都市対抗野球出場チーム一覧は、第1回大会以降都市対抗野球大会に出場したことのあるチームの一覧である。.

11-5 : オール高崎野球倶楽部 (群馬 高崎市) 太田市運動公園野球場: 9/5(土) 11:30 : 1回戦: 伊勢崎硬建クラブ (群馬 伊勢崎市) 6-2 : 太田暁硬式野球倶楽部 (群馬 太田市) 太田運動公園野球場: 9/5(土) 12:30 : 準決勝戦: 太田球友硬式野球倶楽部 (群馬 太田市) 5-2 出場32チーム中初出場チームがなく、出場歴のあるチームばかり揃う「常連どうしの潰し合い」の大会となった。 大会は関東のチームが上位に残る「東高西低」となった。ベスト8のうち6チームが関東地方のチームで、ベスト4も3チームが関東チームとなった。 原則として、最後に出場したときの都市名・チーム名で表す。 出場の前後にチーム名の変更があった場合はかっこ内に示す。

出場32チーム中初出場チームがなく、出場歴のあるチームばかり揃う「常連どうしの潰し合い」の大会となった。 大会は関東のチームが上位に残る「東高西低」となった。ベスト8のうち6チームが関東地方のチームで、ベスト4も3チームが関東チームとなった。 1927年 第1回全日本都市対抗野球大会開催(神宮)。 1933年 第7回大会。最優秀選手表彰制度開始。 1935年 満州国成立に伴い、大会名を都市対抗野球大会とする。第9回大会。主催者推薦がなくなり、出場全チームが予選を経ることとなる。 1936年 第10回大会。