平均点 611.8点, 最高評点 98点 中田カウス(オードリー) 「グラフ推移」 平均点 631.1点, 最高評点 96点 岩尾望、徳井義実(いずれもジャルジャル) - 超地球ミステリー特別企画「1秒の世界」 - クイズ!イチガン - お笑いエピソードGP THE芸人大図鑑 - KOZY'S NIGHT 負け犬勝ち犬 - 日10☆演芸パレード - ビートたけしの今まで見たことないテレビ - 芸能人こだわり王講座 イケタク - 今田耕司プレゼンツ 鶴瓶vs未知数芸人 俺の相方誰やねん!

キャスト、脚本、あらすじなど、気になる情報をまとめてご紹介。 「平均視聴率ランキング」 最高視聴率、最低視聴率、平均視聴率など視聴率データを網羅。 - M-1グランプリ, 西川ヘレン - 西川忠志 - 西川弘志 - 西川かの子 - 横山やすし - 木村政雄 - 西川のりお - 萩本欽一 - 横山ノック - 上岡龍太郎 - 島田紳助 - うつみ宮土理 - 大平サブロー - 山田邦子 - 中曽根康弘, 上沼恵美子のおしゃべりクッキング - 上沼・高田のクギズケ! 2018年12月2日(日曜)の18時34分から放送された『M-1グランプリ 2018』(ABCテレビ・テレビ朝日系)の関東地区&関西地区それぞれの平均視聴率と瞬間最高視聴率がビデオリサーチ調べにより判明しました。, そこで、この記事では「M-1グランプリ 2018」の関東地区&関西地区のそれぞれの平均視聴率と瞬間最高視聴率、そして2017年度大会以前の歴代のM-1視聴率も紹介し、2018年大会の注目度を過去大会と比較しながら考察していきます。, ビデオリサーチの発表によれば、M-1グランプリ2018の平均視聴率は以下のような結果となりました。, ちなみに、それぞれ瞬間最高視聴率を記録したシーンは次のような場面・時間帯だったようです。, 番組終盤に近づくと徐々にコンビの数も減り、盛り上がっていきますから、視聴率も高くなっていくのでしょう。, では、“過去最高の注目度”とも謳われた2018年度のM-1グランプリですが、この平均視聴率は歴代でいえばどれほどの位置になるのでしょうか。, 2001年にスタートした年末の風物詩であるM-1グランプリは完全に国民的コンテストとなり、今や知らぬ者は居ないほどに高い注目を集めるようになりました。, そんなM-1グランプリの関東&関西地区のそれぞれの歴代視聴率一覧は以下の通りです。, 関東地区と関西地区の差は当然ですが、やはり全体的に高視聴率であることに驚きますね。, ちなみにこの歴代最高視聴率を記録したM-1グランプリ2008を制して優勝したのは、4489組の頂点に立ったNONSTYLE(ノンスタイル)で、2008年度の最終ランキングは以下。, 「史上最大の注目度」と期待され、和牛やジャルジャルといった猛者が激突したM-1グランプリ2018ですが、関東地区も関西地区も歴代で1位となることは叶わず、関東地区での3位が最高順位となりました。, 【動画】ク・ハラ、性的行為映像をバラまくと脅された瞬間の土下座映像と衝撃のリベンジポルノ騒動詳細, 【達筆画像アリ】中谷美紀の結婚報告直筆手紙がヤバすぎ!書道十段以上でもはや読めないレベル?, Koki,の全国74紙全面広告の47文字メッセージ全文がコレ!番号順に並べた正解文, ウイイレ配信者ちゃまくんは元吉本芸人! 収入や同期の有名芸人、本名、過去の武勇伝他, 効果ヤバイ! TikTokでフォロワー数を一気に増やす5つのラクな方法 ◯◯と絡め!?, 【動画】木村拓哉が元弁護士の探偵役!セガのPS4新作『JUDGE EYES:死神の遺言』ってどんなゲーム?, 『枕コトバ』を多趣味発散の為の癒しの場とし、皆さんには強制的にその聞き役となってもらいます。. - わが心の大阪メロディー - M-1グランプリ, バラエティー生活笑百科 - P.S.愛してる!

