仙台車両センター485系編成表 ・a編成0両 計0両.

2.485系の上野到着後の夜間留置は青森車は尾久(1本)、仙台車は東大宮操(2本)、秋田車は東大宮操(1本)である。 3.車両運用数は青森583系は11、同485系は4、仙台車は8、秋田車は9となっている。

「あいづ」用の編成は御徒町付近の電留線で休むシーンがよく見られました。そのため、高架ホームに発着していたのかも知れません。 こちらはクロ481-100ですが、まさに485系展示場と言った雰囲気でした。 1973.4.1 では.

9218m あいづ 485系 仙センa1・a2編成 磐越西線 川桁→関都: 2015/5 常磐: 国鉄色の485系,あと2編成だそうで,いよいよこの顔にも会えなくなると思うと寂しいです。 (当日追加) no.d700_150502-9 2015年5月2日 08:47 9722m 足利大藤まつり号 485系 新ニイ t18編成

この記事へのトラックバック一覧です: 1976/1 福島へ 1 485系特急 3 「あいづ」 その1: 下関総合車両所一般公開 鉄道ふれあいフェスタ 2016 その6 HM展示 8 いそかぜ, 下関総合車両所一般公開 鉄道ふれあいフェスタ 2016 その6 HM展示 7 なは, 旅客機 Douglas DC-9/MD-80 series/MD-90/Boeing 717, 西武多摩川線から1245Fが多摩湖線へ,1249Fが多摩川線に行った10月の車両交換, 2018年晩夏 長野県内の保存蒸機を見て歩く旅 34 飯山駅そばに保存されるC56 129号機, 2018年晩夏 長野県内の保存蒸機を見て歩く旅 32 豊野公民館に保存される9646号機. No.4-29 1983年4月9日 485系 雷鳥 東海道本線 高槻→山崎 ボンネット雷鳥です。上の2枚と同じ日の撮影です。このクハはタイフォンの形状が異なります。 (2008/10/12追加) No.4-32 1983年4月9日 485系 びわこ周遊さくら 東海道本線 高槻→山崎

