特売がなくても200円程度です。, リッター単価はおよそ100円、コンビニ500mlペットボトルの1/3で済みます。

私が昔貧乏だった頃、お金の使い方を考えると、「貧乏たるべくして貧乏であった」ということを思い知らされます。, そのうちの一つが、「ペットボトル飲料」です。

増量に合わせてボトルを作り変えることはコストがかかりすぎ、メーカーにとってプラスになりません。逆にわずかでも増量できれば、他社の商品と差別化できて購入してもらいやすくなります。 特売であればリッター単価75円ですから全然違います。, かくしてお金に困っていた私は、スーパーの特売日に2リットルペットボトルを買い込んでお茶を調達することにしました。, 以前と同様1日2リットルお茶を消費するとして、これだと1日150円、月4,500円、年間で55,000円弱で賄えます。 1本150円としても500mlペットボトルのリッター単価は300円です。 今思うとなぜこんな無駄なお金を使っていたかと思うのですが、私は実際に大学生~社会人時代初期には何も考えずにコンビニでこれらを購入していました。, 特にコンビニで買う500mlのペットボトルはコストパフォーマンスはめちゃくちゃ悪いです。 目次. 最初のうちは横置きできますが、使っているうちにパッキンがヘタってくるので横置きするとお茶がダダ漏れします。 こぼれるのが心配な場合はラップしてゴムか何かで止めておくといいでしょう。, すると次の朝には大体凍っています。 水代(水道水利用)を加えても16円に満たないでしょう。, もちろんポットを持っていない人は新たに購入する必要がありますが、せいぜい1,000~2,000円程度です。 レンタルウォーターサーバーよりも手軽なのがペットボトル用ウォーターサーバーです。これは市販のペットボトルの水が使えるため、便利だと話題になっています。今回は、そんなペットボトル用ウォーターサーバーのメリットやおすすめ商品を紹介します。

1 ペットボトルのサイズ・大きさの種類一覧.

ただし、記載のある「横置き可能」というのは過信しないほうがいいです。

500mlは炭酸飲料水やお茶、ソフトドリンクやスポーツドリンクなどたくさんの種類の飲み物に利用されています。500mlは行楽やアウトドアなど、出かけるときに重宝するサイズでもあります。 小さな事かもしれませんが、収入が少ない中ではこの積み重ねは馬鹿にできないことですので今回はそのへんについて綴っていきますよ。, ちなみに今回の記事ではほとんどの場面において、「冷たいお茶を飲む」ことを前提にして書いていますので予めご了承ください。, 言うまでもありませんが、コンビニエンスストアでペットボトル飲料を買うとほぼ定価です。 実は元々は2リットルサイズのボトルはありませんでした。それまで円形が主流だったペットボトルですが、円形では蓋を密封する際の力に耐えられませんでした。しかし耐熱ボトルが誕生する過程で四角い形のボトルが生まれ、密封に耐えられるようになったことで2リットルのペットボトルは誕生しました。, 最近コンビニなどでお得な増量タイプのお茶を見かけることが多くありませんか?同じ値段なら少しでも多い方がお得だからとつい手にとってしまう人も多いと思います。しかしよく見ると、増量は555ml、600ml、670mlと微妙な増量です。 この大きさは主にお茶や水に使われることが多く、形も四角い形をしています。1Lといえば調味料もこの大きさで売られていることが多く、みりんや醤油、料理酒など重すぎず扱いやすいちょうどいい大きさです。高さは約25cm、重さは約45gほどです。, 大容量で家庭でみんなで飲む時にぴったりなのが1.5Lや2Lサイズです。この大きさは500mlと並んでよく利用されるサイズで、お茶や炭酸飲料、ソフトドリンクや水など色々な種類のドリンクに利用されています。

コンビニやスーパーで綺麗に陳列されたボトルを見ると同じ規格で作られているのかと思いますが、実は各メーカーそれぞれが好きな形や大きさで作っているのです。 リッター単価は驚きの15円です。 喉が渇くと自販機やコンビニでペットボトルを買うことがありませんか?サイズは500mlが主流ですが、下の方の段には1Lや2Lの大容量サイズもあって重宝します。さて、サイズはこれだけでなのでしょうか?今回はそんなペットボトルのサイズや規格を見てみます。 なぜ圧力に耐えなければいけないかというとその理由は炭酸の特製にあります。炭酸飲料を開ける時、容器を触るとパンパンに張っているのがわかると思います。蓋を開けるとプシュッと炭酸が抜けていきます。

