吉田真弓. 公開中.

ゲスト出演者一覧リスト 第201話~第210話 第201話『Gメン対香港カラテ軍団』 出 演 者: 出演回数: 役 名: 揚 斯(yeung see) 沢井桃子. - 京大アメリカンフットボール部誕生秘話 君に涙は似合わない - 恋人も濡れる街角 URBAN LOVE STORY - 春日局 - こちら芝浦探偵社 - 恋人の歌がきこえる - 結婚の理想と現実 - しあわせの決断 - 愛情物語 - Gメン'93春 - 陽のあたる場所 - 君を想うより君に逢いたい - ふたりのシーソーゲーム - 太陽がいっぱい - 夜逃げ屋本舗 - オヤジ探偵 - 歓迎!ダンジキ御一行様 - 愛情イッポン! 岡まゆみ. Gƒƒ“75–{•ú‘—Žž‚̏o—ˆŽ–@ @@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@, ‘Ž­ŒYŽ–Œ‡ê/Œ€’†Œ€‚̏o‰‰‚̂݁F•–؁A—§‰ÔA—zŽq, ‰«“ꃍƒPƒV[ƒ“i‰«“ê‚R•”ìAƒAƒCƒtƒ‹‚æ‚è—¬—pj. ´…Æ•v@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@lŽ¿iƒVƒiƒŠƒI–𖼋LÚ‚È‚µj 概要.

Gメン75本放送時の出来事 Gメン75 の エピソードガイド と制作裏話の記録 。リアルタイムの記録とCS放送、地上波再放送、 Gメン75DVD 化で判明したことを追記。予告編は全話現存。(未放送含む) ★(1)No.1~52 ★(2)No.53~104 ★(3)No.105~155 ★(4)No.156~206 BƒŠƒAƒ‹ƒ^ƒCƒ€‚Ì‹L˜^‚ÆCS•ú‘—A’nã”gÄ•ú‘—A ‚fƒƒ“75DVD ‰»‚Å”»–¾‚µ‚½‚±‚Æ‚ð’Ç‹LB—\•Ò‚Í‘S˜bŒ»‘¶Bi–¢•ú‘—ŠÜ‚ށj (第355話)最終回スペシャル 『サヨナラGメン75 また逢う日まで』 ※kajita巡査さん所有シナリオ情報: 出 演 者: 出演回数: 役 名: 谷 隼人. ‚fƒƒ“75 ‚Ì ƒGƒsƒ\[ƒhƒKƒCƒh gメン'75』の続編として放送枠を「'75」の土曜夜9時から日曜夜8時に移しての鳴り物入りのスタートとなったものの、当時テレビの激戦区であったこの枠では各テレビ局による視聴率レースが激化しており、本作はこの波に乗ることが出来ず視聴率は低迷。

—§ì—Ljê@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@‹âsˆõ‚aiƒVƒiƒŠƒI–𖼎菑‚«’ljÁj 菊地敏明. @@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@™TOP

–Ø‘º@‰h@@@@@@@@@@@@@@”’ƒoƒCŒxŠ¯‚a

中崎康貴.

浦部竜次.

第61話~第70話. 具体的には、場所は滑走路・「82」の下側に「↑」というデザインであった。, ※サントラCD「Gメン’75&Gメン’82MUSIC FILE」(バップ)と、DVDBOX「Gメン’82」(ポニーキャニオン)を参照。, 同時間帯にNHK総合テレビでは「大河ドラマ」(『峠の群像』→『徳川家康』)、日本テレビでは『久米宏のTVスクランブル』、フジテレビでは『オールスター家族対抗歌合戦』、テレビ朝日では『西部警察 PART-II』が放送されていたこともあり、視聴率で苦戦していた。, 2009年2月18日にポニーキャニオンから全話収録のDVD-BOXが発売された。さらに2009年10月よりファミリー劇場にて放送されている。なお、DVD-BOXには、「Gメン'75」第355話(最終回2時間スペシャル)も同時に収録されており、ファミリー劇場での本作放送開始前には「Gメン'75」第355話もファミリー劇場で放送されている。, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=Gメン%2782&oldid=79395395, オープニングテーマは、Gメン'75末期から引き続き「アゲイン~Again~Mille Vagues D'or(Instrumental)」。作曲:, 劇伴曲として、エンディングの「抱擁」のアレンジ曲が一部使われたが、その他はGメン’75の終盤に使われた曲がそのまま利用されている。. Œ‹é

