お花の定期便で花のある暮らしを。おしゃれで素敵な生花を毎週・隔週や毎月、定期的に宅配してくれるお花の定期便サービスを、価格や商品だけでなく、サイトの使いやすさ・口コミ・評判・SNSの活用などから比較し、おすすめランキングを作成しています。500円で始められる格安の価格の安いサービスから、プレゼントやギフトにも使えそうなものまで、おしゃれな空間・生活を演出してくれる素敵なお花の定期便サービス(サブスクリプション)を検討する参考にして下さい【花の定期便.com】<2020年11月15日>, 花の定期便サービスは、最近、テレビのニュースや雑誌、ネットで話題のサービスです。花のサブスクリプション(サブスク)とも呼ばれる。簡単に言うと、雑誌の定期購読のように、決められた期間毎(毎週・隔週・毎月など)に商品が届く、定期購入(サブスクリプション/Subscriptions)サービスです。多くのサービスは、届く花の種類に関しても、市場直送の生花だったり、花のプロが季節ごとに旬なものを数種類アレンジしてくれたりするので、花が届くたびに季節の移ろいを感じることでしょう。価格も安い物から高いものまで揃ってきています。格安の500円程度のものから始めてみるのが手軽ですが、格安なサービスで花の定期便サービス全てを判断するのは間違いです。安いサービスには安い理由が、高いサービスには高い理由があるもんです。毎週・毎月お花が届く、インスタ映えするおしゃれな花のある暮らししてみませんか?, 花の定期便サービスだけではなく、『花のある暮らし』(英語で言うと Living with flowers )というライフスタイルがブログやインスタで注目され、人気が出てきています!イメージしてみましょう。例えば、「朝起きて、歯を磨く。ダイニングテーブルの上におしゃれな花瓶、季節の花が飾られている。」とか「会社から帰ってきて、家のドアを開けたら、そこに素敵な花がお出迎え。」など、ふとした瞬間に一輪でも花がある生活というのは実におしゃれ・贅沢で心の安らぎを感じることが出来るものになります。都会生活に疲れちゃったアナタに『花のある暮らし』をお試しいただきたい!おすすめです!, 花の定期便の最大のメリットは、読んで字のごとく毎週や毎月、定期的に生花が届くこと。「花屋さんに行って、自分で買えば同じでしょ?」という意見もあるでしょう。仰るとおり、毎週・毎月など定期的に花屋さんに行く習慣があり、季節の花をご存知で、毎回予算通りで購入できるのであれば、定期便サービスは不要だと思います。逆に言うと、そうでない場合、花のある暮らしを実現するには、定期的に花屋さんに買いに行くのが面倒だったり、知識が無かったり、花によって価格がバラバラで予算通りに買えないなど、難しい事だったりします。ふと気がつくと、そこに花がある。ほんの少し優しい気持ちになれる自分へのプレゼント。 ⇒お花の定期便をプレゼント・フラワーギフトとして贈る, 花の定期便の使い方として、自分用・自宅用に使うのが一番ポピュラーな使い方だと思います。もう既に部屋に花を飾る習慣がある人が、花屋さんで生花を定期的に選んで予算通りに買う手間を定期便に置き換えるケースが実は少なくないと言います。ポスト投函で受け取れるサービスも多いし、皆さん、楽になったと口を揃えて言いますし、花屋さんと定期便を併用されている方も多いそうです。とにかく花が好きというヘビーユーザーを除くと、定期的に花を飾る習慣が無いという方が大半だと思います。なんとなく部屋に彩がほしい!雰囲気を変えたい!何か物足りない!という場合に、生花を部屋に置いてみてください。ウソのように空間がおしゃれに変化します。花特有の「彩り」「美しさ」、そして「枯れてしまう儚さ」と共に同じ時を刻んで見てください。常にお花と共に生活をしたくなりますよ。私は話しかけるようになりましたから。それと、自宅以外でもオフィスのデスク用に利用されている方も少なくないです。 ⇒自宅用の花の買い方・選び方, 花の定期便は、商品の性質上、自分用・自宅用の通販サービスとして使われるケースが多いと思います。ただ、贈り物上手は友人や恋人・家族へのギフト・プレゼントとして定期便を使います。定期便をプレゼントで貰った場合、1回目の驚きより、2回目が届いた時の驚きや喜びが非常に大きいんです。1年間ずっと毎週や毎月、季節の花が届く・花のある暮らしをプレゼントするなんて、オシャレすぎるし、届く度・花を見るたびに送り主を思い出すという強力な作用があります。年間通すと回数的には毎月であれば12回・毎週であれば50回程度にもなりますので、プレゼントとしては結構な金額になります。