そのためソフトドリンクや炭酸飲料で利用するのは難しく、中身が劣化しにくい酒類や洗剤や薬品などの用途に利用されています。, ペットボトルの容器は全部同じように見えますが実は中に入れるものによって種類があります。手に持った時やけに柔らかいボトルがあるなあ、と思ったことはありませんか?逆に硬くて丈夫なボトルもあります。

スーパーの存在を知りながらあまり利用することはなかったんです。

主に過去の失敗から学んだことを記事にして発信しています。, 社会人になってやっと、同じペットボトル緑茶でもスーパーのほうがだいぶ安いことに気づく, お茶代を節約したい人向け。生活が苦しいとか言いながらまさかペットボトルのお茶をコンビニで買ったりしてませんよね?の話, nalgene(ナルゲン) カラーボトル 広口1.0L トライタンボトル グレー 91311, タイガー 水筒 1L 直飲み ステンレススポーツボトル ポーチ付き ブラック MME-D100-K, 昔勤めていたブラック不動産屋の話。零細企業がブラックかどうかは社長の性格で決まる。, テキストボックスに入力した言葉を含む候補をコンボボックスに表示するのを一括で処理する方法。クラスモジュールって何だよ!の話。【VBA備忘録】, CSVファイルを読み込んでExcelに書き出すときの罠。CSVはExcelじゃないよ!の話。【VBA備忘録】, 初めて自作する人向け電源ユニットの選び方。大きさとワット数で絞り込んでいこう、の話。, 紙ゴミが増えるので子供に「おえかきアーティスト」を買い与えてみた話。まあ楽しんでくれてるのでいいかな…。, コンビニで500mlのペットボトルのお茶を買い続けると、1日2L消費するとして月2万円近くにもなる。, 昔に比べて魔法瓶は軽くなっているのでペットボトルを持ち歩くのとそれほど変わらない(主観)。, 仕事中など長丁場でもっとお茶を消費する人は、対冷水筒ごと凍らせて持って行ってしまえばいい。, 水出し用のポットは複数用意して、冷蔵庫に入れる分プラス1個でローテーションを組むのがベター。. わずかでも嬉しい増量ですが、逆に490mlなど微妙に減量されたペットボトルもあります。わずか10mlを減量するのにもちゃんと理由があります。ボトルの大きさに規定が無いためメーカーがデザイン重視で作った結果、490mlしか入らなかったというのが理由なのです。 軽くて丈夫で飲み物や調味料など液体を入れるのになくてはならないペットボトルは、私たちの生活に深く関わっています。あまり掘り下げることのないペットボトルについて少し注目してみましょう。, ペットボトルに注目してみると実に多くのサイズや種類があることがわかります。よく利用するのは500mlや2リットルだと思いますが、小さいサイズの280mlや350mlもコンビニなどで見かけます。もしもペットボトルが手元にある人は、違うメーカーの物をよく見比べてください。 高さは約21cm、重さは約30gほどです。最近は500mlと大きさはほぼ同じで、490mlや555mlなど微妙に容量の違うものもあります。, 1Lの大きさの飲料は昔はあまり見かけなかった大きさで、最近コンビニでよく見かけるようになりました。大容量のペットボトルといえば2リットルが主流でしたが、その半分という大きさは重すぎず買いやすいというメリットがあります。 それは飲料の製造過程に理由があります。飲み物を充填する時に雑菌が入らないよう殺菌する必要があります。実は冷たいドリンク類も一度、加熱殺菌しているのです。高温で殺菌した飲料を熱いまま充填するので熱に耐えなければなりません。

冷蔵庫に1つ空きができたら予備の1つでお茶を作るというサイクルでお茶が途切れないようにしています。, ポットを1つで済ませようとするとお茶が途切れ、結局その間はペットボトルを買ってくる羽目になるため、なるべくお茶が途切れないように数を増やして対応するのがおすすめです。, これは個人的な感覚ですが、ポットを1つで回そうとして、お茶がなくなったタイミングで「ポットの洗浄」「お茶パックをセット」「出るまで待機」という一連の作業を行うから億劫になるのではないでしょうか。, 冷蔵庫の中に常備しているポットの数プラス1でローテーションを組んでおけば、ポットを洗うタイミングを、他の食器を洗うタイミングと同じにすることが可能です。 うときは、少し見方を変えてみると面白いかも知れません。, 引用: https://encrypted-tbn0.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcSN00_IHyoA6MCe6RdAujuS1uWOdYXvJiiYMhCD0sN-n-xc7wiVKQ, サムネイル画像は下記より引用しました。. それだったら食後の洗い物が1個増えるだけでそれほど負担にならないような気がしませんかね?, いずれにせよパックでお茶を用意するポットは複数用意しておくことをおすすめしますよ。, お茶を出す用のポットはさすがに出先に持っていけません。