阿藤 海. 第71話~第80話. •s–¾‚È“oêl•¨, ‘æ301˜bw“‚܂ꂽ—‚½‚¿@PART-2x@300‰ñ‹L”Oƒn[ƒhƒAƒNƒVƒ‡ƒ“ƒVƒŠ[ƒY, ƒNƒŒƒWƒbƒg‚È‚µ‚̏o‰‰ŽÒ 公開中. Gメン75放送ナンバー別リスト: 第1話~第10話. ƒXƒyƒVƒƒƒ‹Gƒƒ“•Œ‹éŒxŽ‹³A‰ª‘º„¸‚Ù‚©ƒZƒ~ƒŒƒMƒ…ƒ‰[o‰‰‚̈óEEEEœ¬“cØ ŒYŽ–iƒVƒiƒŠƒI–𖼋LÚ‚È‚µj

i‚TjNo.207`258

@ ši‚UjNo.259`309 ŒÜ–ìã—́@@@@@@@@@ @ ši‚Wj‚fƒƒ“75ƒtƒ@ƒ“ƒNƒ‰ƒu‚Ì•à‚Ý

•s–¾‚È“oêl•¨, ‘æ302˜bw˜I“V•—˜C‚É•‚‚©‚ñ‚¾”’‚¢Ž€‘́x@@@–𖼏î•ñ’ñ‹ŸFKAJITA„¸‚³‚ñ, ‘æ303˜bwŽE‚µ‰®V¥•v•wx@@@@@¦–𖼏î•ñ’ñ‹ŸFKAJITA„¸‚³‚ñ, ‘æ304˜bwƒvƒ–ì‹…ŠJ–‹@ƒiƒCƒ^[ŽElŽ–Œx, ‘æ305˜bwƒm[ƒpƒ“‹i’ƒ@ŽElŽ–Œx@@@¦–𖼏î•ñ’ñ‹ŸFKAJITA„¸‚³‚ñ, ‘æ306˜bwƒTƒˆƒiƒ‰@‚fƒƒ“‚ÌŽá‚«Ž‚Žq‚½‚¿Ix, ‘æ307˜bwVE‚fƒƒ“‚Ì㩂̓k[ƒh‹à”¯Ž€‘́x@ ‘æ352˜bw–ì—ÇŒ¢ƒRƒ‚ÌŽElx@@@@–𖼏î•ñ’ñ‹ŸFKAJITA„¸‚³‚ñ@ƒJƒbƒR“à‚ÍŠÇ—Š¯’Ç‹L, @•s–¾‚È“oêl•¨ @ ’†ˆä@“O@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@ 高野隆志. 第21話~第30話. 第41話~第50話. @@@@@@@@@@@  ª–{i‰ž‰‡‚ÌŒYŽ–j - 戦国疾風伝 二人の軍師 秀吉に天下を獲らせた男たち - 積木くずし 最終章 - あさきゆめみし 〜八百屋お七異聞 - 東京スカーレット〜警視庁NS係, ふれあい - いつか街で会ったなら - 俺たちの旅 - 時代遅れの恋人たち - 表通りは欅通り - 心の色 - 君の国 - 恋人も濡れる街角 - 燃える囁き - 瞬間の愛 - パズル・ナイト - 夢一途に - 日付変更線 - 想い出のクリフサイド・ホテル - 願い - 風の住む街 - 花は咲く(花は咲くプロジェクト), 夢・音楽館 - 音楽・夢くらぶ - 金曜気分で! ›‰ª‘º ÔF‚̘b”‚͐§ìƒGƒsƒ\[ƒh‚‚«@, @ - さすらいの甲子園 - おんな太閤記 - 俺はおまわり君 - 球形の荒野 - ひまわりの歌 - われら動物家族 - おまかせください - おしん - 外科医 城戸修平 - 必殺渡し人 - 若き血に燃ゆる〜福沢諭吉と明治の群像 - 春の波涛 - 誇りの報酬 - 制作2部青春ドラマ班 - Wパパにオマケの子?! @@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@ 大辻慎吾.

