© 2020 300books All rights reserved. 『白日夢』 『少年探偵団』(しょうねんたんていだん)とは、江戸川乱歩の明智小五郎シリーズに登場する探偵団。 または、それらを主人公とした江戸川乱歩の小説。子供のみで構成されており、小林芳雄(小林少年)を団長として、名探偵明智小五郎を補佐する。 『屋根裏の散歩者』 『心理試験』 『少年探偵団』(しょうねんたんていだん)とは、江戸川乱歩の明智小五郎シリーズに登場する探偵団。

『芋虫』 『二癈人』 『人間椅子』

『赤い部屋』 ipadでイラストも書いています。ツイッター、Instagramフォローしてくれたら嬉しいです。. 『陰獣』, 調べてみていただけるとわかるのですが、江戸川乱歩の作品集は数多く存在し、適当に選ぶと「収録されている作品がほとんど一緒」なんて事態に陥ることが良くあります。, しかしこの作品集は同じ新潮文庫さんから発刊されているからなのか、最初におすすめした『江戸川乱歩傑作選 (新潮文庫)』と一つも同じ作品がありません。, しかも「押絵と旅する男」や、中編の名作「陰獣」もしっかり収録されているという素晴らしすぎるセレクションです。, 「江戸川乱歩をまだ読んだことがない」「とりあえず江戸川乱歩を読んでみたい」という方は、上に紹介した3冊の作品集を読めばひとまずOKです(´∀`●), 一応、記事タイトルの『まず最初に読むべき「江戸川乱歩」のおすすめ作品集3選』は上で紹介したもので終わりです。, しかし、おすすめさせていただいた3冊の作品集を読んで「乱歩面白い!!」となった方は、長編『孤島の鬼』を読んでみましょう。, ただいきなり長編を読んでしまうと、乱歩の凄まじい世界観についていけない可能性があるので、まずは短編で慣らしましょう。, 自宅の密室で恋人を刺殺された蓑浦金之助は、彼女が残した謎の系図を手に、死の真相に迫る。何かに導かれるように向かった孤島で金之助を待ち受けていたのは、想像を絶する恐怖だった―。, 子供向けミステリですがその分読みやすいし、なりより大人が読んでもとっても楽しめるんです。, 私も小学生の頃よく読んだんですけどね、今読み返すと改めて「凄い面白い作品だな」って思います(●´ω`●), 最初に紹介した作品集とは雰囲気も違っていて息抜きにもなるし、また違った面白さを味わうことができますよ。, 十年以上を経て突然帰郷した羽柴家の長男、壮一。折しも羽柴家には、ちまたで噂の盗賊「怪人二十面相」からロマノフ王家に伝わる宝石を狙った予告状が届いていた。, そしてお気に召していただければ、長編『孤島の鬼 (創元推理文庫―現代日本推理小説叢書)』を。, これらをはじめとして江戸川乱歩の作品を気に入っていただけたなら、ぜひ他の作品も読んでみていただけたらと思います。. 『押絵と旅する男』 1936年(昭和11年)に『怪人二十面相』で初登場し、乱歩作品では1962年(昭和37年)まで、おもに少年少女向け探偵小説『少年探偵シリーズ』に登場した。 またの名を「怪人四十面相」。 怪人二十面相(かいじんにじゅうめんそう)は、江戸川乱歩の創作した架空の大怪盗。. 『D坂の殺人事件』 江戸川乱歩 ―― 『怪人二十面相 少年探偵1』 ポプラ社 (253p \680) ★★★☆☆ 怪人二十面相は20の顔を持っているのだ。かっこいー。そんなに素晴らしい特技を持っているのに犯罪の手法は..馬鹿だな(笑)。少年探偵団なんかに捕まるなよ。 (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); 年間300冊くらい読書する人です。主に小説全般、特にミステリー小説が大大大好きです。 ipadでイラストも書いています。ツイッター、Instagramフォローしてくれたら嬉しいです(*≧д≦), 次回のコメントで使用するためブラウザーに自分の名前、メールアドレス、サイトを保存する。, 年間300冊くらい読書する人です。主に小説全般、特にミステリー小説が大大大好きです。 少年探偵団シリーズも忘れずに! 最後にこのシリーズを。 小林少年を団長とした「少年探偵団」が活躍する少年探偵団シリーズです。 子供向けミステリですがその分読みやすいし、なりより大人が読んでもとっても楽しめるんです。