小さいサイズのものに比べ重さもあるので持ちやすいよう真ん中がへこんだり、形にひと工夫加えているものもあります。 2リットルだと多いけれど500mlだと物足りないという消費者の心理をつき、1Lの大きさはじわじわと人気になっています。買って帰る時も2リットルほど重くないのも選ばれる理由です。そのため、この大きさは一人暮らしの若者が利用しやすいコンビニで主に扱われています。 お湯出しであれば1時間くらいで出ますが、お湯を沸かす手間と冷ます時間を考えると現実的とは言えません。, これはもう数でカバーするしかないでしょう。 ペットボトルといえば持ち運びしやすい500ml、家庭でたっぷり飲める2リットルサイズが定番です。その他にも少し小さい280mlや350mlなど様々なサイズが存在します。ペットボトルのサイズや重さにはどんな種類があるのか、普段何気なく利用しているペットボトルについて考えてみましょう。私たちの身近にありながら、あまり注目することのないペットボトルの秘密について調べていきましょう。, 普段毎日のように利用するペットボトルですが、どのようなサイズや種類があるのか考えたことはありますか? しかしお茶をパックで水出ししてしまえば更にリッター単価は下がります。, 50パック入っているうちの3つを2リットルのポットで水出しします。

結露も吸収してくれるのでおすすめですよ。, ちなみに満タンまで入れてから冷凍してしまうと、蓋が閉まらなかったり、溶け始めが遅く飲めるようになるまで時間がかかるという問題が発生しますので、若干少なめに入れて凍らせるのがコツです。, 保冷カバー付きでいい感じなのですが重量は結構あって約500gです。 ペットボトルの利用にはないデメリットもありますので、それについても書いていきます。, 確かに水出しは時間がかかります。 どうしても横置きしたいという方はもっと高くてしっかりしたものを買ったほうがいいでしょう。, 我が家ではこんな感じで大量消費するお茶のコストを下げています。 (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); こうやって比較してみると、お茶に月2万近く払うとか狂気の沙汰としか思えませんよね。 ちなみに2リットルペットボトルだと1本320円としてリッター単価は160円、だいぶ下がりますね。 もちろん値段が変わらず量が増えるならわずかでも嬉しいのですが、なぜ中途半端な微妙な量を増やすのでしょうか?実はこの量は、ボトルの大きさはそのままで増やせる分を増量しているのです。そのため中途半端な増量になっているのです。 そのため耐熱用のボトルが必要になるのです。高温殺菌した飲料は充填後、今度は冷まさなければなりません。しかし、冷ますことで体積が減りボトルが内側にへこんでしまいます。 好みにもよりますが、数時間から半日くらい置いておかないといい感じにお茶が出ません