ƒŠƒ`ƒƒ[ƒh@ƒXƒeƒB[ƒ‹@@@@@@ŠO‘‘Dˆõ@ƒJƒbƒg

三角八郎.

内田勝正. ši‚VjNo.310`355SP 山本 清. Ž©“]ŽÔ‚̏­”Ni–𖼋LÚj - 中村雅俊の美女対談 - 中村雅俊マイ・ホームページ - 中村雅俊のゼッタイ!知りたがり - キラリ - いま日本は - マンデードキュメント - サタデードキュメント, 五十嵐淳子 - 中村俊太 - 中村里砂 - 岡田晋吉 - 山川啓介 - いずみたく - 檀ふみ - 秋野太作 - 神田正輝 - 森川正太 - 吉田拓郎 - 小椋佳 - 桑田佳祐 - ASKA - 橋田壽賀子 - 宇津井健 - 西田敏行 - 佐久間良子 - 藤岡琢也 - 丹波哲郎 - 江口洋介 - 長山藍子 - 泉ピン子 - 渡辺徹 - 野村真美 - 田中裕子 - 片岡鶴太郎 - モト冬樹, 第1話の履歴書より。余談であるが、後述の津坂が殉職した日も5月14日(1977年。関屋が生きていれば34歳の誕生日)。, 「ミュージックファイルシリーズ/テレビサントラコレクション Gメン'75 テーマヒストリー」のライナーノーツより。, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=Gメン%2775&oldid=79611375, 滑走路:3車線の道路・「75」の左側に「↑」(33話までは7人歩行・34話以降は6人歩行), 「アゲイン〜黄金色の嵐(インストゥルメンタル)」第307話のOP:赤文字のスポットクレジット式、第308話でのトップシーンでのみ使われた。, 「アゲイン~Again~Mille Vagues D'or(インストゥルメンタル)」(第309 - 最終話), 海外(アジア圏)でも放映された(香港・台湾など中国語圏での番組名は『猛龍特警隊』」)。特に香港では、物語のロケ地としてたびたび登場するため放送当時人気も非常に高く、ロケ地に現地ファンが数多く訪れ撮影が中断することもしばしばあった。, 最高視聴率:32.2%(第140話「十五年前の遺留指紋」(1978年1月28日放映)). ši‚RjNo.105`155 ŽRŒû³ˆê˜Y@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@

‘æ300˜bw“‚܂ꂽ—‚½‚¿x@300‰ñ‹L”Oƒn[ƒhƒAƒNƒVƒ‡ƒ“ƒVƒŠ[ƒY, ƒNƒŒƒWƒbƒg‚È‚µ‚̏o‰‰ŽÒ @ 第81話~第90話.

ハードボイルドな刑事ドラマ、Gメン75の女刑事 吹雪刑事(中島はるみ)作品リストを取り上げたサイト. ‚Ɛ§ì— ˜b‚Ì‹L˜^ @@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@, ƒŠƒƒCƒNuƒLƒCƒnƒ“ƒ^[/No.44ŽEl“Á‹}‚O‚O‚V†v, ƒŠƒƒCƒNuƒLƒCƒnƒ“ƒ^[/No.65‰´‚½‚¿‚ÍŽElŽÒv. ジャック・マンガン. ‹âsˆõ‚biƒVƒiƒŠƒI–𖼎菑‚«’ljÁj