| 1976/1 福島へ 1 485系特急 3 「あいづ」 その2 », 新幹線開業前の485系東北特急と言えば、仙台系、青森系、そして秋田系に分かれていたと思います。あくまでイメージの世界で仙台系と言えば「ひばり」「ひたち」「やまばと」「あいづ」、青森系と言えば「はつかり」「やまびこ」「いなほ」、秋田系は「つばさ」後に「やまばと」「あいづ」が加わったという感じでしょうか。, 我々の世代の「あいづ」と言えばやはり、ボンネットのクロ、クハ先頭ではないかと思います。, まずその歴史ですが、これまでの「ひばり」や「やまばと」の歴史で既に登場しておりますが、その時々のダイヤ、列車編成と併せて見てゆきましょう。今回は上野~会津若松間の特急として1993年11月末に廃止されるまでです。, 1955年10月1日:ダイヤ改正により、上野駅 - 仙台駅間に東北本線急行103・104列車「松島」・準急109・110列車・上野駅 - 青森駅間の夜行普通117・118列車の3列車に郡山駅で分割・併合する3等車のみの磐越西線乗入れ車両が連結された。 上野駅 - 会津若松駅間の所要時間は、急行「松島」併結客車が6時間20 - 45分・準急併結客車が6時間45分 - 7時間・夜行普通列車が7時間50分 - 8時間。運転区間は準急109列車併結のみ上野駅 - 喜多方駅間、他は上野駅 - 会津若松駅間。, 1958年10月1日:ダイヤ改正により、準急109・110列車に「あぶくま」の愛称が付く。上野駅 - 仙台駅間に急行「吾妻」が1往復増発され、「吾妻」にも上野駅 - 会津若松駅間の客車を併結。この結果、上野駅 - 会津若松駅間直通列車本数は4往復となる。, 1959年9月22日:「あぶくま」併結列車の磐越西線区間内を準急格上げし、「ばんだい」の愛称が付く。また仙台方面から磐越西線に乗入れる準急「あがの」「あいづ」を新設。 「ばんだい」は上野駅 - 喜多方駅間1往復、「あがの」は仙台駅 - 新潟駅間2往復、「あいづ」は仙台駅 - 喜多方駅間1往復の運行。, 1965年10月1日:ダイヤ改正により、キハ82系により上野駅 - 山形駅・会津若松駅間に特急「やまばと」運転開始(上野駅 - 郡山駅間併結)。 当時は山形駅発着列車と区別するため「会津やまばと」とも称され、ヘッドマークには「やまばと」の上に小さく「会津」と記された。準急「あいづ」の運転区間を仙台駅 - 喜多方駅・会津線会津田島駅・会津川口駅(1967年から季節列車として只見駅まで延長)間に変更。, 昨日書いたように、上野~山形間の「やまばと」は1964年10月に登場しておりました。, DcDsDdDDDDc×5 所要4つばさ(1)、やまばと(1) 上野1230-2100秋田 秋田810-1650上野 上野945-1517山形1610-2140上野 上野1230-2000盛岡/盛岡905-1650上野(隔日運用 1運用は盛岡車), DcDsDDDDc×2 所要2やまばと(1) 山形835-1410上野1500-1914会津若松 会津若松945-1410上野1500-2029山形Dc×2 D×2 Ds×1, 1966年3月5日:準急行料金制度の変更に伴い、準急「ひばら」「あがの」「あいづ」が急行列車に昇格。運行経路はともに変わらず。, DcDsDDDDc×2 所要2やまばと(1×2) 山形835-1410上野1500-1916会津若松 会津若松945-1410上野1500-2029山形Dc×2 D×2 Ds×1, 山形運転所に配置されていたキハ80系ですが、1968.9にキハ80 155~161 函館へ 162 向日町へキハ82 82~85 向日町へ 86, 87 函館へキロ80   50 向日町へ 51, 52 函館へに転出しています。, 1968年10月1日:ダイヤ改正に伴い、 上野駅 - 会津若松駅間の特急「やまばと」を特急「あいづ」に名称を変更し、上野駅 - 山形駅間運行の「やまばと」と分離して全区間での単独運転を開始。「あいづ」は仙台運転所所属の483系・485系電車を投入。仙台駅発着急行列車の愛称を「あいづ」から「いなわしろ」に変更。, TscM'MTdM'MM'MTc×10 所要10やまびこ(1)、ひばり(6)、やまばと(2)、あいづ(1)M'M×2 Tc×1 Tsc×1 Td×1, 1013M 上野 14:15 => 会津若松 17:501014M  会津若松 10:35 => 上野 14:10, 同年の6月から、クロ481は編成に組み込まれていましたが、特急「あいづ」の運用のために仙センの483/5系全体が9連というミニ編成になった改正でありました。, TscM'MTdM'MM'MTc×11 所要10(1970.6.21~TscM'MM'MTdM'MTc)やまびこ(1)、ひばり(6)、やまばと(2)、あいづ(1)M'M×2 Tc×1 Tsc×1 Td×1, 1970.7.1で、仙センの483/5系は2通りの編成パターンに分離されます(2012/2/3の記事参照)。, TscM'MM'MTdM'MTc×7 所要6ひばり(4)、やまばと(2)、あいづ(1), 1970.10.1の改正では、深夜、早朝に上野~会津若松を1往復する臨時が設定されたようです。