求められるサイズも時代と共に代わり、それに伴ってメーカーも各社工夫をしています。軽く丈夫で液体を入れるのに適したペットボトルは、キャップをすることができ瓶や缶よりも便利に利用できます。これからペットボトルを利用するときに、どの種類のボトルなのか注目してみるのも面白いでしょう。, ペットボトルのサイズ規格はいくつある?重さや種類も徹底リサーチ!のページです。グルメノートはグルメ・カフェ・レストラン・食事をはじめ、レシピ・食材・キッチンインテリア・100均一・健康などの情報をお届けするメディアです。今の食生活をより良くするための情報を無料で購読いただけます。, 水が腐る理由を知っていますか?水は水素と酸素で構成された物質で無機質であるため理論上腐りません。しかし水に含まれる不純物が理由となり水全体が腐る事象が発生します。水が腐る理由と特徴について紹介します。水が腐ると発生する匂いなども紹介します。水は水筒に入れたりペットボトルで飲んだり、ウォーターサーバーを利用したりします。, ペットボトルのお茶や水のキャップには賞味期限が書かれているのを知っていますか?ですがペットボトルのお茶や水が腐ったという話は、まず聞いたことがありません。ではなぜわざわざペットボトルのお茶や水には賞味期限が書かれているのでしょうか?賞味期限が切れたお茶や水は飲めないのでしょうか?ペットボトルのお茶や水の賞味期限と、賞味, 100均のペットボトルホルダーが人気です。その理由は100均とは思えないくらいのクオリティで、種類が豊富なのとデザイン面や機能面においても優秀で、さらには期間限定商品もあるので注目が集まっています。今回は100均のダイソーやセリア、キャンドゥおすすめのペットボトルホルダーを紹介します。夏の季節に持ち歩きたいペットボトル, しかし耐熱ボトルが誕生する過程で四角い形のボトルが生まれ、密封に耐えられるようになったことで, 輸送時や持つ時にも耐えられるよう強度を保つため溝やくぼみをつけるなど工夫が施されています. 500mlペットボトルの不経済さ加減はおわかりいただけるかと思います。, 私はお茶をガブガブ飲む人間ですので、初期はこの500mlペットボトルを1日4本くらい消費していました。, それだけで1日600円、月18,000円、年間21万円をお茶飲料に投じていることになります。お茶ですよ!?, 社会人になって少ししてから、どのタイミングかは忘れましたが、大型スーパーでお茶飲料が安く買えることに気づきました。, コンビニは定価なので飲み物が高いというのは知っていたんですが、スーパーとの価格差が距離と見合わないと勝手に判断していたんでしょうねえ。

ペットボトルは中に入れるものの特製ごとに種類があって、利用目的も変わります。実は奥深いペットボトルの種類について紹介します。, 耐圧用ペットボトルはその名の通り、圧力に耐えられるよう加工されたボトルです。主に炭酸飲料を入れるために使われています。 しかも氷を入れていないので時間が経っても薄くならないというおまけ付きです。, 夏場など溶けるのが速いと思ったら保温カバーらしきものを巻いておけば保ちます。 コンビニに比べてキャッシュフローは大きく改善しました。, ただし、2Lペットボトルの買い溜めはかなり重くなるので、スーパーが遠い場合などは通販を活用するのもいいでしょう。, 通販だと1本あたり130円程度から売られていますが、重量手数料(※特別配送料など名称は様々)という謎の制度があり、1商品300~350円ほどかかる場合が多いです。 見比べてみるとサイズが各メーカーごとに微妙に違うのがわかると思います。大きさや形など微妙に違うボトルですが、実はサイズや重さに決まりがないのです。ペットボトルには明確な規格が無いため、各メーカーごとに好きなサイズや形や重さで作られています。 そういえば490mlの少ない量のボトルは、形がスリムでどことなく高級感がある形をしています。メーカーが他社と差別化をはかろうとデザインを変えた結果、490mlと微妙なサイズになってしまったのです。, ペットボトルのサイズには実に多くの種類があります。それぞれの大きさにはそのサイズごとに適した使い方があり、大きいものでは5Lものサイズがあります。, カバンにちょうど収まる小さいサイズで好評なのが280ml、350mlサイズのボトルです。この大きさは昔は作られていなかったのですが、1996年自主規制緩和されたことにより誕生したサイズです。

「お茶をたくさん飲みたいけどお金がない!」という方は、今すぐコンビニのペットボトル緑茶をやめて自宅で水出ししてみてください。, あ、少しお金に余裕のある方はスーパーとか通販で2Lのお茶を買いだめするのも楽ちんでおすすめですよ!, 北海道根室市出身、東京都内在住の中年妻子持ちサラリーマンです。 両方の特性を受け継いだボトルは炭酸の圧力に耐えられるような形以外にも、殺菌のための高熱にも耐えなければなりません。果実入り炭酸飲料は充填してから、熱湯をシャワーのようにかけて殺菌します。その熱にも耐えるよう耐熱性も必要なのです。, 耐熱機能も耐圧機能もないボトルが無菌充填用のボトルです。加熱殺菌する必要がなく、炭酸飲料ではないものを入れるためのボトルです。