少年探偵団の井上少年とポケット小僧は、野村みち子ちゃんという少女を、うそをついて、どこかへつれていく、あやしい男のあとをつけていきました。 その男は、少女といっしょに、さびしい町のマンホールの中へ、消えてしまったのです。 。クラウドに好きなだけ写真も保存可能。, このショッピング機能は、Enterキーを押すと商品を読み込み続けます。このカルーセルから移動するには、見出しのショートカットキーを使用して、次の見出しまたは前の見出しに移動してください。, 一般向け(大人向け)のリライトですが、人殺し等の罪を犯した者に、死体隠匿等の完全犯罪の助言をして、その代わり口止め料をせしめて、佐川或いは速水或いは殿村或いは・・・・或いは・・・。等の複数の名前を語り、時には浮気をした女房とその愛人を、彼らに猛り狂って制裁をしようとした男から救い出し、その男から、口止め料をいただき、殺人請負業と名乗る男に殺人の助言をしたり、その男と騙し合いをしたり。等、悪さのし放題をする影男とは何者か?今考えると少年物としてさすがに、良くないんじゃないか?と思いますが、昔はよかったな、こんな小説も少年少女向けとして、普通に売られていたのだから。それと、本書では「闘人」を金持ちの奥様方の退屈しのぎの会の皆さんが、観戦する所から本編の始まりですが、実は大人向け版では、それ以前のお話で、アル中乞食の大曽根と、その娘を救うという、影男の善行もあるのですよ。カバー絵・挿絵もリアルで良いです。「呪いの指紋」のレビューでも書きましたが、本書をこのまま(もちろんカバー絵・挿絵もこのまま)で大人向けとして、再出版されることを、強く希望したいです。このまま廃版にして置くのは、もったいないです。, 商品詳細ページを閲覧すると、ここに履歴が表示されます。チェックした商品詳細ページに簡単に戻る事が出来ます。, © 1996-2020, Amazon.com, Inc. or its affiliates. 『人でなしの恋』 『鏡地獄』, 江戸川乱歩の名作は非常に多いのですが、その中でも『江戸川乱歩傑作選 (新潮文庫)』は本当に名作揃いの作品集です。, どれも江戸川乱歩の作品を読む上で欠かせないものばかりとなっていますので、まず読んでおいて間違いありません。, 『石榴』 『踊る一寸法師』 『目羅博士』 Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。, 【Amazon.co.jp 限定】終電間際オンライン 小説集(特典: オリジナルスマホ待ち受け画像 データ配信), 全体的な星の評価と星ごとの割合の内訳を計算するために、単純な平均は使用されません。その代わり、レビューの日時がどれだけ新しいかや、レビューアーがAmazonで商品を購入したかどうかなどが考慮されます。また、レビューを分析して信頼性が検証されます。, さらに、映画もTV番組も見放題。200万曲が聴き放題 Amazonで江戸川 乱歩, 中村 猛男の少年探偵江戸川乱歩全集〈36〉影男。アマゾンならポイント還元本が多数。江戸川 乱歩, 中村 猛男作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。また少年探偵江戸川乱歩全集〈36〉影男もアマゾン配送商品なら通常配送無料。 ššš™™ ミステリー小説を好きな方で、江戸川乱歩(えどがわらんぽ)という名前を聞いたことがないという方はいないでしょう。, まさに日本の推理小説の原点と言いますか、日本のミステリ小説の基礎を築いたと言っても過言ではないのです。, しかし意外にも、名前は知っているけど作品を読んだことがない、という方が多いようです。, 確かに江戸川乱歩の面白い作品はたくさんありますし、その作品を集めた「作品集」も数多く存在します。, 『二銭銅貨』

