本木は、自分について「幸夫ほど上等な人間ではない」と言う。「簡単にいえば、私が自然に幸夫を演じようとするともっと苛立ちの部分が大きくなり、ちゃぶ台をひっくり返すような感じで自暴自棄になっていく。でも監督のリクエストは、怒りよりも哀しみに見せたいというものでした。監督は毎回、人間の内面をさらけ出していきながらも、観る者の共感を得られるような加減を探っているようで、私とは違い、幸夫のような人間のダメさを見守る優しさがあるなと気づいていきました」。 DVD&Blu-ray発売記念!スペシャルサイト「#フクシマフィフティと311」で、あなたの声を聞かせてください。, 短歌から生まれた映画『滑走路』。社会問題に切り込む本作を、精神科医の分析などにより徹底的に紐解く!, 今年はリアルとオンラインで行われる第33回東京国際映画祭!注目映画や豪華イベントを徹底特集. Copyright © MOVIE WALKER Co., Ltd. All Rights Reserved. 白人コンプレックス(はくじんコンプレックス)とは、有色人種(アジア人や黒人などの非白人)が白色人種()に対して抱く審美観であり、欧米 白人の容姿やライフスタイル等に対する憧憬や崇拝と、自人種や自身の容姿に対する劣等感(コンプレックス)を指して呼ぶ言葉である 。 プライドが高いというのは、裏を返すと、コンプレックスの塊だということです。 貧乏セレブ日記 お金がわいて出てくるつぼがあったら、買っているだろうものを空想するブログです。 仕事に対する向き合い方についても変わってきたと言う。「いままでは、いつも理想に届きそうにない自分を虚しいと思っていたけど、最近では現場や現状況に預けられるようになったというか、身投げができるようになってきました。まあ、私の場合監督や周囲のスタッフに『上手く突き落としてね』という注文を心の中でつぶやいてはいますが(笑)。やっぱり現場での化学反応が大事ですから」。 50歳という節目の年を迎えた本木雅弘の最新主演映画は、『ゆれる』(06)や『ディア・ドクター』(09)、『夢売るふたり』(12)など、オリジナルの物語を丁寧につむぐ西川美和監督作『永い言い訳』(10月14日公開)だ。本作で本木が演じたのは、交通事故で妻が他界したのに一滴の涙も流せない小説家の衣笠幸夫(きぬがささちお)役。本木は「さまざまなコンプレックスを持つ、歪んだ自意識の持ち主」と表現した。本木自身がシンパシーを感じたという幸夫役に、彼はどんなふうに挑んで行ったのか? 白人コンプレックス(はくじんコンプレックス)とは、有色人種(アジア人や黒人などの非白人)が白色人種(白人)に対して抱く審美観であり、欧米白人の容姿やライフスタイル等に対する憧憬や崇拝と、自人種や自身の容姿に対する劣等感(コンプレックス)を指して呼ぶ言葉である[1][2]。なお、欧米白人社会に根付く差別的思想である白人至上主義とは異なる。, 「白人コンプレックス」という感性が日本に存在する歴史的要因は、明治政府が推し進めた欧化主義、第二次世界大戦の敗戦とアメリカの占領軍(GHQ)による思想教育やアメリカ人との交流が市民レベルで増えたことによる風俗の変化などが主な要因として挙げられている。, 明治時代以前の昔の日本では、絵巻物や多くの美人画や浮世絵で描かれているように、切れ長の涼しい目が美人顔として好まれていたが、西欧文化移入後は徐々に変化し、第二次世界大戦後のメディア(雑誌、CMなど)で白人モデルが使用され2010年代でも芸能界の一部やファッションモデル業界、男性誌における白人や白人系ハーフを起用する傾向は浸透している[3][4]。 本木が心から納得したのが「他者のないところに人生なんて存在しない」という価値観だ。「自分自身ではなく、他者との間に生まれるもの、見えてくるものこそが人生なんだと。抽象的だけど非常にリアルな捉え方ですね。愛するべき日々に愛することを怠ったことの代償は小さくはない。