炭酸は常に外に出ようと容器に圧力をかけているのです。そのため、圧力に耐えられるように耐圧用ペットボトルを利用するのです。炭酸の圧力を均等に受けるため、胴体部分は円筒型で底の部分はペタロイド形状という形になっているのです。ペタロイド形状は圧力にも耐えられて、しかも立ちやすいよう考えられた形です。, お茶やスポーツドリンクやソフトドリンクなど幅広い飲み物に使われているのが耐熱用ボトルです。胴体には四角いデコボコがあり、飲み口は白くなっているのが特徴です。

300回入れ替えたら壊れると仮定すると600リットルです。 2リットルのペットボトルの始まりは1978年にまで遡ります。今から40年以上も前のアメリカで導入されたのが始まりです。日本ではその4年後の1982年、食品衛生法の改正に伴って飲料にも利用されるようになりました。高さは約30cm、重さは約50gです。, 4L・5Lの大きさは一部の人にしか馴染みがないかもしれません。あまり見かけることがない大きさですが、焼酎やウイスキーの特大サイズや業務用の洗剤などに利用されることが多いです。かなりの重さなので持ちやすいよう取っ手がついたものもあります。 この大きさになるとかなりの重さで、中身を1日で使い切るのは難しくなります。開封しても冷蔵庫に入れることもできないので常温で置いても劣化しないものを入れるのに適しています。 あまり容量が小さいと回転が速くなり洗う手間も増えます。 休日に半日くらい外出するときは500ml前後の魔法瓶に冷たいお茶と氷を入れておけば帰宅まで冷たいお茶を飲むことができます。, そうです。容量何と約1.1リットルの水筒です。 たまに買うくらいであれば必要経費と言えなくもないですが、外出の頻度が多かったり職場で無料のお茶が飲めなかったりすると出費はバカになりません。, と毛嫌いしていたんですが、今は魔法瓶もずいぶん軽くなりましたね。 今は主流となっている500mlも先ほどと同じようにかつては自主規制の対象サイズでした。あまりにもペットボトルが使い捨てされすぎているからと、自主規制されていた500ml以下の大きさのボトルも1996年から販売されるようになり、今では主流サイズとなっています。 500円で2リットルのお茶が16.6本分作れることになりますね。 リッターあたり 2,000円÷600リットル=3.3円 ですので、お茶と水とポット全部足してもお茶のリッター単価は19円ほどです。. せっかく大学まで出たのに若いうちの時間を浪費してしまいましたが、自分で納得の行く人生を取り戻すべく現在も奮闘中です。 特に コンビニで買う500mlのペットボトルはコストパフォーマンスはめちゃくちゃ悪い です。 1本150円としても500mlペットボトルのリッター単価は300円です。 ちなみに2リットルペットボトルだと1本320円としてリッター単価は160円、だいぶ下がりますね。 無菌充填用ボトルに飲料を入れる時は、飲料、キャップ、容器をそれぞれ殺菌します。その上で常温の飲料を無菌室で充填し封をするので、殺菌処理が必要ないのです。, ペットボトルの種類を簡単に見分けるには、口部の色と本体の形を見ればわかります。口部が白ければ耐熱用か耐熱圧用、胴体が丸く底がペタロイド形状なら耐熱圧用、胴体に四角いパネル状のデコボコがあれば耐熱用です。 この水筒の保温カバーもあるようですが、在庫も少なく結構なお値段なのでわざわざ買わなくても厚手の布などでも十分です。 1.1 HOT飲料などに多い280ml〜350ml; 1.2 一人用の王道 500ml; 1.3 がっつり飲みたい時に便利 1L; 1.4 大きいサイズの主流 1.5L〜2L; 1.5 焼酎などの特大サイズ 4L〜5Lなど; 2 ペットボトルのサイズに規格はある?; 3 増量サイズが中途半端なのはなぜ? 私たちが生活している中で、よくその内容量や重さについて知りたいときがあります。例えば、料理を行うときや健康管理の表示を見る際に1リットル(1l)や1.5リットル(1.5l)や3リットル(3l)などの体積を見かけることがありますが、これらがコ 細長く尖ったものや持ちやすく窪んだ形のものなど、同じサイズや容量のボトルでも色々な形があります。最近では小さいコンパクトなものやひょうたん型やだんご型などバラエティに富んだ形が見られます。, サイズや形に規格が無いペットボトルですがなぜか飲み口はサイズが統一されています。そのため500mlのキャップを2リットルの飲み口に付け替えることも可能です。逆に2リットルのものを小さい飲み口に変えることもできます。 お値段も900円しないので複数買っても懐はそれほど痛みません。