事前に予算に合わせて回数を決めておきましょう。また、遠距離恋愛中なんか、お互いに送りあって、それぞれの部屋に同じお花が飾ってあるなんて、素敵じゃないですかね。お花のサブスクリプション万歳! ⇒お花の定期便をプレゼント・フラワーギフトとして贈る, 花の定期便サービス、一番活躍できるのはどんなケースなのでしょうか?生活の上で、定期的に花を購入するケースで、多いのが仏壇用のお花ではないでしょうか?一般的には菊や百日草あたりがポピュラーでしょうか。仏花は「バラ」などのトゲのある花、香りが強すぎる花はダメとされており、本数も奇数が良いとされています。まあ、百歩譲って、お墓参りや法事などでは、お墓の近所の花屋さんでポピュラーな仏花を買ってお供えしても良いかなとは思います。ただ、家の中の仏壇であれば、もう少し自由でよいと思うんです。故人が花が好きだったと言っても仏花的なものではなく、可愛らしいお花が好きだったはずなんです。キレイな花・かわいい花・おしゃれに飾られた仏壇をみて喜んでくれるかなという、故人を思う気持ちだと思うんです。月命日にお供えするお花も同様、ホワイト系でなければダメなんて、いいかげんやめませんか?バチが当たるとか、故人を思う気持ちがあればバチなんか当たりませんよ、仏壇だっておしゃれに明るく、インスタ映えする仏壇とかにして楽しむべきなんです!少なくても我が家の仏壇は、季節ごとの色鮮やかな生花が本数関係なく供えられています。とても良い香りがします。毎週や毎月、定期的に季節のお花が届くので、仏壇に季節を取り入れることもできますので、絶対にご先祖様は喜んでくれていると思いますので、おすすめです! ⇒仏壇に供える花・仏花として花の定期便を使う, 花の定期便サービスを実際使うとなったら、何が必要で、どう進めたらよいのでしょうか?また、注意すべきポイントはどこなのか?サブスクリプションサービスという難しい名前のサービス形態ですが、インターネットショッピング(ネット通販)と何ら変わりはありません。①自分の予算やライフスタイルにあったプランを選択する、②定期便の届け先を入力、③クレジットカード情報を入力、④完了です。あとは、初回分が届くのを待つだけです。注意すべきポイントは、サブスクリプションサービスなので、決められた期日までに次回もしくは次回以降の配送をキャンセルしないと、自動的に配送が行われます。注意ポイントは、この点だけです。サービスごとに規約が異なるので、しっかりと確認してから利用を開始しましょう!  ⇒お花のサブスクリプション(月額定額制)のメリット・デメリットとは?, 花の定期便や花屋さんお花を買ったり、お庭やベランダでガーデニングをしたりと、様々な方法で『花のある暮らし』は実現できます。これは、何も女性だけのものではありません。男性だって、四季を感じられる花で癒されるし、なんか良いなと思うのは一緒のはずですから。高級レストランやホテルなどには、空間づくりの一環として、当たり前のように花が使われていますよね?あれは女性だけに向けた演出なのか?と言われたら、その空間を利用する人すべてに向けたものだと思うんです。それぞれの場所によって狙いは異なると思いますが、「高級感」や「安心感」、「明るさ」などを表現するアイテムとして花を使っているわけで。自分の家のインテリアにこだわっている人は、花や観葉植物などのアイテムにもこだわっているから、おしゃれな空間が作れるのです。ソファやテーブルにこだわっているだけではないんだと最近気づかされました。おしゃれ好き・インテリア好きな男性へのプレゼントとしても花は良いかもですね。でも、お花を飾るには、素敵な花瓶も必要だってことは忘れないように!, 花の定期便が花のサブスクリプションと呼ばれていますが、そもそもサブスクリプションって何なのよと。英語の「サブスクリプション」(英語: subscription)には雑誌の「予約購読」「年間購読」の意味があって、そこから「有限期間の使用許可」の意味となったそうです。日本では「サブスク」と略されることが多いみたいですね。『Amazonプライムビデオ』や『Netflix』・『hulu』あたりの動画サービス、『Spotify』や『Apple Music』などの音楽サービスの利用者数が多そうですね。なんだか、短期間で生活の一部になった感がしますが、便利ですよね。当然、使わなくてもお金かかるので、無駄になる可能性もありますが、使う人にとっては夢のようなサービスですね。