nikkansports.comに掲載の記事・写真・カット等の転載を禁じます。すべての著作権は日刊スポーツ新聞社に帰属します。, nikkansports.comに掲載の記事・写真・カット等の転載を禁じます。すべての.

時津風部屋力士暴斃事件,是2007年6月26日於日本 大相撲 時津風部屋17歲力士齋藤俊(序之口時太山俊)在愛知縣 犬山市 宿舍內遭受毆打致死的事件,又稱為時太山私刑致死事件。. 年間6回開催!大相撲の場所とは?開催地や場所名をわかりやすく解説 相撲の"初っ切り"ってなに?面白いって本当?動画で解説! 相撲の仕切りに制限時間はあるの?番付によっても違うの? お客様のブラウザはジャバスクリプト(JavaScript)に対応していないか無効になっています。詳しくはサイトポリシーをご覧ください。, 27年ぶりの大技「居反り」を決めた東十両13枚目の宇良(28=木瀬)は、白鷹山に押し倒され、3勝3敗の五分に戻った。, ★琴ノ若「先に攻めたのは良かったが、土俵際で決めきれずに組まれてしまった。自分の流れで攻められるようにしたい。」, ☆天空海「(時間前に立とうとしたが)時間いっぱいかなと思って。(勘違いも)あるけど、いつでも立てる体勢だったんで。(幕内力士相手に初勝利は)あまり気にしていなかった。ここから流れが変わればいいなと。体も動けるようになってきたんで。」, ☆千代の国「焦らず見ていこうと思いました。(6連勝について)特に何も。上にも行きたいですし、1日1番しか取れないので、それに集中してやっているだけです。」, ★豊昇龍「相手より先に当たろうと思って踏み込んだけど、ちょっと崩れたッスね。相手がうまかった。この相撲を気にせず、次の相撲を頑張りたい。(修正点は)気持ちですね。気持ち入れ替えてやらないと。」, ☆徳勝龍「左を差してしっかり前に出られたことは良かったですね。動きのいい相手ですから、自分の相撲が取れて良かったです。」, ☆栃ノ心「最後に中に入られちゃったけど、左上手が取れていたから必死になって離さなかったです。上手が取れれば相撲が取れ須。上手を取ることは大事ですね。」, ★妙義龍「左前みつを狙っていった。(玉鷲の)押す力が強いので、もろに持っていかれた。」, ☆玉鷲「よかったです。(立ち合い)1回目合わなかったが、2回目に気持ち戻して集中してよかった。しっかり踏み込んで前に出ている。この波を落とさないよう、しっかり集中していきたい。茨城出身の玉鷲でした(モンゴル出身です)。」, ★翔猿「(蹴返しが空振りも)狙ってはいない。たまたまです。体が少しずつ動いてきてるんで、ここからですね。どんどん攻めていきたい。」, ☆宝富士「苦しい体勢だったけど、(翔猿が)足飛ばしてくれて勝手にこけた感じ。(初顔で)どういう力士なのかなと距離取ってやった。攻めながらだったので良かった。」, ☆阿武咲「相手に圧力かけられた。明日も落ち着いて、自分の相撲を取り切ることに集中していきたい。」, ★霧馬山「当たってまわしをとってと思ったが、中に入ってしまった。そこから攻めたかったが、相手の力が強くて攻められなかった。1番1番、最後まで頑張りたい。」, ☆照ノ富士「外(四つ)だったけど、まわし取れたのでそのまま出ようと、落ち着いてね。(霧馬山は)一気に出てくる相手でないので、落ち着いてまわし取って出ようと思った。」, ☆高安「体も動いてるんでまた引き締めて取り組みます。集中だけは切らさないよう、自分の相撲を取り続けていきたい。」, ☆御嶽海「まわしだけ取られないように、しっかり膝だけ曲げて相撲を取るようにした。