‚©‚çB, wŽOŠpŠÙ‚Ì‹°•|@­”N’T’ã‚S‚Ux@ƒ|ƒvƒ‰ŽÐ (267P \680) 子どもの頃に児童書で出会ってから今に至るまで、飽きることなく楽しませてもらっています。, 何歳になっても面白いと思える乱歩の不思議な魅力、それはきっとたくさんの人に伝わるものなのではないでしょうか。, そんなわけで今回は、(たぶん)全作品を読破している私が、勝手に「江戸川乱歩究極のおすすめ小説10選」をご紹介したいと思います。, 江戸川乱歩は決して過去の作家ではなく、今後も読み継がれていくであろう名作の宝庫となっているのです。, 読書のための本を探しているのなら、ぜひこの機に乱歩ワールドを体感してみてください。, 江戸川乱歩の作品には、その世界でしか描かれない、その筆からしか生まれ得ないような表現方法がたくさんあります。, そういった「乱歩だから許される」数々の感覚こそ、江戸川乱歩作品の魅力だといえるでしょう。, 例えば明智シリーズで頻繁に描かれる逃走劇などは、他の作品で見せられても滑稽にしか感じられないと思います。, 江戸川乱歩ならではの文体と勢い、そして全体に染み込んでいる空気があってこそ、それらの表現は「許される」ものになっているのでしょう。, 当然ながらそれらは江戸川乱歩の小説でしか読めないため、体験するには実際に手に取ってみるしかありません。, そんな限定された魅力があるからこそ、江戸川乱歩の小説はおすすめしたくなってしまうのです。, 江戸川乱歩の作品はホラーやミステリーが中心となっているため、ときには毒々しさに満ちた雰囲気が展開されていきます。, しかしただ恐ろしさや不気味さを提供するのではなく、ところどころにコミカルさが見え隠れしている点もまた、江戸川乱歩の魅力だといえるでしょう。, そのコミカルさは文体から直接感じられることがあれば、登場キャラクターの言動から実感されることもあります。, 常にどこかにコミカルな要素が組み込まれていることが、読後のすっきりとした解放感につながっているのかもしれません。, この独特のコミカルさは、決して作品の恐怖を中和したり、つまらないものにしたりすることはないのです。, あくまで1つのスパイスとして機能しているので、作品をチープに感じることなく読み進めることができるでしょう。, 江戸川乱歩の作品は総じて読みやすい印象がありますが、それは作者の語るような文体がポイントとなっていると考えられます。, 作者も読者と一緒に物語を楽しんでいるような親密さが垣間見れるので、自然と小説の内容に没頭することができるでしょう。, ただテンポが良い、スピード感があるといった表面上のテクニックだけではなく、親密さという点を取り入れた作風は、江戸川乱歩ならではの魅力となっています。, 普段本を読まない層でも楽しめるのは、そういった作者に近い視点が感じられるからでしょう。, 短めの物語も多いため、特に以下を参考にまずは1作品を読み進めてみてはいかがでしょうか。, 「押絵と旅する男」は個人的ナンバーワンの小説であり、同時にもっと多くの人に読んでいただきたい作品です。, 乱歩作品が持っている不気味さ、不可思議さ、神秘さ、そして美しさのようなものがとことんまで詰め込まれています。, とりあえずこれ1作を読めば、江戸川乱歩の基本を満喫することができるのではないでしょうか。, 日常的な場面と不思議な世界が境界なく混ざりあっていくような感覚は、ぞっとすると同時にとても魅力的な雰囲気を見せてくれます。, おそらく読む人によってその感想が変わるような本になると思うので、ぜひ兄弟の心情を深くまで推察してみることをおすすめしたいです。, それだけインパクトのある展開となっているので、乱歩の長編小説を読む気があるのならぜひチェックしていただきたい。, 江戸川乱歩は怪奇・猟奇的な小説を多数執筆している作家ですが、この作品は特に読み進めるなかで少しずつ浸透していくような和製ホラーを体感できます。, できるならある程度の時間を確保して、一気に読破してしまうことをおすすめしたいです。, しかし孤島の鬼はただのホラーではなく、ミステリーらしいトリックやキャラクターの掛け合いが多分に含まれているため、エンタメとしても十分に楽しめるようになっています。, 江戸川乱歩はもちろん、これまでに多くの作家が「生活の中にある恐怖」を書いてきました。, 「白昼夢」はそういった「身近な恐怖」を描いた作品のなかでも、群を抜いて密度の高い小説だといえるでしょう。, ただ1人の男が演説をしていて、それを聞く大衆を尻目に、読者と立ち位置を同じとする「私」がいるだけ。