Copyright © CyberAgent, Inc. All Rights Reserved. あおい輝彦.

鹿又透氏(バリトン歌手/「町田シティオペラ協会」理事長) ~誰も書けなかった福島原発事故の健康被害~【第2回】], 〔イアン・ゴッダード分析:  11日死去(63)〕, 重松みかさん(声楽家、大阪音楽大学客員教授) 赤塚真人. 赤西仁. 〔大野木宣幸氏(ゲームミュージック作曲家・巨匠) 闘病先の京都市内病院で死去(49)〕, 10月30日富士山ライブ配信中滑落死/

長野・佐久市の病院で死去(69)〕, 〔松井なつきさん(漫画家&占い師) ⇒11月15日都内病院で死去(68)〕, ⇒9月13日「大腸がん」(St4)診断→肝臓転移 〔内藤香菜子さん(元女子バレーボール日本代表) 芸名かと思ったら本名で驚いた意外な芸能人ランキング 1位から10位. 赤木圭一郎. /特撮巨匠・円谷英二氏の直孫)10月27日死去(61), 田中尚人氏(「すかんち」kb)10月下旬、

昨年12月体調不良⇒1月6日~ガン化学療法へ, 高山貢氏(元青森中央学院大学教授、 10月17日、がんのため広島・府中市内病院で死去(56)〕, 〔吾妻ひでお氏(漫画家)2017年3月~「食道がん」闘病 赤坂晃. 10月14日、肺がんで沖縄県内病院で死去(46), 〔山口正洋氏(経済金融評論家、投資銀行家)

赤坂泰彦. ~セシウム汚染と「急性心筋梗塞」多発地帯の因果関係~【第1回】], [福島県でなぜ「ガン死」が増加しているのか?

〔おれは男だ!出演 森川正太さん死去67歳、胃がん〕 2019年11月14日 00:00芸能 アーティスト 難読 名前.

石田 純一(いしだ じゅんいち、1954年〈昭和29年〉1月14日 - )は日本の男性タレント、俳優。本名、石田 太郎(いしだ たろう)。, 1954年1月14日、NHKアナウンサー・石田武の長男として東京都目黒区で出生。祖父は中外商業新報(現・日本経済新聞)記者で、政治部長や参事などを努めた石田武太郎[1][2]。母親は女学校時代に原爆投下後の広島市に後片付けに入った入市被爆者[3][4]。4歳までアメリカ・ワシントンで育つ。東京都立青山高等学校を経て、早稲田大学商学部中退。, 最初の妻となった星川まり(作家・翻訳家の星川淳の実妹)とは、1970年代に知り合って結婚[5]。1974年、純一が20歳の頃に長男・壱成が誕生した。役者をやりたい純一に対して父・武は「子どものために安定した仕事を見つけろ」と怒りを爆発させた[2]。, 大学在学中、演出家となることを考えた石田は演劇を学ぶためにアメリカに渡った。東洋哲学に傾倒しており、ヒッピー的な志向であったまりとは、このアメリカ滞在中に離婚。帰国後の1978年には大学を中退、「演劇集団 円」の演劇研究所研究生となった。, 「演劇集団 円」での下積み生活を経て[5]、1979年にNHKドラマ『あめりか物語』(日系三世のタイ人の店員役)で正式にデビューする。当初は「石田 純」の芸名を使用していた(のちに現在の名前に改名)。1980年、父・武が、仕事中突然脳卒中で倒れ、左半身に麻痺が残り、NHKを退職した[2]。父・武との溝を埋められないでいた純一は役者として芽が出ず、合わせる顔がなかった[2]。, 1984年の昼ドラ「夢追い旅行」で準主役で出演しその名を知られると、1985年から1989年にかけて放送されたクイズ番組『TVプレイバック』にレギュラー解答者に抜擢され、そのルックスと萩本欽一やザ・ドリフターズのメンバーにも臆することのない軽快な話術が受け、知名度が上がることとなった。また、1987年にはテレビ朝日の音楽番組『オリジナルコンサート』の司会を務めた。, そして、1988年にドラマ『抱きしめたい!』に出演したことから、数多くの「トレンディドラマ」に出演し、バブル期を代表する俳優として活躍した[5]。元々、『抱きしめたい!』の二宮修治役は陣内孝則が演じる予定だったが、陣内は同作と全く同時期に放送されたTBSのドラマ『結婚してシマッタ!』に主演として起用されたためにダブルブッキングが起き、陣内が「役が大きい方」を選んで『抱きしめたい!』を辞退したためにこの役は石田に回って来た。