, TscM'MM'MTdM'MTc×3 所要2ひばり(1)、あいづ(1)(臨時+1) 仙台900-1258上野1415-1750会津若松1915-2259上野 上野550-947会津若松1035-1410上野1500-1858仙台, 共通運用の特急「ひばり」はまさに編成を仙台から上野に送り込む、返すための運用の様ですね。, TscM'MM'MTdM'MTc×2 所要2ひばり(1)、あいづ(1)(臨時+1) 仙台710-1104上野1405-1740会津若松1925-2258上野 上野625-1001会津若松1036-1409上野1500-1857仙台, TscM'MM'MTdM'MTc×4 所要2(臨時+1)ひばり(1)、あいづ(1)(臨時+1)、ひたち(臨時2) 仙台710-1104上野1405-1740会津若松1925-2258上野 上野625-1001会津若松1036-1409上野1500-1857仙台 上野717-1002平1022-1305上野1327-1610平1732-2213上野, (参考)この頃既に特急「ひたち」は秋田運転所所属のキハ81系で運用されていました。, DcDDcDsDdDDDDc×2 所要2いなほ(1)、ひたち(1) 秋田935-1739上野1810-2053平 平644-934東京‥上野1430-2230秋田, 1972.10 ダイヤ改正でキハ81系一族は「くろしお」で働くため和歌山に転属となり、仙センの483/5系9連には一気に5往復の特急「ひたち」運用が加わります。, TscM'MM'MTdM'MTc×5 所要4ひたち(5)、あいづ(1)(臨時+1) 仙台640-1125上野1200-1434平1457-1733上野1800-2146原ノ町 原ノ町540-934東京‥上野1000-1343原ノ町1540-1924上野2003-2246平 平1047-1325上野1405-1740会津若松1925-2258上野 上野625-1001会津若松1036-1409上野1600-2041仙台, 特急「あいづ」の送り込みも特急「ひたち」の担当となりました。特急「ひたち」の上り1本は東京に乗り入れています。, 「あいづ」用の編成は御徒町付近の電留線で休むシーンがよく見られました。そのため、高架ホームに発着していたのかも知れません。こちらはクロ481-100ですが、まさに485系展示場と言った雰囲気でした。, TscM'MM'MTdM'MTc×5 所要4ひたち(5)、あいづ(1)(臨時+1) 仙台640-1125上野1200-1434平1457-1733上野1800-2146原ノ町 原ノ町540-925上野1000-1343原ノ町1540-1924上野2003-2246平 平1047-1325上野1405-1740会津若松1925-2258上野 上野625-1001会津若松1036-1409上野1600-2041仙台新幹線工事で特急「ひたち」の東京乗り入れはなくなりました。, TscM'MM'MTdM'MTc×5 所要4ひたち(5)、あいづ(1)(臨時+1) 仙台640-1120上野1200-1431平1502-1733上野1800-2142原ノ町 原ノ町540-920上野1000-1338原ノ町1540-1920上野2003-2242平 平1047-1323上野1404-1739会津若松1840-2215上野 上野604-937会津若松1036-1414上野1600-2041仙台, 1974.4.1では特急「ひたち」の混雑のためか、12連グループに運用が一部移っています。, TscM'MM'MTdM'MTc×3 所要3ひたち(3)、あいづ(1)(臨時+1) 仙台640-1120上野1200-1431平1502-1733上野1800-2142原ノ町 原ノ町938-1323上野1404-1739会津若松1840-2215上野 上野604-937会津若松1036-1414上野1600-2041仙台, TscM'MM'MTdM'MTc×3 所要3ひたち(3)、あいづ(1) 仙台640-1120上野1200-1431平1501-1732上野1800-2143原ノ町 原ノ町838-1220上野1404-1739会津若松 会津若松1036-1414上野1600-2041仙台, 1978年10月2日:この日のダイヤ改正で「あいづ」食堂車連結廃止。サシ481形に代わりサハ481形100番台を連結し座席数を増強。, TscM'MTM'MM'MTc×6 所要4(臨時+1)ひたち(5)、あいづ(1)、ひばり(臨時1.5) 休 仙台635-1120上野1200-1435平1544-1820上野1900-2244原ノ町 原ノ町835-1218上野1303-1655会津若松 会津若松1020-1410上野1500-1735平1814-2050上野‥東大宮 東大宮‥上野941-1215平1245-1519上野1600-2045仙台 上野600-1015仙台1425-1843上野/仙台1852-2310上野, サハ481-100は元々北陸特急や九州特急の編成増強のために1976年に近畿車輛と日立製作所で101~118の18両が製造されました。