新築一戸建て - 購入希望の土地ががけ条例にかかってしまいます。 希望土地は平坦地なのですが(がけの下側が購入希望土地)、その一辺(西側)に4メートル弱のヨウヘキがあります。 市の建築課で確認を取った 揉めに揉め、結局この費用は売主(仲介業者ではない)が負担することになりました。 横浜市建築基準条例及び同解説を一部改訂しました。(r2.9.7) 横浜市建築基準条例の一部改正に関する意見募集について。(r2.5.1) 横浜市建築基準条例及び同解説を一部改訂しました。(r2.4.1)横浜市建築基準条例を一部改正しました。(r2.3.3)

各土地ごとの境界(北と西側)に擁壁はなく水をせき止める方法がありません。 今、がけ条例にあたる土地の購入を考えています、この土地はがけの上で下は排水溝と畑です。 今まで購入しようと思っていた場所が、どこも1日差や数時間差で先手購入されてしまったため気落ちをしていたところ、思わぬ物件がでてきたと不動産屋さんより連絡を受けました。 築10年以上は経過していそうなお宅ですが、ヨウヘキはそれ以前よりあるもので、そのお宅もがけ条例にかかっていたとは思うのですが。 ご教授、よろしくお願いいたします。, 不動産屋に問い合わせのメールを出しても返信が来ないのでこちらで質問してみます。

不動産業者は、崖下から30度のラインの下まで杭を打てばだいじょうぶといいますが、

該当するかもしれないが、がけ条例の中で そこで質問なのですが、我が家の西側を購入される方の雨水が入り込んできそうなのですが、西側の方に擁壁(雨水が入り込まない程度の高さ)を作ってもらうことは可能でしょうか? 建築基準法施行条例第4条(がけ条例) がけ条例の詳細については以下のリンク先にある「第2章がけ付近の建築物の敷地等及び大規模な建築物の敷地と道路の関係(第3条の2-第5条)」で解説されていますのでご参照ください。 千葉県改正建築基準法施行条例とその解説2016年版について. 宅地造成に伴い、がけ崩れや土砂の流出による災害が生ずるおそれが大きい市街地等の土地の区域を、都道府県知事等が「宅地造成工事規制区域」として指定し、その区域内で行われる一定規模以上の切土又は盛土等を行う場合には許可を受けていただくとともに、宅地所有者等に対して災害防止のために必要な措置を講ずるよう勧告等を行うことで、宅地造成に伴う災害の防止を図るものです。 1. 今日の話はちょっと難しいところから。兵庫県には震災を受けた場所ということもあり、「がけ地条例」なるものがあります。以下、県条例から抜粋(がけ地の安全措置)第2…

35年10月10日条例第20号) 及び同解説. 個人的には口約束をした仲介業者ではなく売主の負担になったことも解せません。

令和2年9月. (土地の南側が宅地であり建築予定も有ったのでこの南側の家と有る程度の距離を取りたいと考えていました) 土地の契約前よりその土地を購入前提で配置図、間取りをHMより提案して頂き、希望の庭の広さと家の間取りが提案された為土地と家の契約に至りました。 購入予定の土地の隣地は川が流れ、その土地はがけの上にあります。

納屋、物置、ガレージ、トイレなど家と別棟のものも設置できないのですか?

心配になりHMから土地の仲介業者に確認したところ、「がけ条例」に抵触した場合の対処費用は負担するとの回答がありました。 他になにか方法がないかと皆さんの知恵をお借りしたいと思います。

結果は良かったのですが、解決するまでに半年もの無駄な時間を要してしまいました。 基礎は浅くともよいということになります。, 回答ありがとうございます。 ネットで調べたところでは基礎部分をがけ側だけ延長し高くしてクリアした施行例が載ってました。 あとこの4m部分を家庭菜園にしてはいけないのでしょうか?, 私は今回南面道路・東面道路共に6m道路のある土地を購入しました。(建物は建っておりません。更地です) 宝塚市立図書館(たからづかしりつとしょかん)は、兵庫県 宝塚市にある公共図書館。. RCコンシェルジュデスクがお待ちしています。, 「ビルトインガレージのある家」「屋上テラスのある家」「耐震住宅」をRC住宅で叶える。.