ŠÖ“cŒbŽq@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@¬“c‹ó`‚̏—i–𖼋LÚj

ši‚PjNo.1`52

放送日: 話数: タイトル: ロケ地: 特記: 謎の国: 70.4.4: 105: 世界殺人集団 南国の決斗: 宮崎 <カラー化記念特番> 70.4.11 『Gメン'82』(ジーメンはちじゅうに)は、1982年10月17日から1983年3月13日にかけて、毎週日曜日20:00 - 20:54にTBS系列で放送されたテレビドラマ。, 『Gメン'75』の続編として放送枠を「'75」の土曜夜9時から日曜夜8時に移しての鳴り物入りのスタートとなったものの、当時テレビの激戦区であったこの枠では各テレビ局による視聴率レースが激化しており、本作はこの波に乗ることが出来ず視聴率は低迷。前作の人気コンテンツだった「香港カラテシリーズ」などでの巻き返しも叶わず、わずか16話で打ち切りとなった。, Gメン名物の滑走路のデザインは、Gメン'75の最終シリーズのデザインの「75」の文字を「82」に変更したものとなっていた。 井上邦道.

公開中.

‰Yã‰Ã‹v@@@@@@@@@@@@@ ”í‹^ŽÒ‚`@ 伊達 弘.

『Gメン'75』(ジーメンななじゅうご)は、日本の刑事ドラマである。映像上の題名は「GMEN★75」。, 警視庁庁舎から独立した特別潜入捜査班「Gメン」(正式部署名は警視庁Gメン本部で黒木警視(後に警視正)を本部長として、5 - 7人が所属。Gメンとのパイプ役として、警視庁側に小田切警視、南雲警視や津村冴子警部補がいる)が国内犯罪から国際犯罪まで様々な事件を解決していくハードボイルドドラマ。, Gメン設立の発端は、アメリカのシンジケート・コーザ・ノストラが絡む密輸事件に警視庁の現職警部が絡んでいたこと。警察庁は自衛と対国民PRのため「警察の中の警察」ともいえるスペシャリスト捜査グループ設立を計画。密輸事件を解決した捜査一課の黒木警視をはじめとする警視庁捜査員に再度試練を与え、事件を解決できたことを持って正式発令とした。, 一切の個人的感情を捨てて非情な捜査に命を懸けるGメン達の宿命や、さまざまな凶悪犯罪に虐げられる力なき市民の悲劇を、陰惨かつ悲惨に描く。, 潜入捜査に始まり、「沖縄米軍基地問題」「交通遺児」「江川事件」「安楽死」「成田空港問題」「200海里問題」「ロッキード事件」など世相を絡ませた社会派の話や、些細な偶然から転落した犯罪者の話などバラエティーに富んでいたが、次第に警察官が関与する犯罪を扱うことが多くなり、不当捜査・でっち上げなど警察署内の腐敗に挑むなど、「警察の中の警察」というカラーが強くなっていった。また、香港を根城に置く犯罪組織との対決を描いた香港カラテシリーズに代表される海外ロケ編やアクションを前面に押し出したハードアクションシリーズ、スカイアクションシリーズ、ホラー色の強い黒谷町シリーズなどがあり、視聴者を飽きさせないイベント性も効果的に打ち出していた。, Gメンの組織もデスクワークなど警察らしい日常要素はなく、取調べも地下室の射撃場という徹底ぶりであった。題名の「75」は番組が開始した1975年に因んだ。, 陽炎が立ちこめる中、メンバーが滑走路を横一列に歩く構図と各人のアップを映したタイトルバック(なお、この“75番滑走路”は実際には存在しない。詳しくは滑走路#滑走路の命名法を参照)、バックに流れる菊池俊輔作曲の「Gメン'75のテーマ」(後述の通り後に変更)、そして芥川隆行による、「ハードボイルド Gメン'75 熱い心を強い意志で包んだ人間たち」のナレーションは視聴者に強烈な印象を与えた(市販のサントラにはこのナレーションは収録されていない)。