きっと、これらの影響をもろに受けたサービスや企業があるんだろうなと・・・仕方がないですよね、消費者は正直ですから。考え方はシンプルで、その金額を払う価値があると思えば消費者はお金を払って利用するし、その逆であれば利用しないという単純な話ですよね。花のサブスクなどの、定期的に商品が届く系のものは、本来の「サブスクリプション」が意味する「予約購読」に近いものですね。花を買いに行く手間が省ける、毎回自分好みの選択をしないので飽きない、常に花がある生活を送れるなど、多くのメリットを見いだせるんじゃないかと。まあ、花の通販なんて要らんよという人は、ひとまず近所の花屋で買って、部屋に置いてみる事から始めてみても良いですね。  ⇒お花のサブスクリプション(月額定額制)のメリット・デメリットとは?, 花の定期便サービスを選ぶ際に、価格は重要な要素になると思います。商品価格が安いだけで判断するのではなく、送料も含めた支払い総額で比較するのが通販サービスを比較する際の基本だと思います。通販サービスにおいて、何か商品を送る場合、輸送コストというのは必ず発生します。それがポスト投函であっても、宅配便であっても。無料で商品を送ることは出来ないのは誰もが理解している事だと思います。商品A「価格500円・送料500円」と商品B「価格1000円・送料無料」、一般的な送料の相場が500円である場合、商品価格はA・Bどちらも500円となり、同じ価格帯の商品という事になります。ただ、商品Bの「価格1000円・送料無料」だと、1000円の商品を、お店側が輸送費を頑張ってオマケしてくれているような錯覚で、商品Aより良い商品が届くのではと勘違いしがちです。「送料無料」「送料込み」「送料別」だろうが関係なく、総額で価格を見るべきですよって話です。, 花の定期便サービスは、生花を扱うサービスである以上、配送途中で傷んだり・折れたり、季節によっては枯れてしまうこともあるでしょう。せっかく花のある暮らしをするために利用しているのに、痛々しい花が届いてしまったら、そのまま飾ることは難しいですね。痛みや折れに関しては、見た段階で把握できますが、枯れに関しては水が下がった状態になってしまっている可能性がある(特に気温が高い季節は注意)ので、「水揚げ」を試してみると良いです。それぞれのサービスにおいて、このようなトラブルには所定の手続きを行うことで保証・補填される仕組みを持っていますので、諦めることなく、各サービスに相談しましょう!, <水揚げの仕方> ①花瓶のお水に浸かりそうな葉や、余分な葉は、 あらかじめ取り除く。②直射日光の当たらない涼しいところで、バケツ等にはった水の中で茎を斜めにカットし、茎の先端を1時間程度、水に漬ける、③花がピンッと生き返ったようになってきたら水揚げ完了!その後、花瓶に活けたら、室温低め・直射日光の当たらない場所に置き、毎日水を変えてあげると花は良い状態を長くキープできます。, 引越しをキッカケに花の定期便を始めました。結論すごく良い。少しだけでも部屋に花があると、なんというか「潤い」が違う。実家の母にも定期便をプレゼントすることにしました!, 花の定期便を姉に教えて貰って、始めてみた。部屋がとても良い香りがします。朝から笑顔になりました(^^♪, 花の定期便は、今年の春くらいから利用してる。少し割高だけど毎月決まったタイミングでポストに届けてくれるから便利。, 最近、花の定期便を始めた。最初は気取ろうと思っただけなのに、ちゃんと花が好きになった。果物とかを人間が必死に育てるのは分かる、食べるから。でも花って綺麗だな〜って眺めるためだけに育ててるってすごくいない!?, ずーっとやってみたかった、花の定期便注文してみた〜。どんなお花が来るのか分からない楽しみもあるな〜♪, 花の定期便を続けています。花の選択はお任せのシステム。今までは気付かなかった組合せの面白さを知れて、店頭で買うときの選択の幅が広かったことが嬉しい。どうレイアウトすれば可愛さ美しさをより引き出せるのか。水を変える度、花が増える度に悩んで「今日のお花」を作るのが楽しい時間です。, 最近は毎週仕事帰りにお花を買いに行ってましたが、ついに花の定期便を取り始めました❁自分で買いに行くと、何を選んでいいか悩むので定期便だと楽です(^_-)-☆, これほど人間を幸福にしてくれるサブスクが他にあろうか。生花店でブーケになった季節の花が、自宅のポストに週単位で届けられ、そのまま花瓶に差すだけで飾れる「お花の定期便」, 二年くらい前からなんとなく、生け花をはじめました。最初はお花屋さんに買いに行っていたのですが、今年に入ってから花の定期便を頼んでます。