ただ、それまで俳優として芽が出なかったことから、この作品をに出演後は芸能界を引退し所属事務所のマネジャーに転身する予定だったが、このドラマ放映開始後から石田の人気が急上昇したことにより俳優を続けていくことになった[6]。, しかし1991年10月、それまで石田が公表していなかった、星川との間に儲けた長男・壱成の存在が明らかになり、「隠し子」として『週刊女性』にスクープされる。また、石田もその事実を認めた声明を出したため大きく報じられた。壱成は翌1992年に、「石田純一の息子・いしだ壱成」として芸能界デビューし、以降親子での共演なども見られることとなった。, また、石田はファッションモデル・長谷川理恵との8年余りに及ぶ交際でも知られた。1996年10月、『フォーカス』のスクープを発端に長谷川との不倫についてマスコミから追及された石田は「文化や芸術といったものが不倫という恋愛から生まれることもある」[注 1]と反論。平尾昌晃チャリティゴルフで芸能レポーターの取材に答える石田の姿は、『不倫は文化』というフレーズと共に繰り返し報じられた。結婚中の不倫と前述の発言による「不倫バッシング」によって、40代は一転して不遇の人生に転落することとなる[5]。, 不倫騒動にもかかわらず、1997年4月に『スーパーJチャンネル』のメインキャスターに就任し、月曜日から木曜日までレギュラー出演していた。しかし、8月にまたも『フォーカス』に長谷川との密会現場を撮られたことから、翌1998年4月に降板[7]。降板日には生放送で落涙している。, 完全に干されてしまった石田は1999年に2度目の離婚。全盛期に3億円あった年収はゼロになり、8000万円の借金ができるなど経済的にも困窮し、それまで住んでいた高級マンションは引き払おうにも引越し代がないという始末であった[5]。この頃の状況について石田は後に、「時間を持て余すことが何よりも辛かった」と語っている[5]。, 「不倫は文化騒動」以降は主にバラエティ番組や情報番組への出演を中心の活動となっている。ただし、完全に俳優業をやめた訳ではなく、2000年代以降は本業の俳優としても活動している。, 2016年5月30日、TBS系バラエティ『7時にあいましょうSP』で不倫騒動の際に「何が悪い?不倫は文化」と見出しを付けたスポーツ紙の記者と対面した。元々の石田の発言は「今までの文化を作ったり、良い音楽や良い文学っていうのは、そういうこと(不倫)からもできているわけだし、それが小説がすばらしければ褒めたたえられて、その人の行為は唾棄すべきものとは僕は思えないね」というものだった。これをスポーツ紙の記者が「不倫は文化」と見出しを付けたため、石田が「不倫は文化」と発言してないのにもかかわらず発言したかのように報じられ「不倫は文化」という言葉が独り歩きしてしまった[8]。, 2009年にプロゴルファーの東尾理子と交際している事を公表。同年9月に出演したテレビのトーク番組において、翌春に理子と結婚する事を発表した[9](実際には同年12月12日に結婚)。なお、理子の実父で元プロ野球選手の修は石田とほぼ同年代で、この結婚によって石田より4歳(学年では3学年)だけ年上の義父となった。, 結婚から3年後の2012年11月5日には、二人の間に男児・理汰郎[10]が誕生した[11]。翌2013年には理子夫人および理汰郎と共に同年度COTTON USAアワードを受賞している[12]。2015年8月31日には理子夫人が第2子妊娠を報告し[13]、2016年3月24日に女児が誕生[14]。2017年11月7日、理子夫人が第3子妊娠を報告[15]。自身のコラムでは「手間がかかることもあって、僕は3人目に必ずしも積極的ではなかった」と語っている[16]。, 2015年9月17日夜(第189回国会会期中)、国会議事堂前で行われた平和安全法制関連法案に対する抗議活動に参加し、かつての言葉「不倫は文化」に引っ掛け「戦争は文化ではありません。戦後70年間の誇るべき平和を80年、100年と続けていこう」と反対を訴えた[17]。また、集団的自衛権の必要性を否定し、個別的自衛権のみで十分であるとの考えも表明した[18]。, 2016年7月7日、舛添要一前東京都知事の辞職に伴う東京都知事選挙に「野党統一候補なら、出馬したい」と表明。しかし、民進党の松原仁都連会長は「実務経験がある方が必要。都政は極めて大きな舞台なので、一定の経験がないと大きな船を操れない」と擁立を拒否した[19]。