最後まで読んでいただきありがとうございました!. - 追跡!金運王国 - 爆裂!異種格闘技TV - おとこのこおんなのこ - 快進撃TVうたえモン - 明石家さんまのスポーツするぞ!大放送 - 明石家マンション物語 - 明石家ウケんねん物語 - わらいのじかん - わらいのじかん2 - FUN - アフリカのツメ - やりにげコージー - 着信御礼!ケータイ大喜利 - お笑いLIVE10! ?M-1グランプリ2019』を、18:30 - 22:30に生放送。前年に進行役で復帰したばかりの喜多が、2019年11月から第2子の出産に伴う産前産後休暇に入っているため、八塚が3年振りに進行を担当した。また、出場資格の最終年(ラストイヤー=コンビ結成15年目)であった前年の第14回大会で決勝進出を果たしたギャロップから、林健をゲストに迎えた。, 7月2日に開催が発表されるとともに、エントリーの受付を開始したところ、昨年を上回る5081組がエントリーし、過去最多を更新。8月1日からは、東京・大阪を皮切りに、全国8都市で予選会の開催を予定している。出場資格は、これまでと同じく結成15年以内で、2005年1月1日以降に結成したコンビであれば、プロ・アマ問わず出場できる。ただし今大会では1グループ6人までという人数制限が設けられた。また今回は特例として過去の準決勝以上への進出組全てにシード権が与えられた。, 今回は、日本国内で2020年の初頭からの新型コロナウイルスへの感染が拡大していることを踏まえて、予選会からネタの披露が終わるたびにセンターマイクを消毒。予選会場の運営を必要最小限のスタッフで賄うなど、感染拡大への予防策を可能な限り講じる[29]。さらに、上記の事情で3回戦を実施しないため、決勝までの選考プロセスを1回戦(無観客で開催)→2回戦→準々決勝→準決勝の4段階に集約させている。その一方で、東京会場での1回戦(8月1日)では、 「M-1への道~東京開幕編~」と題して、公式サイトから動画のライブ配信を初めて実施した[30]。なお、決勝の審査については、上沼、オール巨人、志らく、中川家・礼二、富澤、塙が3年連続で担当する。, 出場資格は開催年の4月30日現在で結成もしくは現在のコンビ名での活動開始から満10年以内のグループであった(第1回は1991年5月以降結成、第2回は1992年5月以降結成となり、第10回は2000年5月以降結成)。その為、5月以降に結成し8月のエントリーに間に合わせれば1年目 - 11年目として計11回の出場が可能であった。ただし、後述の出場資格の延長を除けば現実に11回出場したグループは存在しない。出場条件はグループの芸歴のみであり、10年以内と決められているコンビ結成(グループの芸歴)以外はほとんど不問であり年齢、個人の芸歴、プロ契約の有無、国籍等は一切不問であった。また、即興で結成されたコンビにも門戸を開いていた。ただし、結成年は自己申告であり、何を以って(本人達の合意日、プロ契約日、初舞台等)結成日とするかも不明であった[31] 為、出場資格はそれほど厳密なものではなかった。カンニング等、結成から優に10年を超えた出場者も存在した。また、デビューした年は同じでもラストイヤーが異なるコンビも多々存在した[32]。, 過去に解散経験があり再結成した場合は解散から再結成の間の年月は含まれない。これによりジャリズムは1991年結成であるが1998年に7年目で一度解散した為、再結成した2004年は8年目という扱いになり2006年まで出場権があった。一方、超新塾は解散こそしていないものの2015年で出場資格の15年を満了したため2016年はメンバー6名中4名で「超新塾4/6」というユニットとして当年結成扱いで参加するなど工夫をもってルールに適合しようとする動きもみられる。, さらに、2008年ではエルシャラカーニが結成より11年以上経過したコンビではあるが「現在のコンビ名での活動が10年以下」であったため出場が認められた(2006年の丁半コロコロも同様の処置、前述のカンニングも「とんこつなんこつ」という名前で参加したため出場が認められた)。しかしザ・パンチは現在のコンビ名での活動は2003年からであるが2008年がラストイヤーとされていた。, 島田紳助は構想時に出場資格を若手に限定したことについて「昔の司法試験のように30代になっても結果が出ない場合は止めないと不幸である」と発言していたものの、大学を卒業してからコンビ結成した場合やコンビを再結成した場合は30代以降でも出場が可能であった。第1回大会は大学生や会社員を経由して芸人になったますだおかだやDonDokoDonらを除けば決勝進出者の大多数は20代であったが大会後期では決勝進出者の多数がキャリアを積んだ30代の芸人であった。, 2015年からは結成から満15年以内に延長された。