人は後悔する生き物だということを頭の芯から理解しているはずなのに、最も身近な人間に誠意を欠いてしまうのはどういうわけなのだろうと。それを原作で読んだ時、思わず『ですよね~』と感じました」。 50歳という節目の年を迎えた本木雅弘の最新主演映画は、『ゆれる』(06)や『ディア・ドクター』(09)、『夢売るふたり』(12)など、オリジナルの物語を丁寧につむぐ西川美和監督作『永い言い訳』(10月14日公開)だ。本作で本木が演じたのは… トップページ 「日本人は白人に誉められると気持ち良くなる傾向にある」という調査結果が出るなど、未だに根強くもある。[6], なお、外国人(決して欧米人だけではなく、アジア人も含む)からは日本のアニメのキャラクターが白人のように見える傾向がある。 実際、Bleach等の有名作品は白人をモデルにしてキャラクターを描いていると原作者が明言しており(作者は外国人という言葉を用いたが、ホリが深くて描きやすいという理由を付け加えており、日本と同じアジア系ならば態態外国人と表現する必要性がほぼ無い為、白人、黒人と捉えて間違いない)、NARUTOの主人公も作者が意図して「海外で人気が出るように」「日本人離れした」風貌にしている(上述と同様、日本と同じアジアンならば「日本人離れした」という表現をする必要が無いため、上と同じ理由で、白人がキャラクターのモデルの可能性が高い)と言及している為、日本のキャラクターの一部が「白人に見える」事は決して間違いでは無い。

先日コミュを見ていたら又例の「お茶の間オーディオ」を自称する輩が持論を展開していました。つまり「いろいろ外野から(特にオーディオ専用部屋オーナーから)「理想論」のちゃちゃが入りますが、あまり取り合わないというのがコツではないでしょうか(笑)。 ただし、2010年代以降は欧米の停滞による世界での相対的地位低下、中国の超大国化、韓流の浸透、それまでソース顔に対して男性アイドルに見られたしょうゆ顔よりもさらに薄い顔立ちである塩顔が見られるようになるなど、白人崇拝から反する事例も多く見られている。, しかし、何れにせよ、某調査記事では「日本人女性の6割は日本人として生まれたくなかった」と回答したり、[5] その一方、白人コンプレックスからそうなるという理由ではなく[7]、日本人は日本人の黄色人種の顔の配列の中で主役らしい顔を描いているだけで、それが結果的に欧米人からは白人の容姿に見えるだけという分析もある[7]。しかし、其の分析本にも確りと「白人顔」と書かれている通り、例の顔が白人に寄っている事から外国人達が白人に「見える」と判断している事は事実である。, また、日本においては全ての系統の白人を長頭、脚が長いとしている言論があり、実際上そのような傾向が確認されているが、白人においてでもアルプス人種、東欧人種、南欧人種などは頭や脚が(西欧や北欧の白人と比べると)短めな傾向にあり、白人に長頭、長脚の傾向が多いとはいえ、全ての白人がそうではない。併し、その様な傾向があるからこそ、例の美的イメージが発生している事も又事実である。, 日本人女性の6割以上が「日本に生まれたくなかった」と回答=「日本の西洋崇拝は相当深刻」, 手足がスラっと長く、目鼻立ちが整った美しい白人モデルは世界中の女性から理想的な女性とされ多くのトップブランドでも起用されやすい, 岡田斗司夫「白人コンプレックスが原因じゃない」日本のアニメや漫画のキャラが白人顔になる理由, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=白人コンプレックス&oldid=80190086. 本作の撮影で、49歳から50歳になった本木。「50代に入る時、ひと皮おおらかになれるような気がしました。私の座右の名が『ほどほどに希望して、人生を楽しく諦めていく』というものです。それに近づいてきたかなと。何事も期待はするけど、その期待に固執はしない。でもそれはただの諦めではなくて、常に面白がるという姿勢は取る。