一方で、石田は出馬表明したことによる出演番組やCMなどの差し替えによる損害賠償が数千万円単位で発生していることを明かした[20]。7月11日、石田は会見を開き「正式に断念します。いろいろとお騒がせしました」と陳謝した[21]。, その後、所属事務所はCMなどのスポンサー契約やテレビのレギュラー番組がある限り、応援演説など、政治問題に携わることは難しいことを明かした[22]。, 2020年4月15日、新型コロナウイルスに感染したことを公表した[23]。所属事務所は当初、沖縄へ仕事で行き、宿泊先のホテルで体調を崩したと発表したが、一転、ゴルフ場でプレー中に体調を崩したと発表。沖縄県では玉城デニー知事が4月8日に「県外からの来県自粛と、沖縄県民の外出自粛要請」を出したばかりであり、石田が滞在したホテルは休館に追い込まれるなどしたため、強い批判を浴びた[24]。その後、アビガンの投与を受けて治療を続け[25]、5月12日に退院したことを翌日のブログで報告した[26]。しかし、退院後、妻・理子の制止を振りきって、マスクをつけずに外食をしたことが報じられ、更なる批判を浴びた。, 1992秋 斉藤慶子 / 1993春 中島啓江 / 1993秋 麻木久仁子 / 1994春 関根勤 / 1994秋 そのまんま東 / 1995春 ヨネスケ / 1995秋 向井亜紀 / 1996春 辰巳琢郎 / 1996秋 野際陽子 / 1997春 そのまんま東 / 1997秋 東幹久 / 1997年末 そのまんま東 / 1998春 三村マサカズ / 1998秋 薬丸裕英 / 1999春 原千晶 / 1999秋 青島健太, 2000春 白石美帆 / 2000秋 松尾貴史 / 2001春 辺見えみり / 2001秋 菅広文 / 2002春 岩崎ひろみ / 2002秋 中田喜子 / 2003春 磯野貴理子 / 2003秋 ラサール石井 / 2004春 長谷川純 / 2004秋 渡辺正行 / 2005春 谷川真理 / 2005秋 岡江久美子 / 2006春 山田雅人 / 2006秋 水野裕子 / 2007春 蛍原徹 / 2007秋 石田純一 / 2008春 品川祐 / 2008秋 浦田聖子 / 2009春 竹若元博 / 2009秋 山田親太朗, 2010春 前田健 / 2010秋 岡江久美子 / 2011春 勝俣州和 / 2011秋 中山エミリ / 2012春 ガダルカナル・タカ / 2012秋 水内猛 / 2013春 コカドケンタロウ / 2013秋 岡田圭右 / 2014春 和田正人 / 2014秋 遠野なぎこ / 2015春 田中卓志 / 2016春 東国原英夫 / 2016秋 猫ひろし / 2017春 笑福亭笑瓶 / 2017秋 北斗晶 / 2018春 木村美穂 / 2018秋 朝日奈央 / 2019春 向井理 / 2019秋 波瑠, 石田純一 - 高橋真紀子 - 田代まさし - 萩野志保子 - 小宮悦子 - 坪井直樹 - 渡辺宜嗣 - 上山千穂 - 八木麻紗子 - 竹内由恵 - 山口豊 - 小松靖, 坪井直樹 - 高橋真紀子 - 田中滋実 - 川瀬眞由美 - 寺田理恵子 - 佐藤紀子 - 勝恵子 - 丸川珠代 - 武内絵美 - 松尾由美子 - 大木優紀 - 矢島悠子 - 八木麻紗子 - 平石直之 - 加藤真輝子 - 板倉朋希 - 林美沙希 - 斎藤康貴 - 菅原知弘, 蟹瀬誠一 - 川瀬眞由美 - 川北桃子 - 松井康真 - 高橋真紀子 - 堀江政生 - 佐分千恵 - 吉澤一彦 - 山口豊 - 村上祐子 - 市川寛子 - 寺崎貴司 - 上山千穂 - 八木麻紗子 - 菅原知弘, 増田ひろみ - 山越紀子 - 斎藤恭紀 - 徳竹貴光 - 高橋佑介 - 船木正人 - 市川寛子 - 荒木真理子 - 太田景子 - 千種ゆり子 - 小野裕子 - 山口津香沙, 「ワイド