また、結成月は5月以降から1月以降に変更となった(第11回は2000年1月以降結成、第12回は2001年1月以降結成となり、第15回は2004年1月以降結成)[33]。これは一旦終了した2010年の第10回から5年のブランクがあった事でその間にラストイヤーを迎えてしまったコンビへの救済措置の意味合いがある。, 2人組のコンビだけでなく3人以上のグループでも出場可能であり、2006年には5人組時代のザ・プラン9が2人組以外のグループとして初の決勝進出を果たした。またメンバーが人間だけではなくても出場できる。過去には猿まわし[34] やロボット[35]、さらには人間とハリネズミ[36] のコンビといった出場例もあり、舞台に上がる能力さえあれば「漫才師」としてみなされる。, プロ芸人として活動していないアマチュアの出場も可能。これはTHE MANZAIと大きく異なる点である。2006年には現役OLの変ホ長調がアマチュアとして初めて決勝進出を果たし、2007年からアマチュアの参加者が増加したと言われる。決勝進出まではいかないまでもアマチュアで3回戦を通過するコンビも毎年数組見受けられ、2019年には会社員と大学生のコンビのラランドが、アマチュアとしては2009年大会のいけばな教室、志ん茶を最後に5大会ぶりに準決勝進出した。アマチュアの定義は自己申告であり、フリー(プロだが特定の事務所に所属していない)との境界は曖昧である。プロの芸人とアマチュアの即席コンビの場合に於いては多くが「アマチュア」で提出されているが、「○○(事務所名)/アマチュア」と併記しているコンビもいる。なお、ラランドは2020年からはフリーのプロとしてエントリーすると表明した。, 毎年8月上旬(初期は9月上旬から行われ、開催とともに早まっている)から11月中旬(第10回まで、第15回以降は12月上旬)にかけて予選が行われる。1回戦は全国各地の主要都市(東京21[44]・大阪12・札幌1・仙台1・名古屋1・広島1・福岡1・沖縄1)で開催され、その後は東京と大阪のみで2回戦(東京6・大阪3)、3回戦(東京4・大阪2・京都1)、準々決勝(東京1・大阪1)、準決勝(東京1)が開催される(数字は2017年の各会場の開催日数)。, 以前は横浜、高松、浜松、新潟、松山でも1回戦が開催されていた。また、2001年には長野でも1回戦が開催予定だったがエントリーが0だったため開催中止となっていた。, 出場者は参加費(エントリー料)として自腹で1組2000円を支払う。予選1回戦で複数回受ける場合は、その度に2000円を支払う。エントリー用紙を提出し、確認作業が終わると各予選会場でA・B・C・D・E…とグループ分けされ、公式サイト上で発表される。出番順は完全なランダムではなく、1回戦~3回戦では決勝・準決勝進出経験があるコンビが各グループのトリや最終グループの後半に配置される傾向がある[45]。また、ロボット同士のコンビやバーチャルYouTuber同士のコンビなど特殊な出場者の場合も、スタンバイに時間がかかるため最終グループのトリに配置される[35]。第2回から第10回までは前年のシード組はエントリーナンバーが最後の方だったが第11回以降はシード組でも早いエントリーナンバーが与えられることもある。, 1回戦は前年度準決勝以上に進出したコンビにはシード権があり免除される[46](第2回大会のみ、第1回大会の準決勝以上に進出したコンビは1回戦と2回戦が免除されていた)。また、歴代優勝者は無期限でシード権が与えられる[47]。予選1回戦のみ複数回受ける(一度1回戦で敗退した芸人が再び1回戦にエントリーする場合など)ことが可能。ただし第11回のみ1回戦の再エントリーは認められなかった。, 3回戦では第5回大会からネタの順番などにより敗退した芸人の中から数組が審議によって追加枠として準々決勝(2009年まで準決勝)に進出できる(進出者が出ない可能性もある)追加合格制度も行われている。第8回大会では2回戦からも追加合格制度が導入された。, 第10回大会以降は3回戦と準決勝の間に準々決勝が新設され、これにより毎年70組弱が進出していた準決勝の枠が30組前後に削減された。準々決勝は東京、大阪各1回ずつの開催。第10回では準々決勝敗退組も敗者復活戦に参加できた。, 準決勝は12月中旬(決勝の2週間前頃、2004年までは4週間前頃)に東京会場(例年はルミネtheよしもとだが第8回大会はメルパルクホール、第9回大会はよみうりホール)、大阪会場(なんばグランド花月)で2日続けて行われていたが(順序は年により異なる)、第10回大会以降は準々決勝が追加され、今までの準決勝開催地では準々決勝の開催となったため、東京・両国国技館で1日だけの開催となった。