, 真相のわからない話、それに対する大衆の反応、それらが徐々にページを毒していく感覚。, 読んでいくうちに、何も起こっていない普段の生活の中に、じんわりと恐怖が浮かび上がる瞬間がわかるのではないでしょうか。, 日常にこそ本当の恐怖が溢れていることを、再認識させてくれるような作品となっているのです。, 江戸川乱歩のホラーがどうして成立しているのかが、これを読めばきっと理解できると思います。, 江戸川乱歩の代表作といえば「明智小五郎シリーズ」ですが、なかでもこちらの「魔術師」は特に読む価値のある本であると思います。, ホラーや幻想的な空気とは違い、アクションやラブドラマ、強引ながらも大どんでん返しに通じていくストーリーが本作(というかシリーズ通して)の魅力です。, 特にわかりやすい展開で物語を読ませてくれる「魔術師」は、明智小五郎の面白さを知る良いきっかけとなるでしょう。, また本作はその後のシリーズにつながる分岐点ともいえるので、これから明智小五郎シリーズを読み進める予定なら必読の書でもあります。, こちらも明智小五郎が出演するシリーズ、そのなかでも初期作品に当たる小説となっています。, 第1作目である「D坂の殺人事件」とどちらをおすすめするか迷いましたが、個人的には「心理試験」の方が面白く読めるのではないかと思っています。, 犯人視点で展開されるため、ミステリーの醍醐味である「雰囲気」や「臨場感」といった要素は抜群。, そして明智小五郎が敵として出てくることが、この小説を盛り上げる大きなポイントになっています。, まだ素人探偵時代ではありますが、犯人が少しずつ追い詰められていく様子を見るのは、読者という立場であってもドキドキさせられてしまうでしょう。, 犯罪者心理を書いた作品としては、「屋根裏の散歩者」が心理試験以上に江戸川乱歩の代表作となっているでしょう。, 表題通り「屋根裏」を「散歩する」男を視点とした本作は、犯罪小説でありながら人間の暗部を描いている奥深い小説のように感じられます。, その後の乱歩作品でもたびたび見られる「のぞきこむ」という形態を知るためにも、この短編は間違いなく読んでおきたいですね。, トリックどうこうよりも、屋根裏を散歩するという異常性と、それを犯行に結びつける衝動性こそ、この作品の肝になっています。, 文章のなかに書かれているものだけでなく、その裏側を想像させる恐ろしさを、ぜひ繰り返し読んで体感してみてください。, わずかなページで目まぐるしく物語が展開する「人間椅子」は、江戸川乱歩の傑作の1つだといえるでしょう。, これもまた生活感のあるホラーとでもいいましょうか、読み終わった後つい部屋にある椅子やその他の家具に目がいってしまうかもしれません。, 無理のある設定なようで、どこかリアリティのある恐怖は、江戸川乱歩ならではのものですね。, 個人的には、最後に救いのように提示されるオチからも、どこか不気味さを勘ぐってしまいます。, ミステリー入門としてもおすすめできるので、短編から読み始めたいときは「屋根裏の散歩者」か「人間椅子」をチェックしてみましょう。, それもただのホラー的な怖さではなく、時代が作ったその空気やキャラクターたちの考え方が、とてつもなく人間性に溢れているからこその怖さがあります。, 人間の機能をほとんど失った中尉の心情と、それを支える(?)ことに執着する時子の心情、それらが悪意以上の何かに昇華していくような過程は、悪夢的とも表現できるかもしれません。, 読み込めば読み込むほどにキャラクターの心や感情を想像しないわけにはいかなくなるので、怖さの質が変わっていくのも面白い。, ところどころ「目」が強調されるのも恐怖心を煽るポイントとなっていて、頭のなかに強いイメージが残るかもしれません。, この小説に関しては面白いどうこうの前に、乱歩の書く世界観を楽しむためにも1度は読んでもらいたいです。, 江戸川乱歩の小説には独特の美的感覚を持つ登場人物が多いですが、それを1番色濃く、そして丁寧に扱っているのがこの「パノラマ島奇談」だと思います。, 主人公である人見廣介が描いた理想郷、それがいかに狂気を持っているかを書くことに熱中した本作は、ある意味で読者を置いてけぼりにしている作品だといえるかもしれません。