All rights reserved.

横浜市建築基準条例 (昭和. 県条例第4条の2第2項第4号の規定による認定が必要な場合は,認定申請書及び必要図書を作成し、 尾道市建築指導課まで提出してください。 県条例第4条の2第2項第4号の規定による認定について、次のとおり、認定基準を定めています。 半年間想定外の無駄な家賃の支払いが発生、他計画も沢山ありこれらが滅茶苦茶になってしまいました。 希望土地は平坦地なのですが(がけの下側が購入希望土地)、その一辺(西側)に4メートル弱のヨウヘキがあります。 土地を購入し新築予定です、土地は市街化調整区域で土地の契約時は宅地ではありませんでした。 私が購入する前のお話ですが、私が購入した土地の北側のお宅には家がすでに建っておりその西側の土地は空地となっております。北側のお宅は西側の土地がかなり高く土止めもやっていない為、その雨水がすべて私の購入した北側の家に雨水が流れて来て庭がかなりの水たまりが出来ていたようです。その当時、私の土地購入した西側のお宅が家を建つ時に私の購入した北側のお宅が西側の雨水が自分の所に来るためすこしでも来なくなるように西側をお宅にU字溝を家を建ててほしいとの事にてU字溝を付けて建築しました。その雨水はもともとの私の購入した地主がその当時売る気もない為、雨水をU字溝等をつけず地面に垂れ流してもよいとの事にて今まで流していました。(これは口約束にて書面はありません)土地購入の際特に西側の家の雨水を受けてくださいとの契約条件はないのです。私たちも現状を納得して購入し隣から出る雨水をこれからの近所付き合いもあるため、受けるようにとうしましたが、西側の隣接の家は納得しないようです。そもそも問題は土止めをしない土地の雨水が私の土地の西側の家が受けているのでおかしな話です。隣の家の雨水はそのU字溝には流していないのです。そのU字溝は私の西隣の家の敷地内にて費用もその家にて負担しているようです。この雨水はどこに責任があるのでしょうか?私も西側隣接家も他人の為に雨水を受けているようなものです。みなさんもへたな発言をすると過剰費用になると思い西隣の人・私と建築家立会の下、説明しましたが、隣の人もどうやらU字溝をつける条件にて口約束のみにて付けたようです。それを条件に土地購入と家を建てる条件だったようです。これからどうしていけばよいのか?ご回答お願いします。説明不足でしたら付け加え致します。, 不動産業者の過失は有ると思われるのですが設計士や土地家屋調査士についても過失があるかご教授お願いします。 がけから離せるほど、土地の広さがないので困っていたところでした。

よろしくお願いします。, 擁壁は一見して、安全そうに見えても、工作物としての確認がなされ、かつ検査済証が無いと安全とは看做されません。つまり擁壁があっても崖と同じ扱いなのです。おっしゃられるように建築物の基礎を深くまでもぐらせ、崖が崩れた場合でも建築物が安全であるように工事をすることは可能です(杭を打つという方法もあります)。基礎をどの位深くするかですが、崖の下から30°の線を引き、基礎の底版がその線より下に来るようにします。ただ、地盤の種類により45°の線という地域もありますので、地元の建築審査課で確認なさったらよいかと思います。崖に近く建物を建てれば、基礎は深くしなければならないし、崖から離せば 土地の契約後、宅地への申請を行ったところガケ条例の為最初に提案され、配置図に記載された位置に建築できないことが分りました。 不動産業者のミスは間違いなく有ると思うのですが、HMの建築士は建築基準法により配置図を提案したと主張しています。