調子は悪くないので、このまま白星をつなげられたらなと思う。」, ☆隆の勝「ひとときも気が抜けなかった。相手は差させないように、自分はねじ込んでやろうと、そういう攻防があった。最後ははたき込みも、とっさに動いた。この1勝はかなりでかいと思います。」, (C)2020,Nikkan Sports News. 相撲・格闘技 新庄剛志氏にRIZINオファー、大みそか大会 [ 記事へ ] 大相撲 珍手の宇良は黒星 貴景勝-輝/6日目写真特集 [11月13日 15:39]

始末. 時津風部屋力士暴斃事件,是2007年6月26日於日本大相撲時津風部屋17歲力士齋藤俊(序之口時太山俊)在愛知縣犬山市宿舍內遭受毆打致死的事件,又稱為時太山私刑致死事件。, 齋藤俊於2007年4月加入時津風部屋學習相撲,但因不堪嚴格練習而逃出部屋兩次,曾對家人說“我不喜歡相撲、不想成為力士了,師兄們都很可怕”,當時父親只勸他要忍耐。2007年6月25日,齋藤打電話向父親說“我不想當力士了,我會很乖的,拜託接我回家”,父親沒有回應;齋藤遂第三次逃出時津風部屋,但不久後被師兄們捉回部屋,然後被大怒的相撲部屋親方山本順一(前小結雙津龍順一)以啤酒瓶痛打,隨後遭師兄們圍毆。, 2007年6月26日11點10分,齋藤開始接受嚴格的對撞練習;約30分鐘後,齋藤體力不支倒在土俵上,山本順一讓齋藤到一旁休息。直到有師兄弟發覺齋藤身體不對勁,才撥打緊急救助電話119將他送醫急救。14點10分,齋藤被送達犬山中央醫院,但心肺機能都已經停止。, 最初齋藤急救約1小時後宣告死亡,犬山中央醫院醫師診斷死因為急性心力衰竭,愛知縣警察犬山警察署公布死因改為冠狀動脈疾病。但山本順一不但未在第一時間聯繫齋藤的雙親,甚至逕自聯繫葬儀業者並以強硬的態度要求迅速進行火葬。葬儀業者對於未與亡者雙親聯繫而被要求進行火葬儀式的委託案件感到不合常理,並在齋藤的遺體上發現了許多傷痕;葬儀業者和齋藤居住於新潟縣的雙親確認是否迅速火葬時,齋藤的雙親意識到有相當多可疑之處;齋藤的父親立刻致電山本順一,表達嚴正抗議,並堅持進行驗屍。2007年6月28日新潟大学医学部進行驗屍,結果揭示了齋藤被長時間毆打導致肌肉細胞壞死引起擠壓綜合徵,最後查出山本順一和三位師兄與此事有關。, 山本順一承認,由於齋藤的模糊態度,他命令其他力士毆打齋藤。2007年8月6日,山本到新潟縣齋藤家向遺族謝罪。2007年10月5日,山本被日本相撲協會開除,是第一位被日本相撲協會解聘的親方。山本和三名力士在2008年2月被逮捕,被控以誤殺。2008年12月8日,和暴行有關的三名力士由名古屋地方裁判所進行宣判,其中二人判處有期徒刑3年、緩刑5年,另一人有期徒刑2年6個月、緩刑5年;隨後三人被日本相撲協會解聘。2009年5月29日,名古屋地方裁判所判處山本有期徒刑6年,山本聲請保釋;同日,山本以保證金1000萬日圓交保,離開名古屋看守所。2010年4月5日,名古屋高等裁判所改判山本有期徒刑5年,山本提起上訴。2011年8月29日,最高裁判所駁回上訴,判處山本有期徒刑5年定讞。山本在刑期尚未結束前,於2014年8月12日在東京都的醫院因肺癌病逝,享壽64歲。, https://matome.naver.jp/odai/2140125609447392101%7C時津風部屋力士暴行死事件まとめ【15代時津風(山本順一)】, https://zh.wikipedia.org/w/index.php?title=時津風部屋力士暴斃事件&oldid=60160054.