, しかし特殊な恐怖を書くことに挑戦した乱歩の想像力の痕跡は、一読の価値があるものとなっています。, 後に「大暗室」などにもつながっていくその創造性は、他の作家がマネできないものだといえるでしょう。, やたら冷静な目を持った、ある種この小説には不似合いともいえる人物をなぜ終盤に投入したのか、色々想像したくなる気がしませんか。, 日本きっての翻案作家である黒岩涙香の「白髪鬼」を元にしたこの作品もまた、江戸川乱歩らしさを体感するのにうってつけの本となっています。, 復讐を題材とした物語ですが、そこにブレンドされる乱歩節がいい塩梅に混ざり合って、特徴的なシーンをいくつも演出しているのです。, からくりを使ったり洞窟に追い詰めたりといった復讐方法は、まさに江戸川乱歩ワールドの真髄だといえますね。, 単純に1つの作品としても面白いですが、原案となっている黒岩涙香版の白髪鬼と読み比べるのもおすすめです。, 乱歩という作家がいかに特徴的な存在であるのかが、その文体と物語の変化からすぐに理解できると思います。, そのわかりやすさや突飛な設定から、「江戸川乱歩は子供向けの小説」というイメージを持つ人も多いようです。, しかしそれは正確な表現ではなく、「江戸川乱歩は子供でも読める小説」が1番近い形容になるのではないでしょうか。, たしかに少年探偵団シリーズや明智小五郎シリーズは、本格推理小説とはかけ離れた位置にあります。, とはいえそれらはエンタメ小説として、大衆小説として素晴らしいクオリティを持っているといえるでしょう。, 子供でも読みやすく、大人になってからでも楽しめる、そういった幅の広い小説を書いているのが、江戸川乱歩という作家なのです。, そして上記でたくさんおすすめしてきたように、江戸川乱歩には怪奇的で猟奇的な作品も多数あります。, 大人になればより楽しめるラインナップが用意されているので、長期的に楽しむことができるでしょう。, 江戸川乱歩の小説はさまざまな出版社から色々な形で販売されているので、何を手にすればいいかわからなくなるかもしれません。, 乱歩の代表作がまとめられているので、1冊を読み切ればそれなりに作風を理解することができます。, 短編から中編が収録されているため、気になる作品だけをピックアップしやすいのもポイントですね。, 江戸川乱歩の作品数はかなり多いので、すべてを読み切るのはなかなか難しいと思います。, そのためもしこれから乱歩に挑戦するのなら、作品の順番は気にしないで、好きな作品を自由に読み進めることをおすすめしたいです。, 特にシリーズものを読むからといって、1から順にたどっていく必要はないと覚えておいてください。, 乱歩の作品はどこから読んでもその世界に入りこめるようになっているので、そこまで内容の前後を気にする必要はありません。, 順番に縛られず直感的に作品を選ぶことが、江戸川乱歩を知る1つの秘訣になることをご紹介しておきます。, 江戸川乱歩が文学の世界から去って既に50年以上経ちましたが、その作品の輝きは健在です。, いつ読んでも、誰が読んでも面白いと思わせる作家は決して多くないので、興味があるのならこの機にチェックしてみてください。, 圧倒的な存在感と表現力、そして今の文学界では撥ね付けられるような内容をふくんだ作品の数々を、読まずに終わるのはもったいないです。, まずは1冊、それから2冊、一歩一歩江戸川乱歩の世界に足を踏み入れてみてはいかがでしょうか。, EsuproMagazine(エスプロマガジン)は、「デキる男」を応援するマガジンです。ファッション雑貨やガジェット等のまとめ記事、レビュー記事をお届けします。, どぶろくというお酒は、日本酒を極めた人が最終的にたどり着くと言われ、日本酒好きにおすすめのお酒です。 […], こんにちわ、去年サイクリングの聖地「しまなみ海道」で自転車に乗ってから、ライダーもいいけど、チャリダ […], こんにちわ、バイクで旅する元携帯電話ショッパー、さすライダーでございます。日常でもツーリング先でも「 […], 最近どうも運動不足で…。 僕の周りの人たちがみんな「活動量計をつけて運動するのがおすすめ」というんで […].