第11回はEX THEATER ROPPONGI、第12回はよみうりホール、第13回はNEW PIER HALLといずれも東京でのみ開催。準決勝終了後、決勝進出8組(第1回大会のみ10組、第13回大会からは9組)に絞られる。準決勝で敗れた組は敗者復活戦に挑むことになる。, 予選のネタの制限時間は1回戦は2分、2回戦・3回戦は3分、準々決勝以降は4分。これらの時間を15秒ほど経過すると終了時間の目安となるサイレンが鳴り出し、さらに15秒が経過すると爆発音が鳴り赤照明が点灯[48]、強制終了となる。カウントは挨拶の終了から。ただし、強制終了になっても即失格にはならない[49]。決勝では予選と違い、制限時間を超えても強制終了にはならず、第15回で優勝したミルクボーイは、「暗黙の了解として、決勝は5分くらいまでなら延びても大丈夫だと言われていた」と語っており[50]、ある程度の制限時間のオーバーは許されている。なお、制限時間は今までに何度か変更されている。, 第12回(2016年)からはアマチュア漫才師の応援を目的として、「ナイスアマチュア賞」「ベストアマチュア賞」が新設された[64]。ナイスアマチュア賞は1回戦でMCが印象に残ったと判断したアマチュアを対象にしたもので[65]、獲得したコンビには粗品としてオリジナルTシャツが進呈され、ネタ映像がYouTubeにて順次公開される。ベストアマチュア賞はアマチュアで最も上位に勝ち進んだコンビのうちの1組に贈られ、翌年の開会記者会見の際に発表される。賞品として特製のブレザーが贈られ、第15回(2019年)大会の開幕記者会見に於いては受賞した漫画家が着用し登場した[66]。第15回大会ではアマチュア漫才師を特集した番組「霜降り明星のM-1キラ☆アワード(全3回)」がスマートニュースおよびYouTubeにて配信された。, 決勝進出できなかった(準決勝の欠場も含む)コンビは、敗者復活戦に参加することができる。第9回大会までと第11回大会以降は準決勝敗退組の中から、第10回大会は準々決勝・準決勝敗退組の中から1組だけが決勝の舞台に上がることができる[67]。また第11回大会からは準々決勝敗退組の中から、GYAO!で配信されるネタ映像の再生回数が所定期間内(準決勝進出者発表日から10日間)で1位だった1組が準決勝に進める「GYAO!ワイルドカード」が導入されている。なお第12回大会以降、この枠で準決勝に進んだ出場者には敗者復活戦への出場権は与えられない(つまりこの枠の出場者は、準決勝を勝ち上がらないと決勝には進めない。ただし翌年のシード権は与えられる)。, 決勝戦当日の正午(第11回大会以降は14:30)から準決勝敗退者(第10回大会は準々決勝敗退者も)[68] が漫才を披露、そこでの審査において「敗者復活枠」で1組だけが敗者復活戦勝者として決勝に進むことができる。例年、敗者復活戦勝者は決勝戦のテレビ生放送中の2番目のコンビのネタ終了後に発表されていたが、復活後は第12回大会では3番目、第13回・第14回大会では笑神籤システムの関係で決勝戦開始前と変化しており、特に第11回大会では8番目、すなわち敗者復活枠の出番直前に発表が行われ、発表後すぐに決勝会場へ移動し出番に臨む形だった。さらには第15回大会においては笑神籤で敗者復活枠が引かれた直後に発表、そのまま決勝会場に移動し出番となっている。, 敗者復活戦の模様は第4回大会よりスカイ・A sports+(CS)で生放送されている。これに加え第8回大会は朝日放送、テレビ朝日、メ〜テレ、北海道テレビ、九州朝日放送のワンセグ独立編成でも放送され、Yahoo!プレミアム会員向けのインターネット中継でも配信され、さらに第9回大会からは朝日放送とテレビ朝日系全国ネットで放送されるようになった[69]。第10回大会からは前回よりは漫才の模様が放送されたり、スカイ・エーでの中継が地上波開始後も継続されるなど多少は改善されたが、それでもインターネット中継は地上波開始後に配信が打ち切られるのは変わらず、半分ほどが今までのダイジェストや舞台裏紹介であった。また第10回大会では、舞台袖の控室から出番待ちしている出場者の様子を伝える内容のUSTREAMでのインターネット中継が配信された。第11回大会以降は後述する視聴者投票による審査方法の導入に伴い、全組のネタが地上波全国ネットの生放送で流されるようになった。, 敗者復活戦の審査方法は抽選で選出された一般審査員100名とプロの審査員5名が審査を行い、得点を総合して1組が選出される。第11回大会以降は公式サイト上での視聴者投票方式に変更され、最多得票数の1組が決勝進出となる[70]。投票受付は全組のネタが終了してから開始され、決勝戦が始まる18:30が締め切りとなる。また、敗者復活戦の中継に出演したスタジオMCの陣内智則及びゲスト(詳細は下記を参照)も、ゲスト審査員として投票している。