出入り台の客室よりに車販準備室を配置し、同部分の側窓を下降窓に変更しています。客室の座席は簡易リクライニグシートを装備し、定員は8名少ない64名となっています。MG,CPは装備していませんが、準備工事はされていました。大ムコに101~113、門ミフに114~118が新製配置され、(2012/1/23の記事)、今回、仙センの座席数増強のためにサハ481-101~107が1978.6~7にかけて仙センに転入しています。後年、仙センの101~107と門ミフの112~118にMG,CPが取り付けられました。1984年1985年には「雷鳥」の食堂車廃止に対するMG、CP供給車として再び大ムコに集められましたが、1986年11月の編成短縮化で編成から外されました。それ以降は編成短縮で必要となる先頭車の種車となりました。(追記)クハ182、クハ183、クハ188形などに改造されていますが、それは2013年6月23日の記事で纏めました。, この写真からは判別は難しいですが、食堂車の連結が廃止され、クロ付きの意義もなくなった頃、1980/11/15の特急「あいづ」の姿です。, それまで仙台方のクハもボンネット固定のような感じだった「あいづ」の編成に-200貫通型のクハが登場して驚きました。 1982/1/9 上野・川口1982年11月15日:東北新幹線開業によるダイヤ改正で 特急「あいづ」充当車両を仙台運転所から南秋田運転所(現・秋田車両センター)に移管。, TcM'MM'MTsM'MTc×11 所要8(臨時+1)つばさ(5)(臨時+1)、やまばと(1.5)(臨時+1)、あいづ(1)  秋田827-1624上野1820-2304山形 山形741-1236上野1320-1706会津若松 会津若松1040-1424上野1520-2006山形 山形753-1117秋田1155-1633福島1743-2223秋田 秋田555-1033福島1112-1233山形1250-1415福島1443-1925秋田 秋田1302-2124上野‥東大宮 東大宮‥上野720-1515秋田1625-2103福島 福島843-1318秋田 秋田1000-1743大宮/上野1150-2000秋田, 既に485系も9両編成が長い方の時代になっており、秋アキの主力グループの運用の一部に組み込まれました。, TcM'MM'MTsM'MTc×4 所要3つばさ(2)、あいづ(1) 休 秋田836-1311福島1524-1958秋田 秋田607-1403上野1437-1822会津若松 会津若松936-1324上野1504-2257秋田, 秋アキの485系1000番台の運用となって、非貫通クハも登場し、すっかりイメージが変わってしまった特急「あいづ」 1985/4/29 上野, TcM'MM'MTsM'MTc×4 所要2つばさ(1)、あいづ(1) 休 秋田610-1358上野1438-1817会津若松 会津若松932-1311上野1509-2255秋田, 1992年7月1日:特急「あいづ」山形新幹線開業に伴い送り込み列車である在来線特急「つばさ」が廃止されたため、勝田電車区(現・勝田車両センター)に移管し7両編成に短縮。, TcM'MTsM'MTc×3 所要2ひたち(1)、あいづ(1) 勝田933-1104上野1515-1859会津若松 会津若松936-1313上野1530-1657勝田, 2013年2月 8日 (金) 電車481/483/485/489系 | 固定リンク, メールアドレス: jrの電車・気動車、新幹線の編成表、機関車の配置表などを製作、公開しています。 jr編成表、配置表. TscM'MM'MTdM'MTc×5 所要4 (ウェブ上には掲載しません). 485系: 特急あいづ: 9: s53.4: クロ481-101 モハ484-34 モハ485-34 モハ484-41 モハ485-41 サシ481-19 モハ484-54 モハ485-54 クハ484-28: 検索の結果:先頭車は東北新幹線が開業したs57年に南福岡電車区に転属となるなど: 改 造 485系: 特急あいづ: 6: h17.7 懐かしの特急電車編成表 r2.9 (リンク訂正) この編成表は、従来長編成列車画像の下部に表示していた車両の番号等について画像 ... 485系: 特急あいづ: 9: s53.4: クロ481-101 モハ484-34 モハ485-34 モハ484-41 モハ485-41 サシ481-19 モハ484-54 モハ485-54 クハ484-28: 検索の結果:先頭車は東北新幹線が開業 … 「あいづ」のための専用編成を用意 1992(平成4)年7月1日に山形新幹線が開業。「つばさ」が廃止されたため、勝田電車区に運用を移管。「ひたち」と共通運用の485系7両編成となりました。

« 1976/1 福島へ 1 485系特急 2 「やまばと」 | 485系k40編成とk60編成が揃った2003年には両者を連結させたk100編成で運転されていました。 それぞれの項で紹介したとおり、勝田電車区に来たときは転属前の塗色のまま運転されていたため、2003年は上沼垂色+ビバあいづ色、2004年と2005年はドルフィン+ビバあいづ色で運転されました。

トップページ