そしたらたまたまこんなご時世になってしまったので、外に出掛けられず。, 1980年生まれ。日本の農業高校を経て、Sokoine University of Agricultureに訪問。様々な研究・文化に触れ、カルチャーショックを受ける。自称:ソコイネ農業大学の名誉教授。あだ名は「タンザニアの奇跡」だった。帰国後、農林水産省からの誘いはなく、植物・花に囲まれる田舎暮らしを北関東でしながら、花に関する書物を執筆中。花に関する資格も順次取得を目指している。花村おすすめの花や香りに関するおすすめの研究論文もチェックしてみてください。「花いっぱいプロジェクト」の取組についても積極的に応援していきます!くらしに花を取り入れる新需要創出事業も気になってます。, ※本サイトの情報は、あくまで花村個人の見解です。実際のサービス利用時に提供されるサービス内容を保証するものではありません。利用する際は、必ず各サービスの提供内容・利用規約を確認の上、ご利用ください。, 毎月お花が届く定額制サービスが花のサブスクリプションサービスです。最近、この生花を宅配するサブスクを提供する会社が増えてきており、どれを選んだら良いかわからないという声をよく聞きます。インターネット通販サイトの比較とは違い、生花を扱うサービスになりますので、商品だけでなく、運営会社やアフターフォロー、トラブル対応や定額サービスの解約に関して等、確認すべきポイントがあります。それぞれのサービスを比較して、口コミや評判も参考にして、毎月お花が届く生活を開始しましょう!頑張る自分へのプレゼントとして、誰かのための花のギフトとして、ご先祖様への仏花として、花のサブスクリプションが活躍します! <2020年11月15日>, https://www.instagram.com/pure_flower__fc/, https://www.instagram.com/aoyamaflowermarket/, https://www.instagram.com/medelu_official/, https://www.instagram.com/weeklyflower_bp/, 「Bloomee LIFE」〜手軽に叶うおしゃれなライフスタイル〜 毎週末自宅のポストにお花が届き、手軽におしゃれなライフスタイルを手に入れることのできるお花の定期便サービスです。, お花の定期便ピュアフラワーは、創業24年で毎月2万世帯に新鮮なお花を1回920円とお安く、月に2回無料で宅配しています。お花は、おすすめの季節のお花を中心に花市場から仕入れたものを当店スタッフが大切にお届けします。アンケートでの口コミも評判も良いお花の定期便サービスです。, 忙しい日々の中に、ほっと一息、季節のうつろいや自然のみずみずしさを届けてくれる花があったら、素敵。花屋がおすすめする、今楽しんでいただきたい旬の花とグリーンを定期的にお届けいたします。青山フラワーマーケットが提案する ”Living With Flowers Every Day”―「花や緑に囲まれた心ゆたかなライフスタイル」を、ぜひお楽しみください。一度注文すると、お客様ご自身で終了の手続きをするまで継続的に課金および商品配送が続くサービスです。, medeluとはネットで注文すると毎週 or 隔週で家にお花が届くサービスです。“花を愛でる人の心は美しい”愛でるとは美しさを味わう、美しさに感動する、いつくしみ愛するという意味です。花を愛でるとは、お花の成長や枯死を愛おしく感じ、花の美しさの奥に特別な意識・感情を持つこと。花を直感的に綺麗・可愛いと感じる次のステージ。, 季節の花を毎月届ける「花の定期便(サブスクリプション)」サービス【LIFULL FLOWER】市場直送のため、新鮮な旬の花を780円(送料無料)~定期購入できます。フラワーデザイナーと市場の仕入れのプロがおすすめの花をセレクト。水換え・花瓶は不要で手入れが簡単なプランや、ポスト投函プランも登場。自宅用としてだけでなく、フラワーギフトやプレゼントにもご活用いただけ、気軽に花のサブスク生活を楽しむことができます。毎月届く花の定期便なら【LIFULL FLOWER/ライフルフラワー】, 霽れと褻(ハレとケ)は、暮らしを豊かにする四季折々の花と、その花に関する新聞を毎月セットで届けします。花に触れ、花を知ることを通して、四季の移ろいを感じさせてくれる、花のある暮らしをお楽しみください。, WEEKLY FLOWERは1週間に1度ご自宅のポストへお花をお届けするサービスです.