ネタ順は第1 - 9回大会が抽選で、第10 - 13回大会は予選の順位が低い順で決められ(つまり、最後にネタを披露した組が準決勝敗退組の最高位である。放送時の画面にはコンビ名のテロップとともに順位も表示される)、第14回大会では敗者復活戦直前の出番順抽選会(LINE LIVE で配信された)にて決められた。持ち時間は4分間(第11-14回は3分)である。持ち時間を経過すると終了時間の目安となるサイレンが鳴り出し、さらに一定時間(30秒)が経つと強制終了となり、合図となる爆破音のSEが鳴る。敗者復活戦が初めて導入された第2回大会にて、トップバッターの麒麟がこのルールによりネタの途中で強制終了となった。しかし、第6回大会ではわざと失格を狙って5分前後までネタを披露し続けたコンビもあったが、退場するまで強制終了とはならなかった。, 敗者復活戦勝者は、発表後即座に敗者復活戦が行われた会場から決勝のスタジオに車もしくは徒歩で向かう。決勝戦と別施設での開催だった第5回大会ではワゴンカー、第6回大会は特製の装飾が施されたオープンカー、第7回大会は競走馬輸送用のトラック、第8 - 10回大会は東京無線のタクシーで決勝スタジオまで向かった。だが第6回大会は開催日がクリスマス・イヴだったため渋滞により途中から自転車に[71]、第7回大会もやはり渋滞でバイクに乗り換える事態になった。タクシーでの移動となった第8回大会では、敗者復活戦司会者の藤井隆が「6年間模索してきてようやくたどり着いた手段」と評価していたものの、それでも第9回大会はやはり渋滞のため途中でバイクに乗り換えた。それ以外の回は同一施設での開催のため徒歩移動となっている。, 第8・10・11・13・14回大会以外は敗者復活戦の出場を辞退するコンビが出ている。, 第9・10回大会は、過去の優勝者(NON STYLE、パンクブーブー)が復活するという視聴者、出場者共に冷める結果となってしまった。, 敗者復活戦は12月の屋外(第6回大会を除く)でのネタ披露であるため、決勝の放送では敗者復活戦を「地獄」、敗者復活戦勝者は「地獄よりの生還者」とアナウンスしているが、若手芸人に取って同じ世代が一堂に会するこの機会を「天国」と評する向きもある[72]。また、第7回大会でサンドウィッチマンが敗者復活から優勝したためか、第8回大会からは紹介VTRが長くなった。さらに、2年連続でファーストラウンドを1位通過したため、第9回大会には「下克上の時が来た」とまで言われた。, 敗者復活戦の会場については、第2回~第4回大会まではパナソニックセンター東京[73][74][75] 横の野外特設ステージ、第5回大会では神宮球場[76]、第6回大会では有明コロシアム[77]、第7回~第10回大会までは大井競馬場で行われていた[78][79][80][81]。復活後の第11回大会以降から現在(第15回大会終了時点)までの会場は全て六本木ヒルズアリーナで統一されている。, 12月に決勝大会が開催、テレビ生放送(朝日放送テレビ制作、テレビ朝日系全国ネット)が行われる。朝日放送テレビが2001年度下期以降日曜日のゴールデンタイムに制作枠を持っている(ただし、2017年度下期から2018年度上期を除く。)関係で、決勝戦の放送枠は同月の日曜日の夜に設定されることが多い(2005年からテレビ朝日が独占放送する「フィギュアスケート・グランプリファイナル」の翌週に放送されることが多くなっており、後の提供クレジットの後に来週の予告で表示している)。第1回はこの年の最終火曜日で放送された(朝日放送テレビが火曜日のゴールデンタイムに制作枠を持っているためでもある)。, 準決勝で選ばれた決勝進出者9組+敗者復活戦勝者1組の計10組全員の漫才が披露され、決勝戦審査員の採点を総合しての得点で上位3組が最終決戦に進出する。ネタ順は番組中に笑御籤(えみくじ)による抽選で1組ずつ決定される。持ち時間は4分。, 4組目からは終了後の採点で1組ずつ脱落者が発生し、8組目からそれに加え最終決戦に進む組が1組ずつ出る。4位以下の公式順位はここで確定する。, 決勝ファーストラウンドで勝ち残った上位3組(第1回のみ2組)が順位に関係なく決勝ファーストラウンドとは別のネタを披露し、決勝戦審査員が3組で一番おもしろいと思ったコンビに投票する「指名投票制」で行われ、最も多く票を集めたコンビが優勝となる。なお、同じ得票数になった場合には決勝ファーストラウンドの順位が高かった方が上位に認定されるのだが(下記例参照)、2位と3位を決めたことしかなかった[82]。最終決戦進出組の公式順位は最終決戦での順位が優先される。, 最終決戦のネタ順は第4回までは進出した3組で再抽選で決定していたが、第5回からはファーストラウンド1位から順に任意で選択できるようになった。