最初のオープニングのタイトルバックが撮影された時はまだバーデイー大作戦の放送時であった[1]。, タイトルバックで有名なシーンは、当初は羽田空港での撮影が予定されていたが、撮影許可が下りなかったため、東京都品川区八潮5丁目の道路や海上自衛隊館山航空基地の滑走路で行われた[2]。また丹波哲郎は「この撮影で一番多かったのは木更津だった」と話している[3]。路上の白文字は、白く塗ったベニヤ板を並べることで作られていた。, なお、本作の新番組予告編ではレギュラー出演者が下記のキャッチフレーズと共に紹介されていた。, このオープニングタイトルは、当時東映の社員監督だった小林義明が演出。以後、メンバーチェンジごとに新しくオープニング映像が撮影された。, 番組スポンサーにトヨタ自動車が含まれていたことから、番組に使われる劇用車には基本的にトヨタのクラウン、ソアラ、マークII、クレスタ、チェイサー、セリカXX、コロナなどが用いられた(後継番組の『ザ・サスペンス』や『Gメン'82 』も同様)。, 本作は国際警察の秘密捜査官グループが主役の『キイハンター』に端を発し、探偵学校の校長とその生徒達が主役の『アイフル大作戦』、探偵社メンバーが主役の『バーディー大作戦』と続いた「TBS系土曜夜9時枠・東映製作」によるアクションドラマ路線の4作目に当たる。, 『キイハンター』、『アイフル大作戦』、『バーディー大作戦』までの3作と違い、「登場人物の葛藤や悲哀、緊張感に満ちた心理描写や、社会性を強調した重厚かつ先の読めない人間ドラマ」をコンセプトとした「ハードボイルド刑事ドラマ」として製作された。路線変更の中心となったのは『キイハンター』以降、TBS土曜夜9時枠のアクションドラマを手掛けてきた東映のプロデューサー・近藤照男であった。近藤はもともとシリアスで社会派のハードボイルド志向が高く、単なるアクションドラマではなく、重厚かつ完成度の高いドラマ性を加味した作品を作ることを目指していたそうで、『キイハンター』から『バーディー大作戦』までは、本来近藤が求める路線ではなかった。『キイハンター』は当初半年間(26回)放映予定のはずが、爆発的なヒットを飛ばして5年間のロングランとなり、続く『アイフル大作戦』も『キイハンター』ほどではないが安定した人気と視聴率を獲得した。しかし次の『バーディー大作戦』が視聴率的に苦戦していたことが転機となり、『バーディー大作戦』の問題点を含めて、次回作の方向性などについて、スタッフと議論を重ねたという。そればかりでなく、オイルショックに伴う1970年代中期の世情不安を反映した登場人物の苦悩や悲哀、重厚かつ陰惨な社会派の人間ドラマを求められるようになったことが、本作の企画に大きく影響し、当時の世相や状況も近藤をはじめとするスタッフを奮い立てる要因となった。事実、『バーディー大作戦』も終盤の頃になると前半のようなコミカルタッチなエピソードはほとんど無くなり、シリアスなエピソードが連作され、作風も『Gメン』に近いものになっていった。, 企画書を書いた脚本家・高久進の証言では、『バーディー大作戦』終了後に残されたTBSとの契約期間(1975年5月 - 9月までの19話分)を埋める目的で本作の企画は開始しており、高久は短期間での終了を逆手にとって当時愛読していたフレデリック・フォーサイス風の企画書や脚本を執筆したところ、予想外の高視聴率を得て1975年10月以降の延長が決まるほどの人気番組になった[5]。1970年代後半には、同じTBS系列の『8時だョ!全員集合』の次番組として高視聴率を獲得し、また裏番組の『大江戸捜査網』(テレビ東京系列)と並んで土曜21時台を代表する番組となった。