ふとどきものと人のいう(4)『川島なお美』通夜でひんしゅくの『石田純一』が安保反対デモの後遺症」, https://megalodon.jp/2020-0104-2250-27/https://www.nikkansports.com:443/entertainment/news/1874219.html, http://www.dailyshincho.jp/article/2016/03170510/?all=1, https://news.mynavi.jp/article/20160530-a419/, https://www.daily.co.jp/newsflash/gossip/2012/11/09/0005515817.shtml, https://beauty.oricon.co.jp/news/2018495/full/, http://www.oricon.co.jp/news/2069068/full/, http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2017/11/07/kiji/20171107s00041000245000c.html, https://lite-ra.com/2015/09/post-1502.html, https://www.daily.co.jp/gossip/2016/07/08/0009265668.shtml, https://www.sanspo.com/geino/news/20160710/geo16071005040011-n1.html, “【東京都知事選】石田純一氏が出馬断念「いろいろとお騒がせしました」 理由は…「メディアのルールやおきて」”, https://www.sankei.com/politics/news/160711/plt1607110223-n1.html, https://web.archive.org/web/20160716013319/http://www.hochi.co.jp/topics/20160715-OHT1T50052.html, https://www.oricon.co.jp/news/2160061/full/, 「コロナ」をまき散らした石田純一に沖縄県民が怒りの声「誰とゴルフをするために来たの?」「医療崩壊寸前で死ぬほどおびえているのに」, https://www.tokyo-sports.co.jp/entame/news/1850478/, https://www.daily.co.jp/gossip/flash/20140213588.shtml, 日本シリーズ共演で発覚! 義父・東尾修を凌駕した石田純一のマニアック解説(1/2), 日本シリーズ共演で発覚! 義父・東尾修を凌駕した石田純一のマニアック解説(2/2), “石田純一が安保法制反対で「圧力」を受けていた…テレビ番組、CMの出演キャンセル、厳重注意も”, https://lite-ra.com/2015/10/post-1565.html, http://www.j-cast.com/2015/10/09247560.html, https://web.archive.org/web/20151206224029/http://mainichi.jp/articles/20151207/k00/00m/040/014000c, “石田純一が川島なお美さん葬儀で超“KY発言”マスコミからは「ボケたの?」と心配の声も……”, https://www.cyzo.com/2015/10/post_24280_entry.html, https://www.daily.co.jp/gossip/2016/12/12/0009745162.shtml, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=石田純一&oldid=80356185, 2015年9月の国会前デモ参加時のスピーチがマスコミに大きく取り上げられたことで、スポンサー筋から疎まれテレビ番組3本とCM1本を降ろされ、また、いくつかの企業からは「二度と政治的言動をするな」と厳重注意を受けるも、石田は「それはできない」と返したという報道が, 第26話「決戦!トミコ対マツコ」(1980年4月23日) - 野口タツヤ 役 ※「, 秋のドラマスペシャル「さすらい料理長の隠し味 伊」(1994年10月7日、TBS) -, 1994年度ミス・ユニバース日本代表選出大会(1993年12月8日、朝日放送)司会, 石田純一のNo Socks J Life(2013年10月1日 - 2020年9月22日、, MINT JULEP/7時間の恋人(1992年5月21日、アポロン(EMOTIONレーベル)).