, また、第2回以降は前述の通り3組が最終決戦に進出するが、3組とも得票があったのは第7、11、12回の3回のみで他の回では3位は0票で終わっている[83]。, 歴代の優勝コンビのうち、ファーストラウンド1位通過のコンビが9組、2位通過のコンビが5組であり、3位通過のコンビは第13回でとろサーモンが優勝するまで出なかった。, この最終決戦の制度は後に『ABCお笑い新人グランプリ』や『R-1ぐらんぷり』など他の演芸コンクールの決勝大会でもM-1にならって採用された[84]。, チャンピオンが決定すると、キャノン砲から大量の銀の紙吹雪がステージいっぱいに降る[85]。, 2003年の第3回からステレオ放送を実施、2004年の第4回から放送時間も2時間半に増大した。翌2005年の第5回から、第4回まで使用されたセットから電飾が多い派手なものに大幅にチェンジされた。審査員の点数は審査員席上の大型スクリーンに映されるようになり、第1回大会で設けられた「チャンピオンズシート」同様の「暫定ボックス」なる、暫定上位3組が着席して後続のコンビの審査を待つスペースが設けられた。さらに、CM前のジングル・提供表示時のBGMが変更され、ハイビジョン制作として放送された[86]。またほぼ同時期に2006年の第6回では前年のセットの大まかな形態はそのままで、さらに派手な装飾が施された。, 第5回より会場がキー局・テレビ朝日本社に変更になったのは、ほぼ同時期に有明地区で行われているコミックマーケット参加者による混雑を避けるためにとられた措置だとの俗説があるが[87]、実際はパナソニックセンター有明スタジオにおける松下グループ(当時)と吉本興業の共同運営の契約が継続されず、吉本興業が同スタジオの運営から離れたことが直接的な理由である。また、この変更以後、テレビ朝日が企画協力という形で制作に関与している。ただし、漫才に使用されるスタンドマイクは朝日放送テレビの略称である「ABC」のロゴ入りのものが使用されている。, また優勝者には賞品以外にも優勝特典として本大会への1回戦無期限シード権が与えられる。, 第2回以降では現行の審査方法となったが、第1回では第2回以降と審査方法が異なる点がいくつかある。, 東京会場の審査員(7人)には1人100点の持ち点が与えられる[93]。このほか、札幌・大阪・福岡の吉本興業の劇場に集まった各100人の一般客が1人1点で審査する(合計300点)。東京会場の審査員と合計すると満点は1000点。ただ、唯一関東出身のコンビであったおぎやはぎ、松竹芸能所属のますだおかだとアメリカザリガニ、すでに大阪から東京に進出し東京吉本に所属のDonDokoDon等に対して大阪会場の得票が低い(下記参照)など公平性に欠けるとの意見が出たり[94]、この方式になることが大会直前になって出場者に伝えられるなど、混乱を招いた。また、会場の比率は吉本の芸人ファンが多く、その結果吉本所属のコンビに票が集中するなどの事態が多く発生し、明らかにシステムの欠陥があったため批判の的となった(ただし、今大会のこの審査方法で準優勝を果たしたハリガネロック(当時)のメンバーであったユウキロックは自身の著書内でこの非難の声に対して苦言を呈している(詳細はハリガネロックの項も参照)など、この審査方法に肯定的な人物も少なからず存在している)。10組のうち、得点上位2組が決勝と異なるネタを披露し、東京会場の審査員がステージ上で1人ずつ順番にどちらが面白かったかボタンを押して投票して優勝コンビを決定[95]。, ちなみに優勝者決定後の表彰でも賞金贈呈後はトロフィーや花束など贈呈者の名前が呼ばれてからステージに立ったり、司会の赤坂泰彦がファーストラウンドのハリガネロックのネタ直後に中川家を「石川家」、最終決戦のネタ順抽選後にハリガネロックを「アメリカンロック」(アメリカザリガニと混同したと思われる)と、それぞれコンビ名を言い間違えたりと円滑に進まなかった為、審査員の松本人志が「もう滅茶苦茶やん!」と発言、赤坂はその場で謝罪した。以後、赤坂はM-1グランプリに一度も出演していない。, もし一般客の得点が排除された場合、以下の順位となる(カッコ内は公式順位との比較)。, 第1回の審査の欠陥から根本的に見直し現在のルールに至った。一般客の審査が排除され、7人(第11回は9人、第12回は5人)の審査員(メンバーについては決勝戦審査員欄を参照)が1人100点の持ち点(審査員の人数×100点が満点)で審査する。得点上位3組が最終決戦に進出し、決勝と異なるネタを披露、審査員が一斉に最も面白かったコンビをボタンで判定して優勝コンビを決める。ただし最終決戦の票が同じ場合、決勝1回戦の得点が高いほうが優勝コンビとなる。, 第4回ではタカアンドトシと笑い飯が同点になった。