, Gメン名物として有名な75滑走路の歩行シーンは、シリーズごとにキャストとともに滑走路のデザインも変遷している。具体的には以下のとおりである。, その他小林稔侍、河合絃司、相馬剛三、五野上力、山浦栄、楊斯(ヤン・スエ)などが脇役として多数回出演。, 日本コロムビアではアニメソングもドラマの主題歌も同じ学芸部が担当していた。本作の歌手陣にアニソン歌手が混ざっている理由はそのためである[7]。, なお、本作における「レクィエム」は正しくは「ィ」と表記する(※(ED)では、夏木マリの‘ウィング’のみ、SONYレコードのほかは、すべてコロムビアレコード。※なお、夏木マリの「蜉蝣 かげろう」はレコード発売無し)。, 1979年1月27日の放送は、銀行強盗をテーマにした話の予定であったが、前日に大阪市住吉区の三菱銀行北畠支店(現・三菱UFJ銀行北畠支店)で猟銃立てこもり事件(三菱銀行人質事件)が発生したため、急遽放送を休止し、同事件の報道特別番組に差し替えた。, 第273話怪談・死霊の棲む家は、津本陽の短編小説集『南海綺譚』に収録されている『魔物の時間』を原作としている、これは黒谷町シリーズの1作目であるが、シリーズはその後人気を博し、Gメン'82を含め全11作品を数えることになる。, 原田の番組降板の理由は、原田自身によれば第5話撮影中の事故による腱鞘炎治療のためとしている。一方共演者の夏木陽介によれば、原田は藤田美保子よりアップが少ないことに不満を持っており、相談を受けた夏木が、近藤照男プロデューサーに直接話したらと答え、実際そうしたところ、アップが増えるどころか「文句がある奴は要らない」とすぐにクビになってしまったためとしている[10]。他に、前述のとおり当番組は当初、短期間での終了が予定されており、延長決定後に原田との出演契約を結んでいなかった可能性もある。なお、藤木悠もある回での演技のことを巡って近藤と口論になり[11]、夏木自身も後年ニューカレドニアロケ(213話・214話・219話)でのプライベートの席で近藤と口論になり最終的に降板話撮影も辞退し番組を降りたと明かしている[11]。, 原田演じる関屋警部補の後釜には、後に『特捜最前線』の紅林刑事役でレギュラーとなる横光克彦が予定されており、オープニング・エンディング用の映像も撮っていたが、直前になって取り止めとなった。これは、そのオープニングシーンの撮影時とは別のネクタイを締めて撮影現場に現れた横光に近藤プロデューサーが憤慨したことが理由で、ネクタイ事件と呼ばれているという[10]。これによりメンバーが6人になったため、105話に若林が加入するまで、オープニング・エンディング映像は丹波が中心にならずバランスが悪かった。なお、Gメンを遅れネットしていた福島テレビが1983年に発行した『福島テレビ20年史』における当番組の写真は、横光が丹波や夏木らGメン一同と共に横に並んでいる写真が使用されている[12]。, 古田刑事を演じる谷村昌彦は、シリーズを通してGメン役、犯人役、被害者役のすべてを演じた。ある意味パーフェクトを成し遂げた。, 海外ロケの際には、深作欣二、佐藤純彌ら監督・スタッフ陣もエキストラとして出演していたことがあった。これについて丹波は「深作は演技が一番下手だったな」と述懐している[3]。, 『Gメン'82』の10年後を描く。警視庁幹部として本庁に籍を置く黒木警視正(丹波哲郎)。秘書役に江藤香子警部補(夏木マリ)。退職目前の古田刑事(名古屋章)を慰労するためキャップ・唐沢警部(中村雅俊)以下Gメン全員でハワイへ向かった。ハワイ島で唐沢は、失踪した妻・冴子の姿を目撃する。