まあ毎回上手く行っているわけじゃないけど、一応子どもたちも平穏に育ち、いさかいを繰り返しながらも夫婦の形は22年目の歴史を刻み始めたという実人生がある。達観と諦観という差がこれまでの私はわかっていなかったけど、いまはその2つがうまく混ざっている感じです」。 | 伊豆爺徘徊記(11.11) », 先日コミュを見ていたら又例の「お茶の間オーディオ」を自称する輩が持論を展開していました。, 「いろいろ外野から(特にオーディオ専用部屋オーナーから)「理想論」のちゃちゃが入りますが、あまり取り合わないというのがコツではないでしょうか(笑)。」, アンタが常に言っている(全体のバランスを考えないで)単にSPのミリ単位、平行法設置と言う意味の無いことに比べたら余程筋が通っていると思うけれどね。, 常に「お茶の間オーディオ」と言う逃げ道を作ってあるので何かあったら直ぐにハイレベルなモノへの攻撃にすり替わっている。, 投稿日時 2017年11月11日 (土) 10時00分 オーディオ関連 | 固定リンク | 0 その言葉どおり、『永い言い訳』は、西川監督の下、竹原ピストルや子役の藤田健心、白鳥玉季、池松壮亮、黒木華、深津絵里らと互いに共鳴し合った深い人間ドラマに仕上がった。【取材・文/山崎伸子】, 「みんな本気すぎた」アフレコ裏話を語る『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』4ショットインタビュー, 1食300円以内!鮭の塩焼き、唐揚げ、卵焼き…井ノ原快彦が作るホッとする手作り弁当たち, 御年90歳でも健在ぶりを見せつける、“クリント・イーストウッドの軌跡”を35mmフィルムで堪能!, アン・ハサウェイが『魔女がいっぱい』で魅せる新境地!“悪役“挑戦にR・ゼメキス監督の評価は?, 北村匠海と小松菜奈が『さくら』号泣シーンの舞台裏を語る「泣きすぎて、顔が動かなくなってしまうシーンもありました」, 互いのキャラへの愛が爆発!『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』4ショットインタビュー【後編】, 「鬼滅の刃」ヒロインにハーレイ・クインも!ハロウィンを沸かせた美麗コスプレ20連発, 「バチェロレッテ・ジャパン」本編最終話の新トレーラー解禁!クライマックスに波乱の予感?, 「月刊シネコンウォーカー」のニュースやコラムがウェブでも読める!バックナンバーのお申込みも. 本木は、幸夫役を演じてみて、身近にいる人への考え方を少し改めたと言う。「いままでは、心のなかで思っていれば、相手も感じ取れるだろうと期待していた。でもそれは無償の愛じゃなくて、無言の愛を強要しているようなことだったのかも。やはり言葉にしたり、形にしたりして伝えていかなきゃいけないことが多々あるなと思うようになったんです。それから実人生が少し滑らかになりましたよ」。 « ANNE SOFIE VON OTTERのアルバム | Tweet, 恫喝弁護士平蔵からの罵詈雑言塗れのスパムコメント一挙大公開!!の巻(6/22~23)(3), 恫喝弁護士平蔵からの罵詈雑言塗れのスパムコメント一挙大公開!!の巻(5/24~26、6/4)(1), LP12 第3世代ベアリングシステム <新製品 KAROUSEL>の発表(’20/4). 本木は幸夫に共感しつつも、自分自身が持っている心の醜さと、西川監督が幸夫に求めている情けなさとに微妙なずれを感じたと言う。「私自身も、西川監督が小説のなかで書かれている『自意識の度合いは激しいのに、健全な範囲での自信に欠けている』という人間ですが、実はもっと投げやりなんです。幸夫は遅ればせながら、妻の愛情に気づいていったりする素直な心を根底に持っています。でも、私にはそれを受け入れる感覚が薄いのではないかと。ねじれた自分を正直に見せているふりをしながら、自分の中で『変われない』とずっと言い続けている意固地さみたいなものがあるんです」。