このときは審査員7人のうち3人が点数が割れており、2人が笑い飯よりタカアンドトシに高い点数をつけていたため、タカアンドトシを上位に認定した。この2組は最後に敗者復活枠で披露した麒麟がその点数を上回り、最終決戦に残らなかったため特に混乱はなかったものの、実は4組以上が1位、3組以上が2位、2組以上が同点で3位になるというような場合を想定していなかった。第5回大会以降しばらくはこのような事態は起きていなかったが、第10回でパンクブーブーと笑い飯が再び1位で同点になった。両者とも最終決戦に残ったものの、ネタ順決めに影響する関係で、4人が高い点数をつけていたパンクブーブーを1位通過、笑い飯を2位通過とした(ただし本放送時は両者ともテロップ上「1位通過」と表示されていたが、DVDでは修正されている)。, さらに第1回大会からあくまで目安程度で「ネタは4分以内」と定められていたが、第3回大会では麒麟が約5分半、第4回大会で笑い飯が約6分半と持ち時間を大幅に超えてネタをやってしまったため、第5回以降は持ち時間が厳守されることとなったものの、現段階では4分を超過したことによるペナルティは定められていない。, 第2回-第4回までは審査員のモニターで一斉に表示したが、決勝会場を移した第5回以降は大型スクリーンで発表され、左から1人ずつ順に開票する形式となり、第6回以降は司会の今田耕司が開票結果を1つずつ読み上げていく方式になった。また、第7・8・10・11回では優勝コンビが審査員の過半数の票を得ることが確定する直前(第10回以前は4票目、第11回は5票目を獲得する直前)に間を置いて開票された。, 最高評点 95点 西川きよし(ハリガネロック、ますだおかだ、キングコング)
4時ですよーだ - ダウンタウンのゆーたもん勝ち - よしもと新喜劇 - ダウンタウンのごっつええ感じ - 生生生生ダウンタウン - ダウンタウン汁 - 摩訶不思議 ダウンタウンの…!? イッテQの視聴率2018年最新は? 歴代の推移と 過去の平均は? 日本テレビ系の バラエティ番組 「世界の果てまでイッテQ!」は (日曜・後7時58分) 現在でも 高視聴率を獲得している 超人気番組ですね! 2018年度も視聴率は 気になるところです! 平均や 推移の傾向など 色々調べてみました! BANG! ※M1グランプリYouTube公式チャンネル動画を追加しました!→配信期間は終了しました。 - 芸人記者 体当たりスクープSP - 地球侵略!ダバダバ大戦 - やりすぎコージー - 芸能人私生活のセンス完全抜き打ち一斉調査! - 2時のワイドショー - たかじん胸いっぱい - 上沼恵美子は見た!日常ワイド劇場 - 食卓の大冒険 - シャボン玉プレゼント - ホットライン110番 - 今夜はえみぃ〜GO!! - マツケン・今ちゃん・オセロのGO!GO!サタ - 1億3000万人が選ぶ!ベストアーティスト - 永久保存版!みんなで歌おうアニメソングカウントダウン - クイズ ALL FOR ONE - SUPER SURPRISE - シアワセ結婚相談所 - しりすぎちゃん - うんちく・しりすぎ - 芸能人ウワサの美人妻&イケメン夫 - FNS番組対抗NG大賞 - FNSの日 1億2500万人の超夢列島 そのうち何とか23時間 - 24時間テレビ - スーパークイズスペシャル - 平成あっぱれテレビ - 27時間ぶちぬきスペシャル 熱血チャレンジ宣言'97「ブリーフ4」 - クイズ!お笑い知ってる王 - 鳥人間コンテスト選手権大会 - アナタの名字SHOW - 寿命をのばすワザ百科 - 脳内エステ IQサプリ - オレワン - G★ウォーズ - あいまい語ペディア - テレビを輝かせた100人 - 金曜日のキセキ - サタデー・ナイト・ライブ JPN - 芸能界恥-1グランプリ - ザ・放送ヲ阻止セヨ!!これ知られたら芸能界明日から生きてけない絶体絶命スペシャル! - 快傑!コウジ園 - いろもん貳 - いろもん參 - 学校では教えてくれないこと!! という怪物級の視聴率。 歴代最高視聴率のm-1グランプリ2008を制したコンビ. - 歌って笑って大騒ぎ!!お笑い芸人家族対抗マジ歌合戦! 人気芸人100人大集合お笑い国盗りクイズ!!芸能界誰についてく?仁義なき派閥抗争特大スペシャル! 「視聴率一覧表」 最高視聴率、最低視聴率、平均視聴率など視聴率データを網羅。 「グラフ推移」 ちなみにこの歴代最高視聴率を記録したm-1グランプリ2008を制して優勝したのは、4489組の頂点に立った nonstyle(ノンスタイル) で、2008年度の最終ランキングは以下。 m1グランプリ2019の視聴率は歴代何位? →12/23追記! 関東地区 の平均視聴率 17.2% は、 2019年は 2015年と並んで歴代7位 です!