そんなとき、Gメン一行が宿泊する豪華リゾートホテル内で殺人事件が発生した。, Gメンを名乗っているがかつてのGメンシリーズとは異なり、近藤照男プロデューサー制作の職業ドラマ「HOTEL」と2時間ドラマ「ロス警察シリーズ」を融合させたような作風であった。プロットはGメン’75第80話「暗闇の密室殺人」を流用。ロス疑惑事件で有名になったジミー佐古田がハワイ州警察捜査官役でゲスト出演していた。オープニングやエンディングには滑走路を歩くおなじみのタイトルバックもなく、音楽も劇伴も全く新しいものに変更されていた。唯一、Gメン’75シリーズの名残が感じられるのは、黒いソフト帽に黒スーツ姿の黒木警視正登場シーンのみ。フィルム撮影ではなくビデオ撮影であった。ロケ地は、アメリカ合衆国ハワイ州オアフ島、ハワイ島であるが、ドラマ展開の大半が豪華ホテル内での出来事を描写していた。, 『変装の達人!警部・鬼沢平吉のファイルE』(それぞれに特技を持ちながらもミスを犯し警察の落ちこぼれとなった刑事を集めた、黒木警察庁長官直属の捜査班が舞台)の続編で、捜査班の名称を「Gメン」に変えて制作したもの。『Gメン'75』の本放送当時の雰囲気に極力近づける配慮がなされている。, 特別捜査室の刑事と骨髄移植のドナーである犯人の逃走劇の最中、彼らを射殺せんとする県警本部[13]の黒い影が浮き彫りとなる。, 名テーマ曲「Gメン’75のテーマ」(作曲:菊池俊輔)と滑走路を横並びで歩くオープニングとエンディングタイトルバックが復活。エンディングテーマは「面影」が採用され、水森かおりが歌っている。劇伴も菊池俊輔バージョンのものをアレンジして使用。フィルム撮影ではなくビデオ撮影。山岳地帯と渓谷を舞台にヘリコプターを駆使したアクション編に仕上がっている。作品のプロットはGメン’75第46話「白バイ警官連続射殺事件」をベースに、手錠のままの脱走シーンは第二話「散歩する囚人護送車」、第194話「銀嶺を行く網走脱獄囚」のシーンを再現している。キャップ・鬼沢警部の荒唐無稽な変装シーンや結城警部補の特技のトランプ投げは、Gメン’75というよりは近藤照男の出世作「キイハンター」のイメージである。作品の根底に流れる警察内部の黒い影を暴くテーマは往年のGメン’75のテイストを踏襲していた。, 前作の続編であり、『Gメン'75』の本放送当時の雰囲気にさらに近づく内容になった。北海道でロケーションが行われ、当時営業休止にて閉鎖中だったザ・ウィンザーホテル洞爺が舞台となった。, 肉親の遺骨を北海道の地に埋葬するため、南米某国・ペリビア共和国から来日した黒木警察庁長官の旧友の命を狙うテロリストと特別捜査室との死闘がメイン。, 前作同様、おなじみのテーマ曲、OP・EDタイトルバック、アイキャッチ、劇伴音楽が再現されている。劇伴音楽は「Gメン’75ミュージックファイル」(VAP)に収録されている当時の音源を交えていた。そして今回は、往年の作品テイストのもう一つの特徴である「スケールの大きい国際規模の犯罪」が再現されている。特筆すべき点は、黒木警察庁長官(丹波哲郎)とペリビア共和国大統領顧問・カルロス寺島が17年前、国際警察本部でともに麻薬組織を追ったという点。Gメン’75続編である「Gメン'82」(1983年3月13日終了)の最終回、全員でパリのインターポール本部(国際刑事警察機構)へ派遣されたと締めくくられているラストを継承している点である。, 単発の関連番組として高嶋政伸主演の『五つの顔の変装刑事・右京警部補ファイルE』、小林稔侍主演の『変装の達人!警部・鬼沢平吉のファイルE』、坂口良子主演の『軽井沢夫人』がある。どちらにも警察庁長官にまで登りつめた丹波扮する黒木が出演している。, われら青春!