません教えてください, 直流で解りやすく説明すると乾電池に抵抗の負荷が繋ないで、電池のいずれか一つの極を接地しても抵抗にしか電流が流れません。ここで電池の±極を交互に反転しても、同じです。即ち、交流でも同じと言うことになります。 >次のような感じの改造をしたとしても家電製品は普通に使えるのでしょうか? 漏電遮断器が動作すると思います。, >家電製品などによくアース線というものが付いています。 電子部品なんかは導電性の袋に入れたりします。 基本的にはこれくらいかな。 【黒線のが (大地に対して) 電圧が加わっている側で、白線が接地 (×設置) 側(N側)】 (2) コンパクト形蛍光灯の場合・・・スイッチオフ時にも安定器に電圧が加わっているので寿命が縮む恐れがある。 コンセントや電灯線につないである2本の線のそれぞれの電流値に差が生じたとき、つまりほんのわずかの漏電があってもこのブレーカーが作動し、主電源を遮断します。

中性線が繋がっているのであれば、万が一漏電した場合や、静電気が これはいろいろトラブルのもととなりますので、電力会社としては何とか対策を講じなければなりません。 現在のほとんどの家庭では、漏電ブレーカーがついています。  ¯ã‚’遮断せずにそのまま電力の供給を継続します。. (エアコン、冷蔵庫、洗濯機等) 白はは真ん中と決まっているのでしょうか?, 一般の家庭などに供給されているのは“単相交流”です。 これは全く別のものです。

>(エアコン、冷蔵庫、洗濯機等) 故障や不良により、

単にアルファベット順から、Qが無効電力、 Rは抵抗なので飛ばして >1階のダウンライトはWに黒の線、2階が白の線で、混在状態でした…

このページでは、単相3線式や三相4線式などの配電理論について、初心者の方でも解りやすいように、基礎から解説しています。また、電験三種の電力科目の試験で、実際に出題された単相3線式や三相4線式などの配電理論の過去問題も解説しています。配電系統

家庭用交流回路には、接地側(白線)と非接地側(黒線)があり、「白線は安全」、「黒線は感電の危険あり」ということになっています。私の疑問は、「交流とは、プラスとマイナスが交互に入れ代わるもの」と記憶していますので、「接地側も、非接地側も交互に入れ代わるのでは?」と思った次第です。この辺りを理解したいのですが、よろしく御願い申しあげます。, 接地式交流回路について質問があります。#1の補足に書かせて頂きましたが、高電位のトランスを接地させる=ショートしてしまう。ということにはならないのでしょうか?よろしく御願い申しあげます。, 御回答ありがとうございました。 これは漏電になります。 あと、200V30A(単相)と書いてるサーバを、200V30A(3相)から電源をとるとどうなりますか?(家庭用電源ではなく、会社の電源です) 電力会社から200Vの低圧で受電し、単相と三相の二つのメーターが付いている場合、原則として単相負荷は単相契約で使用します。何らかの事情で単相負荷を三相契約で使用したい場合は、事前に電力会社と協議し、それなりに基本料金を支払うことが必要です。 これは静電気による帯電で例えばICチップのピン間に 漏れてはいけないものです。 ように接地するものだという事ですが...続きを読む, >家電製品などによくアース線というものが付いています。 照明を追加する時にVVF2芯線の配線は、照明器具のN側は白ですか?, 電気工事の資格がないと施工できませんので電気工事店にご依頼してください 電流は、Lから機器をとおり、Nの線から戻るので安全ですが、電流がLからEに流れてしまうと、人体や機器のケース、建物など、流れてはいけないところに電流が流れることになるので、感電や火災などの事故になり危険になります。 電柱のトランスの2次側(低圧側)には3本の端子があり、赤、白、黒の3色の電線で家庭の配電盤まで配線されています。 N側に入れても、電流はLとNに同じだけ流れるので、問題ないと思うのですが。  XYZ、UVW、RST が利用されるようになったと記憶してます。 単三(3線式)にするのは、電柱から家庭までの電流を半分にすることができることと、エアコンとかIHクッキングヒーターなどの200V家電機器を使用するときに、簡単な工事で200Vを使用可能とする(2本の電圧線~電圧線間が200V)ためです。 (添付画像参照)

電気機器の外箱や鉄台を、電線で大地とつなぐことを接地といいます。外箱や鉄台には、ふつう電気は通じていませんが、落電や機器の故障、老朽化などによって電気が漏れ出ると、感電や火災などが発生する恐れがあります。そこで接地工事を施しておけば、もし電気が漏れた場合には、電気は大地に流れ、感電や火災などの危険を防ぐことができます。 電気設備技術基準 第10、11条では、接地について、次のように規定されています。 1. そうなると、“回転磁界”も反転する事になります。 漏電で流れてしまう場合は、電流が微量であったり、漏電遮断器がすぐに作動するするため、危険は回避されます。 電気の理論には、「対地電圧」という考え方があります。大地に対する電圧です。単相200Vの対地電圧は、100Vしかありません。それに対し、三相200Vの対地電圧は、173Vまたは200Vあります。この違いは、万が一感電した場合の人体に及ぼす危険性に影響します。このため、住...続きを読む, 単相交流と3相交流の違いが知りたいです。 三相は、それぞれ120度の位相差を持った“単相”を三つ重ねたものです。 電柱のトランスの2次側(低圧側)には3本の端子があり、赤、白、黒の3色の電線で家庭の配電盤まで配線されています。 いまいち良くわからないです。解説おねがいします。, 現在の一般の家庭のほとんどには、単相3線式(単三と呼ばれている)方式で配電されています。 しかし、アースは無関係なのでここでは無視してください。  まず色々なところに誤解がありますので1つずつご説明します。 各コンセントには、中性線~電圧線の100Vが繋がっていますので当然電気(電流)は流れます。 Wに黒線をつなぐことによる不具合は、 それを防止するのに対策することはあります。



制御回路・・直流回路 = 青 交流回路 = 黄 また、各相は発電したときから決まっているのですか? まともに動かないと思います。 それを学ばれてから、今一度理解できないところをお尋ねいただいた方が良いと思います。, 一般の家庭などに供給されているのは“単相交流”です。

これで人間を守ろうというのです。 配電系統は、交流の単相2線式、単相3線式、三相3線式、三相4線式、直流の2線式、3線式等の方式に分類されています。 配電系統における接地方式は3種類に分類されています。 ここで使用する『T』や『N』などをコードと呼び、それぞれに意味があります。