- 吉本坂46が売れるまでの全記録. 「視聴率一覧表」

歴代の平均視聴率が一番高かった年は、2008年の 関東地区23.7% と 関西地区35.0% でした。 関西地区で見れば平均視聴率が35%とテレビ離れが叫ばれる近年において、30%を超えるコンテンツはそうあり … 「平均視聴率ランキング」 最低視聴率:12.7%(第9話) - 花の新婚!カンピューター作戦 - NHK紅白歌合戦(第45回・第46回・第70回)- 新伍のワガママ大百科 - ノンストップゲーム - クイズずばり知りたい - いつでも笑みを! ?M-1グランプリ2016』を18:00 - 21:00に生放送。前年と同様の構成で、メッセンジャーあいはら・ユウキロック・シャンプーハットこいで・八塚彩美(朝日放送テレビアナウンサー)が出演した。, 6月22日に開催が発表されるとともに、予選会へのエントリー受付を開始。8月1日からは、東京・大阪を皮切りに、全国8都市で予選会が開かれた。出場資格は、一昨年までと同じく結成15年以内で、2002年1月1日以降に結成したコンビならプロ・アマ問わず出場を許された。予選は8月1日から、1回戦、2回戦、3回戦、準々決勝、準決勝の5回。準決勝については、決勝進出枠を従来の8組から9組に増やす一方で、敗退者には従来どおり敗者復活枠による決勝進出の可能性を残している。, 決勝戦については、準決勝からの進出組のネタ順を一気に抽選することによって、「『最初にネタを披露する組(トップバッター)は不利で、最後に発表される敗者復活組は有利』という傾向がある」とされてきた従来の構成を一新。生放送の冒頭に敗者復活1組を発表したうえで、準決勝からの進出組と同じ条件で、ネタの披露前ごとにネタ順を抽選する方法へ変更した。この方法では、「笑神籤(えみくじ)」を引いた組がそのままネタを披露できる一方で、ネタ順が最後まで決まらないことによって前述した傾向を排除できることが見込まれていた[25]。そのため、歴代最多に並ぶ10組を対象にネタ順を合計で10回抽選することなどを背景に、テレビ中継の放送時間を過去最長の193分間(18:57 - 22:10)に設定した。, プレミアムスポンサーのCygames、日清食品、ファミリーマート、サントリーは特別協賛を継続。決勝戦の審査員については、前年の5名に加えて、復活前に出演していた春風亭小朝と渡辺正行が復帰した。, 朝日放送テレビ(当時の社名は朝日放送)では、決勝前週の11月26日に、12:55 - 13:55の放送枠(本来は同局制作の『新婚さんいらっしゃい!』『パネルクイズ アタック25』を編成)で、テレビ朝日系列全国ネット向け事前特別番組『M-1グランプリ2017村に芸能人がやってきた!〜M-1王者の漫才旅〜』を放送した。この特別番組では、5代目王者のブラックマヨネーズと、6代目王者のチュートリアルが司会を担当[26]。第2期の歴代王者から、トレンディエンジェルと銀シャリ)が日本国内のとある村で、村民のオーダーメイドによる漫才を披露した模様を放送した[27]。決勝当日の12月3日に14:35 - 16:30[24] で敗者復活戦、18:57 - 22:10で決勝の生中継を全国ネット向けに放送している。, 朝日放送ラジオ(当時の社名は朝日放送)では、朝日放送(当時)アナウンサー・塚本麻里衣の進行で、決勝のサイマル生中継を組み込んだ特別番組『ラジオでウラ実況! 最低評点 70点 松本人志(アジアン)